人気ブログランキング |

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
フェイジョア
at 2019-06-14 16:23
ブラックベリー
at 2019-06-12 10:25
チェジュのお土産
at 2019-06-09 13:43
済州島ツアー 食レポ
at 2019-06-08 17:32
チェジュの海
at 2019-06-06 16:33
JH&KY 済州島ツアー 2..
at 2019-06-04 15:33
JH&KY 済州島ツアー 2..
at 2019-06-04 14:36
JH&KM 済州島ツアー 2..
at 2019-06-04 10:15
ジャスミンとドクダミ
at 2019-05-27 18:14
「キングダム」
at 2019-05-25 15:23
最新のコメント
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 07:21
こんにちは これからの..
by sophil at 15:59
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 21:28
こんにちは NHKのア..
by sophil at 15:05
>saheizi-ino..
by fu-minblog at 21:16
私も友人たちがあまりに誉..
by saheizi-inokori at 19:11
>sophilさん 私..
by fu-minblog at 11:06
>sophilさん ほ..
by fu-minblog at 10:47
映画館でのCMでこれを知..
by sophil at 15:13
こんにちは 暑いながら..
by sophil at 15:07

タグ:ひなまつり ( 24 ) タグの人気記事

ひな祭り

今日は桃の節句、ひな祭り。
生憎の雨日和だったが、暖かなひな祭りだった。
昨日やっとひな人形を出したばかりの我家である。

毎年、出すまでは億劫なのだが、出してしまうとやっぱり良かった、と思う。
いつまで出せるか分からないので、元気なうちは出しておきたい。
ひな人形を飾ると、部屋がパッと明るく華やぐから不思議である。

c0026824_18103693.jpeg

出すのも遅いが片付けるのも遅い我家。
これからほぼ1ヶ月ばかり、毎年4月の初めまで出ているのである。
多分今年も。。。

母の作りしひな人形飾って遊べば幼女のままに




by fu-minblog | 2019-03-03 18:23 | 四季折々 | Comments(0)

倉敷雛めぐり

昨日3月1日は絶好の行楽日和、陽気につられてつい倉敷雛めぐりに行くことに。
毎年行く地元の人間も珍しいのではないか、と思いつつも。
お雛さま好きなのか、自分でも分かりませんが・・・

昨日は平翠軒を皮切りに、旅館倉敷、倉敷民芸館、新渓園、国際ホテルなど巡って来た。
毎年行くので写真も代り映えはしないのだが、今年は民芸館の道祖神の拓本の掛け軸が珍しく、印象的。
なぜか行きそびれたところもあったが、それはまた来年のお楽しみ、ということで。


c0026824_18030811.jpg
倉敷民芸館
c0026824_18032572.jpg

そんなわけで、昨日はついフラフラ、ウロウロ出かけてしまい、我家のお雛さまを出しそびれてしまった。
毎年遅いことは遅いのだが、3月に入ってもまだ出てない、というのもね~~~
きょうやっと出し終えてヤレヤレです。



by fu-minblog | 2019-03-02 18:14 | 四季折々 | Comments(0)

ひな人形物語り

今日は三月三日桃の節句、ひなまつりである。
どうにか間に合った我家のおひなさま、今年も無事お出ましになった。
ただ、お道具はこまごまとした物もあり、ややこしいので省略することに。

我家では数年前から、座卓の上に平置きすることにしている。
そのおかげで段を組み立てなくてもよく、場所もとらない。
また、毎年全員勢揃いするようにもなったのである。

c0026824_14305585.jpg
c0026824_14310696.jpg
c0026824_14311708.jpg

ひな人形は古い物から新しい物、由緒正しき物から一般的な物までいろいろあるが、この雛人形は母がほとんど全部手作りした物である。
顔も手作りで、髪の毛は絹糸を使って結っている。
また、三人官女の持っている柄杓や三方、五人囃子の笛や太鼓も手作り。
そして全ての人形の着物を自分で縫っている。

これは、母がずっと日本人形を習っていた最後の卒業制作のような感じで作ったのである。
先生は品のいい老婦人、別にプロではなくたんなる趣味でされていた。
もちろん、母もただのお稽古事としてやっていた。
生徒は母を含めて三人、ゆえに、この雛人形は世界に三セット存在した。
ただ、今はどうなったかは知る由もない。

私は、母がこの雛人形を作っていた姿をはっきり憶えている。
私的には何の貢献もしてはいないのだが、ただ一つ、嫁入り道具として持ってきて以来保存状態だけは良かったみたい。
ほぼ半世紀近く、虫食いや着物の色褪せもなく、まるで新品のように綺麗なのである。
たぶん、京都なので、人形用の特別な良い材料が使われているからなのかもしれない。

そして、毎年こうして飾るようになっている。
おまけに、屏風やお道具は何年かかかって私が買いそろえていった。
今は亡き母を偲びながら。。。


by fu-minblog | 2018-03-03 15:11 | 四季折々 | Comments(0)

倉敷雛めぐり

今日から始まった倉敷雛めぐり、お天気につられてついぶらぶらと。
観光客に交じって、ここ数年、ほぼ毎年行っている地元の人間も珍しいのではないか?
その分コースも決まっているので、所要時間は短い。

新渓園 ここがメイン会場なので、毎年いろんな雛人形が勢揃いする。

c0026824_18305697.jpg

旅館くらしき 実は玄関脇に展示される雛人形とこの空間が殊の外好き。

c0026824_18340173.jpg

あと毎年会いに行くのが、吉井旅館、平翠軒などの雛人形、今年初めてだったのが川舟に乗った雛人形。
稚児の川舟流しがあるとのことだったが、残念ながらそれまで待てずに帰った来てしまった。

c0026824_18444637.jpg

さて、我家の雛人形どないしよっ?!と思う今日この頃・・・・・



by fu-minblog | 2018-02-24 18:53 | 四季折々 | Comments(0)

これが最後かひな祭り

今年も三月三日が巡ってきて、どうにかひな人形を出すのが間に合った。
幼い女の子が居るわけでもなく、ひな人形を見て喜ぶ者が居るわけでもない。
ただ、ひな祭りにはひな人形を出さねば、という思いだけで出すのである。

c0026824_14395427.jpg


偶々、ひな人形が全部置ける座卓があり、段を組み立てる必要がなくなったり、人形自体が小さいので出し入れが簡単、ということもある。
また、何よりのワケが、亡き母の手作りであること、一年に一度の晴れ姿と虫干しを兼ねて出すのである。
でも、天袋から取り出す際、踏み台から落ちたら大変なことになるなと、内心思う。

c0026824_14403690.jpg


おかげさまで今はまだどうにか大丈夫ではあるけど、いつ何が起こるか分からぬのが人間。
ゆえにこれからは、毎年これが最後、と思って出すことにしよう。
それを、今後どれだけ続けていくことができるか?それがモンダイ。

c0026824_1449660.jpg


ひな人形の写真もショージキ撮り飽きました。
それよりなにより、見せられる方もきっと見飽きることでしょう。
どーも、ごめんあそばせ。
by fu-minblog | 2017-03-03 15:07 | 四季折々 | Comments(0)

鞆の浦・町並ひなまつり

昨日までの寒さも和らぎ好天に恵まれた今日、友人と広島県福山鞆の浦へ、雛人形を見に行った。
前から一度行きたいと思いながらも行けなかったのだが、それが今日やっと果たせたのだった。

鞆の浦の雛人形は、享保雛や古今雛など古い雛人形が多い。
鞆の浦は古くから港町として栄え、商業活動も盛んで町人文化の華がさいた。
そのなごりとして大切に保存されてきたのが「遠い昔のおひなさま」なのである。

歴史民俗博物館
倉敷から車で二時間弱、鞆の浦、瀬戸内海を見渡す小高い場所にある

c0026824_2181841.jpg

太田家住宅
重要文化財の太田家住宅の中に、享保雛や古今雛、が多数展示されている

c0026824_2184029.jpg

ほかに、鞆の町並をそぞろ歩いたり、新鮮な刺身を食したり、なにより、お天気にめぐまれ楽しい一日を過ごせたことに感謝!
by fu-minblog | 2016-03-02 21:23 | | Comments(2)

ひな人形つれづれ

今日から三月、我家はやっとひな人形を飾りました。
本人はもちろん、見せられる方も飽き飽きってところですが、出せる間は出しておこうかな、と。
世の中、あるいは人生何が起こるか分かりませぬゆえ。

c0026824_15325763.jpg


人生何が起こるか分らない、てことで申せば、自分がひな人形を毎年飾るようになるなんて、夢にも思いませんでした。
もともと、ひな人形に特別思い入れがあったわけでも、人形好きだったわけでもないのですから。

偶々家に母手作りのひな人形があって、偶々その人形が飾るのに適度な大きさ(小ささ?)で、暇な老女のひとりあそびにはもってこい、ってわけなのでした。
老いもまた楽し、ってところでございます。
by fu-minblog | 2016-03-01 15:44 | 四季折々 | Comments(0)

老女たちのひなまつり

昨日は予てよりの約束通り、我家で老女たちのひなまつりの会を催した。
時期的にも年齢的にも遅すぎるひなまつりではあるが、愉しい時間が過ぎ去るのは速かった。

今までも雛人形を見に来てもらったことはあるが、今回が一番の盛会だった。
なにしろ、お持たせの手作りの巻き寿司や山菜料理、和洋菓子などがいっぱい。
つい食べるのとおしゃべりに夢中で、写真を撮るのを忘れてばかり。

c0026824_17212088.jpg
c0026824_17214432.jpg

c0026824_17283920.jpg


老女なんて失礼ですと?
いえいえ、中国語では先生のことは老師といい、老とは尊敬の意味があるのである。
経験豊富な人生の味わい深い言葉、バイタリティに溢れしかもチャーミングな老女たちにカンパイ!

ちなみに、私も老女のハシクレでございます。
by fu-minblog | 2015-03-18 09:23 | 四季折々 | Comments(2)

雛人形

今年も一応雛人形を出しました。
幸か不幸か、去年から飾る場所が確保できたので出さないわけにはいきません?

ただ、和室の天袋から雛人形の入ったケースを出すのは、いつまで出来るか、と本気で思いました。
いくらスポーツクラブで毎回ステップ台を上り下りしていても、足を踏み外したらトンデモナイことに。


c0026824_17472946.png

c0026824_17472149.png

c0026824_17473970.png


今年も雛人形を出せるくらい元気なこと、この一年の無病息災は雛人形のおかげだと感謝しつつ、そして亡き母を偲びつつ、一ヶ月ばかり雛人形と過ごします。
by fu-minblog | 2015-03-02 18:18 | 四季折々 | Comments(4)

倉敷雛めぐり&ランチいただきます

今日は梅の花見に行く予定が、美観地区に用事が出来て急遽予定変更。
せっかくなので、美観地区周辺の雛めぐりをしてきた。

まずは新渓園へ。
何といってもスペースが広く、雛人形も多く賑やかである。

c0026824_20431024.jpg


続いて倉敷川沿いを歩いて旅館倉敷へ。
この時とばかり、いつもは入れない場所に入れるのがうれしい。
雛人形はもちろん、我が生涯一番愛するストーブにも会ってくる。

c0026824_20504547.jpg


ちょうど昼時になり、今まで一度も入ったことのない旅館鶴形へ。
ランチいただきますの協賛店だったので入ってみたのだが、店の雰囲気も接待もよく、料理も満足でサスガ倉敷国際ホテル直営なだけはあった。

c0026824_21203582.jpg


今日はお天気は良かったが寒い一日だった。
でも、気分は春まじか、なのだった。

(この記事が2000件目となり、つくづく塵も積もれば山となることを実感)
by fu-minblog | 2015-02-27 21:52 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(242)
(183)
(131)
(111)
(105)
(103)
(100)
(96)
(86)
(61)
(56)
(53)
(51)
(51)
(48)
(42)
(38)
(34)
(34)
(34)
(33)
(30)
(28)
(28)
(28)
(26)
(26)
(25)
(24)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン