ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
恋するアイビースクエア
at 2018-11-08 11:05
紅葉シーズン到来
at 2018-11-04 10:48
庭の彩り
at 2018-10-31 15:08
10月の読書
at 2018-10-27 18:08
ぱっぷりら展覧会余録
at 2018-10-26 18:28
ぱっぷりら 30周年記念 第..
at 2018-10-24 18:51
倉敷屏風祭りと美観地区点描
at 2018-10-21 15:52
マルオン de ランチ
at 2018-10-21 14:54
秋のバラ in RSKバラ園
at 2018-10-18 18:22
「日日是好日」
at 2018-10-14 16:09
最新のコメント
>sophilさん 私..
by fu-minblog at 11:06
>sophilさん ほ..
by fu-minblog at 10:47
映画館でのCMでこれを知..
by sophil at 15:13
こんにちは 暑いながら..
by sophil at 15:07
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 09:52
こんにちは 先ほどニュ..
by sophil at 16:54
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 09:33
こんちには オレガノの..
by sophil at 12:52
sophilさん こんば..
by fu-minblog at 21:05
こんばんは この時期は..
by sophil at 17:56

タグ:庭 ( 235 ) タグの人気記事

庭の彩り

今日で10月もお終い。
今年は急に秋になったかと思うと、朝晩の冷え込みも予想外に早い。
そのせいか、例年より早くパイナップルセージが咲きだした。

花が少ないこの季節の我家の庭に、真っ赤な花が咲くと一気に華やかになる。
おまけに、数年前に植えたきりで何の世話も手入れもしていない。
なので私にとっては非常にありがたい、ハーブの中でも優等生と言えるのだ。

c0026824_14262923.jpg
あと、ツワブキも庭のあちこちで咲いている。
こちらは少々虐待しすぎたのか、今年はいつもより控えめに咲いている。
あまり蔓延るので、切ったり抜いたりしたのが悪かったのか?

c0026824_14292576.jpg
気が付けばローズマリーの花も咲いている。
ローズマリーは春と秋にも花を咲かせるのである。
ただ、花があまりに小さく控え目なので、目立たないのである。

c0026824_14294236.jpg
以前は秋から冬は鉢植えに精を出していたのだが、いつの間にかしなくなった。
そういえば春から夏も、一年中鉢植えをしていたのだった。
花の苗を見に園芸店を歩くのが何よりの楽しみだった頃もあったのである。

でも今は、ハーブの花と雑草の花が咲く庭になってしまった。
自然のままで?それもまたよし。



by fu-minblog | 2018-10-31 15:08 | 四季折々 | Comments(0)

初秋の庭

秋になり一番早く紅葉するのがハナミズキである。
けれど落葉も早いので、紅葉を待っていると葉っぱの数がどんどん減ってしまう。
そんなわけで、昨日撮ったハナミズキはイマイチ紅葉しきっていないのだった。


c0026824_17095369.jpg


キンモクセイの花が咲きだすと、庭に一歩出るだけで良い香りがする。
なので、目よりも鼻で先に知るキンモクセイ、なのだ。
剪定してまだ一ヶ月、花はいっぱいなのだが葉っぱに埋まったように咲いている。


c0026824_17183731.jpg


今年のフェイジョアの実の生り具合が気になりキョロキョロ探してみた。
すると、まだまだ小さいけれどいくつか実が生っていたのでホッとした。
去年歴史的?な豊作だったので、今年はどうなるかと心配だったのである。


c0026824_17291933.jpg


10月に入り急に秋めいたと思ったら、昨日今日は夏の暑さである。
でも、これからどんどん秋が深まっていくことだろう。
芸術の秋、読書の秋、オシャレの秋、そして食欲の秋。。。



by fu-minblog | 2018-10-07 17:40 | 四季折々 | Comments(0)

気分は夏休み

今日から小学校が夏休みに入ったようだ。
するとなぜか毎年、私も夏休み気分になるのである。
特に今年は猛暑、いえ酷暑が続き、体温を上回る気温に日本列島が喘いでいる。
さいわい当地はまだ体温を上回ることはないが、35度以上はあると思う。

c0026824_17530300.jpg

先ほど庭に出ると、アップルミントに蝶が一匹止まっていた。
庭の花も枯れ果て、今は辛うじてアップルミントだけが咲いている。
先日は(今もあるが)そのアップルミントに空蝉を見つけた。
蝶も蝉も、今はアップルミントだけが頼りみたい。

c0026824_17533588.jpg

年中休日の私ですが、夏休みだけはとくべつなのである。
私の夏休みの過ごし方といえば、たいていはソファーにごろ寝して本を読むのが至福の楽しみ。
それも、窓を開け放し、扇風機の風を受けながら・・・
ただ今年はあまりに暑く、ヘタしたら熱中症、なんてことにもなりかねない。

c0026824_18054142.jpg

昼間は我慢できても、夜はクーラーなしではいられない。
私もとうとう夜通しクーラーをつけっぱなし、という有様。
戸外ならぬ室内で熱中症、なんてことにだけはならないように。
ほんに、豪雨の後は酷暑という試練に、いつまで耐えねばならないのでしょうか?



by fu-minblog | 2018-07-21 18:20 | 四季折々 | Comments(0)

花と蝶 2018

毎年、庭にオレガノの花が咲きだすと何処からともなく蝶が飛来する。
今年も、先日来オレガノが咲き始めたのに合わせ、蝶の姿を垣間見るようになった。
雨上がりの今日の午後、ふと庭に出ると蝶がせわしなく行ったり来たり飛び交っていた。

c0026824_16302847.jpg

毎年こうしてオレガノの花が咲き、毎年こうして蝶が遊びに来てくれる。
「庭に植物を植えることは、幸せを植え付けること。庭は、神様に一番近い場所。」
・・・というベニシアさんの言葉はほんとうかも。。。



by fu-minblog | 2018-06-23 16:38 | 四季折々 | Comments(2)

アナベルとブラックベリー

今年はアナベルが、今までで一番くらいの花数の多さ。
その分花が小さめ、の気がしないでもないが、やっぱり豪華である。
しかも、後から植えた2本も今年は花を咲かせてくれている。

c0026824_10282334.jpg
c0026824_10284081.jpg
c0026824_10310818.jpg
少し前になるが、ブラックベリーが熟れて黒くなり収穫を始めた。
赤い実や黒さもマチマチな実が混ざって生っているのが、ブラックベリーの特徴である。
毎年これを見るのが楽しみで、もちろん、熟れたのから収穫していく。

c0026824_10372374.jpg
c0026824_10374477.jpg
上の写真は今年初めての収穫で、思ったより豊作だった。
収穫した実は直ちに冷凍保存されまする。



by fu-minblog | 2018-06-16 10:43 | 四季折々 | Comments(0)

五月の終わりに

今日で五月も終わりです。
まるで梅雨に入ったかのようなここ何日かの空模様。
今年の五月は、爽やかな五月晴れの日が少なかったような気がします。

そんな中、先日からブラックベリーの実が色づき始めました。
アレヨアレヨという間に、白い実が綺麗な赤に、そしてだんだん黒ずんできました。
けれどまだまだ黒くなるまで待ち、やがて真っ黒になると完熟、というわけなのです。


c0026824_17431875.jpg

昨日ふと見ると、まだ五月というのにフェイジョアの花が急に咲き出していてビツクリ!
いつもより一週間は早いと思います。
今年も花数は多いみたいですが、さて、実の方はどうでしょうか?


c0026824_17481806.jpg

こうして季節はどんどん移り変わり、庭の花もつぎつぎ咲いてゆくのに、気持ちが追いつかない今日この頃です。
梅雨入りも間近か、あっという間に夏がやって来ることでしょう。



by fu-minblog | 2018-05-31 18:01 | 四季折々 | Comments(0)

庭仕事と私

今日は端午の節句、子どもの日、連休も明日までとなった。
私は連休は人混みを避けて、なるべく家に居るか、出かけても日頃の生活圏から出ないようにしている。
今年も同じだったのだが、なぜか珍しく庭仕事をよくしたのである。

なにしろ雑草が生い茂り、まるでジャングルみたいだったから。
連休前半はほぼ毎日、後半もちょこちょこと草取りをしている。
それでもジャングルがやっと草原になったくらいで、しかも目に付く場所だけしかできてはいない。

そんな中、庭のハーブたちが健気に花を咲かせてくれているのがうれしい。

c0026824_10163365.jpg

上からラベンダー、ツリージャーマンダー、コモンセージ。
ラベンダーとツリージャーマンダーは10年以上前に、コモンセージも植えてから5年以上は経つ。
根付くと毎年勝手に花を咲かせてくれるので有難いが、ある日突然枯れたりもする。

以前ヘルマン・ヘッセの「庭仕事の愉しみ」という本を読んで、自分も何時になったらそいう心境になるのだろう、と思ったりした。
あるいはまた、ベニシアさんの「庭に植物を植えることは、幸せを植え付けること。庭は、神様に一番近い場所」ということば。

まだまだ修行が足りませぬ。




by fu-minblog | 2018-05-05 10:51 | 四季折々 | Comments(0)

スズランの日 2018

今日5月1日はスズランの日、と知ってからまだ数年しか経ってはいない。
でも私の中で、スズランの日がすっかり定着したのには訳がある。
ちょうどこの日に合わせたように、我家の庭にスズランの花が咲くからである。

今年は特に本数が増え、花もいっぱい咲いている。
ただ、やっぱり花の時期が早めで、一週間くらい前が最高潮だった。
でも今でも、庭の一角にスズランが群生しているのは信じられないくらい。

c0026824_17070213.jpg
上の写真は一週間くらい前の、まだ咲き始めの頃に撮ったもの。
色が真っ白で、可憐でうつくしい。
この可憐な花の生命力に、毎年驚かされるばかりである。



by fu-minblog | 2018-05-01 17:21 | 四季折々 | Comments(0)

ハナミズキの咲く家

今年は庭木の花の咲く時期が例年より早く、しかも比較的花も多い。
ライラックの次はハナミズキが咲き出し、今ほぼ満開である。
我家は紅白2本のハナミズキがあり、今年は珍しく2本が揃って咲いています。

c0026824_17401448.jpg

ハナミズキは我家にとって特別な樹なのである。
特に白い花の咲くハナミズキは40年近く前、この家を建てた頃からのお付き合い。
まだ庭にほとんど樹がなかった頃、実家からヒコバエを貰ってきて植えたのである。

その樹がどんどん大きくなり、やがてこぼれんばかりの花を咲かせるまでに成長した。
そして、私たち家族ばかりか道行く人々の目まで楽しませてくれるようになった。
毎年我家のハナミズキの花を楽しみに待っていてくれる人までいたのである。
かくして、ハナミズキは我家の初代シンボルツリーとなったのであった。

けれど大きくなりすぎて剪定するようになると、だんだん花が減っていったのである。
紅い方も早や30年くらいは経っていると思う・
今や2本は同じくらいの大きさにはなっている。

白いハナミズキが咲き誇り、「ハナミズキの咲く家」であったあの頃の我家。
今は遠い昔、懐かしい思い出である。
けれど、あの頃ほどではないにしても、今年は紅白2本のハナミズキがそれなりに咲く。
なので、今だけは我家を「ハナミズキの咲く家」と、呼びたいと思う。



by fu-minblog | 2018-04-18 18:08 | 四季折々 | Comments(0)

ライラックの花咲く頃

桜の季節が終わると、我家の庭木の花の咲く季節がやって来る。
まず咲き始めるのが白山吹、次に咲くのがライラックである。

ライラックは蕾から開花まで時間がかかるので、待っている時間が長い。
また、蕾は濃い赤紫なのに開花すると淡い紫になるその差が際立っている。

ライラックにかんしては、この一週間ばかり毎日くらい写真を撮っているのではないか。
そして一週間経ち、蕾を少し残して花はほぼ開き切ったのでした。

c0026824_11221913.jpg

c0026824_11223639.jpg

実は、今年は早くもハナミズキが満開に近づいている。
次々移り変わってゆく季節、人生もまた・・・・・



by fu-minblog | 2018-04-15 11:45 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(235)
(181)
(128)
(107)
(103)
(100)
(96)
(96)
(85)
(61)
(56)
(52)
(51)
(47)
(46)
(40)
(34)
(33)
(33)
(32)
(30)
(28)
(28)
(27)
(26)
(25)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン