人気ブログランキング |

ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
吉備路の赤米
at 2019-09-16 16:27
おニューなパソコン
at 2019-09-15 17:05
「人間失格」
at 2019-09-15 11:11
吉備路へ
at 2019-09-07 18:11
夏の疲れ?
at 2019-09-03 18:03
サギソウ
at 2019-08-27 10:38
シネマ歌舞伎 日本橋
at 2019-08-24 17:49
ティルナノーグ de ランチ
at 2019-08-21 17:05
JH BIRTHDAY PA..
at 2019-08-19 17:44
「むらさきのスカートの女」
at 2019-08-17 17:07
最新のコメント
>sophilさん お..
by fu-minblog at 09:42
こんにちは プリイント..
by sophil at 09:01
北の隣人様 ありがとう..
by fu-minblog at 10:54
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 08:47
>sophilさん おは..
by fu-minblog at 07:21
こんにちは これからの..
by sophil at 15:59
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 21:28
こんにちは NHKのア..
by sophil at 15:05
>saheizi-ino..
by fu-minblog at 21:16
私も友人たちがあまりに誉..
by saheizi-inokori at 19:11

吉備路の赤米

今日は敬老の日、だからではないが吉備路へ赤米を見に行った。
奇しくも?去年も同じ日に行っている。
去年は真っ赤な赤米を見ることができたのだが、さて今年は?

残念ながら、早すぎなのか遅すぎなのか、それとも気候のせいなのか、色がくすんでいた。
それと、発育も幾分悪いような気がしたのだった。
毎年同じ花を見に行っても、毎年ビミョーに違うのはよくあることなのである。

c0026824_16232268.jpg
c0026824_16233101.jpg
c0026824_16234305.jpg
そんなわけで、少々色は悪いけど今年も赤米は初秋の吉備路を彩っておりました。



# by fu-minblog | 2019-09-16 16:27 | 四季折々 | Comments(0)

おニューなパソコン

10年ぶりに新しいパソコンを買った。
・・・てことは、古いパソコンは10年間もった、ということである。
しかも、実はまだ完全に壊れたわけではないのである。

ただ、ここ数か月はトラブル続出、そのたび寿命が縮む思いをしつつ宥めなだめ使っていた。
そうは言っても、とにかく使い慣れた私の分身みたいなパソコンなので愛着はひとしお、別れ難いのだった。
しかし命あるものはいつか死に、機械はいつか壊れるもの。

この際思い切って新しいパソコンを購入、昨日パソコンの先生に立ち上げてもらった。
まだまだできないことも多く、これからボチボチ慣れていくつもり。
実はこの記事は新パソの記念すべき初めての記事なのである。

c0026824_16502176.jpg

実は10年前もしばらく、古いパソコンと新しいパソコンの両方を使いつつ慣れていったのを思い出す。
ただ、当時と今とではいろんなことが違ってきている。
今は、パソコン以外にタブレットやスマホがあり、パソコンの依存度や使用頻度はかなり落ちてはいる。

でも、私はやっぱりパソコン世代。
パソコンを使い始めてほぼ20年、これが4代目のそして最後のマイパソとなるかも?



# by fu-minblog | 2019-09-15 17:05 | 日常茶飯事 | Comments(2)

「人間失格」

一昨日、公開したばかりの映画「人間失格」を観に行った。
ご存じ太宰治の代表作、しかも私は2010年に映画化されたものも観ている。
前作は生田斗真主演で、比較的原作に忠実に作られていたような気がする。

今回の映画「人間失格」は原作ではなく、「人間失格」が生まれるまでの太宰と3人の女たちの関係が濃密に描かれている。
3人の女とは、妻と斜陽の主人公静子と太宰と心中した富栄である。
蜷川実花監督らしく、お得意の花の映像を効果的に使ったカラフルで美しい視覚的な映画である。

c0026824_10382250.jpg

しかも、本妻の美知子を宮沢りえ、静子を江尻エリカ、富栄を二階堂ふみが演じるという豪華さ。
もちろん、小栗旬が太宰を熱演、生田斗真にしろ小栗旬にしろ美男子に演じてもらい、太宰もさぞあの世で喜んでいるのでは?

それにしても、身重の妻が居ながら愛人に子供を孕ませ、別の愛人と心中してしまう太宰治、今ならけっして許されないだろう。
たぶん、本妻の娘である津島裕子さんと、愛人の娘である太田治子さんは同い年くらいだと思う。
二人とも作家であり、特に津島佑子さんは素晴らしい作品を数多く残し、惜しくも3年前亡くなられている。

今回の映画の「人間失格」とは、ひょっとしたら太宰治本人のこと?
映画のラスト、川の水の中で一瞬目を開ける太宰に思わず笑ってしまう。



# by fu-minblog | 2019-09-15 11:11 | 映画 | Comments(0)

吉備路へ

今日は葡萄を買いに吉備路農マル園芸へ行った。
毎年ここで葡萄を買いに一度は行くのである。
私的には早目に行ったつもりなのだが、葡萄売り場は人があふれていた。

人混みを掻き分けながら、目的の葡萄を探すと案外早く見つかった。
私がいつも買うのは3種類入りの、しかもできるだけ少量のパック。
人房づつだと多すぎるし、値段も高くなる。

今日は偶々お手頃なのがすぐにあり良かったのだが、レジに並ぶ時間が長かった。
どこへもよらず帰宅後、さっそく我家の定番3色葡萄にした。
葡萄を水で洗い、軸を少し残して実だけ切り取り、3色のブドウを密閉容器に保存する。

こうすると結構日持ちがし、朝のフルーツとしてスゴク便利なのである。
でもその前に、取って置きの倉敷ガラスに盛り付けて?写真を撮ったのだった。

c0026824_17550548.jpg

今日吉備路へ行った目的は実はもう一つあって、それは赤米の下見だった。
ひょっとしたら、と思ったが、時期が早すぎてまだほとんど見ることはできなかった。
偶々青空に浮かぶ雲が素敵だったので、空が主役の写真を撮って帰ったのだった。

c0026824_17553396.jpg
c0026824_17552215.jpg

今年も真赤な赤米が見られるとうれしいデス。



# by fu-minblog | 2019-09-07 18:11 | 四季折々 | Comments(0)

夏の疲れ?

八月の終わりからずっと、夏の疲れなのか腰痛に襲われている。
それも、いつになく重症でなかなか治らない。
フツー必ず原因があるのだが、例えば草取りとか重いものを持ったとか、今回は全く身に覚えがないのである。

強いて言えば、この夏スポーツクラブに頑張って行き過ぎた。
しかも、今までしたことのないマット運動とか、初めてのレッスンとか・・・
夏の間ずっとお盆も休まずに通ったりしたのである。
おまけに、週に2日が3日になったり、時間も今までより早い10時からのレッスンに出るようになったのだ。

ただでさえ疲れる暑い夏に、しかも高齢者が無理をするとロクなことはない。
そんなわけで、この1週間はサスガに自重している。
とはいえ、モチロン病人にはならず、いつものペースで生活はしている。

またお天気も悪く、台風が来たり雨が多いのも良くないのである。
気分的に晴れないし、ヘタすると落ち込みそうになる。
それでも、どうにか日々を過ごしていかなければならず、生きていくのも大変だとつくづく思う今日この頃である。

c0026824_18011825.jpg

昨日庭で見つけた三匹のちいさなアマガエル。




# by fu-minblog | 2019-09-03 18:03 | 日常茶飯事 | Comments(2)

サギソウ

一昨日は久しぶりの良い天気で、しかも涼しい朝だった。
そうだ!サギソウを見に行こう、と急に思いつき、カメラと共に家を出たのは9時半ころ。
車をぶっ飛ばしてひいご池湿原に着いたのは10時過ぎ、ほぼ30分程度しか掛からなかった。

去年は群生したサギソウの花が見られたのだが、果たして今年は咲いているかどうか不安だった。
けれど、去年と同じく、ひょっとしたら去年以上に咲いているサギソウを見て狂喜乱舞。
池の周辺や木道を歩きつつ写真を撮ったのだが、腕前が悪いのかレンズが悪いのかイマイチでした。


c0026824_10270176.jpg
c0026824_10272179.jpg
c0026824_10274933.jpg
c0026824_10282689.jpg

近いのでも1度行きたい気もするが、ここしばらくお天気が悪いみたい。
ひいご池湿原のことは前から知っていて何度か行ってはいたが、サギソウの群生については去年初めて知ったばかり。
来年も行けることを願っています。



# by fu-minblog | 2019-08-27 10:38 | 四季折々 | Comments(0)

シネマ歌舞伎 日本橋

昨日はシネマ歌舞伎・坂東玉三郎の「日本橋」を観に行った。
先月ムビチケカードなるものを買って、今月と来月も玉三郎を観ることにしたのだった。

c0026824_17301477.jpg

ところがなぜかこの「日本橋」は私の好みではない、というか、玉三郎も今まで観た玉三郎ではなかったのである。
もちろん芸者姿も美しいのだが、粋で気風のいい芸者役は、私的には違和感があったのである。
たぶん、あまりに玉三郎のこの世のものとも思えない妖艶な美しさに慣らされてしまっていたのかも?

泉鏡花原作、というのにも期待が大きかったのだが、イマイチ私には入り込むことができなかった。
今までで一番長い2時間半ばかりの作品だったのだが、それが苦痛に感じられてしまう有様。
来月の「幽玄」に期待したいと思う。

やっぱり自分は歌舞伎初心者で、何にも知らないことをつくづく思い知らされることになったのだった。




# by fu-minblog | 2019-08-24 17:49 | 映画 | Comments(0)

ティルナノーグ de ランチ

昨日は2か月ぶりにティルナノーグへランチに行った。
ELMランチ会の、余米先生と為房さん、そしてわたくしの3名である。
これは前回行った折予約をしておいたのだった。

夏の暑さは和らがず、台風以来お天気も雨模様の蒸し暑い日が続く今日この頃。
美味しいランチを食べて夏バテを吹き飛ばしたい三人なのだった。
なにしろ、ティルナノーグのランチが食べられる、というのだから。


c0026824_16452404.jpg
c0026824_16450831.jpg
c0026824_16444102.jpg

いつも通り、手の込んだ体にやさしいお料理の数々、気配りの行き届いたテーブルコーディネートと部屋のディスプレイ。
昨日のお料理も初めて口にするものばかりだった。
美味しい楽しい時間がゆっくりと流れる、という贅沢なひと時を過ごしたのだった。

昨日のメニュー
・絵で豆のすり流し、寄せ豆腐
・ウナギときゅうりの生湯葉巻き
・大豆から揚げとカレーソースのピタパンサンド
<デザート>
・ラムレーズンアイスクッキーシュー
・かぼちゃあん ココナッツクレープチップ
・パッションフルーツソースとミントゼリーのブラマンジェ
<今月のお茶>
・六安瓜片(緑茶)



# by fu-minblog | 2019-08-21 17:05 | 日常茶飯事 | Comments(0)

JH BIRTHDAY PARTY in 岡山 未完成

昨日はホギョさんの33歳の誕生パーティーが岡山駅近くの未完成であった。
誕生日は8月11日だったのだが、その日は大阪で誕生パーティーがあり、今年は一週間遅れになった。

ホギョさんの誕生パーティーも今年で4回目、今までは夜のディナーショーだったのが、今年は昼間未完成でのランチとなった。
もちろんライブもあり、久しぶりのホギョさんの生歌に大いに盛り上がったのだった。
c0026824_17254979.jpg
c0026824_17260394.jpg
c0026824_17261711.jpg
c0026824_17263772.jpg
毎回我らがファンクラブJIC1101が用意する特性のバースデーケーキはもちろん、今年は一人づつが薔薇一輪を手渡しする、という新しい趣向もあった。
滋賀県、姫路からの出席者もあり、心のこもった和気藹々としたパーティーだった。

私的には生涯初めてのファンクラブなのだが、ホギョさんと出逢ってはや4年が過ぎた。
その間、ホギョさんの皆に愛される人柄は変わらず、しかも、最近のめざましい活躍は嬉しい限りである。

私も老体にムチ打って、応援している次第。



# by fu-minblog | 2019-08-19 17:44 | 音楽 | Comments(0)

「むらさきのスカートの女」

芥川賞受賞後の今月の初め買って、すぐ読み終わってはいたのだがそのままになっていた。
他に読む本がなかったからとも言えるが、なぜかちょっと読んでみたくなったのである。
文春で読めば良かった、と後で思ったのは、雑誌は捨てられても単行本は捨てられないからである。

この作品が芥川賞というのも、私的には正直物足りない気がしないでもない。
それとも、芥川賞もだいぶ様変わりしているのかもしれない。
ただ、読後感の悪い作品ではなく、この作者の透明な目線には惹かれるものがある。


c0026824_16084068.jpg


むらさきのスカートの女に異常な興味を示す黄色いカーディガンの女(語り手)の物語である。
ところがラストには、むらさきのスカートの女は忽然と姿を消し、黄色いカーディガンの女が取って代わっているのである。
なので、この物語のタイトルは「むらさきのスカートの女」でも、「黄色いカーディガンの女」でもよいのではないかとさえ思える。

紫と黄色は補色である。
私は美術系なのだが、配色には補色を選ぶことがけっこう多い。
なかでも、紫と黄色はワリと好きな配色で、作品に使うこともよくあった。

今ふと、私の大好きな絵本「あおくんときいろちゃん」を思い出した。
あおくんときいろちゃんは混ざり合ってみどりになるのである。
むらさきのスカートの女と黄色いカーディガンの女も混ざり合ってグレーになったのだろうか?




# by fu-minblog | 2019-08-17 17:07 | | Comments(0)

「ライオン・キング」

一昨日、あまりの暑さに耐えかねて、映画館へ避暑に行くことにした。
私的には早めに家を出たつもりが、駐車場は満員、映画館の前は大勢の人で溢れていた。
それでも、「ライオン・キング」の字幕版は最後列が1席だけ残っていて、ラッキーだった。


c0026824_09564606.jpg

最近、昔のアニメ映画が実写化されることが多い。
この「ライオン・キング」も実写化なのだが、超実写版と呼ばれている。
CG技術の進歩が著しい昨今ならではの映画、といえる。

野生のライオンはじめ動物たちが、まるで演技をしているかのように振る舞うのには驚かされる。
また、まるでセリフを言ってるかのような口の動き。
私が観たのは字幕なので、英語のセリフをライオンが喋っているかのようである。

ただ、あまりにリアルな動物の実写と、まるで人間のような振る舞いにどこか違和感を感じるのは私だけだろうか?
擬人化といえばそうなのだが、アニメとも特撮とも違う、やっぱり超実写なのだろうか?
本音を申せば、実は「ライオン・キング」は劇団四季の舞台で観るのが何年も前からの念願ではある。

とはいえ、避暑はできたし、ネコ科のライオンの子供の可愛さと美しい音楽に癒されたのだった。



# by fu-minblog | 2019-08-15 10:41 | 映画 | Comments(0)

我家のお盆

今日は振り替え休日なのだが、世間では今週は帰省とお盆の一週間、というところだろうか。
実は我家は、今年は先週盆参りがあり、早々とお盆が終わってしまったのだった。
なので今週はいつも通りの日常、あるいは蟄居、という生活である。

今年は一応盆花に百合の花を用意した。
去年は偶々ケイトウの花を見つけたのだが、今年はちょっと時期が合わなかった。
そこで、花屋でオリエンタル百合を買って生けたのだが、その花が今丁度満開になった。

c0026824_17522557.jpg
まだ少し蕾が残ってはいるがこの暑さ、15日までもつかどうか?
私も少々夏バテ気味?



# by fu-minblog | 2019-08-12 17:58 | 四季折々 | Comments(0)

広島原爆の日と長崎原爆の日

暑い暑いと言ってるうちに立秋(昨日)も過ぎ、今日9日は長崎原爆の日だった。
先日6日の広島原爆の日には白い折り鶴、今日は真っ赤な薔薇を捧げて犠牲者の方々のご冥福をお祈りした。

c0026824_17384492.jpg

この折り鶴は、実はだいぶ前(2011年)に折ったものである。
当時折り鶴を千羽とまではいかないが、かなり沢山折ったのを覚えている。
いろんな色で折ったのだが、なぜか広島原爆の日には白い折り鶴なのである。

c0026824_17440096.jpg

一方、長崎原爆の日は真赤な薔薇を捧げることになっている。
それは、私の好きな黒澤明監督の映画「八月の狂詩曲」をリスペクトしてのことである。
映画のラスト、シューベルトの野薔薇が流れる中、真赤な薔薇がナント印象的だったことか。

黒澤監督の熱い思いが伝わる真赤な薔薇を、私は忘れることができない。



# by fu-minblog | 2019-08-09 18:01 | 四季折々 | Comments(0)

暑中お見舞い 2019


暑中お見舞い申し上げます


c0026824_16050914.jpg
c0026824_16054180.jpg

今年は梅雨明けが遅く7月25日にやっと発表があった。
しかも、梅雨明け直後から猛暑が続き、それは日増しにエスカレートしている。
湿度が高く蒸し暑いのと、体が暑さに慣れていないのとで、連日熱中症注意がされている。

私も、梅雨明けその日の夜から数日はいつもと違う汗と、体の怠さに見舞われた。
ただ、梅雨明けから1週間くらいからやっと体が暑さに慣れたのか、湿度が少し下がったからなのか、マシになって来たようだ。
いつもならとうに夏休み気分なのに、今年は何故か夏休みに入りそびれているみたい?

でもいつの間にかもう8月、そろそろ今年も夏休み頂きます!?



# by fu-minblog | 2019-08-03 16:33 | 四季折々 | Comments(0)

今森光彦切り絵展と倉敷ガラス小谷眞三作品展

昨日は高梁市成羽美術館へ運転付きで行ってきた。
今森光彦・自然と暮らす切り紙の世界展と、倉敷ガラス小谷眞三・羽原明徳コレクション展を観るためである。
私的には、小谷眞三さんのガラス観たさに行ったのだが、どちらか言えば今森光彦切り紙が主なる展覧会だった。

「オーレリアンの庭」でも有名な今森光彦氏は、写真家でもあり、斬新な切り紙作家でもある。
幼い頃から自然に親しみ、今も滋賀県の里山で自然に寄り添いながら生活を続ける傍ら、創作活動を続けている。
ちょうど夏休みの季節の今、子供たちやかって子供だった大人たちにも、格好の展来会かも。

c0026824_10021686.jpg
c0026824_10043468.jpg

そんなワケで小谷さんのガラスは、一階のラウンジが展示スペースで、私が勝手に想像していたよりは小規模だったのだが、今では珍しい小さな香水瓶などが多数あった。
また、我家にあるのと同じものもあり、古くからの愛用者には歴史を感じさせてくれる。
小谷さんは今なお作品を作り続けられているが、きっとこの展覧会を懐かしくご覧になることだろう。

梅雨明け直後の暑ーい一日だったが、思い出の中では楽しさだけが残るのである。


# by fu-minblog | 2019-07-31 10:20 | 美術工芸 | Comments(0)

「ずぶぬれて犬ころ」

昨日、シネマ・クレールへ「ずぶぬれて犬ころ」を観に行った。
この映画は5月に全国に先駆けて岡山で上映されたのだが、私はバタバタしていて観そびれていた。
それがこの度1週間という期限付きで、同じシネマ・クレールでアンコール上映されている。

「ずぶぬれて犬ころ」は、岡山出身の俳人住宅顕信の俳句であり、彼の生涯を映画にしたものである。
僅か25歳で白血病で夭折した彼の生涯は、壮絶でドラマチックである。
25年の短い人生を、彼はフツーの人の何倍ものスピードで生き、死んでいった気がする。

c0026824_15293480.jpg

私が住宅顕信の俳句に初めて出逢ったのは15年くらい前である。
当時、彼の俳句がちょっとしたブームになっていて、本屋に並ぶ何冊かのうちの1冊を買って読んだのが始まりである。
そして、平易な言葉で核心を抉り出す彼の俳句に、すっかり魅せられてしまったのだった。

なにしろ、住宅顕信の俳句は全部で281句しかなく、白血病で入院してからほぼ3年の間に創られている。
しかも、そのほとんどが病室という狭い限られた空間のなかで生まれたのである。
にもかかわらず、なぜあんな人の心に突き刺さる素晴らしい俳句が書けたのか?やはり天才としか思えない。

詩人草野新平が宮沢賢治の詩集の人と作品という文章の中で、「元来詩人の業とは一つの対象にいのちを与える最後の言葉を最初に発見することでもある。」と書いているのを思い出す。
住宅顕信の俳句もまた、彼独特の、彼にしか書けない、まるで自分の命を削って書いた俳句のような気がするのである。

私が住宅顕信に惹かれる理由の一つに、彼が自分と同時代に生き、しかも同じ岡山という場所に生きていた、という親近感があるからかもしれない。
つまり住宅顕信の俳句は、遠い昔の過去の俳句ではなく、今に生きる現代の俳句なのである。

私の好きな住宅顕信の俳句を少々

○ずぶぬれて犬ころ

○若さとはこんな淋しい春なのか

○気のぬけたサイダーが僕の人生

○見上げればこんなに広い空がある

○地をはっても生きていたいみのむし



# by fu-minblog | 2019-07-27 16:27 | 映画 | Comments(0)

マルバデイゴの花

今日市役所へ参院選の期日前投票に行った。
先日来なかなか行けずにいたのだが、今日はまず先に投票に行くことにした。
天気が良かったので帰り市役所の庭をうろついてると、ふと赤い点々が目に入った。
まさかとは思ったが近づいてみると、ナント!デイゴの花だった。

私が市役所に行くのはほぼ期日前投票なのだが、たいてい6月中なのである。
そしてその時、真っ赤に咲くマルバデイゴの花に出会うのである。
でも、今年はもう7月も半ば、私的にはまだデイゴの花があるとは思ってもみなかった。
それが、デイゴの花がまだというか、蕾もけっこうある状態で咲いていたのである。

c0026824_15315016.jpg
c0026824_15324553.jpg
c0026824_15330378.jpg
c0026824_15332258.jpg
c0026824_15333982.jpg
私が市役所でマルバデイゴの花に出会ってからほぼ10余年になる。
なぜデイゴの花を知っていたかといえば、沖縄の県花であり、織物の先生宅の庭にあったからである。
ただ、沖縄県花のデイゴとマルバデイゴはちょっと種類が違うことも後々知った。

それでも、花の色が真っ赤で、いかにも南国の花って感じなのはどちらのデイゴも同じ。
そのデイゴが何故ここ倉敷に、しかも市役所にあるのかは知らない。
年々木の数が減っているとはいえ、今年は2本が赤い花を元気に咲かせているのを見て、うれしい限りである。



# by fu-minblog | 2019-07-16 16:02 | 四季折々 | Comments(0)

倉敷アフタヌーンティー in キャンドル卓

倉敷アフタヌーンティー2019年夏が昨日から始まった。
その初日に、キャンドル卓渡邉邸へ友人と行ってきた。
一昨年、その友人に初めて連れてもらってから、毎年行くようになって今年で3回目になる。

今年はいわゆるアフタヌーンティーというよりは、ランチにチョー豪華なデザートが付く、という感じ。
なので、お腹はタップリふくれるし、デザートの種類の多さと見た目の美しさ、そしてもちろん美味さに満足する。
古民家を生かした落ち着いた店内、テーブルや室内を彩るキャンドルがなお一層雰囲気を盛り上げてくれる。

c0026824_15470041.jpg

アフタヌーンティーの期間が7月12日~9月30日までなので、もう1軒くらい行ってみたい気がしないでもなく~~~




# by fu-minblog | 2019-07-13 15:57 | 日常茶飯事 | Comments(0)

シネマ歌舞伎 天守物語

昨日はシネマ歌舞伎「天守物語を」観に行った。
先月(7月)に続き坂東玉三郎主演の舞台が映画化されている。
実は4本続けて玉三郎主演のシネマ歌舞伎が続き、今回はその2本目なのである。

泉鏡花原作の天守物語、白鷺城の天守に住む異界の富姫と、現実世界の若者図書之助との恋が描かれる。
最初はフツーの姫と次女のやり取りかと思いきや、そのうちフツーではないことに気づいていく。
そして、やがて姫の正体、この世のものではない異界の姫であったことを知ることになる。

姫の住む天守へ現れた鷹匠の青年一人、一度は追い返すが再度戻って来た時富姫の千年に一度の恋が始まる。

c0026824_17231892.jpg

相変わらず玉三郎の美しさは異界の姫、この世のものではない美しい姫にぴったりである。
容姿はもちろん、その身のこなし、立ち居振る舞い、すべてが美しい。
私は残念ながら生の舞台では観たことがないのだが、こうして映画で観られるだけでも倖せである。

ゆえに、あと2本もぜひ観たいと思っている。


# by fu-minblog | 2019-07-11 10:36 | 映画 | Comments(0)

晴れの七夕

昨日は7月7日、七夕だった。

七夕には雨の降ることが多いのに、昨日は珍しく晴れたのだった。
去年の七夕は当地は豪雨で洪水の被害に見舞われていた。
それが今年はまるで梅雨明けみたいなお天気になったのである。

日曜日だったので、良いお天気にもかかわらず私は一日家に居た。
それが、夕方急に空の写真を撮っておこう、と思いついたのだった。
こんな晴れた七夕の日の空を、記念に残しておこうなどとアホなことを考えたのである。

c0026824_17132541.jpg
ただ実は、空の写真を残そうとしたのはインスタグラムだった。
ところが、昨日の朝からインスタグラムはずっとアクションがブロックされていて記事も文章が消える。
実は今日も未だに直っていない、ブログを続けていて良かった!


c0026824_17172894.jpg



# by fu-minblog | 2019-07-08 17:31 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(242)
(184)
(132)
(111)
(110)
(104)
(102)
(96)
(86)
(61)
(56)
(53)
(51)
(51)
(48)
(43)
(42)
(35)
(34)
(34)
(33)
(31)
(30)
(28)
(28)
(26)
(26)
(25)
(24)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン