人気ブログランキング |

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
「スパイの妻」
at 2020-10-17 17:00
庭の秋
at 2020-10-16 10:41
秋の風景
at 2020-10-09 18:20
JH MUSIC LIVE ..
at 2020-10-05 15:44
中秋の名月
at 2020-10-01 14:46
クサギの実
at 2020-09-30 16:56
エルムくらしき10周年記念イ..
at 2020-09-27 18:32
&Tea と Secret ..
at 2020-09-24 14:40
吉備路の赤米
at 2020-09-22 18:03
JH MUSIC LIVE ..
at 2020-09-19 16:18
最新のコメント
>shinshuさん ..
by fu-minblog at 16:54
返信ありがとうございます..
by shinshu at 03:38
>shinshuさん ..
by fu-minblog at 10:05
十代ですが小夜子さんに影..
by shinshu at 22:57
>KAZUMZKIさん ..
by fu-minblog at 09:52
はじめまして。KAZUM..
by KAZUMAKI at 19:11
>kokoさん コメン..
by fu-minblog at 17:03
はじめまして! 私は婿..
by koko at 14:30
>sophilさん こ..
by fu-minblog at 17:32
こんにちは 外出自粛と..
by sophil at 11:58

<   2019年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「命みじかし、恋せよ乙女」

昨日、岡山シネマクレールへドイツ映画「命みじかし、恋せよ乙女」を観に行った。
この映画は、樹木希林の遺作にして、世界映画デビュー作だという。
亡くなる直前の夏に撮影され、ほぼ1か月後の9月15日に不帰の人となられたのだった。

「命みじかし、恋せよ乙女」_c0026824_15290980.jpg

しかし、私がこの映画のことを知ったのはワリと最近のことで、偶々といってもいい。
なぜなら、私的には「日々是好日」が遺作だと思っていたのである。
それが、それ以後にも映画に出演されていたことを知り、その女優魂には頭が下がる。
そんなわけで、あまり詳しいことも知らず、ただ樹木希林さんの遺作だというので観に行ったのである。

映画はドイツ映画で監督はドイツの女性監督、しかし来日30回以上という親日家で、日本を主題にした作品も数本あるという。
特に樹木希林さんのファンで、この映画も彼女のために自ら脚本を書き、出演を依頼した。
そして、樹木希林さんが出演オフアーを快諾した。

映画は、大半がドイツでの撮影なのだが、とにかく映像が美しい。
そして、主人公カールの過去と現在、死んだ両親が現れたり、夢なのか現実なのか曖昧なまま物語は進んでいく。
そこへ突然現れる風変わりな日本人女性ユウ。
忽然と姿を消した彼女を追って日本に来たカールが出会ったのが、樹木希林演じる宿の老女将だった。

実は彼女はユウの祖母なのだが、ユウは茅ケ崎の海で死に、もうこの世の人ではなかった。
カールの苦しみを知ったかのように語り掛ける老女将の言葉「あなた、生きてるんだから、幸せになんなきゃダメね」
やがて彼は人生を一歩踏み出す決意をするのである。

人はイキナリ今のままこの世に出現したわけではない。
ここに至るまでの長い道のり、過去があって現在がある。
そしてその道のりは決して楽しいことばかりではなく、多くの悲しみや苦しみがあるのである。

人は一生かけて自分自身になってゆくのではないだろうか。
昨日より今日の自分がより本当の自分なのではないだろうか。
そして、死によってそれは完結するのではないだろうか。



by fu-minblog | 2019-09-28 16:35 | 映画 | Comments(0)

JH ソロライブ in 倉敷バンビ

昨日、台風接近を前に、ホギョさんのソロライブに行った。
場所は倉敷バンビというレストランの3階イベントスペース。
地元倉敷でのライブは久しぶり、ランチ付きのライブだった。

実は私は体調が悪かったので申し込みはしてなかった。
でも、おかげさまでほぼ回復したので、急遽行くことにしたのだった。
最近は東京・大阪などのライブが多く、私的には行くのは倉敷・岡山と決めている。

JH ソロライブ in 倉敷バンビ_c0026824_16393639.jpg

さわやかな白とジーンズ姿のホギョさん、相変わらずスタイル抜群、カッコイイ!
歌はカバー2曲以外はすべて持ち歌。
ホギョさんの持ち歌もだいぶ増えて、ミリオンセラーの曲も入れると10曲を超える。

活躍の場がどんどん増え、国内はもちろん海外へと広がっている。
それはもちろん嬉しいのだが、私のK-popダンスのインストラクターではもうなくなった。
思えば、私とホギョさんとの最初の出会いはスポーツクラブでのレッスンだったのである。

会うは別れの始めという。
夢を追いかけて、世界へ羽ばたいて欲しいものである。



by fu-minblog | 2019-09-23 16:41 | 音楽 | Comments(0)

ティルナノーグカフェ

レストランには度々行っているがカフェは行ったことがなかった。
それが昨日突然行くことになったのだった。
買い物に行き、ふとインスタを見ると本日開店の記事が目に入ったのである。

そうだ!カフェ行ってみよう、というわけでそのまま行ってしまった。
途中雨が降り出したりしたが思い立ったが吉日なのだ。
おかげで?行きたいと思っていたティルナノーグカフェへ行けたのだった。

ティルナノーグカフェ_c0026824_17520098.jpg

注文したのはおやつプレート2番、ピオーネ餅、無花果のカッテージチーズパイ、白ゴマのアイスクリームそしてホットコーヒー。
もちろん全部美味だったのだが、ピオーネ餅は絶品だった。


ティルナノーグカフェ_c0026824_18442769.jpg


入り口はレストランと同じなのだが、途中カフェへ通じる道から入る。
すると趣のある古い民家が目の前に現れるのである。
オーナーが自らたった独りで改装されたカフェである。

ティルナノーグカフェ_c0026824_18450584.jpg

店内も落ち着いた静かな空間が広がる。
和室を活かしたインテリアも素敵。
一人でも友人たちと行っても、美味しい至福の時間が待っている。



by fu-minblog | 2019-09-21 19:10 | 日常茶飯事 | Comments(0)

吉備路の赤米

今日は敬老の日、だからではないが吉備路へ赤米を見に行った。
奇しくも?去年も同じ日に行っている。
去年は真っ赤な赤米を見ることができたのだが、さて今年は?

残念ながら、早すぎなのか遅すぎなのか、それとも気候のせいなのか、色がくすんでいた。
それと、発育も幾分悪いような気がしたのだった。
毎年同じ花を見に行っても、毎年ビミョーに違うのはよくあることなのである。

吉備路の赤米_c0026824_16232268.jpg
吉備路の赤米_c0026824_16233101.jpg
吉備路の赤米_c0026824_16234305.jpg
そんなわけで、少々色は悪いけど今年も赤米は初秋の吉備路を彩っておりました。



by fu-minblog | 2019-09-16 16:27 | 四季折々 | Comments(0)

おニューなパソコン

10年ぶりに新しいパソコンを買った。
・・・てことは、古いパソコンは10年間もった、ということである。
しかも、実はまだ完全に壊れたわけではないのである。

ただ、ここ数か月はトラブル続出、そのたび寿命が縮む思いをしつつ宥めなだめ使っていた。
そうは言っても、とにかく使い慣れた私の分身みたいなパソコンなので愛着はひとしお、別れ難いのだった。
しかし命あるものはいつか死に、機械はいつか壊れるもの。

この際思い切って新しいパソコンを購入、昨日パソコンの先生に立ち上げてもらった。
まだまだできないことも多く、これからボチボチ慣れていくつもり。
実はこの記事は新パソの記念すべき初めての記事なのである。

おニューなパソコン_c0026824_16502176.jpg

実は10年前もしばらく、古いパソコンと新しいパソコンの両方を使いつつ慣れていったのを思い出す。
ただ、当時と今とではいろんなことが違ってきている。
今は、パソコン以外にタブレットやスマホがあり、パソコンの依存度や使用頻度はかなり落ちてはいる。

でも、私はやっぱりパソコン世代。
パソコンを使い始めてほぼ20年、これが4代目のそして最後のマイパソとなるかも?



タグ:
by fu-minblog | 2019-09-15 17:05 | 日常茶飯事 | Comments(2)

「人間失格」

一昨日、公開したばかりの映画「人間失格」を観に行った。
ご存じ太宰治の代表作、しかも私は2010年に映画化されたものも観ている。
前作は生田斗真主演で、比較的原作に忠実に作られていたような気がする。

今回の映画「人間失格」は原作ではなく、「人間失格」が生まれるまでの太宰と3人の女たちの関係が濃密に描かれている。
3人の女とは、妻と斜陽の主人公静子と太宰と心中した富栄である。
蜷川実花監督らしく、お得意の花の映像を効果的に使ったカラフルで美しい視覚的な映画である。

「人間失格」_c0026824_10382250.jpg

しかも、本妻の美知子を宮沢りえ、静子を江尻エリカ、富栄を二階堂ふみが演じるという豪華さ。
もちろん、小栗旬が太宰を熱演、生田斗真にしろ小栗旬にしろ美男子に演じてもらい、太宰もさぞあの世で喜んでいるのでは?

それにしても、身重の妻が居ながら愛人に子供を孕ませ、別の愛人と心中してしまう太宰治、今ならけっして許されないだろう。
たぶん、本妻の娘である津島裕子さんと、愛人の娘である太田治子さんは同い年くらいだと思う。
二人とも作家であり、特に津島佑子さんは素晴らしい作品を数多く残し、惜しくも3年前亡くなられている。

今回の映画の「人間失格」とは、ひょっとしたら太宰治本人のこと?
映画のラスト、川の水の中で一瞬目を開ける太宰に思わず笑ってしまう。



by fu-minblog | 2019-09-15 11:11 | 映画 | Comments(0)

吉備路へ

今日は葡萄を買いに吉備路農マル園芸へ行った。
毎年ここで葡萄を買いに一度は行くのである。
私的には早目に行ったつもりなのだが、葡萄売り場は人があふれていた。

人混みを掻き分けながら、目的の葡萄を探すと案外早く見つかった。
私がいつも買うのは3種類入りの、しかもできるだけ少量のパック。
人房づつだと多すぎるし、値段も高くなる。

今日は偶々お手頃なのがすぐにあり良かったのだが、レジに並ぶ時間が長かった。
どこへもよらず帰宅後、さっそく我家の定番3色葡萄にした。
葡萄を水で洗い、軸を少し残して実だけ切り取り、3色のブドウを密閉容器に保存する。

こうすると結構日持ちがし、朝のフルーツとしてスゴク便利なのである。
でもその前に、取って置きの倉敷ガラスに盛り付けて?写真を撮ったのだった。

吉備路へ_c0026824_17550548.jpg

今日吉備路へ行った目的は実はもう一つあって、それは赤米の下見だった。
ひょっとしたら、と思ったが、時期が早すぎてまだほとんど見ることはできなかった。
偶々青空に浮かぶ雲が素敵だったので、空が主役の写真を撮って帰ったのだった。

吉備路へ_c0026824_17553396.jpg
吉備路へ_c0026824_17552215.jpg

今年も真赤な赤米が見られるとうれしいデス。



by fu-minblog | 2019-09-07 18:11 | 四季折々 | Comments(0)

夏の疲れ?

八月の終わりからずっと、夏の疲れなのか腰痛に襲われている。
それも、いつになく重症でなかなか治らない。
フツー必ず原因があるのだが、例えば草取りとか重いものを持ったとか、今回は全く身に覚えがないのである。

強いて言えば、この夏スポーツクラブに頑張って行き過ぎた。
しかも、今までしたことのないマット運動とか、初めてのレッスンとか・・・
夏の間ずっとお盆も休まずに通ったりしたのである。
おまけに、週に2日が3日になったり、時間も今までより早い10時からのレッスンに出るようになったのだ。

ただでさえ疲れる暑い夏に、しかも高齢者が無理をするとロクなことはない。
そんなわけで、この1週間はサスガに自重している。
とはいえ、モチロン病人にはならず、いつものペースで生活はしている。

またお天気も悪く、台風が来たり雨が多いのも良くないのである。
気分的に晴れないし、ヘタすると落ち込みそうになる。
それでも、どうにか日々を過ごしていかなければならず、生きていくのも大変だとつくづく思う今日この頃である。

夏の疲れ?_c0026824_18011825.jpg

昨日庭で見つけた三匹のちいさなアマガエル。




タグ:
by fu-minblog | 2019-09-03 18:03 | 日常茶飯事 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(249)
(184)
(134)
(115)
(113)
(109)
(107)
(97)
(86)
(61)
(58)
(57)
(56)
(53)
(51)
(48)
(44)
(36)
(35)
(34)
(34)
(34)
(31)
(28)
(28)
(28)
(27)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン