人気ブログランキング |

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
「スパイの妻」
at 2020-10-17 17:00
庭の秋
at 2020-10-16 10:41
秋の風景
at 2020-10-09 18:20
JH MUSIC LIVE ..
at 2020-10-05 15:44
中秋の名月
at 2020-10-01 14:46
クサギの実
at 2020-09-30 16:56
エルムくらしき10周年記念イ..
at 2020-09-27 18:32
&Tea と Secret ..
at 2020-09-24 14:40
吉備路の赤米
at 2020-09-22 18:03
JH MUSIC LIVE ..
at 2020-09-19 16:18
最新のコメント
>shinshuさん ..
by fu-minblog at 16:54
返信ありがとうございます..
by shinshu at 03:38
>shinshuさん ..
by fu-minblog at 10:05
十代ですが小夜子さんに影..
by shinshu at 22:57
>KAZUMZKIさん ..
by fu-minblog at 09:52
はじめまして。KAZUM..
by KAZUMAKI at 19:11
>kokoさん コメン..
by fu-minblog at 17:03
はじめまして! 私は婿..
by koko at 14:30
>sophilさん こ..
by fu-minblog at 17:32
こんにちは 外出自粛と..
by sophil at 11:58

タグ:エッセー ( 113 ) タグの人気記事

「猫を棄てる」

村上春樹の「猫を棄てる」という本が出版されたことは知ってはいたが、買って読むまではいかなかった。
それが、偶々本屋で見つけ手にしたとたん、レジへ直行していたのである。
それは、この本の小ささ(ほぼ新書版)と表紙の挿絵(文中にも数多くある)に惹かれたからである。


「猫を棄てる」_c0026824_15031534.jpg

「父親について語るとき」という副題のついたこの本は、村上春樹が初めて父について書いたエッセーである。
私は彼の小説はほぼ読んではいるが、エッセーについてはあまり読んではいない。
けれどこの本は、今まで読んだ小説も含めて、何故か一番静かな感動を味わったのだった。

父と一緒に猫を棄てに行った記憶が、やがて父の生い立ちや戦争体験へと発展していく。
あまり戦争体験を語らなかった父だが、その少ない言葉や残された俳句から心情を読み取っていく。
父について書く、という行為によって、村上春樹は何か大切なものを発見したのではないだろうか。

たぶん、今は亡き父への想い、そして村上春樹の年齢が父について語らせたのだと思う。
この淡々とした文章の中に、かえって彼の父への熱い想いを感じさせる。
人の記憶とは不思議なものである。


by fu-minblog | 2020-06-27 15:54 | | Comments(0)

「FACTFULNESS」

五月も終わろうとし、緊急事態宣言も全国的に解除された今日この頃である。
けれど以前の日常に戻ることはなく、新しい日常とやらに移行した。
つまり、新型コロナに感染せぬよう感染させぬよう、細心の注意を払いつつの生活が求められている。

ここ2ヶ月足らずの自粛、特に外出自粛の間私が一番残念だったのは、読む本がなかったことである。
ただ一冊カミュの「ペスト」を読んだだけで、あとは自宅の本棚からテキトーに取り出してはパラパラ読むというよりは見ていた。
ところがここに来て、あまりの面白さにほぼ一日で一気に読み終わるという本に出会ったのである。
それがこの「FACTFULNESS」という本だった。


「FACTFULNESS」_c0026824_11025399.jpg


この本のことを知ったのも、また書店で見つけたのもほんの偶然である。
また書店で手に取った時も、けっこうな厚さだったので果たして完読できるか、一瞬不安がよぎったものである。
しかしイザ読みだすと止まらなくなり一日中読み続け、しかも読み切れなかった分を夜中目が覚めるや最後まで読んだという次第。

ファクトフルネスとは「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」ということである。
この本は、私たちが自分の思い込みによっていかに世界を誤って見ているかを、データの数字を基に科学的にしかも詳しく書かれている。
私たちはまず13の設問に答えさせられ、そのあまりの不正解の多さに、自分がいかに無知であるかを知らしめさせられる。
なにしろ、たいていの人はチンパンジーにも劣るのである。

そんなわけで、私たちは打ちのめされ、反省し、少しでも世界を知るためについつい最後まで読んでしまう、というスンポウなのである。
そういう意味では、実に巧みな本であると言えるかも。
それが証拠にビジネス翻訳書2019年ベストセラー第一位とか?

そんなわけで私もつい一気読みしてしまい、もちろんファクトフルネスの大切さは重々に解ったつもりである。
ただ、かといって世界あるいは人類の行く末に明るい希望が持てたかというと、けっしてそうではないのだ。
それは私がよほどネガティブシンキングな人間なのかもしれないし、あるいは人の幸福感の違いかもしれない。

この本が今世界を襲っている新型コロナウイルスによるパンデミックの前に書かれたことが、ちょっと残念である。
このコロナ禍の正しいデータを一日も早く見てみたい気がする。


by fu-minblog | 2020-05-28 11:51 | | Comments(2)

「おんぶにだっこ」

さくらももこさんのエッセイの新刊文庫本が3ヶ月連続刊行になり、4月は「ひとりずもう」を読んだ。
5月はその第2弾が先日発売になり、早速買って読んだのがこの「おんぶにだっこ」である。
「ひとりずもう」がちびまる子がさくらももこになるまでの自伝エッセイならば、「おんぶにだっこ」はまる子以前の幼少期の自伝エッセイである。

それもかなり小さい頃、一番小さいのは2歳というから驚いた。
フツー2歳の頃の記憶ってあるものだろうか?
しかるにももこさんは、おっぱいをやめた日の2歳頃のことを、実に詳しく書いている。
ちなみに、私はまったく記憶にないのである。

「おんぶにだっこ」_c0026824_17373387.jpg


事程左様に、2歳から小学1年生までの様々な日常や思い出が書かれているのだが、とにかくその記憶力には感心する。
特に、その時感じた想いが、実に色鮮やかに書かれている。
楽しいこと嬉しいことと同時に、悲しかったことや悩みなどが書き綴られているのである。

そんな小さな子どもがそれほど悩んでいたかと思うと胸が痛くなる。
人一倍ピュアでナイーブな女の子だったももこさんの幼年期は、けっして明るいだけではなかったのだ。
けれど三つ子の魂百まで、将来のさくらももこの萌芽はすでにここにあったのだと、私は思う。




by fu-minblog | 2019-05-23 17:42 | | Comments(0)

「ひとりずもう」

先週のこと、新聞の本の広告欄で偶然さくらももこさんのエッセイが新刊文庫本で出たことを知った。
しかも、3ヶ月連続刊行というではないか!
その第1冊目が4月発売のこの「ひとりずもう」である。
本屋に走ろうかとも思ったが偶々用事があったので即アマゾンに注文、翌日届くという早業。
そして昨日一気読み、というわけなのだった。

昨年さくらさんが亡くなられた後、エッセイばかりをほぼ全部読んでから半年あまり。
こうしてまた新しいエッセイが読めるなんてなんと嬉しいことか!
しかもこの「ひとりずもう」は自伝エッセイ、さくらももこという漫画家誕生秘話が書かれている。
まるこがさくらももこになるまでの涙と笑いの青春の日々が、飾らず気取らずストーレトに、ユーモアたっぷりに書かれている。
そして、「ひとりずもう」とは何と言い得て妙なタイトルであることか。

「ひとりずもう」_c0026824_14535326.jpg

私はこの本を、ちょうど自分の進路を決めかねている若い人たちにぜひ読んでもらいたい、と思う。
もちろん、全部が全部さくらさんのようにうまくいくとは限らない。
けれど、まるで蛹から羽化する蝶の貴重な一瞬を見せられたような気さえした。
そんな人生の大切な一瞬が、この本には書かれている。
とにかく、若者に夢と希望を与えてくれる本である。

そして私のように若くはない者にも、あらためて青春の日々を思い出させてくれるのである。



by fu-minblog | 2019-04-22 16:38 | | Comments(0)

惜別 堀文子さん

一昨日の朝、いつものように新聞を広げた途端見つけたのが堀文子さんの訃報だった。
100歳ということで天寿を全うされたに違いはないが、私は心に大きな穴が開いたような喪失感に襲われた。

堀さんは尊敬する人生の先輩のお一人であり、私には手の届かない遠い憧れの存在だった。
何より素晴らしい画家として、そして「群れない、慣れない、頼らない」をモットーにした潔い生き様。
群れない、頼らないはできても、私には慣れないというのはよほどの覚悟がないと困難なのだった。

そんな堀文子さんの絵の展覧会に行ったことや、めったにはないがテレビに出て対談されるお姿を思い出す。
展覧会は、4年前の兵庫県立美術館の「堀文子 一所不在」という展覧会が最後となった。
けれど、何冊か持っている堀さんの本を探すと、堀さんご自身が書かれたもの、堀さんが挿絵を描かれた絵本、そして堀さんの大ファンだという村松友視氏の評伝などが出てきた。


惜別 堀文子さん_c0026824_15555882.jpg

ちょうど読む本を探している時だったので、改めて堀さんの本を読みなおし、その珠玉の言葉に触れたいと思います。
そして、堀文子さんを偲びたいと思います。



by fu-minblog | 2019-02-10 16:09 | | Comments(0)

「一切なりゆき」~樹木希林のことば~

私がこの「一切なりゆき」~樹木希林のことば~という本を新聞広告で知ったのは、ちょうど一週間前くらいである。
一軒目の本屋には売り切れでなく、二軒目の本屋ではまだ段ボールの中に入っていたのを開けて出してもらった。
この本が人気があってよく売れているとしたら、それはうれしいことである。

この本は、希林さんの書かれた文章というよりは、そのほとんどは誰かと対談された時やインタビューで希林さんの話された言葉によって成り立っている。
なので、まるで希林さんの話し声が聞こえてくるような本、になっている。
話したことばは残らないのがフツーなのだが、希林さんのことばがこうして残され、一冊の本になって良かったな、と思わずにはいられない。

「一切なりゆき」~樹木希林のことば~_c0026824_16325423.jpg

私が女優としての樹木希林さんをよく観るようになったのは、実はそう古いことではない。
なぜなら、私はテレビドラマ時代の彼女はあまり観たことがなく、映画女優としての希林さんしか知らない、と言っても過言ではない。
映画は、なぜかほとんど観ているのではないだろうか?
私が観る日本映画にはなぜか樹木希林さんが度々出演されていたからである。

それはたぶん、是枝監督作品には必ずと言っていいほど樹木希林さんが出演されていたし、河瀨直美監督の「あん」など希林さんなしでは考えられない映画だった。
また今年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した「万引き家族」しかり、である。
今年に関して言えば、希林さんの死後上映された「日々是好日」、そして残念ながら見逃した「モリのいる場所」もある。

希林さんは、長くガンを患い、しかも全身ガンという状況にもかかわらず、意欲的に女優としての仕事を続けてこられた。
そして、テレビで対談の姿を観て間もなく不帰の人となられ、非常に驚いたのだった。
希林さんの残されたことばの全てとは言わないが、自分と同じ考え方が数々あって、まるで同士を失くした心地さえする。

この本のタイトル一切なりゆき、ではないが、人生はサプライズの連続であるし、一日一生なのである。
自分に正直に、本音で生きる人は潔い。




by fu-minblog | 2018-12-26 17:42 | | Comments(0)

さくらももこ三昧な一週間

次々と自然災害に見舞われた先週一週間、私はといえばお察しの通り?さくらももこ三昧だった。
おかげで、手持ちのさくらももこエッセイの文庫本を、全部読み終えてしまったのである。
8冊あったので一日一冊のペースなのだが、最近にしては珍しく速い。
でも、かっては一日2冊くらいは読んでいた時期もあるのである。

今回、本屋で在庫全部6冊まとめて買ったのは正解だった。
なぜなら、それ以来さくらももこの本は書店から消えたばかりか、アマゾンにも無い。
でもそのうち溢れるくらい出てくるのではないだろうか?
実は、あと2冊ばかり読みたいのがあるのである。

さくらももこ三昧な一週間_c0026824_11482074.jpg

私は、実は漫画「ちびまるこちゃん」を読んでないので、エッセイストとしてのさくらももこさんしか知らない。
なので、エッセイストとしてのさくらももこさんについて、少し感想を書きたいと思う。

実は私には好きな女性エッセイストが三人いる。
名文の誉れ高い美しい日本語の珠玉の文章、近寄りがたい優等生の須賀敦子さん。
ほとんど名人芸ともいえる随筆の達人で、気取らない優等生の向田邦子さん。
自由奔放、歯切れがよくて痛快、その毒気に当てられ?中毒になってしまった佐野洋子さん。

特に佐野洋子さんが大好きで、ほとんど全部のエッセイを読んでいるが、佐野さんもまた本職は絵本作家である。
さくらももこさんが漫画家でありながらエッセイを書かれるのと同じである。
佐野さんは8年前に、そしてさくらさんが今年まだ53歳という若さでお亡くなりになり、残念至極である。
もちろん、年齢的には佐野さんとさくらさんでは親子かそれ以上の開きがある。

さくらさんのエッセイは、日常のごく些細なことを飾らず気取らずストレートに、ユーモアを交えて書かれている。
しかもそれらは、誰にでも一つや二つは思い当たるフシがあるのである。
人々を惹きつける面白いエッセイとは、自分の個人的な体験や思いを普遍化できなければならない。
あるいは、人々が見落とし忘れ去ったことを、その観察力と記憶力によって掘り起こすのである。
もちろん、豊かな感受性によって、自分の日常を心豊かに生きてこられた証でもある。

そんなわけで、それぞれの個性の違いはあれ、今回私の好きな女性エッセイストにさくらももこさんが加わった、という次第である。



by fu-minblog | 2018-09-12 12:51 | | Comments(0)

さくらももこのエッセイ

さくらももこさんの訃報の後何かエッセイでもあれば、と本屋へ行ってみた。
すると、本屋にはさくらももこさんのエッセイが6冊あった。
どれにしよかと迷ったあげく、エーイと全部買ってしまった。
実は我家の本棚には「まるむし帳」と「のほほん絵日記」の2冊があり、計8冊になったのだった。

さくらももこのエッセイ_c0026824_16175638.jpg

ま、文庫本なので嵩も低いし、値段も安いのである。
それに、次々と読みたくなり買いに来て無かった、というのがイチバン嫌だった。
衝動買いというか、大人買いというか、私的には決して珍しいことではない。
特に本にかんしてはワリとよくあるのである。

また、ある作家の本を全作読破?というのもなくはない。
そんなワケで、本がどんどん増殖する我家である。
さくらももこと言えば漫画「ちびまる子ちゃん」を読むのが当たり前かもしれない。
でも、私はナント!漫画「ちびまるこちゃん」を読んだことがないのである。

その理由についてはいろいろあり、一口では言えない。
でも、結局は漫画より活字好きなのかもしれないし、漫画にかんしては少女漫画より少年漫画好きとも言える。
また、偶々息子だったからかもしれないし、世代的なこともあるのかもしれない。
ただ、なぜか「まるむし帳」と「のほほん絵日記」だけは買って読んでいたのだった。

なかでも「まるむし帳」はさくらももこの初の詩画集ということで、今回読み直してもやっぱり好きだった。
そして、もっと他のエッセイが読みたくなったのも事実である。
そんなワケで、さくらももこの6冊の新しいエッセイがいつでも読めるなんて、シアワセ。
本は私の心のサプリメントなので、読む本がないとトタンに精神不安定になるのである。

なので、これで当分読む本を探す必要もなくなり、安心してられるってもんである。




by fu-minblog | 2018-09-03 17:22 | | Comments(0)

「国体論 菊と星条旗」

本の記事がめっきり減ってしまってはいるが、本を読んでいないわけではない。
なにしろ、本は私にとって生活必需品なので無くてはならない。
特に、夜寝る前にする読書は至福の時であり、格好の睡眠剤でもある。
なので、以前よりは減ってはいるが、読書は私の生活の一部であり、本は命の糧でもある。

「国体論 菊と星条旗」_c0026824_10305597.jpg

このところワリと軽く読める本が続いたのだが、ある日突然衝撃的な一冊に出会ってしまった。
白井聡著「国体論 菊と星条旗」という本である。
新書でもあるし、ちょっと興味を惹かれ読んでみようと買ってみたのだが、ナント!読み終わるのに一ヶ月近くもかかった。

途中別の本を読んだりして、あわや途中挫折かと思ったりしたが、つい最近無事完読。
一通りしか読んでいないにも拘らず、ズドーンと重い物が私にのしかかった。
まだ整理もついてはいないし、どこまで理解できたかは疑問だが、目から鱗の一冊だった。

日本という国にとって、日本人にとって、日本の歴史にとって、天皇という存在の意義。
今年は明治維新150年の節目なのだが、奇しくも敗戦(1945年)を境に維新からと相似形のような国体の日本。
ただ、天皇という存在がアメリカに置き換えられただけに過ぎないという。

しばらくこの本の呪縛から逃れられないかもしれないが、はやく次の本探さなくては・・・



by fu-minblog | 2018-05-15 11:50 | | Comments(0)

「維新の影」

冬眠のおかげで?読書が捗っている。
手持ちの本を数冊読み終わった後、この姜尚中著「維新の影」を買って読んだ。
新聞広告で知り読む気になったのだが、正直こんなに早く読み終わるとは思わなかった。

「維新の影」_c0026824_18563809.jpg

それが、読み始めると一気に読み終わった。
今年は明治150年ということで「近代日本150年、思索の旅」というサブタイトル通り、姜尚中氏が南は沖縄から北は北海道までを実際に自分の足で訪れている。

姜尚中氏が訪れた場所は悉く、維新以後の繁栄からは取り残された、あるいはその犠牲になった影の部分である。
軍艦島、三池炭鉱跡、汚染された福島の地、水俣湾、ハンセン病患者の旧収容施設、過疎の中山間地、滅亡した旧谷中村、大都市の中の旧スラム、基地の重圧に喘ぐ沖縄、コリアンタウン等など・・・
そして、その影の中で生き、死んでいった多くの「裸形の民」、見捨てられた人々。

重い内容に比して、アカデミズムとジャーナリズムの中間をいく本書は読み易かったし、広く浅くが素人には飽きずに読み進められる。
それが長所であり欠点かもしれないが・・・
とにかく一度通読しただけなので、また近じか再読したい、と思っている。



by fu-minblog | 2018-02-11 19:01 | | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(249)
(184)
(134)
(115)
(113)
(109)
(107)
(97)
(86)
(61)
(58)
(57)
(56)
(53)
(51)
(48)
(44)
(36)
(35)
(34)
(34)
(34)
(31)
(28)
(28)
(28)
(27)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン