ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
倉敷川千本桜
at 2017-03-10 15:51
舩木研兒 遺作展
at 2017-03-04 15:27
これが最後かひな祭り
at 2017-03-03 15:07
欲張りなライブ
at 2017-02-27 16:12
「LA LA LAND」
at 2017-02-24 21:20
ガラスとテキスタイルのアート..
at 2017-02-17 18:36
由加温泉へ日帰り入浴&ランチ
at 2017-02-16 21:22
最新のコメント
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
>empikさん まさ..
by fu-minblog at 14:56
うわぁ〜!ほくろちゃん女..
by empiK at 11:56
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:黒澤明の映画 ( 7 ) タグの人気記事

わが愛する黒澤映画

先日、テレビで黒澤明監督の「八月の狂詩曲」が放送され、録画していたのを昨日観た。もちろん以前にも観ていてDVDも持っている。何度見てもいい映画は感動するものである。そして今日、「夢」と「まあだだよ」を続けて観てしまった。

実は、これら黒澤監督晩年の3作品が、数あるキラ星のような黒澤作品の中で、私は一番好きなのである。もう1本加えて、晩年ではないが、ソ連映画の監督をした「デルス・ウザーラ」が好きである。理由とてなく、ただただ好き、なのである。

7年前の2008年は、没後10年黒澤明特集ということで、NHKBSで黒澤映画が30本放映されたことがある。その時、ほとんどの映画を見たばかりか、その半分近くはDVDに保存していたのである。本と同様、DVDも1000枚くらい捨てずに持ってるアホな私である。


黒澤監督80歳の作品「夢」は、8話のオムにパス映画である。画家を目指していたという黒澤監督らしい、絵画的というか、画面がまるで一幅の絵のようである。1話、2話はメルヘンチックだが、かなりシリアスな夢もある。とくに、6話は原子力発電所が爆発するという話で、その慧眼に驚いた。この年1990年のアカデミー名誉賞を受賞している。
ただ、7年前の私のブログには、メルヘンチックな人間雛段の画像が使われていた。

c0026824_1536484.jpg


先日放送のあった「八月の狂詩曲」は翌1991年の作である。原作は村田喜代子の芥川賞受賞作「鍋の中」。長崎原爆投下が、一人の老婆と孫たちの交流を通して、切なくも美しくどこか狂気を孕んで描かれる。
画像はこの映画で印象的だった、真っ赤な薔薇とラストの老婆の姿を使っている。

c0026824_168023.jpg


黒澤監督最後の映画となった「まあだだよ」は、内田百閒とその弟子たちとのほのぼのした師弟関係が描かれる。弟子たちに金無垢と呼ばれる純粋無垢な百閒先生、こんな無邪気で無欲な人がこの世に実際居た、と知っただけでもさいわいである。内田百閒の本は、映画にも出てくる「ノラや」他少々だけ読んだ程度。

c0026824_162041100.jpg


ついでに、「デルス・ウザーラ」の画像も。自殺未遂の後、黒澤明の復活ともなった作品で、撮影は困難を極めたようだが、アカデミー賞外国映画賞にも輝いている。とにかくスケールが大きく、できたら映画館で観たい映画である。

c0026824_16312634.jpg


「八月の狂詩曲」をキッカケに、晩年の大好きな黒澤映画をあと2本を観たのだが、あらためて、黒澤映画の素晴らしさを実感した。
画像はすべて古い画像で、実は今となっては作れないのである。
by fu-minblog | 2015-08-23 17:00 | 映画 | Comments(0)

「デルス・ウザーラ」 黒澤明の映画

黒澤明がソ連映画の監督をしたこの「デルス・ウザーラ」という作品、今まで見逃していてつい先日の再放送を録画しておいた。
ナニゲに見始めて、いつの間にか映画の世界にのめり込み、観終わって静かなしかし深い感動に全身を包まれてしまった。
こんな素晴しい映画を今まで機会がありながら観なかったことを後悔しつつ、黙っていられず、ついレビューに及んだ次第。

c0026824_17221598.jpg


今さら私が騒ぐまでもなく、この「デルス・ウザーラ」はアカデミー外国語映画賞を受賞(但しソ連映画として)、ちゃんと評価もされている映画ではある。
しかし私の知る限り、日本ではそれほど評価も人気も高くないような気がするのである。
でも今回この映画を観て、それがいかに勿体ないことであるか、もっともっと日本でも高く評価され多くの人に観られるべきだ、と強く思ったワケなのである。

何がそんなに素晴しいかといえば、自然の偉大さは勿論、うつくしい人の心にただただ感動する。
映画の主人公デルス・ウザーラは、森林に一人生きるゴリド人の猟師である。
なにより素晴しいのは、彼が深い洞察力の持ち主であり、他人への思いやりを忘れないことである。
また、その自然と共生する知恵には感嘆させられる。
人間が自然を護るなんておこがましい、人間が自然に護られているのだとつくづく思う。

しかし、もっと感動的なのは、軍の命令で森林調査のために兵隊を率いてやってきた隊長アルセーニエフとの、この世のものとは思えぬくらい、うつくしい友情である。
彼はデルスと出会い、デルスの人間性を愛し、心から信頼し、堅い友情を結ぶのである。
何度もデルスに命を救われるのだが、彼はまたデルスを自分の家族として迎え入れたりもする。
二人の絆は、男の友情などといっては安っぽく感じられるほど、ふかく、つよいのである。

c0026824_1856523.jpg


映画は1部と5年後の2部に分かれている。
どちらも、アルセーニエフの困難な調査に、デルスが経験による知恵と正しい判断力で協力する。
しかし、デルスがトラを銃で撃ったことが原因で彼の心に変化がおこり、セルゲーニエフの家族と街で暮らすことになるのだが・・・・・
静かなラストシーンが目に焼きついて印象的。

よくこんな映画を、しかも外国で撮ったものだと感心する。
慣れない地での撮影は困難をきわめ、次々トラブルに見舞われたようである。
しかし、そんな苦労は報われ、何より、こんな感動的な作品がこの世に残ったのである。
映像の美しさはいうまでもなく、デルスを演じた役者はデルスそのもので、よくぞ見つけてきたものである。

黒澤明監督の隠れた名作ここにあり!って感じでした。
by fu-minblog | 2009-03-13 17:22 | 映画 | Comments(6)

「赤ひげ」 黒澤明の映画

今週月曜日からNHKBS2で、「あなたが選んだ黒澤明監督作品ベスト5」が放映されている。
5位「天国と地獄」、4位「生きる」、3位「用心棒」、に続いて昨夜2位「赤ひげ」が放映された。
ちなみに、1位「七人の侍」は明日土曜日の放映予定である。
私は他の作品は何度か観ているのに、「赤ひげ」だけはじっくり通して観たことがなかったので、この3時間を越す長編を昨夜は途中で寝てもいいように録画しつつ観たのである。

しかし、途中で寝るどころか最後まで感動して観たばかりか、映画の醍醐味を思う存分味わい、つくづく映画っていいものだ、と呟いたのだった。
モチロン山本周五郎の原作もよいのだろうが、この映画が45年前に作られたなんて信じられない。
けっして古くなるどころか、モノクロであることも忘れさせるほど新しく、骨太の作品である。
何時世界のどこに出しても恥ずかしくない日本映画不朽の名作、といっても言い過ぎではないと思う。

c0026824_2242782.jpg


物語はあまりにも有名な小石川療養所の赤ひげと呼ばれる無骨だが人間味溢れる医者(三船敏郎)と、そこでイヤイヤ働くこととなった若き医者(加山雄三)との葛藤から始まる。
赤ひげの医者として人間としての生き方、貧しくも懸命に生きる人々との触れ合いは、やがて若き医者の生き方をも変え、成長させてゆく。
貧困と無知と戦い続けた赤ひげの「政治が貧困と無知に対して何かしたことがあるか?」というセリフは、まさしく今を生きる私たちのものでもある。

私は前にも言ったことがあるが、黒澤監督最後の3作品がなぜか好きなのだが、この5作品の中では「赤ひげ」がイチオシである。
黒澤監督の痛快時代劇もモチロン面白いが、「生きる」「赤ひげ」などの人間ドラマには黒澤明という人の人間性が実にストレートに表れているように思う。
真面目さと正義感、そしてそれこそが時代を超えて生き続ける所以ではないだろうか。

実は今回はレビューUPするつもりはなかったのだが気が変わり、やっぱりしておくことに・・・
放映後に言うのもナンですが、もし機会があればぜひご覧ください。
by fu-minblog | 2009-02-06 23:07 | 映画 | Comments(0)

「まあだだよ」 黒澤明の映画

黒澤監督の遺作でもあり、黒澤映画全30作品最後の放映作品でもある。
内田百閒とその門下生の心温まるほのぼのした物語、百閒が還暦を過ぎた翌年から始まった誕生会「摩阿陀会」の20年ばかりの物語である。
これは実在した人の実際のハナシであるにも拘わらず、なぜかオトギバナシに感じられるのである。
それは、古き良き時代のハナシだからなのか、あまりに美しすぎる師弟愛のせいなのか、とにかく、3本の中で一番ファンタスティックでさえあった。

c0026824_14421637.jpg


この映画のほのぼのした味わいは、内田百閒という門下生に金ムクと呼ばれる類まれな個性そのもの、って気はする。
私は残念ながら、百閒の作品を読んだことがないのだが、実は百閒は岡山出身で、名前の由来は私も知ってる百間川からだという。

チラと検索したところ、かなりの変人、頑固者だったようである。
そーゆー人物が、なぜかくも門下生に慕われ、愛されたのか?
この映画を観て思うのは、百閒の人間的魅力もさることながら、その魅力を認め愛し続けた周りの人間、奥さんや門下生はリッパだったと思う。

私が特に好きなのは、百閒がいなくなった猫「ノラ」を探し回る件で、そのアワテぶり、すっかり焦燥した姿は、笑うに笑えない、よ~く分かるのだった
実はその間のことが「ノラや」という本になっていて、ぜひ読んでみたいと思っている。
その次に飼った猫「クルや お前か」もあり、よほど猫が好きだったようである。

あまりオンナを描くのが得意でなかったといわれる黒澤監督、この映画もオトコの可愛さ無邪気さをたっぷり見せてくれる。
私の独断と偏見で言えば、この百閒と門下生との関係は、黒澤明の理想の人間関係であったのではないだろうか。
by fu-minblog | 2008-12-26 14:45 | 映画 | Comments(2)

「八月の狂詩曲」 黒澤明の映画

まるでキャッチコピーみたいだが、この作品は長崎を舞台に、あるひと夏の祖母と4人の孫たちの心の触れ合いを詩情豊かに描きつつ、静かにしかしするどく反戦反核を語りかける映画である。

c0026824_12554594.jpg


ある夏休み、いとこ同士の4人の孫たちが長崎の祖母の家にあずけられる。
彼らの父あるいは母が、祖母の兄の住むハワイへ出かけたからである。
テレビもない祖母の家での暮らしは耐え難く、また祖母の作る食事も口にあわない。
ある日長崎市内へ買い物に出かけた彼らは、祖父が被災し亡くなった学校の校庭を訪れる。
祖母の深い哀しみ、傷ついた心、今なお消えないあの日の鮮烈な記憶を、いつしか孫たちも共感するようになる・・・・・

原作は村田喜代子の芥川賞受賞作品「鍋の中」。
主演の祖母には村瀬幸子、ハワイからやって来る祖母の甥にリチャード・ギア、大学受験を終えた孫に吉岡秀隆などが出演。
音楽にはシューベルトの「野ばら」が、まるで孫たちを象徴するかのように使われる。
平和への願いを込めた、黒澤映画珠玉の一編です。
by fu-minblog | 2008-12-25 17:35 | 映画 | Comments(0)

「夢」 黒澤明の映画

昨夜の黒澤監督の「夢」、期待以上の素晴しい映画だった。
私の印象では、もっとファンタスティックだと思っていたのだが、夢に託した黒澤監督の強い想いが伝わってくる、非常にメッセージ性のある作品であった。
この映画が今から約20年前、監督80歳の作品とは到底思えぬ斬新さ独創性に驚かされる。

c0026824_18143884.jpg


私がファンタスティックな印象を持ったのは、上の画像がミョーに印象に残っていたからで、これは第2話のハナシである。
桃の節句の日、切り倒された桃の木たちが、切り倒されたその場所でひな人形となって、少年に無念の思いを告げるのだ。
自然をバックに、自然のひな壇、そこにひな人形の扮装の役者たちという大胆不敵な発想。
黒澤明オソルベシ。

この映画は8話からなるオムニバス映画で、どれも「こんな夢を見た」というセリフから始まるのであるが、これが果たしてほんとうに黒澤明が見た夢かどーかは謎である。
ただ、どのハナシも黒澤明という人の人間性、ほんとうに戦争を憎んでいたこと、自然を大切に思っていたこと、人間の愚かさを知りつつ愛情を持っていたこと、などが感じられる。
今さらではあるが、映画の面白さを改めて教えてくれる黒澤作品の数々、感謝とお礼とともに、心からご冥福をお祈りしたいと思う。
by fu-minblog | 2008-12-24 18:48 | 映画 | Comments(0)

黒澤明ウィーク

c0026824_1012347.jpg

今年は黒澤明没後10年ということで、この4月からBS2で全30作品が放映されている。
今週はその最後の4作品が今日から放映される。
実は先週の土曜日にも「影武者」が放映されており、黒澤監督晩年の5作品が続くワケである。
月曜日→「乱」、火曜日→「夢」、水曜日→「八月の狂詩曲」、木曜日→「まあだだよ」である。

そして、その最後の3本こそが私がぜひもう1度観たいと楽しみに待っていた映画であり、ぜひ録画保存したい映画である。
ほんとは、30作品全部を録画したかったのだが、録画したのは「羅生門」以後の代表作だけになってしまった。
けれど、この3本と「羅生門」はぜひ永久保存?したいと思う。
モチロン「影武者」も「乱」も保存作品である。

私が黒澤明の映画についてナンノカノ言う立場にはないが、好き嫌いで言うと、好きである。
日本の映画監督の巨匠として黒澤明と並び称される監督に小津安二郎があるが、私的にはハッキリ言ってニガテである。
これは好みだとしか言いようがなく、性格的なものもあるかもしれない。

黒澤作品は非常にバラエティに富んでいて、作品傾向は一様ではなく、社会派ドラマ、人間ドラマ、そして痛快な時代劇と様ざまである。
時代劇の代表作である「七人の侍」は、西部劇としてリメイクされたのは有名である。
私は女だてらに、東映チャンバラ映画とアメリカ西部劇で育ったので、黒澤監督の時代劇はことさら好きなのである。

だから、晩年の「夢」「八月の狂詩曲」「まあだだよ」は、封切当初はそれまでの作品とは毛色が違い、黒澤作品らしくないな、と思ったりした。
けれど、自分自身も当時よりトシをとったからか、見方が変わったのだと思う。
黒澤明という人の独創性、自由さが見事に花開いた作品、のような気がするのである。

・・・そんなワケで、今週は私にとっては楽しみな黒澤明ウィークなのだ。

c0026824_16345039.jpg

by fu-minblog | 2008-12-22 16:44 | 映画 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(126)
(100)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(40)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月