人気ブログランキング |

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
シネマ歌舞伎 日本橋
at 2019-08-24 17:49
ティルナノーグ de ランチ
at 2019-08-21 17:05
JH BIRTHDAY PA..
at 2019-08-19 17:44
「むらさきのスカートの女」
at 2019-08-17 17:07
「ライオン・キング」
at 2019-08-15 10:41
我家のお盆
at 2019-08-12 17:58
広島原爆の日と長崎原爆の日
at 2019-08-09 18:01
暑中お見舞い 2019
at 2019-08-03 16:33
今森光彦切り絵展と倉敷ガラス..
at 2019-07-31 10:20
「ずぶぬれて犬ころ」
at 2019-07-27 16:27
最新のコメント
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 08:47
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 07:21
こんにちは これからの..
by sophil at 15:59
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 21:28
こんにちは NHKのア..
by sophil at 15:05
>saheizi-ino..
by fu-minblog at 21:16
私も友人たちがあまりに誉..
by saheizi-inokori at 19:11
>sophilさん 私..
by fu-minblog at 11:06
>sophilさん ほ..
by fu-minblog at 10:47
映画館でのCMでこれを知..
by sophil at 15:13

「差別感情の哲学」 中島義道

なんの因果か、当分読まないと思っていた中島せんせの本を続けて読むハメになってしまいました。
著者渾身の書き下ろし、って宣伝文句と、差別感情、って言葉につい引っ掛って・・・
人はなぜ人を差別するのか?その哲学的見解を知りたいと思いました。


c0026824_16181331.jpgここで採り上げられる差別とは、どこぞの大臣がつい口を滑らせた差別発言でもなく、表立った眼に見える差別ではない。
それは、人間である以上誰もが持っている悪意、から発する差別感情のことである。
そして、この悪意は、ある意味人間の文化にとって必要なものであり、人間存在を豊かにするものだという。
それ故、差別感情もまた消すことはできないのである。
ではどうすればよいのか?
私たちに必要なのは、一つは自分の内にある差別感情を徹底的に批判する自己批判精神。
そしてもう一つ著者は繊細な精神をあげている。
あまりに差別意識が強すぎ逆差別に走る人々は、ヒトラーを熱狂的に支持した善良な市民と同じく、繊細な精神に欠けるという。
要するに、差別感情から眼を逸らすのではなく、徹底的に考えよ、と仰せです。
最大の敵は、よく考えないこと、だとも。

う~~~ん!
幸か不幸か、哲学者ではないので難しいことはよく分からないが、
私もまた、差別感情を持っているとは思う。
ただ、差別感情を持つことと、実際に差別するのとは違うような気もするのである。
それはちょうど、死にたいと思うことと、実際に死ぬ(自殺する)こととが違うように。

勝手に読んでおきながらゆーのもナンですが、中島せんせ、新刊しばらくお休みください。
by fu-minblog | 2009-05-26 18:20 | | Comments(2)
Commented by nun at 2009-05-28 12:01 x
またまた「グラン・トリノ」話題で恐縮ですが、あのクリントンイーストウッド演ずる主人公は人権派が目をむくような、国&民族に対し差別用語のオンパレードでしたよね。日本にも容赦なかったし。しかし苦笑はするけど決して嫌な感じは残らなかった。一つに彼は思ったことをそのまま口に出していたからではないでしょうか。思っているけど、差別になると口に出さず押しとどめる方がより差別になるのではと考えたり・・・・・・・よくわからないです。
Commented by fu-minblog at 2009-05-28 17:11
>nun さん
忘れるといけないので始めに言わせていただきますが、
nun さんがコメントしてくださったおかげで、私も自分の気持や考えが整理できた気がします。
ほんとうにありがとうございました!

さて、ウォルトの差別用語は、私もぜんぜん嫌な気はしませんでした。
彼の正直さと、口の悪さが男の美学だと思っているフシもありましたしね。
私は英語がよく分からないのですが、分かればもっと過激だった?

とにかく、私にとってウォルトは、口は悪いが憎めない、チャーミングでさえある老人でした。
中島せんせといい、口は悪いが正直な人が、やっぱり好きみたいです~^^;





<< 窓辺のトマト ブラシツリー >>


検索
カテゴリ
タグ
(242)
(183)
(132)
(111)
(107)
(104)
(102)
(96)
(86)
(61)
(56)
(53)
(51)
(51)
(48)
(43)
(42)
(34)
(34)
(34)
(33)
(30)
(29)
(28)
(28)
(26)
(26)
(25)
(24)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン