ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
秋のバラ in RSKバラ園
at 2018-10-18 18:22
「日日是好日」
at 2018-10-14 16:09
PLEATS PLEASE ..
at 2018-10-11 10:04
初秋の庭
at 2018-10-07 17:40
李侖京 fiber work..
at 2018-10-02 18:07
「地球星人」
at 2018-09-30 16:17
「食べる女」
at 2018-09-26 14:57
李侖京個展
at 2018-09-22 10:50
とりどりな葡萄たち
at 2018-09-17 16:07
赤米色に染まる吉備路
at 2018-09-16 16:10
最新のコメント
>sophilさん 私..
by fu-minblog at 11:06
>sophilさん ほ..
by fu-minblog at 10:47
映画館でのCMでこれを知..
by sophil at 15:13
こんにちは 暑いながら..
by sophil at 15:07
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 09:52
こんにちは 先ほどニュ..
by sophil at 16:54
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 09:33
こんちには オレガノの..
by sophil at 12:52
sophilさん こんば..
by fu-minblog at 21:05
こんばんは この時期は..
by sophil at 17:56

カテゴリ:四季折々( 777 )

秋のバラ in RSKバラ園

ほぼ毎年行くRSKバラ園へ秋のバラを見に行った。
去年も同じ頃行ったのだが日照不足とかで、それまでになく花が少なかった。
さて今年はどうだろうか?と期待と不安の入り混じった気持ちだったのだが・・・

なにしろ去年以上の天候不順、夏の猛暑と秋の長雨、おまけに台風に見舞われている。
バラにとっても過酷な気候だったのか、やはり花数は少なく、元気がなかった。
しかも、天候ばかりではない問題もあるようで、全盛期を知っている者にとっては少々心配である。


c0026824_17462559.jpg

RSKバラ園は私にとって、家からも近く行きやすい格好の場所なのだ。
特に、カメラを携えて一人で行く場所としては、非常にありがたい。
あまり遠かったり、山の中だったり危険を伴う場所はやっぱり避けたい。
なにしろ高齢女子なもんで~

それに、バラだけではなく、四季折々の花が楽しめるのである。
私は実はそちらの方が好きなくらいだったりする。
ただ勿論、RSKバラ園のバラはその品種と数の多さでは中国地方随一ではないだろうか。
バラに酔いそうなくらいの花の饗宴が復活することを願うばかりである。



by fu-minblog | 2018-10-18 18:22 | 四季折々 | Comments(0)

初秋の庭

秋になり一番早く紅葉するのがハナミズキである。
けれど落葉も早いので、紅葉を待っていると葉っぱの数がどんどん減ってしまう。
そんなわけで、昨日撮ったハナミズキはイマイチ紅葉しきっていないのだった。


c0026824_17095369.jpg


キンモクセイの花が咲きだすと、庭に一歩出るだけで良い香りがする。
なので、目よりも鼻で先に知るキンモクセイ、なのだ。
剪定してまだ一ヶ月、花はいっぱいなのだが葉っぱに埋まったように咲いている。


c0026824_17183731.jpg


今年のフェイジョアの実の生り具合が気になりキョロキョロ探してみた。
すると、まだまだ小さいけれどいくつか実が生っていたのでホッとした。
去年歴史的?な豊作だったので、今年はどうなるかと心配だったのである。


c0026824_17291933.jpg


10月に入り急に秋めいたと思ったら、昨日今日は夏の暑さである。
でも、これからどんどん秋が深まっていくことだろう。
芸術の秋、読書の秋、オシャレの秋、そして食欲の秋。。。



by fu-minblog | 2018-10-07 17:40 | 四季折々 | Comments(0)

とりどりな葡萄たち

昨日吉備路へ行った帰り、農マル園芸吉備路農園へ葡萄を見に寄った。
大量の葡萄と大勢の人に圧倒されながら、いろいろ見て回った。
ただ、私の目的は安芸クィーンという、ピンクがかった紫色の葡萄である。

なぜなら、スーパーなどにはめったに置いてないからである。
その安芸クィーンが、しかもちょうどよい小ささの房が偶々見つかり、喜んで買ってきた。
あと、ピオーネと瀬戸ジャイアンツはいつも行くスーパーで買って帰った。


c0026824_15454844.jpg

我家では毎年3種類の葡萄を買い、房を洗った後軸を少し残して一粒づつ切り離す。
それを保存容器に入れ冷蔵庫で保存しておくと一週間はそのまま食べられるので、毎朝のフルーツに困らないというワケなのである。
いつ頃からか、我家では毎年こうして葡萄を食べている。

農まる園芸に行くと、すごく豪華な詰め合わせが売っていて、いつも憧れてしまう。
でも、いつも見るだけでせめて写真だけでもと、という葡萄がある。
今年もやっぱり写真だけ撮って帰ってきたのだった。

c0026824_16023058.jpg

いつかこの詰め合わせを食べてみたいもんである。
できたら、誰かの贈り物で~~~



by fu-minblog | 2018-09-17 16:07 | 四季折々 | Comments(0)

赤米色に染まる吉備路

涼しくはなったがずっと雨模様だったこの一週間、日曜日の今日久しぶりに太陽と青空が!
ソレっとばかり朝早くから吉備路へ向かった。
ひょっとしたら赤米が見られるかも、という期待に胸を膨らませながら。。。

c0026824_15393071.jpg
c0026824_15394749.jpg
c0026824_15400290.jpg
c0026824_15401800.jpg
吉備路に着くや否や一面真っ赤な赤米が風にそよいでいるのが目に入った。
実は今までも何度か来てはいるが、こんな真っ赤だったことはないのである。
去年は遅すぎてもう黒ずんだ赤になっていたのだった。

早すぎるとまだ緑だし遅すぎると黒くなり、見頃は一週間くらいですとは去年聞いたばかりである。
それが今年、偶々だったのだがこんなにきれいな赤米が見られ、もう思い残すことはございません。
ただ、去年まではたしか逆さ五重塔の形に赤米が植えられていたのが、今年は辞められていた。

それと、今日は真夏の暑さが戻り、ずっと戸外で写真を撮っていたら暑いのナンノ。
汗をびっしょりかいて、早々と帰宅したのだった。
でも、念願が果たせてこんなうれしいことはございません。



by fu-minblog | 2018-09-16 16:10 | 四季折々 | Comments(0)

八月の思い出

今日で八月もお終い。
いっとき涼しくなったものの、相変わらずの猛暑が続いている。
今日はひときわ蒸し暑いと思ったら、急に夕立みたいな雨が降り出した。

暑い暑いと言いながらもこの一ヶ月を振り返ると、けっこう楽しい思い出がある。
ささやかな楽しみが、この夏の猛暑を乗り越えさせてくれたのかも。。。
少々夏バテ気味の今、今年の夏を懐かしく、そしてクッキリと思い出す。

c0026824_16085106.jpg

2018年、平成最後のわたしの夏。



by fu-minblog | 2018-08-31 16:19 | 四季折々 | Comments(0)

サギソウ

今朝急に思いつき(いつものパターン)ヒイゴ池湿地へサギソウを見に行くことに決めた。
実は昨日、何となくテレビのニュースからヒイゴ池とサギソウ、という言葉が漏れ聞こえたのだった。
それが気にかかり今朝ネットで調べ、ヒイゴ池のある総社市に電話をしてみた結果である。

c0026824_16412026.jpg

ただ、これもいつものパターンなのだが、その日に決めるのでどーしても出足が遅い。
今日も、家を出たのは10時半という遅さだった。
唯一の救いは、何年か前とはいえ、今までに行ったことがある場所であることだった。

c0026824_16414597.jpg

我家から一時間もかからず到着、周りの景色もよく覚えていた。
車が一台だけの駐車場に車を止め、カメラを用意して歩き始めたのは一番暑い盛りの時間帯だった。
でも、池に渡された木橋に一歩足を踏み入れて思わず感嘆の声を上げたのだった。

c0026824_16421167.jpg

ナント!目の前にある小さな白い点々は、まぎれもなくサギソウだった。
しかも、手で触れられるくらいの近さにも咲いているではないか!
全く自然のままの姿で、こんなに群生しているサギソウを見るのは初めてである。

c0026824_16422673.jpg

実は他にも花はいろいろ咲いてはいたし、写真もとりには撮ったが、今日は何と言ってもサギソウ。
ヒイゴ池のサギソウは初めて見たので毎年なのかどうかは知らねども、今夏の酷暑にもかかわらずこんなにいっぱい咲くサギソウに、その可憐な姿に似ず強い生命力に、ただただ驚くばかり。

少々夏バテ気味で、実は今日も外出するか一瞬迷ったが、やっぱり行ってよかった!
夏の終わりに、こんなに美しい花を見ることができたのだから。
今年の夏の思い出が最後にまた一つ増えたのだから。

見た目は可憐だが実は強いサギソウ、見習いたいです。


by fu-minblog | 2018-08-29 17:13 | 四季折々 | Comments(0)

お盆の花事情

今年もお盆の季節がやって来た。
我家のお盆の行事と言えば、お寺さんの盆参りだけである。
その盆参りが今朝終わり、何となくお盆が終わった気になっている。

毎年のことなので取り立てて言うほどのことはないが、今年はお盆の花を変えてみた。
いつものカサブランカではなく、真っ赤なケイトウの花にしたのである。
偶々近所の野菜直売所で、地元の農家の方が出されてるケイトウの花と出逢ってしまったのである。

その濃い真っ赤な色と、あまりに大きく立派な花に心が動いたのだった。
これも何かのご縁、こういう出逢いにめっぽう弱いわたしなのである。
新鮮なのはもちろん、お値段も安く、思わずいっぱい買ってしまったのだった。

c0026824_15134438.png

ただ、私的にはケイトウの花は馴染みがなく、活けたことはもちろん買ったこともないのだった。
とりあえず家に持って帰り、大きなバケツに入れて保管水上げした。
翌日花屋で白い小さな花を見つけ、ケイトウと一緒にどうにか活けたというよりは、無理やり挿し込んだのだった。

そんなワケで、お仏壇の脇にある座卓の上に、ある意味豪華絢爛?ある意味暑苦しいお花が置かれている我家の今年のお盆なのである。
天国から帰って来る私の大切なヒトの魂たち、どうか家を間違えないで!なんちゃって。。。




by fu-minblog | 2018-08-12 15:47 | 四季折々 | Comments(2)

てんまや水族館 2018

八月に入っても、命にかかわる暑さの続く今日この頃。
昨日は岡山天満屋へ「旅するアクアリウム・親子で学ぶてんまや水族館」に行ってきた。

この水族館は毎年夏休みに開催され、私は2011年以来ほぼ毎年行っている。
なぜか、と言えば招待券を貰うのと、避暑に行くのである。

そして実は、本物の水族館に行きたい行きたいと思いつつ未だに果たせていないからである。
ついでに言えば、動物園も植物園も行きたい処はいっぱいある。

c0026824_10320079.jpg

今回は、神戸市立須磨海浜水族館・スマスイのスぺシャルプロデュースである。
この暑さの中なので、いつもいるアシカやペンギンがいなかったのがちょっと残念。
須磨と言えば近いのでぜひ行ってみたい、と思うのだった。

でもこのデパートの水族館は手軽に行けて、私的にはとても気に入っている。
特に初めて行った2011年にはタツノオトシゴも見れて一番印象に残っている。
翌年2012年が辰年だったので、その時撮った写真を年賀状に使ったりもした。

来年も開催されればまた行くかも。。。



by fu-minblog | 2018-08-04 10:56 | 四季折々 | Comments(0)

気分は夏休み

今日から小学校が夏休みに入ったようだ。
するとなぜか毎年、私も夏休み気分になるのである。
特に今年は猛暑、いえ酷暑が続き、体温を上回る気温に日本列島が喘いでいる。
さいわい当地はまだ体温を上回ることはないが、35度以上はあると思う。

c0026824_17530300.jpg

先ほど庭に出ると、アップルミントに蝶が一匹止まっていた。
庭の花も枯れ果て、今は辛うじてアップルミントだけが咲いている。
先日は(今もあるが)そのアップルミントに空蝉を見つけた。
蝶も蝉も、今はアップルミントだけが頼りみたい。

c0026824_17533588.jpg

年中休日の私ですが、夏休みだけはとくべつなのである。
私の夏休みの過ごし方といえば、たいていはソファーにごろ寝して本を読むのが至福の楽しみ。
それも、窓を開け放し、扇風機の風を受けながら・・・
ただ今年はあまりに暑く、ヘタしたら熱中症、なんてことにもなりかねない。

c0026824_18054142.jpg

昼間は我慢できても、夜はクーラーなしではいられない。
私もとうとう夜通しクーラーをつけっぱなし、という有様。
戸外ならぬ室内で熱中症、なんてことにだけはならないように。
ほんに、豪雨の後は酷暑という試練に、いつまで耐えねばならないのでしょうか?



by fu-minblog | 2018-07-21 18:20 | 四季折々 | Comments(0)

暑中お見舞い 2018

暑中お見舞い申し上げます。

c0026824_18152912.jpg


猛暑お見舞い申し上げます。

c0026824_18155913.jpg


被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。




by fu-minblog | 2018-07-17 18:20 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(234)
(181)
(128)
(107)
(103)
(100)
(96)
(94)
(85)
(61)
(56)
(52)
(51)
(47)
(46)
(40)
(34)
(33)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(25)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン