人気ブログランキング |

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
「スパイの妻」
at 2020-10-17 17:00
庭の秋
at 2020-10-16 10:41
秋の風景
at 2020-10-09 18:20
JH MUSIC LIVE ..
at 2020-10-05 15:44
中秋の名月
at 2020-10-01 14:46
クサギの実
at 2020-09-30 16:56
エルムくらしき10周年記念イ..
at 2020-09-27 18:32
&Tea と Secret ..
at 2020-09-24 14:40
吉備路の赤米
at 2020-09-22 18:03
JH MUSIC LIVE ..
at 2020-09-19 16:18
最新のコメント
>shinshuさん ..
by fu-minblog at 16:54
返信ありがとうございます..
by shinshu at 03:38
>shinshuさん ..
by fu-minblog at 10:05
十代ですが小夜子さんに影..
by shinshu at 22:57
>KAZUMZKIさん ..
by fu-minblog at 09:52
はじめまして。KAZUM..
by KAZUMAKI at 19:11
>kokoさん コメン..
by fu-minblog at 17:03
はじめまして! 私は婿..
by koko at 14:30
>sophilさん こ..
by fu-minblog at 17:32
こんにちは 外出自粛と..
by sophil at 11:58

タグ:ランチ ( 14 ) タグの人気記事

はしまや de ランチ

昨日は久しぶりに友人とランチに行った。
一人では時々行ってはいたが、友人と行くのはコロナパンデミック以来初めてである。
しかも、一緒に行くのは初めての友人で、お互い相手のことをあまり知らないのだった。

なので、あまり遠くない美観地区近辺のお店を探し、前日予約をして「はしまや」に行くことにした。
「はしまや」はリニューアル工事などしていたので、行くのは久しぶり。
以前とメニューも少し変わっていた。

はしまや de ランチ_c0026824_16240525.jpg

12時半から食事の予約だったのだが、早めに待ち合わせ美観地区を歩いて行った。
雨傘持参で行ったのだがお天気が良く、日傘にちょうどよかった。
時刻通りにはしまやに到着、冷房の効いた店内が心地よかった。

お料理は、まず素材を楽しむお膳から始まった。
これはちょっと和風で、6品どれもみな美味だった。
ほんとはワインがあればサイコーなのだが、運転があるので飲めないのがツライ。

次の魚介の温かいヒトサラは、マナガツオを使ったオシャレな一品。
選べるメインは、トマトとししとうのピリ辛スパゲティを。
どちらも、プロならではの手の込んだ、美味しい料理に満足した。
あと、今が旬の岡山白桃やフルーツたっぷりのデザート&食後のひと時を楽しんだ。

今は新しい生活様式とやらで食事中の会話がし難いのだが、やはり一緒に食事をすると親しさが増す。
初めての食事ではあったが、楽しい時間を過ごせたのだった。



by fu-minblog | 2020-07-31 16:48 | 日常茶飯事 | Comments(0)

ベストシーズンな水辺のカフェ

一昨日酒津へ行った日、実は水辺のカフェでランチをした。
一年で一番景色が美しい水辺のカフェでランチをすることになったのは、偶々である。
外から見ると、なんと!私の指定席が空いていたのでつい。
外出はともかく外食は控えていたのだが、つい誘惑に負けてしまったのだった。


ベストシーズンな水辺のカフェ_c0026824_18165387.jpg

ただ一つ残念だったのは、いつものカレースペシャルセットを頼んでしまったこと。
まだ時間もお昼前と早くお腹もそう空いてなかったのに。
帰りふと見ると美味しそうなお花見プレートなるケーキセットを発見!
返す返すも残念な思いを残しつつ帰って来た私なのだった。



by fu-minblog | 2020-04-04 18:27 | 四季折々 | Comments(0)

スワン de ランチ

昨日は何年振りかでスワンでランチをした。
コロナウィルスの影響でランチ時にも拘らず店内は空いていた。
ただ美観地区は、ほぼ3週間前に行った時よりは人が多かったように思う。

スワンには、その昔何回か行ったことがあるが、最近は行ってなかった。
それなのに、なぜかふと入ってしまったのである。
お任せランチを食べたのだが、これが野菜たっぷりの鯛の料理でスゴク美味しかった。

スワン de ランチ_c0026824_17125191.jpg

ほんとはコロナウィルスに感染しないよう外食はもちろん、外出も控えた方が良いのかもしれない。
でも、私はいつも通りに外食も外出もしている。
おまけに高齢者である。

もちろん厳重な手洗い、マスク着用、日に数回の検温などは欠かさない。
私はただ、一日一日を大切に、丁寧に生きたい、そして楽しく過ごしたいだけなのだ。



by fu-minblog | 2020-03-20 17:42 | 日常茶飯事 | Comments(0)

水辺のカフェ de ランチ

先週のことになるがイオンへ買い物に行った日、水辺のカフェへランチに行った。
何となくカレーとケーキが食べたくなったからである。
久しぶりの、今年になって初めての水辺のカフェ、私のお気に入りのカフェである。

水辺のカフェ de ランチ_c0026824_18061004.jpg

まだお昼前の時間帯だったが、けっこう混んでいた。
でも、私の指定席のカウンター席が空いていて良かった。
せっかくなので、スぺシャルカレーセットを注文、カレーもケーキも美味しく満足した。

川辺のソメイヨシノの蕾はまだ堅かったが、今年は3月中に花が咲くのではないだろうか。
桜が満開の頃、また訪れることだろう。
今から楽しみである。



by fu-minblog | 2020-03-17 18:22 | 日常茶飯事 | Comments(0)

暖炉のあるレストラン 2020

昨日は2度目の吉備津彦神社へ行った帰り、別の道を通ることにした。
方向音痴のクセに、知らない道を通るのが大好きなんである。
すると、何故かレストラン「ボン・ヌフ」のすぐ傍に出たのである。

ちょうど時刻はお昼時、せっかくなのでランチをして帰ることに。
そう言えば、去年も同じ時期にボン・ヌフへランチに来たのを思い出す。
なぜなら、ボン・ヌフは暖炉のあるレストランなのである。

暖炉のあるレストラン 2020_c0026824_20121534.jpg

そんなワケで、今年もまた暖炉のあるレストランで、暖炉に燃える薪の炎を眺めながら美味なるランチを食べることになったのだった。
全く予定外のことで、人生何が起こるか分からない。

ただ一つ、正月以来体重が増え、ダイエットとまではいかないけど気を付けていたのに、食べすぎてしまったみたい~


by fu-minblog | 2020-01-31 20:24 | 日常茶飯事 | Comments(0)

レトロなカフェ

シネマ・クレールへ行った日上映時間まで1時間ほど早く着き、しかも丁度お昼時だった。
そこでふと思いつき、すぐ隣の禁酒会館の1階のラ・ヴィアン カフェでランチをすることに。
以前にも何回か映画を観に来た時食べたことのあるカレー&珈琲セットを久しぶりに食べたのだった。

思えば、初めてこのカフェで食事をしたのはカレコレ10年くらい前である。
それまで何度も前を通りながら、なぜか入るのが躊躇われたのだった。
たぶん、このカフェが入ってる建物が岡山禁酒会館という名称だったからではないだろうか?

レトロなカフェ_c0026824_16330756.png


でもイザ入ってみると、店内のレトロな雰囲気がすっかり気に入ってしまった。
また注文したカレーが昔懐かしい昭和カレーだし、珈琲も薫り高く美味しかった。
それ以来、映画の前や後に時々行くようになったのである。

でも今回行ったのはほんとに久しぶり、数年ぶりと言ってもいいくらい。
カレーセットが一日10食限定になった以外は全く変わっていなかった。
店内のレトロな雰囲気も、カレーも昭和カレーのままで珈琲も薫り高く美味だった。

一瞬、ウインナーー珈琲で済まそうとも思ったのだがついカレーセットを注文。
今度はぜひウインナー珈琲を味わいたいと思っている。


by fu-minblog | 2020-01-19 16:03 | 日常茶飯事 | Comments(0)

ティルナノーグ de ランチ

昨日は何年振りかでティルナノーグへランチに行った。
パソコンの先生がだいぶ前に予約して、フリーレッスンの生徒二人が連れてもらった。

ティルナノーグのことは、このブログにも記事を多く書いていて、今回改めて読んでみた。
そして、我ながらその丁寧さに驚くと同時に、ブログをしていて良かった、とつくづく思った。
ティルナノーグには十数年前からほぼ毎月食事に行っていたばかりか、2年間お料理を習いにも行っていたのである。

ただ残念ながら、せっかく習ったお料理をその後作ったかといえば、ほとんど作っていない。
なぜなら、あまりに手間暇かけた独創的なお料理ばかりで、一主婦が一人で作るには敷居が高すぎたのである。
でも、決して他所では食べられない料理の数々を、毎月丸2年間食べられたことは貴重な経験とはなったのだった。

そんなティルナノーグのお料理をまた食べられるなんて、Y先生には感謝せずぬはいられない。
なにしろ、開店してる日が限られ、完全予約制なのでなかなか予約が取れないのである。
ほぼ5年ぶりという、うれしいランチ日和となったのだった。


ティルナノーグ de ランチ_c0026824_18071917.jpg


5年ぶりに行って、その美味しさ、見た目の美しさ、珍しい材料、独創的な料理の数々は当時のままだった。
また、テーブルコーディネートや室内のディスプレイも相変わらず素晴らしかった。
記念にメニューを残しておくと

○ うずら豆の冷製
○ とうもろこしとつる紫のココナッツミルクスープ
○ ほたて豆腐のしそ包み揚げ
○ 海ぶどうのサラダ寿司
○ 手作りデザート3種+珈琲
○ お茶 雲南紅茶

もちろんどの料理も美味しく、至福の時間でした。


by fu-minblog | 2019-06-19 17:57 | 日常茶飯事 | Comments(0)

暖炉のあるレストラン

年が明けて以来、当地はお天気も良く暖かな日が続く。
寒かった昨年に比べると、今のところは過ごし易い冬の季節ではある。
インフルエンザが流行しているようだが、おかげさまでどうにか風邪も引かずにいる。

そんな中、昨日は誘われてポンヌフへランチに行った。
しばらく行ってなかったのだが、冬には本物の薪を燃やす大きな暖炉があるのを思い出し行くことに。
お料理もさることながら、そんなヒトが気にもしないことが気になるヘンな私である。

久しぶりに行くと、新しい建物があったり、デザートが以前と変わっていたり、と少々変化はあった。
ただ、相変わらず大きな暖炉には薪が燃えていたのでホッとしたのだった。
できれば暖炉の前の席にしてもらえばよかった、と後から思ったりした。

暖炉のあるレストラン_c0026824_10395227.jpg

今年に入って、外出ついでの一人ランチは何度かあるが、ランチが目的は初めてだった。
しかも、自分が運転しないのはめったにないことなので、それも嬉しかった。
お腹いっぱい、幸せいっぱいな一日でした。



by fu-minblog | 2019-01-19 10:46 | 日常茶飯事 | Comments(0)

ぱっぷりら展覧会余録

ぱっぷりらの展覧会を見に、京都から妹がやって来た。
妹はパッチワークを長く続けていて、今では教える立場でもある。
なので、5年に一度のぱっぷりらの展覧会を楽しみにしていて、前回も来ているのである。

倉敷に来ると我家に泊まるのだが、今回も展覧会前日にやって来た。
夜は一緒に食事に行くのが楽しみなのだが、ナント!今回は家でワインパーティーをすることになった。
ハロウィンも近いことだし、せっかくなのでそれっぽくということで、飾り物なんぞを少しばかり用意した次第。

ぱっぷりら展覧会余録_c0026824_18182406.jpg

そういえば、昔は家で時にはお食事会なんぞをしていたことを思い出し、懐かしかった。
家だとお酒も飲めるしリラックスできて、たまにはいいかも。。。

ついでに、その日ランチに行った久しぶりの旅館倉敷と、これまたン10年ぶりに行った隣の珈琲館のことも。
ランチはいつもの秋の散歩道御膳、目に美しく味も良しで満足した。
ふと隣の珈琲館へ行き美味しいウインナーコーヒー飲むと、一挙にほぼ半世紀前にタイムスリップしたみたいだった。

ぱっぷりら展覧会余録_c0026824_21204573.jpg

展覧会ともども良い思い出になりました。
まさしく、日日是好日です。



by fu-minblog | 2018-10-26 18:28 | 日常茶飯事 | Comments(0)

ペーシェルーナ de ランチ

今日は友人と、私的には初めてのイタリアンレストラン・ぺーシェルーナにランチに行った。
場所は美観地区奈良萬の小路の一角にあり、落ち着いた雰囲気のある店内。
料理も工夫を凝らし、お味も量もお値段も程よいのだった。

ペーシェルーナ de ランチ_c0026824_17462643.jpg

このレストランも良かったのだが、私はなぜか路地好き。
倉敷は路地が多く、細い迷路のような路地を歩くのが楽しく、わざわざ路地を歩くくらい。
そんな路地好きにとって、このペーシェルーナがすっかり気に入ったのは言うまでもない。

ペーシェルーナ de ランチ_c0026824_18105818.jpg



by fu-minblog | 2018-06-15 18:23 | 日常茶飯事 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(249)
(184)
(134)
(115)
(113)
(109)
(107)
(97)
(86)
(61)
(58)
(57)
(56)
(53)
(51)
(48)
(44)
(36)
(35)
(34)
(34)
(34)
(31)
(28)
(28)
(28)
(27)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン