ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
倉敷屏風祭りと美観地区点描
at 2018-10-21 15:52
マルオン de ランチ
at 2018-10-21 14:54
秋のバラ in RSKバラ園
at 2018-10-18 18:22
「日日是好日」
at 2018-10-14 16:09
PLEATS PLEASE ..
at 2018-10-11 10:04
初秋の庭
at 2018-10-07 17:40
李侖京 fiber work..
at 2018-10-02 18:07
「地球星人」
at 2018-09-30 16:17
「食べる女」
at 2018-09-26 14:57
李侖京個展
at 2018-09-22 10:50
最新のコメント
>sophilさん 私..
by fu-minblog at 11:06
>sophilさん ほ..
by fu-minblog at 10:47
映画館でのCMでこれを知..
by sophil at 15:13
こんにちは 暑いながら..
by sophil at 15:07
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 09:52
こんにちは 先ほどニュ..
by sophil at 16:54
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 09:33
こんちには オレガノの..
by sophil at 12:52
sophilさん こんば..
by fu-minblog at 21:05
こんばんは この時期は..
by sophil at 17:56

東京日帰り展覧会めぐり

2年ぶりの東京行きは初めての日帰りとなった。
しかも決めたのはほんの数日前、友人の計画に便乗させてもらったのである。
往きは早朝の岡山空港発の飛行機、帰りは最終便で、目的は展覧会めぐり。

根津美術館 「燕子花と紅白梅」

c0026824_9514147.jpg今回のメインイベントである。

今年は尾形光琳300年忌ということで、MOA美術館所蔵の「紅白梅図屏風」と根津美術館所蔵の「燕子花図屏風」の二大国宝が、それぞれの美術館で同時展示されることになり、現在は根津美術館で展示されている。

10時開館と同時に入ったのだが、平日にも拘らずすごい人には驚いた。とくに「紅白梅図屏風」の前などぜんぜん前に進まないといった状況で、ほんとは離れて見たいんだけど・・・

尾形光琳や二大国宝にかんしてシロウトの私がとやかく言うことは何もない。
ただ私の感想としては、光琳はデザイナーの先駆け、しかも、センスバツグン構図の素晴らしさは天下一品だな、と思った。



国立新美術館 「ルーブル美術館展」

c0026824_10362195.jpg実は、次はサントリー美術館で開催中の「若冲と蕪村」展にいく予定だった。それが急に、ついでに「ルーブル美術館展」にも行こか、ということになったのである。

私一人ではとーてい無理なのだが、今回はなんせ心強い相棒?が一緒である。青山で食事の後国立新美術館へ。美術館に着いて私はあっと驚いた。ナント!「マグリット展」が同時開催されていたのである。そういえばどこかで目にしつつも、うかつにも忘れていたのだった。

そこで急遽またまた予定変更、「ルーブル美術館展」を一緒にさっと見て、私は「マグリット展」を、友人は「若冲と蕪村」展を見にサントリー美術館へ行き、新国立美術館で待ち合わせをすることになったのだった。

そんなわけで、「ルーブル美術館展」でゆっくり見たのはフェルメールの「天文学者」くらいでアシカラズ。

国立新美術館 「マグリット展」

c0026824_111381.jpg思いがけずマグリットを見ることができうれしかった。しかも、13年ぶりの大回顧展というだけあって、見応え十分、まさしく大回顧展なのだった。

私にとってマグリットは、10代の頃出逢った「白紙委任状」をはじめ、そのシュールで不思議な世界に惹きこまれたのだった。空の中に鳥ではなく鳥の中に空がある「空の鳥」などは大好きである。

今回はマグリットの代表作はほぼ見られるのではないだろうか。少なくとも私の知っているマグリットの絵はあったように思う。

ただ、帰ってネットで調べたら、次は京都で開催されると分かり、そういえば京都で見ようと思っていたことを思い出したのだった。(自分でしようと思ったことを忘れることがよくあり、マジ心配な今日この頃)


さいしょ、ええ!日帰り、と思ったが、頼りになる友人のおかげでナント充実した、そして楽しい一日であったことか!
また行けるよう、今日も足腰を鍛えにジムに行ってまいりま~す。
by fu-minblog | 2015-04-23 11:52 | 美術工芸 | Comments(4)
Commented by pierrot at 2015-04-23 16:56 x
fu-minさん、とんぼ返りの東京旅お疲れさまでした(^^)
展覧会めぐり、良いなぁ~
「ルーブル」も「マグリット」も京都展待ちのあたしです。
(同一京都市美術館で開催時期も重なりますので人出が気になります)
充実の美術館めぐりだったようですが、マグリットの方がお薦めですか?
フェルメールをメインにと考えていたのですが・・ふーむ。
人も多そうだし時期ずらして2回行こうかなぁ~
Commented by fu-minblog at 2015-04-23 17:52
>pierrotさん
「ルーブル」のことは知らなかったのですが、「マグリット」は京都で見ようと思っていたのに~
すっかり忘れて東京で見てしまいました。
京都でも同時開催するようですね。
昨日にかんして言えば、「ルーブル」は人がいっぱい、「マグリット」は人が少なくゆっくり見られました。
やっぱり「ルーブル」の方が一般的で人気があるのでしょうね。
でも、もしマグリットがお好きでしたら、今回の展覧会はオススメです。
Commented by pierrot at 2015-08-29 14:44 x
fu-minさん、こんにちは~
古い記事を引っ張り出して申し訳ないです。
やっと「ルーブル美術館展」「マグリット展」同時開催へ行ってきました~
京都も同じようにマグリットの方がゆっくり見れました。
ルーブルは私的に今回“おぉー”と心躍らせる作品が余りなかったですね・・
マグリット!!疲れました~頭使いました(笑)
しかしながら印象に残ったのはマグリットの方という結果。
暑い日の京都は疲れました、9月に入ってから行けば良かったと後悔です。
Commented by fu-minblog at 2015-08-29 17:22
>pierrot さん
暑い中お疲れさまでした。
だいぶ涼しくはなりましたが、西日本はまだまだ暑いですよね~
私も去年、バルテュス展で暑い中、京都市美術館の前で並んだのを思い出しました。
「マグリット」の方が印象に残ったとのこと、あれだけの大回顧展はそうそうないのでよかったです。
今回の「ルーブル」は、私もなぜかさっと見て終わりでした。
また美術の秋の展覧会に期待したいと思います。
<< 大人のスニーカー パスタランチ in アチマチ >>


検索
カテゴリ
タグ
(234)
(181)
(128)
(107)
(103)
(100)
(96)
(95)
(85)
(61)
(56)
(52)
(51)
(47)
(46)
(40)
(34)
(33)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(26)
(25)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン