ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新の記事
倉敷雛めぐり
at 2018-02-24 18:53
クリスマスローズ
at 2018-02-21 20:19
春告草(梅)には早すぎ
at 2018-02-20 16:48
旧正月 2018
at 2018-02-16 11:59
バレンタインカード 2018
at 2018-02-14 10:22
「嘘を愛する女」
at 2018-02-12 18:45
「維新の影」
at 2018-02-11 19:01
冬眠中?
at 2018-02-10 10:37
節分事情
at 2018-02-04 11:36
「国際市場で逢いましょう」
at 2018-01-31 16:05
最新のコメント
sophilさん こんば..
by fu-minblog at 21:05
こんばんは この時期は..
by sophil at 17:56
>sophilさん お..
by fu-minblog at 17:03
こんにちは うちはWi..
by sophil at 14:34
>sophilさん コメ..
by fu-minblog at 11:09
こんにちは もう水仙が..
by sophil at 18:40
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44

カテゴリ:四季折々( 740 )

2018年初詣

今年もスポーツクラブ初日の今日、城山稲荷へ初詣に行った。
初めて行ったのが2012年なので、早いもので今年で7回目になる。
今年も幟が立てられ華やいではいたが、誰一人お参りする人はいない。

c0026824_16434030.jpg

私はいつも通り賽銭箱に500円を入れ、いつも通りのお願いをする。
ソコソコ元気で、ホドホドに楽しく、ボチボチブログが続けられ、たまに生きててよかったと思える、そんな一年でありますように、と。



by fu-minblog | 2018-01-04 16:52 | 四季折々 | Comments(0)

美酒に酔う

年末に新潟の親戚から菊水のお酒が720mlとはいえ、3本も送って来たのが運のツキ?
お正月だけは日本酒、いつもは越乃寒梅だったのだが、今年はふなぐち菊水一番しぼりを飲んだ。
これがまた美味!
世の中にはどうしてこんな美酒があるのだろう。

c0026824_15504824.jpg

口当たりが良すぎていくらでも飲めそなところがコワーイ!
お節といえる程のものではないが、やっぱり日本酒が良く似合う。

最近は出来合いを買い足しつつ、自分で作ることが多くなった。
とくに根菜の煮物作りは大晦日の仕事である。
あと、大好きな百合根とクワイ、高野豆腐は必至。

お気に入りの小さめの根来風三段重に詰めれば、なんとからしくなるから不思議。
朱塗りのお皿もお椀もいっぱいあって、けっこうお正月の祝い膳は好きかも。
夜にまたあの美酒が味わえるかと思うと、充分シ・ア・ワ・セ。



by fu-minblog | 2018-01-01 16:24 | 四季折々 | Comments(0)

2018年元旦

2018年元旦は、お天気も良く穏やかな幕開けとなった。
何処かへ出かけたいような日和だったのだけど、つい朝に美味なる日本酒を飲んでしまい運転できないのだった。

昨日は一日家でお節作り、今日は運転ができず一日家で過ごすハメに、これってここ数年の私の大晦日と元旦の悪しきパターンかもしれない。
そして、元旦にブログに年賀状をUPしたりするのが・・・

c0026824_15195715.jpg

そんなわけで、今年もいちおう。
今回の年賀状はフォトフレームを使ったので、UPするのは気が引けるのだが、後々のために。
実は今回は2パターン作り、相手によって変えてみた。
・・・とはいえ、こちらが枚数的にずっと多いので、こちらを。

年賀状は年々数が減っていて、今まで何度か卒業宣言もしている通り、そろそろ辞める時期なのかも。。。



by fu-minblog | 2018-01-01 15:30 | 四季折々 | Comments(0)

有松啓介さんのガラスの犬

今朝、年賀状を全て投函してホッとした。
28日にやっと投函とは、めったにない遅さである。
つくづく、年賀状が自分にとっていかに年末の精神的負担であるかを痛感した次第。

最近の傾向としては、干支の動物の写真を素材に、加工して使うというパターン。
カメラとパソコンと素材の干支が必要になる。
来年は戌(犬)なのだが、なぜか犬の写真が一枚もないばかりか、素材もないのだった。
猫の写真は山ほどあるのに、である。

c0026824_20230818.jpg

でも、ラッキーにも、我が愛する有松啓介さんのガラスの犬が偶々手に入った。
それがほぼ1週間前のこと。
私的には理想の素材に巡り合い、これで今年の年賀状は何の苦労もせずにすむかと思いきや・・・

なぜかパソコンの調子が急に悪くなり、全然いうことを聞かなくなってしまったのである。
それを何とか騙しだまし、機嫌を取りとり、やっとの思いで仕上げた年賀状。
スタートが遅かったうえに、ずいぶん余計な時間がかかってしまったのである。

今回は既成のフォトフレームを初めて使ったのだが、有松さんの犬の可愛さが十分生かせなかったようで残念である。
そこでここに、有松啓介作ガラスの犬の写真を残しておきたい、と思います。



by fu-minblog | 2017-12-28 20:42 | 四季折々 | Comments(0)

夜景に酔う

昨夜、友人と美観地区で食事をして外へ出ると、いつもと違う幻想的な風景に目を奪われた。
実は昨夜は、二度目の、そしてたった二人の同窓会のようなものだった。
そんな夜、私はアルコールではなく、美しい夜景に酔った気分だった。


c0026824_20180196.jpg
c0026824_20194637.jpg
c0026824_20203123.jpg
c0026824_20212269.jpg
c0026824_20384115.jpg
夜出かけることの少ない私にとって、夜景を見ることはほとんどない。
なので、倉敷川がまるで鏡のような美観地区の夜景は、不思議の国に迷い込んだアリスになったみたいだった。

昨夜偶々夜景がみられたことは、私にとってはまさしく素敵なサプライズなのである。
前回の同窓会、そして今回の2度目の同窓会も、素敵なサプライズに恵まれたことに心から感謝せずにはいられない。


by fu-minblog | 2017-12-22 20:49 | 四季折々 | Comments(0)

クリスマス&忘年会 in 倉敷Bambi

15日のコンサートの次は17日のクリスマス&忘年会と、ホギョさん関連のイベントで12月は忙しい。

でも私にとっては今年最後のイベントなので、わくわくしていた。
場所は倉敷・洋食Bambiというお店の3階、ステージ付きイベントスペース。
ホギョさんの歌がたっぷり聴ける環境で、贅沢で愉しい時間を堪能した。

その夜、私はカメラではなく、今ちょっとハマっているスマホで動画を撮ることにした。
動画だと後から歌も聴けるのがうれしいところ。
ただ、カメラと両方撮れればいいのに、と欲を言えばキリがない。

ホギョさんの歌は次々と10曲以上続いたのだが、視覚的に一番美しかったのは、私的には中島美香の雪の華だった。
そこで、音のない画像としては雪の華でちょっと遊んでみた次第。

c0026824_17394539.jpg

今年一年、ホギョさんのおかげで愉しい時間と素敵な思い出をたくさんもらった。
きっと、ホギョさんは私に元気と幸せをくれる人なのだ。
そして私はいつも、挑戦する人を応援する人でありたい、と願っている。

それにしても、人生はサプライズの連続である、とつくづく思わずにはいられない。


by fu-minblog | 2017-12-19 18:02 | 四季折々 | Comments(0)

クリスマスツリー

c0026824_16365438.jpg

昨日クリスマスツリーを出した。
このヴェネチアンガラスのツリーを買ってから何年になるのか、たぶん、10年位になると思う。
小さいけれどキラキラしたガラスのツリーを出すと、急に12月って感じがするから不思議。

それにしても、もう12月だなんて、信じられないこの気持ち。
毎年言ってる気もするけど、特に今年は早かった。
12月も、きっとあっという間に過ぎるでしょう。

今日は暖かかったので、やっと気になっていた伸び放題のレモングラスを刈りこんだ。
これが今年最後の庭仕事?
あと、大掃除とか年賀状、そして愉しいイベントも。

とりあえず、無事年が越せればよいのです。

by fu-minblog | 2017-12-03 18:05 | 四季折々 | Comments(0)

同窓会 in 倉敷(アイビースクエア)

あっという間に時が過ぎ、昨日の午前10時過ぎ同窓会は終わり、皆それぞれ帰途に就いた。
岡山後楽園に行くグループもあれば、倉敷をじっくり見て歩くグループもあり、中には四国へ寄るという者も。
私は自称倉敷案内人なので、倉敷組と行動を共にした。

私が今回同窓会の幹事を引き受けたのは、アイビースクエアがあるからである。
ひょっとしたら、アイビースクエアに自分が宿泊したかったからかもしれない。
なぜならこんなことでもないと、地元の人間が宿泊するチャンスがないのである。

ほんとは、蔦が美しく紅葉している頃にと思っていたのだが、残念ながらちと遅かった。
今年は特に思いがけず11月が真冬の寒さで、季節がはやく進んでしまった。
でもま、落葉の季節もそれはそれで美しく、私たちの人生の季節とピッタリではないでしょうか。


c0026824_09311014.jpg

これで私の同窓会も無事終わり明日から12月、今年もあと1ヶ月となりました。
感無量!でございます。



by fu-minblog | 2017-11-30 21:33 | 四季折々 | Comments(0)

同窓会 in 倉敷 (素敵なサプライズ)

何といっても同窓会のメインイベントは夜の会食です。
今回は宿泊、会食ともアイビースクエアで、ということにしました。
なにしろ一番の目的は、和気藹々のお食事とお喋りなのですから。

もちろん、それで十分だったのですが、今回思わぬ幸運が重なり素敵なサプライズが・・・
食事もそろそろ終盤の頃合いに、一人の青年が突然現れて美しい歌声を数曲聴かせてくれたのです。
私以外誰一人、彼の名前も知らず彼と会うのも初めてなのでした。
けれどきっと、この素敵なサプライズは思い出としていつまでも心に残ることと信じます。

c0026824_16265787.jpg

彼の名前はジャン・ホギョさん、私が応援しているK-popアーティストです。
私が同窓会の幹事を引き受けたのも、ホギョさんと出逢ったのも偶然なのですが、その二つの偶然がこんな奇跡を産みました。

忙しいスケジュールにもかかわらず私の頼みを快く引き受け、私たちのために精一杯歌ってくれたジャン・ホギョさんに心から感謝します。
この夜、素敵なサプライズに一番酔い一番幸福だったのは、きっとこの私です。


by fu-minblog | 2017-11-30 16:34 | 四季折々 | Comments(0)

同窓会 in 倉敷(川舟初体験)

何が起こるか分からないのが、人生。
同窓会なるものに出席拒否だった私が、ナンの因果か同窓会の幹事を引き受けて2年半。
時が経つのは早く、ついにその日がやって来た。

11月28日、前日に続くお天気の良い暖かな小春日和、絶好の行楽日和となった。
宿泊先のアイビースクエアにお昼過ぎ集合後、揃って美観地区へと出かけたのだった。
一応美術系の学校でもあり、まずは大原美術館見学の予定が、なぜかトツゼン川舟乗船ということに。

白状すると、かねがね一度乗ってみたかったのはこのわたくし。
おまけに絶好の小春日和。
幹事であることも忘れて有志をつのり、めでたく初乗船の運びとなったのでした。

c0026824_11375259.jpg

紅葉の盛りは過ぎたとはいえ、この時期にしては観光客が意外に多いのは久しぶりの暖かさのせい?
同窓生らは、下舟後大急ぎで大原美術館へと向ったのでした。
わたくしの希望を叶えてくれた優しい同窓生たちに感謝します!

c0026824_11534446.jpg

by fu-minblog | 2017-11-30 12:06 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(225)
(179)
(127)
(104)
(100)
(96)
(94)
(88)
(84)
(61)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(39)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン