ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
とりどりな葡萄たち
at 2018-09-17 16:07
赤米色に染まる吉備路
at 2018-09-16 16:10
倉敷一会 de ランチ
at 2018-09-14 21:37
さくらももこ三昧な一週間
at 2018-09-12 12:51
自然災害と季節の移り変り
at 2018-09-10 18:35
さくらももこのエッセイ
at 2018-09-03 17:22
八月の思い出
at 2018-08-31 16:19
サギソウ
at 2018-08-29 17:13
「星とくらす」
at 2018-08-25 19:01
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2018-08-22 18:21
最新のコメント
>sophilさん 私..
by fu-minblog at 11:06
>sophilさん ほ..
by fu-minblog at 10:47
映画館でのCMでこれを知..
by sophil at 15:13
こんにちは 暑いながら..
by sophil at 15:07
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 09:52
こんにちは 先ほどニュ..
by sophil at 16:54
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 09:33
こんちには オレガノの..
by sophil at 12:52
sophilさん こんば..
by fu-minblog at 21:05
こんばんは この時期は..
by sophil at 17:56

<   2018年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

昨日の出来事

昨日は朝一番に倉敷市立美術館へ「くらしき小町写真展」を見に行った。
会場で出品者でもあり知り合いでもある方に出会い、興味ある話が聞けて楽しかった。
そして教えてもらったのが、美観地区で執り行われるハートランド倉敷という催し。
ちょうど初日のセレモニーに間に合うということで、帰りにちょっと寄ってみることに。

今年は38回目ということなのだが、実は私は行くのは初めて。
いざ美観地区に行ってみると、大原美術館近辺は大勢の人で混雑していた。
市長の挨拶などセレモニーが終わると、川舟に乗った藤娘がしずしずと川面に現れた。
笛の音も優雅に響く藤娘の川舟流しを、しばし見学したのだった。


c0026824_11552215.jpg

そんなわけで、昨日は美しい写真の数々ばかりか思わぬ目の保養をさせて頂きました。
ほんに人生はサプライズの連続デス。

by fu-minblog | 2018-04-30 12:05 | 四季折々 | Comments(0)

四月の出来事

今日で四月もお終い、今年も早や1/3が過ぎてしまった。
四月も良いこと悪いことがいろいろあった。

悪いことで言うと、やっぱり今年も風邪を引いてしまったこと。
ただ、症状としては軽かったのが不幸中の幸いであった。

そしてずっと続いているパソコンの不具合。
おまけに私の焦りと不注意でしてはいけないアップデートをしてしまったこと。
でも、Y先生のおかげで無事復活、どうやら事なきを得たのだった。
一時は、人生の愉しみが消えてしまうのではないかと絶望さえした。

良いことは、今年の四月はたっぷり花見ができたこと。
ソメイヨシノは終わっていたが、桃の花や御衣黄桜、庭のライラックやハナミズキ、可憐な野の花たち。

そして良い写真がなくて記事にできなかったホギョさんのイベント、去る4月7日美観地区であったファンとの写真撮影会。
その時の写真が昨日ホギョさんからLINEで届き、私の中で思い出が色鮮やかに甦りました。

c0026824_10495364.jpg

ホギョさんは去年に続き今年も大活躍。
次々催されるイベントはあれど、私的には体力の許す限りの参加となってます。
またホギョさんのファンクラブ「JIC1101」の一員として、できる限りの応援をしたいと思っています。



by fu-minblog | 2018-04-30 11:19 | 四季折々 | Comments(0)

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

先日、風邪が治り切らないにも拘らず、急に映画を見に行った。
案の定、のど飴とマスクで咳が出そうなのを堪えつつではあったのだけど。
上映回数が減り上映時間が夜しかなくなる、と分かったからである。

c0026824_16194848.png

今回の映画は「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」。
ファンタジー映画が2本続いた後のシリアスな映画である。

ベトナム戦争の真実を四代にもわたって隠し続けた歴代アメリカ大統領、その調査・分析した膨大な文書を手に入れた新聞社ワシントン・ポスト。
ライバルニューヨーク・タイムズに先を越されたものの、報道の自由と信念をかけた戦いが描かれる。

ワシントン・ポストは当時アメリカ有力紙唯一の女性経営者だった。
しかも彼女は、社主であった父の跡を継いだ夫の急死によって、専業主婦から社主になったのだった。
そんな彼女に託された重い決断、激しいプレッシャーの中彼女は勇気ある決断を下す。

メリル・ストリーブ演じる女性社主キャサリン・グラハムは、決して男勝りの女性経営者ではない。
むしろ、母として祖母として家庭的な女性として描かれている。
メリル・ストリーブの役柄としては、私的には今までで一番大人しい?くらいである。

けれど、そんな彼女の決断だったからこそ、ある感銘を受けたのだった。
一個人の勇気ある決断が、世の中ばかりか歴史をも変えることができる、という事実。
一個人の勇気ある決断と行動こそが、何時何処でも必要なのだ、と。



by fu-minblog | 2018-04-22 17:28 | 映画 | Comments(0)

ハナミズキの咲く家

今年は庭木の花の咲く時期が例年より早く、しかも比較的花も多い。
ライラックの次はハナミズキが咲き出し、今ほぼ満開である。
我家は紅白2本のハナミズキがあり、今年は珍しく2本が揃って咲いています。

c0026824_17401448.jpg

ハナミズキは我家にとって特別な樹なのである。
特に白い花の咲くハナミズキは40年近く前、この家を建てた頃からのお付き合い。
まだ庭にほとんど樹がなかった頃、実家からヒコバエを貰ってきて植えたのである。

その樹がどんどん大きくなり、やがてこぼれんばかりの花を咲かせるまでに成長した。
そして、私たち家族ばかりか道行く人々の目まで楽しませてくれるようになった。
毎年我家のハナミズキの花を楽しみに待っていてくれる人までいたのである。
かくして、ハナミズキは我家の初代シンボルツリーとなったのであった。

けれど大きくなりすぎて剪定するようになると、だんだん花が減っていったのである。
紅い方も早や30年くらいは経っていると思う・
今や2本は同じくらいの大きさにはなっている。

白いハナミズキが咲き誇り、「ハナミズキの咲く家」であったあの頃の我家。
今は遠い昔、懐かしい思い出である。
けれど、あの頃ほどではないにしても、今年は紅白2本のハナミズキがそれなりに咲く。
なので、今だけは我家を「ハナミズキの咲く家」と、呼びたいと思う。



by fu-minblog | 2018-04-18 18:08 | 四季折々 | Comments(0)

ライラックの花咲く頃

桜の季節が終わると、我家の庭木の花の咲く季節がやって来る。
まず咲き始めるのが白山吹、次に咲くのがライラックである。

ライラックは蕾から開花まで時間がかかるので、待っている時間が長い。
また、蕾は濃い赤紫なのに開花すると淡い紫になるその差が際立っている。

ライラックにかんしては、この一週間ばかり毎日くらい写真を撮っているのではないか。
そして一週間経ち、蕾を少し残して花はほぼ開き切ったのでした。

c0026824_11221913.jpg

c0026824_11223639.jpg

実は、今年は早くもハナミズキが満開に近づいている。
次々移り変わってゆく季節、人生もまた・・・・・



by fu-minblog | 2018-04-15 11:45 | 四季折々 | Comments(0)

八間蔵 de ランチ

今日は八間蔵へ友人とランチに行った。
実は今年の初めにも行ったのだが、しばらく休店するとのことで閉まっていた。
それが春には再開したことを知り、久しぶりに行ってみることに。

c0026824_19161661.png

店内は以前のままに落ち着いた雰囲気で、古い蔵が上手く活かされている。
蔵の奥行きが八間あることから八間蔵と名付けられている。
今日私たちが食べたのは蔵ランチ(1500円)、味も量も満足した。

実は風邪気味で喉が痛いのだが、これ以上酷くなりませんよーに。
今日のランチがどうぞ風邪を吹き飛ばしてくれますよーに、と祈るばかり。



by fu-minblog | 2018-04-13 20:18 | 日常茶飯事 | Comments(0)

御衣黄桜

わたしの桜シーズン最後を飾るのは、ほんのり緑色の御衣黄桜である。
その御衣黄桜が比較的近場の早島にあることは、ほんに幸運なことだと感謝する。

今年も、お天気も良く寒さも和らいだ昨日の午前中、わくわくしながら行ってみた。
一週間前には蕾もまばらだったのに花はほぼ満開、去年より10日ばかりも早いのだった。

c0026824_10233033.jpg
c0026824_10235337.jpg

c0026824_10255295.jpg
c0026824_10241763.jpg
c0026824_10260596.jpg
まだまだいろんな桜は咲くだろうし、桜前線も日本列島北上中ではある。
でも、私的には今年の桜行脚はこれでひとまず終わります。



by fu-minblog | 2018-04-11 10:35 | 四季折々 | Comments(0)

吉備路の野の花たち

昨日は、吉備路で満開の桃の花と同時に、足元に咲く小さな野の花にも堪能した。
ヒメオドリコソウという一見ホトケノザに似た花が辺り一面咲いていてうれしかった。
実は、我家の庭にも毎年咲くのだが、今年はなぜかほとんど咲いていなかったから。

c0026824_16343463.jpg

タンポポは例年よりは少なかったが、桃の木の足元にはいっぱい咲いていた。

c0026824_16345296.jpg

また、遊歩道の両脇には小さなスミレの花もひっそりと咲いている。

c0026824_16350400.jpg

実は、以前「野の花だより」というシリーズ?をしていたことがあり、当時は運転中もキョロキョロ探していたことがある。
そのクセが未だに抜けやらず、この季節には上ばかりか下の方を見るのも忙しい。

ソメイヨシノの開花は、野の花たちの開花を知らせるバロメーターでもあるらしい。
なので、ソメイヨシノが咲くと、野の花たちもいっせいに咲き出すのである。
今はもう遠くなってしまったが山野草(特にカタクリなど)を追いかけていた頃は、サクラの咲く時期にいつも注目していた。

そのソメイヨシノも早や終わりを迎え、季節は次のステージへと移り変わってゆくようだ。




by fu-minblog | 2018-04-04 17:02 | 四季折々 | Comments(0)

桃源郷へ行きました?

今日も初夏のような陽気。
ソメイヨシノの次は桃の花が満開になる頃だと思い、吉備路へ行ってみた。
すると、吉備路はアチコチで桃の花が咲き、まるで桃源郷のような美しさなのだった。
とはいえ、桃源郷へは行ったことも見たこともないのですが・・・

c0026824_16440675.jpg

今年は去年より2週間ばかり早目だったのだが、すでに緑の葉が顔を出していた。
さくらも何もかも、今年は花が咲くのが早いので油断できません。
外は暑いと言えば暑かったけど、風が涼しく気持ち良かったです。

実は最近新しく望遠レンズを買ったので、写真を撮るのがスゴク愉しみ。
でも、まだまだ慣れなくて、使いこなすまでには時間がかかりそー。
それと、荷物がさらに増えて重くなったのが悩みの種です。



by fu-minblog | 2018-04-03 17:04 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(233)
(181)
(128)
(107)
(101)
(100)
(96)
(94)
(84)
(61)
(56)
(52)
(51)
(47)
(46)
(40)
(34)
(33)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(25)
(25)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン