人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
以前の記事
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月

旧正月の初詣

今日は旧正月の元旦。
朝からお天気が良く、風もなく暖か。
昨日から迷っていた吉備津神社と吉備津彦神社へ初詣に行くことに。

まず吉備津神社へ行くとやはり人出は多い。
でも出発が早かったので駐車場はまだ余裕があった。
いつも通り階段を上がり本殿にお参り、その後ゆっくり回廊を歩いてきた。

旧正月の初詣_c0026824_16293228.jpg

小一時間いて次の吉備津彦神社へ、ここは比較的空いていた。
車を置くといつもの山側から本殿へ行きお参りする。
砂利道を奥へ歩き、清々しい空気を満喫。

その後表参道を歩き、いつものオシドリの泳ぐ池を一周する。
あと、備前焼の狛犬にもあいさつする。
そして最後に、いつも買う干支の人形のおみくじを買って帰る。

旧正月の初詣_c0026824_16300024.jpg

去年は膝が痛く、とても神社巡りは無理だった。
けど今年は無事元気に初詣に行くことが出来、こんなうれしいことはない。
大好きな吉備津神社と吉備津彦神社、そして城山稲荷、私にとってはとても大切な場所なのである。




# by fu-minblog | 2023-01-22 16:46 | 四季折々 | Comments(0)

水仙忌 2023

今日は阪神・淡路大震災から28年目の1月17日。
毎年この頃になると、私は庭の水仙の花が気になるのである。
今年はひょっとしたら咲かないのではないか、と心配していたが、無用だった。

水仙の花が決して多くはないが、あちこちでちらほら咲き始めていた。
花がまだ少ないので切り花は無理かもと思い、庭に咲く花を写真に撮ってみた。
けれどやっぱりうまくいかず、今年は短めに切って有松さんのガラスに活けてみた。

水仙忌 2023_c0026824_16014732.jpg

多分もう少し先にはもっともっと花が咲くことだろう。
でも、たとえ少しだけでも今日に間に合って花を咲かせてくれたことに感謝せずにはいられない。
年によって気候は違うのに、花の生命力は偉大だとつくづく思う。

この28年の間、我家の庭に水仙の花が咲かなかった年はないのではないか。
なんの手入れも世話もしたことがなく、水さえ遣ったこともないのに。
野の花、あるいは植物、自然のチカラは偉大なり。



# by fu-minblog | 2023-01-17 16:16 | 四季折々 | Comments(0)

誕生日

昨日1月9日の私の誕生日はたぶん初めて成人の日と重なった。
今年もバースデーケーキをフォワイエに予約していたので、グンゼの帰りに取りに行く。
今年は生デコレーションフルーツ飾り、大きさはいつもの12cm最小のホールケーキである。

私がこのバースデーケーキを初めて買ったのは2016年、今から7年前である。
それ以来毎年買っていて、去年など友人の分3個と自分の分計4個も買っている。
ケーキ好きでも甘党でもない私が、自分でも不思議な気がする。

誕生日_c0026824_11380633.jpg

多分、誕生日だという証のためではないだろうか?
家族も無く、たった一人で過ごす自分の誕生日の証。
ただ、毎年の事だが今年つくづく、このケーキを一人で食べるのは無理だということ。
もし来年もケーキを買うなら、別のケーキにした方がよさそうである。

自分の誕生日が目出度いと思う年齢はもうとうに過ぎてはいる。
ただ、ここまでくるとかえって開き直ってきたのかも知れない。
なにしろ今の私は、人生最後のステージ、遊行期なのだから。


# by fu-minblog | 2023-01-10 11:48 | 日常茶飯事 | Comments(0)

七草粥

昨日は一月七日、七草粥の日だった。
この十年ばかりは毎年七草粥を作っている。
しかも、お米から土鍋で炊くという、手間のかかる作りよう。

実は今年は七草粥を止めようかと迷ったし、作ってもお米からは止めようかとも思った。
なので、七草セットを買うのもためらい、結局前日まで買わなかった。
しかも、岡山産にこだわるあまり、スーパーを3軒も回るハメになったのである。

七草粥_c0026824_11182056.jpg

でも結局は、愛する行平鍋でお米から作る、ということになった。
そしてつくづく、やっぱりいつも通り作ってほんとに良かった、と思うのだった。
なんといっても、七草粥の旨さに改めて感激すらしたのである。

実はほんの少し残っていた古ーいお米が丁度あり、米1に対して水10の割合で炊いた。
それでもいつも通り、お米の旨さがしっかり残るほんに優しいお粥になった。
そのお粥に、七草の味と香りと歯ざわりがマッチした、世にも美味なるお粥だった。

ひょっとしたら、ほんの少量のお米と雑草があれば生きていけそうな気さえするくらい。



# by fu-minblog | 2023-01-08 11:47 | 四季折々 | Comments(0)

初詣 2023

昨日、今年も城山稲荷に初詣に行った。
グンゼは4日からだったのだが、プログラムの都合で私は一日遅れの5日がレッスン初日となった。
毎年、私にとってのグンゼの初日が初詣、ということになる。

なにしろ、城山稲荷はグンゼのすぐ隣、アイビースクエアの駐車場の中にある。
私がこの小さな城山稲荷を偶然発見したのは2011年、その翌年のお正月から初詣はここになった。
私が恋する神社、まるでプライベート神社?になったのである。

初詣 2023_c0026824_14593861.jpg


お正月らしく幟も立ち、今年はナント!キツネの石像が涎掛けも真っ赤に新しくなっていた。
ただ、誰一人参拝する人も無い中、いつも通りお参りして帰って来た。
私にとってはご利益も絶大。

なぜなら、昨年は生まれて初めて膝を痛め、何とか治りますようにとお祈りした。
そして、その通り今年はほぼ完治して昨日の初詣となったのだった。
今年はそのお礼と、この一年もダンスレッスンが元気に続けられることを願うのだった。



# by fu-minblog | 2023-01-06 15:15 | 四季折々 | Comments(0)


カテゴリ
タグ
(263)
(188)
(144)
(120)
(114)
(113)
(113)
(98)
(88)
(74)
(64)
(61)
(56)
(54)
(51)
(49)
(47)
(37)
(35)
(35)
(34)
(34)
(33)
(29)
(28)
(28)
(27)
(27)
(25)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(20)
(20)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)