人気ブログランキング |

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
フェイジョア
at 2019-06-14 16:23
ブラックベリー
at 2019-06-12 10:25
チェジュのお土産
at 2019-06-09 13:43
済州島ツアー 食レポ
at 2019-06-08 17:32
チェジュの海
at 2019-06-06 16:33
JH&KY 済州島ツアー 2..
at 2019-06-04 15:33
JH&KY 済州島ツアー 2..
at 2019-06-04 14:36
JH&KM 済州島ツアー 2..
at 2019-06-04 10:15
ジャスミンとドクダミ
at 2019-05-27 18:14
「キングダム」
at 2019-05-25 15:23
最新のコメント
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 07:21
こんにちは これからの..
by sophil at 15:59
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 21:28
こんにちは NHKのア..
by sophil at 15:05
>saheizi-ino..
by fu-minblog at 21:16
私も友人たちがあまりに誉..
by saheizi-inokori at 19:11
>sophilさん 私..
by fu-minblog at 11:06
>sophilさん ほ..
by fu-minblog at 10:47
映画館でのCMでこれを知..
by sophil at 15:13
こんにちは 暑いながら..
by sophil at 15:07

<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五月の終わりに

今日で五月も終わりです。
まるで梅雨に入ったかのようなここ何日かの空模様。
今年の五月は、爽やかな五月晴れの日が少なかったような気がします。

そんな中、先日からブラックベリーの実が色づき始めました。
アレヨアレヨという間に、白い実が綺麗な赤に、そしてだんだん黒ずんできました。
けれどまだまだ黒くなるまで待ち、やがて真っ黒になると完熟、というわけなのです。


c0026824_17431875.jpg

昨日ふと見ると、まだ五月というのにフェイジョアの花が急に咲き出していてビツクリ!
いつもより一週間は早いと思います。
今年も花数は多いみたいですが、さて、実の方はどうでしょうか?


c0026824_17481806.jpg

こうして季節はどんどん移り変わり、庭の花もつぎつぎ咲いてゆくのに、気持ちが追いつかない今日この頃です。
梅雨入りも間近か、あっという間に夏がやって来ることでしょう。



by fu-minblog | 2018-05-31 18:01 | 四季折々 | Comments(0)

香る庭

5月も終わりに近づいた今日この頃、我家の庭は香りにつつまれます。
玄関わきのジャスミンが満開で、ドアを開けると甘い香水のような香りに思わずうっとり。

c0026824_11493962.jpg

足元にはドクダミの清楚で美しい花が次々と咲き出した。
こちらはツーンとした辛口の香りだが、私は花も香りも好き。

c0026824_11502873.jpg

香りはないけどその自然の造形に何度見ても感動する時計草も、そろそろ咲き始めた。
時計草の命は短く、たった一日だけの一日花だと知るとなお愛しい。

c0026824_11565927.jpg
たぶん、私は香りの強い花が好きみたい。
それも丈夫で手間いらずなのが、なので結局ハーブが残ったのだと思います。

ジャスミンは、鉢植えだったのを地面に植え替えたのが今や大木に。
ただドクダミは植えた覚えはございません。

時計草は、知人に貰った小さな1本がアチコチに増え、毎年花を咲かせてくれる。
ああ大地の恵み!自然は偉大です。



by fu-minblog | 2018-05-26 12:14 | 四季折々 | Comments(0)

「ピーターラビット」

昨日、久しぶりに本を探しに本屋へ行き、久しぶりに映画館で映画を見た。
偶々昨日から始まったばかりの「ピーターラビット」である。

実は私は、「ピーターラビット」についてほとんど何も知らないのだった。
原作の絵本も読んだことがなく、ただなんとなく、美しい風景とウサギの絵を知っているだけだった。

c0026824_10445235.jpg

なので、原作そのままの牧歌的な映画なのかな?と勝手に思いこんだフシがある。
ところが、映画は全く私の予想を裏切り、ヒトとウサギの壮絶なバトル?
スリルとスピード感満点の、けっこうドタバタな映画だった。

ただ、最近はアニメーションではなく実写でこーゆー映画が作られることに、古い人間はオドロク。
役者とまるで生きてるかのようなウサギの人形?とが違和感なく演技する。
CGの威力に今更ながら感心し、圧倒されるのだ。

いつも通り全く予習せず、原作はもちろん映画について何の予備知識もなく見てしまう悪いクセ。
たかが映画されど映画なのでした。。。



by fu-minblog | 2018-05-19 10:53 | 映画 | Comments(0)

「国体論 菊と星条旗」

本の記事がめっきり減ってしまってはいるが、本を読んでいないわけではない。
なにしろ、本は私にとって生活必需品なので無くてはならない。
特に、夜寝る前にする読書は至福の時であり、格好の睡眠剤でもある。
なので、以前よりは減ってはいるが、読書は私の生活の一部であり、本は命の糧でもある。

c0026824_10305597.jpg

このところワリと軽く読める本が続いたのだが、ある日突然衝撃的な一冊に出会ってしまった。
白井聡著「国体論 菊と星条旗」という本である。
新書でもあるし、ちょっと興味を惹かれ読んでみようと買ってみたのだが、ナント!読み終わるのに一ヶ月近くもかかった。

途中別の本を読んだりして、あわや途中挫折かと思ったりしたが、つい最近無事完読。
一通りしか読んでいないにも拘らず、ズドーンと重い物が私にのしかかった。
まだ整理もついてはいないし、どこまで理解できたかは疑問だが、目から鱗の一冊だった。

日本という国にとって、日本人にとって、日本の歴史にとって、天皇という存在の意義。
今年は明治維新150年の節目なのだが、奇しくも敗戦(1945年)を境に維新からと相似形のような国体の日本。
ただ、天皇という存在がアメリカに置き換えられただけに過ぎないという。

しばらくこの本の呪縛から逃れられないかもしれないが、はやく次の本探さなくては・・・



by fu-minblog | 2018-05-15 11:50 | | Comments(0)

種松山の薔薇

薔薇はたいていRSKバラ園で見ていたが、今年初めて種松山へ行ってみた。
家から近いのと、池などあってロケーションが綺麗だと思ったからである。
たしかに池をバックに咲く薔薇の花々は見応えがあったのだが、傾斜地に植えられてるためちょっと写真は撮りにくかった。
そんなわけで、花の写真が少なかったのだが記念にUPして思い出の1ページにすることに。

c0026824_10420019.jpg


今日は母の日である。
花屋の店先には真っ赤なカーネーションや鉢植えの花がいっぱい並んでいることだろう。
つい何年か前まで母の日といえば、自分のことではなく我が母のための日であった。

でも母が亡くなった今、そや!わたしもハハやんか、っと思い出す。
けれど息子からは何の音沙汰もないのである。
ま、いいかっ!便りのないのは良い便りってことで、カーネーションならぬ薔薇の写真を見て我慢する。



by fu-minblog | 2018-05-13 10:46 | 四季折々 | Comments(0)

夏のファッション 2018

暑くなったり寒くなったりで着るものに困るこの季節、でもそろそろこの夏のファッションを考える頃。
最近偶々ゲットしたグリーンの帽子のおかげで、何となくイメージが湧いてきた。

その前に買っていたプリーツプリーズのパンツとブラウス、大胆すぎる柄が着られるかと心配だった。
それが、グリーンの帽子のおかげで、どうやら一つにまとまったみたい。


c0026824_16132326.jpg


まだ5月なのでコートか上着は必要なのだが、私は真夏でも冷房対策と日除けに不可欠。
なので、着るものに四季の区別が無くなっているのかもしれない。

そんなわけで、今年はこの大胆不敵?な柄を如何に着こなすか、心配半分楽しみ半分な今日この頃デス。



by fu-minblog | 2018-05-12 16:59 | 四季折々 | Comments(0)

庭仕事と私

今日は端午の節句、子どもの日、連休も明日までとなった。
私は連休は人混みを避けて、なるべく家に居るか、出かけても日頃の生活圏から出ないようにしている。
今年も同じだったのだが、なぜか珍しく庭仕事をよくしたのである。

なにしろ雑草が生い茂り、まるでジャングルみたいだったから。
連休前半はほぼ毎日、後半もちょこちょこと草取りをしている。
それでもジャングルがやっと草原になったくらいで、しかも目に付く場所だけしかできてはいない。

そんな中、庭のハーブたちが健気に花を咲かせてくれているのがうれしい。

c0026824_10163365.jpg

上からラベンダー、ツリージャーマンダー、コモンセージ。
ラベンダーとツリージャーマンダーは10年以上前に、コモンセージも植えてから5年以上は経つ。
根付くと毎年勝手に花を咲かせてくれるので有難いが、ある日突然枯れたりもする。

以前ヘルマン・ヘッセの「庭仕事の愉しみ」という本を読んで、自分も何時になったらそいう心境になるのだろう、と思ったりした。
あるいはまた、ベニシアさんの「庭に植物を植えることは、幸せを植え付けること。庭は、神様に一番近い場所」ということば。

まだまだ修行が足りませぬ。




by fu-minblog | 2018-05-05 10:51 | 四季折々 | Comments(0)

スズランの日 2018

今日5月1日はスズランの日、と知ってからまだ数年しか経ってはいない。
でも私の中で、スズランの日がすっかり定着したのには訳がある。
ちょうどこの日に合わせたように、我家の庭にスズランの花が咲くからである。

今年は特に本数が増え、花もいっぱい咲いている。
ただ、やっぱり花の時期が早めで、一週間くらい前が最高潮だった。
でも今でも、庭の一角にスズランが群生しているのは信じられないくらい。

c0026824_17070213.jpg
上の写真は一週間くらい前の、まだ咲き始めの頃に撮ったもの。
色が真っ白で、可憐でうつくしい。
この可憐な花の生命力に、毎年驚かされるばかりである。



by fu-minblog | 2018-05-01 17:21 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(242)
(183)
(131)
(111)
(105)
(103)
(100)
(96)
(86)
(61)
(56)
(53)
(51)
(51)
(48)
(42)
(38)
(34)
(34)
(34)
(33)
(30)
(28)
(28)
(28)
(26)
(26)
(25)
(24)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン