ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
桜桃忌 2018
at 2018-06-19 20:30
アナベルとブラックベリー
at 2018-06-16 10:43
ペーシェルーナ de ランチ
at 2018-06-15 18:23
「万引き家族」
at 2018-06-14 10:49
2018 JH ファンツアー..
at 2018-06-10 15:47
2018 JH ファンツアー..
at 2018-06-07 10:50
2018 JH ファンツアー..
at 2018-06-06 21:02
2018 JH ファンツアー..
at 2018-06-06 17:40
五月の終わりに
at 2018-05-31 18:01
香る庭
at 2018-05-26 12:14
最新のコメント
sophilさん こんば..
by fu-minblog at 21:05
こんばんは この時期は..
by sophil at 17:56
>sophilさん お..
by fu-minblog at 17:03
こんにちは うちはWi..
by sophil at 14:34
>sophilさん コメ..
by fu-minblog at 11:09
こんにちは もう水仙が..
by sophil at 18:40
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44

カテゴリ:旅( 96 )

2018 JH ファンツアー in 釜山 食レポ

釜山は景色も美しかったが、食事も殊の外美味しかった。
これはひとえに引率者のおかげだと思う。
私たちはただ、ホギョさんの後をついて行くのみ、まるでカルガモのヒナみたいに。

実はもっと早く食レポをUPしたかったのに、パソコンが言うことを聞いてくれず~
今日は朝からかかりっきりで、タブレットとスマホを駆使してやっとどうにか成功。
我ながらその根気と、サスガ長年のキャリアは無駄ではなかった!と、一人感心!

初日の昼ごはん
c0026824_15213635.jpg
初日の夜ごはん
c0026824_15264332.jpg
2日目の朝ごはん
c0026824_15265712.jpg
2日目の昼ごはん
c0026824_15271840.jpg
2日目の夜ごはん
c0026824_15273686.jpg
3日目の朝ごはん
c0026824_15312656.jpg
どの食事もすごく美味しかったのだが、最初のカヤミルミョンはクセになりそな美味しさ!
釜山でも人気らしく、店の外まで人がいっぱいで私たちも待ちました。
できることならも一度、いえ何度も食べたいカヤミルミョン。

その夜の食事は、これまた豪華絢爛、あまりの品数に途中で写真を諦めるくらい。
私的にはアワビの刺身を堪能、思い残すことはございません。
ビール、マッコリ、チャミスルと飲み放題、但しチャミスルはくれぐれも飲みすぎないよーに!

翌日の朝ごはんも、とても朝ごはんとは思えない豪華さ。
なにしろ、フグがたっぷり入ったスープの美味しさよ。
ここでも小皿に盛ったお総菜がいっぱい。

この日の昼ごはんは急遽決まったのだが、オーガニックな素材を使ったオシャレなお店。
珍しい牛肉のお鍋にいろんな野菜料理がいっぱい。
健康志向の体にやさしいお料理ってかんじ。

夜は夜で豚のばら肉の塊の網焼き。
店員さんがハサミで肉を手際よく切ってくれたのを焼いて食べるのが、初めてで新鮮。
韓国の焼肉文化の奥の深さを改めて実感する。

最終日の朝は、韓国家庭料理の朝ごはん。
庶民的だが、けっこう皿数は多い。
この皿数の多さにはあこがれつつも、到底マネできないわたくしです。

そんなわけで、今回は釜山の美味しい食事を満喫した旅でもありました。
チョンマル、マシソッソヨ~162.png



by fu-minblog | 2018-06-10 15:47 | | Comments(0)

2018 JH ファンツアー in 釜山 Ⅲ

愉しい時間は速く過ぎるもの、あっという間に3日目、最終日となった。
韓国家庭料理の朝食を食べ、まず向かったのがテジョンデ遊園地。
海を見下ろす広い園内を歩かず、私たちは列車型バスで一周することに。

そして最後に行ったのが国際市場とチャガルチ市場。
とくに国際市場は、映画「国際市場で逢いましょう」の舞台にもなり、行くのを楽しみにしていた。
なぜなら、釜山旅行の前にDVDで見て感動していたから。

c0026824_10170474.jpg

この後一路釜山国際空港へ、ここでヘウォンくんとは名残惜しくも別れることに。
今年はホギョさんも一緒に9人のアジュンマたちは帰国の途についたのだった。

何から何までお世話になったホギョさん、そのホギョさんを一生懸命助けるヘウォンくんに心から感謝します!

愉しい旅と素敵な時間をありがとう! 
カムサハムニダ クリゴ サランヘヨ162.png
 

by fu-minblog | 2018-06-07 10:50 | | Comments(0)

2018 JH ファンツアー in 釜山 Ⅱ

昨夜のお楽しみをパスして体力温存?したので、ひとまず2日目の朝は無事元気。
ホテルから歩いて朝食に、これがまた豪華絢爛。
フグがたっぷり入った暖かいスープが美味しかった。

午前中に行ったのがロッテアウトレット。
私は倉敷のアウトレットしか知らないので、その規模の大きさには吃驚した。
でも何も買わず、なぜか集合場所の広場にあったメリーゴーランドに乗る。

c0026824_18095241.jpg

今日はホギョさんが用意してくれた全員お揃いのTシャツと白いパンツで、午後はクルージング。
その名もティファニー21という船に乗り込みイザ!クルージングに出発した。
海と空と山、立ち並ぶ高層ビルの織り成す美しい釜山の海からの光景は絶品!
それにしても、絶好のお天気に恵まれたものである。

この後も海岸沿いを散歩して夕食タイム。
今夜も美味しいお肉をたっぷり頂きました。
でも、そんなにしつこくなく、美味しいのはなぜなのか?

この夜はホテルの部屋で、ヘウォンくんのサプライズバースディパーティが密かに計画されていた。

by fu-minblog | 2018-06-06 21:02 | | Comments(0)

2018 JH ファンツアー in 釜山 Ⅰ

当地は昨日梅雨入りしたのだが、直前の6月2日~6月4日、2泊3日で韓国釜山へ行ってきた。
3日とも快晴だったのが、今から思えばラッキーというほかない。

昨年も行ったホギョさんと一緒に行く韓国旅行、今年は釜山だった。
ハードスケジュールな予定だったので少々心配したのだが、行く前より行ってからの方が元気、という不思議さ。
きっと、それだけ楽しく幸せな時間が過ごせたからだと思う。

c0026824_16551289.jpg

釜山空港に着くと、去年お世話になったヘウォンくんがお出迎え、1年ぶりの再会となった。
今回は3日間、貸し切りバスでの移動なので移動は楽ちん。
またバスでは、ホギョ&ヘウォンのカラオケコンサートもあって、サスガK-popアーティストと一緒の旅行は贅沢。

まず向かったのがヘドンヨングンサという海岸のお寺、とにかく、海と空に溶け込む絶景のお寺。
アップダウンの階段もナンノソノ?黄金の仏像に願い事を。
続いて、ここもまた海岸に聳えるジュクソン大聖堂へ、ただ、今はもう教会としては使われていないみたい。

それにしても、今回9人参加者の内、私も含めて7人が前回も参加している。
これはひとえにホギョさんのチカラ、その魅力のなせるワザなのだと思う。
早朝に家を出て寝不足にもかかわらず、元気いっぱいのアジュンマたち。

夕食後ホテルに到着した後の夜のお楽しみ海雲台海岸のお散歩は、明日に備えてパスさせて頂きました~



by fu-minblog | 2018-06-06 17:40 | | Comments(0)

思い出とともに

今日から7月、今年も前半期が過ぎ後半期に突入する。
今朝、家のカレンダーを次々めくりつつ、ちょっと感無量。。。

今年は例年とは少し違い、私の大きなイベントが前半と後半に一つづつ予定されていた。
前半のイベントは、言わずと知れた?5月末の韓国ツアーであった。

実は昨日、ホギョさんから韓国ツアーの写真がいっぱい届いたのである。
そこで、私の今年前半の一大イベントを今一度思い出し、新たにアルバムを作ってみた。

c0026824_12165438.jpg


c0026824_12171221.jpg

下のリムジン内の写真の色は、照明のせいなのでアシカラズ。
ヘウォンくんが一生懸命撮ってくれた写真です。

これらの写真を見て思うこと。
愉しい思い出はけっして色褪せない、いつまでもいつまでも・・・

いっぱいの写真と素敵な思い出に感謝しつつ
わたくしめは後半のイベントに向けて一歩一歩進んで行きたい、と思う今日この頃。。。



by fu-minblog | 2017-07-01 12:38 | | Comments(0)

ジャン・ホギョと11人のアジュンマたちⅢ

楽しい時間は早く過ぎるもの、あっという間に最終日になった。
午前中はザ・韓国のクァンジャン市場に。
食料品の他にも衣類や日用雑貨も多数あり。
お土産を買う人は買い、私みたいに買わない人は見学する。

その後ソウルタワーへ、レストランでランチの後展望台で景色を見たり売店を見たり。
ここでヘウォンくんとは名残惜しいけどお別れし、私たちも仁川空港へと向かう。
c0026824_14293787.jpg

ホギョさんが真っ赤なハートのカギを買って、一生懸命メッセージを書いてくれた。
私たちのご縁が続きますように!また韓国へ来られますよーに!との思いを込めて。

かくして、しばらくソウルに残るホギョさんに空港で見送られ、11人のアジュンマたちはいっぱいの思い出を胸に帰国の途に就いたのでした。

ホギョさんに心からの感謝と愛をこめて、カムサハムニダ クリゴ サランヘヨ~162.png



by fu-minblog | 2017-05-31 21:17 | | Comments(0)

ジャン・ホギョと11人のアジュンマたちⅡ

2日目はかなりハードなスケジュール。
ただ、朝が自由時間だったので、その間私はホテルの部屋に居た。
明洞で買い物などした後、明洞にあるオダリチブというお店で食事とホギョさんのライブが予定されている。

食事はボリューム満点の焼き肉コース。食事が終わったころからライブが始まった。
今回のツアーは、ホギョさんの友人ヘウォンくんがアシスタントをしてくれていて、彼もまたミュージシャンなのでライブに参加してくれることになり、盛り上がったことは言うまでもない
c0026824_16232041.jpg

さて、次に向かったのが景福宮、でも見学するその前にチマチョゴリに着替えたのである。
ホギョさんとヘウォンくん、そして11人のアジュンマたちもすっかり時代劇の世界へ?
平地はまだしも、階段ではチマの裾を踏んだりしつつ、いざ宮殿へ。

c0026824_17082687.jpg
この後チマチョゴリを脱ぎ、夕食のサムゲタンのお店に向かった。
けれど、この後に今日の、いえこの旅行のメインイベントが控えているのである。
いったんホテルに帰り、11人のアジュンマを待っているのはホギョさんと一緒に乗るリムジンデイト。
しかも、一度には乗れないので、それぞれグループごとに分かれるのである。

ただその写真は残念ながらまだ届いていない、という次第。



by fu-minblog | 2017-05-31 17:24 | | Comments(0)

ジャン・ホギョと11人のアジュンマたちⅠ

5月27~29日まで、2泊3日の韓国ツアーに行ってきた。
ホギョさんが11人のアジュンマたちを連れての韓国旅行、団体旅行とも個人旅行とも違う、今まで味わったことのない愉しく、わくわくする旅となったのである。

日にちと時間が変わったりしつつも、三日間の予定はほぼ達成するという。
また、一日目の漢江クルーズのように、時間が大幅に遅れたにもかかわらず、日没のきれいな景色が見られてかえってよかったりした。

c0026824_15442253.jpg

旅が企画されたのは昨年末、今年に入ってすぐに申し込んだのだが、出発までのほぼ5ヶ月の間にはいろいろなことがあった。
何より、朝鮮半島の不穏な情勢がずっと続き、旅行を断念した人もあったようである。
けれど、私的には止めようと思ったことは一度もなく、ずっと楽しみに待っていた。

思えばちょうど10年ぶりの韓国、また行くことになるとは思ってなかったのだが、フツーの旅行ならきっと行かなかった、と思う。
今回はホギョさんと一緒に韓国ソウルを旅する、ただその一点だけで参加したのである。
そしてそれは、実に正しい選択だったと、今思う。

なぜなら、何かをしないで後悔するよりもして後悔するほうがイイ、と思って生きてきた。
しかも、つくづく行ってよかった今回の韓国ツアーだったのだから。
久しぶりの海外旅行で少々体力が心配だったのだが、何事もなくほんとよかった!

by fu-minblog | 2017-05-31 15:58 | | Comments(0)

新潟へ

先週末から2泊3日で、10数年ぶりに新潟へ行ってきた。
一番上の義兄のお別れ会(葬儀)があり、親族一同が会することになったのである。
そこで、地理的にもご縁からも一番遠い私も、思い切って行くことにしたのだった。

今回は、東京周りの新幹線で往復したのだが、片道6~7時間の長旅だった。
けれど、往きの新幹線からは、世にも美しい富士山が見られて、それだけで満足だった。
また、東京・新潟間の、東海道線とはまた違う風景をぼんやり眺めるのも、楽しかった。

ホテルが新潟駅構内にあったので、明朝出かける時に発車寸前のSLを見たりもした。
また、お別れ会の後、無理を言って瓢湖へ飛来してきた白鳥を見に連れてもらった。
ここは、結婚してすぐ位の頃にも一度来たことがあり、今でも当時の光景が目に浮かぶ。
今回は、ほんの短い滞在時間ではあったが、瓢湖に行けたこと、白鳥たちに会えたことに感謝!

c0026824_1648481.jpg


c0026824_16491473.jpg


そんなわけで、ほぼ停止状態のこのブログに、記録として残しておこうと思い記事を書くことに。
なぜなら、このブログは私にとって、外付けメモリーであり、格好の備忘録でもあるからです。
でも、久しぶりに書くと、なんだか調子が狂ってるみたい。。。
by fu-minblog | 2016-11-29 17:07 | | Comments(0)

鞆の浦・町並ひなまつり

昨日までの寒さも和らぎ好天に恵まれた今日、友人と広島県福山鞆の浦へ、雛人形を見に行った。
前から一度行きたいと思いながらも行けなかったのだが、それが今日やっと果たせたのだった。

鞆の浦の雛人形は、享保雛や古今雛など古い雛人形が多い。
鞆の浦は古くから港町として栄え、商業活動も盛んで町人文化の華がさいた。
そのなごりとして大切に保存されてきたのが「遠い昔のおひなさま」なのである。

歴史民俗博物館
倉敷から車で二時間弱、鞆の浦、瀬戸内海を見渡す小高い場所にある

c0026824_2181841.jpg

太田家住宅
重要文化財の太田家住宅の中に、享保雛や古今雛、が多数展示されている

c0026824_2184029.jpg

ほかに、鞆の町並をそぞろ歩いたり、新鮮な刺身を食したり、なにより、お天気にめぐまれ楽しい一日を過ごせたことに感謝!
by fu-minblog | 2016-03-02 21:23 | | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(231)
(180)
(127)
(105)
(101)
(98)
(96)
(90)
(84)
(61)
(56)
(52)
(51)
(47)
(46)
(40)
(34)
(33)
(32)
(32)
(28)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(24)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン