ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
さくら前線異常あり
at 2017-04-06 16:35
三月の出来事
at 2017-03-31 11:49
岩合光昭写真展「ネコライオン」
at 2017-03-29 18:02
「引揚げ文学論序説」
at 2017-03-26 11:22
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
最新のコメント
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:高知日和 ( 6 ) タグの人気記事

モネの庭 フロク

UPしなかった写真でちょっとあそんでみました。

c0026824_18232414.jpg


たんなるヒマつぶしでした~ <(_ _)>
by fu-minblog | 2009-05-21 18:35 | | Comments(0)

モネの庭 in 高知 その3

花の季節だったこともあり、百花繚乱とはこのこと。
こんなに多くの花を一度に見たことはありません。
イングリッシュガーデンとはまた違う、まさにモネの庭。
色とりどりの、まるでモネのパレットのような。。。





さいごに、たった一枚の二人の記念写真

c0026824_19202564.jpg

shizuka7さん、無断でUPしてごめんなさい。
by fu-minblog | 2009-05-18 19:27 | | Comments(2)

モネの庭 in 高知 その1

高知市から室戸岬方向へ車で1時間半(渋滞なし)ほど走ると北川村に到着する。
その北川村の山あいに、唐突に南仏ジヴェルニー、モネの庭が出現する。
これこそが今回、私を高知行に駆り立てた、実は大きな要因なのかもしれない。
なにしろ、shizuka7さん曰く、フランスのジヴェルニーに行かなくても、高知でそっくりのモネの庭が見られる、とのことであった。

モネは、自宅の庭を生きたキャンバスとして草花や木々を植え、絵はモチロン、その庭もまたモネの作品であったばかりか、その庭こそが生涯最高の作品であった、と言えるかもしれない。
モネと言えば睡蓮、その睡蓮が今、水の庭で花盛りの季節を迎えていた。
まずはその水の庭の睡蓮から・・・・・

c0026824_11484012.jpg


c0026824_1149173.jpg


c0026824_114923100.jpg


c0026824_1150149.jpg


c0026824_1151342.jpg


睡蓮の開花は4月末~10月末。
また今回残念ながら時期が早すぎて見られなかったのだが、6月末から青い睡蓮が咲くようである。
これは、モネがついに果たせなかった夢の睡蓮で、北川村のモネの庭で初めて実現した。
私もいつかぜひ、この青い睡蓮を見てみたいものだと思う。

モネの庭はこの他にも光の庭、花の庭があり、レストラン、ギャラリーショップ、手づくり工房がある。
by fu-minblog | 2009-05-17 12:15 | | Comments(4)

プチオフ会 in 高知 その3

翌朝、ホテルから歩いて10分くらいの高知城へ散歩がてら行ってみた。
なんでも、優秀なガイドさんによると、追手門と天守閣が一枚の写真に収まる唯一のお城とか。
なるほど、ちゃんと撮影ポイントまで設えてあった。
時間があったので、追手門を抜け天守閣を目指してはみたものの、、、途中で引き返したのだった。
高知城前のメインストリートのソテツの街路樹が、南国高知らしい。

c0026824_10222568.jpg


高知県は、いわゆる歴史上の人物を数多く輩出しており、高知城には山内一豊、板垣退助の像、桂浜にはご存知坂本竜馬像等など・・・
私は見ないけど、NHK大河ドラマの主人公や舞台になることも多いようである。
また、私が乗ったのがアンパンマンの絵がいっぱいのアンパンマン列車で、なんでやろ?と思ってたら、アンパンマンの作者やなせたかしも高知県出身なのであった。
by fu-minblog | 2009-05-17 11:05 | | Comments(0)

プチオフ会 in 高知 その2 

全部お任せの私だが、二つだけ希望を申し述べていた。
一つは、明日行く予定の「モネの庭」、もう一つは本場のカツオのタタキが食べたい、ということ。
・・・なワケで、shizuka7さんが連れてくれたのがこのお店。
漁船から上がったばかりの新鮮な魚料理の店、その名も「明神丸」。

静かで落ち着いた、というよりは活気があって庶民的な居酒屋風。
お魚がとにかく新鮮、ここで初めてカツオの塩タタキなるものを食す。
なんでもツウはコレに限るそーであるが、魚が新鮮な地元ならではのものだと思う。
私はポン酢と塩と両方食べたのだが、こんな香ばしいタタキは初めてである。
ただ、どちらかいえば、ツウではないので塩よりポン酢(フツーのタタキ)が好み。

c0026824_1261662.jpg


今夜の楽しみは、トーゼン一緒に飲むこと。
ビール党の私と焼酎党のshizuka7さん、まずは生ビールで乾杯の後、ナント!マボロシの焼酎「ダバダ火振」をメニューに発見した彼女、即注文。
ダバダ火振とは栗焼酎で、まろやかな甘みと香りで大人気なのだが、原料不足でなかなか手に入らないという。

ダバダ火振のお湯割りを初めて飲み、甘いウイスキーみたいと言って彼女をガッカリさせたくせに、2杯も飲んでしまったのだった。
お湯割りとはいえアルコール度数25度、でもつい飲めてしまう。
彼女の心配をよそに、ホテルまでは無事帰りついたものの、バタンキューとダウンしたのであった。
by fu-minblog | 2009-05-16 12:36 | | Comments(2)

プチオフ会 in 高知 その1

高知へ遊びに来ませんか、とshizuka7さんからお誘いがあったのは1ヶ月程前である。
行きます、と即答したのは、私が石橋を叩かずに飛び越えるタチ、だからばかりではない。
shizuka7さんとはブログのコメントを通してけっこう長いお付合いがあり、ある親しみを感じていた。
かくして14日、私にとっては初体験の、二人だけのプチオフ会に出かけることになったのだった。

バスも便利だということだったが、今回はのんびり景色を見ながら土讃線で行くことに。
瀬戸大橋から見る瀬戸内海、まるで緑のトンネルを行くような単線箇所、そして名勝大歩危小歩危等など・・・2時間半けっして退屈はしない。
高知へ着いてからの予定は全てshizuka7さんにお任せ、私はただただ付いて行くのみ、である。

高知駅の改札口で待ち合わせ、モチロン一発でお互いを確認、挨拶もソコソコにshizuka7さんの愛車に乗り込んだ。さいしょに案内されたのは、五台山である。
五台山には植物学者牧野富太郎博士を記念して開園された植物園がある。
山頂からは高知市内が一望でき、またここには31番札所竹林寺がありお遍路さんの姿に出会う。

c0026824_7291957.jpg

山を降り、次に向かったのが、ご存知桂浜。
晴れ渡ったお天気で、空と海の青さが眼に沁みる。
さいごに県立美術館へ行って今日の予定終了。
ちなみに、shizuka7さんは私と違い、計画的でどこへ行くのも下調べバッチシとのこと、よかった!

c0026824_7294576.jpg

高知へはン十年前に一度行ったきりである。
それが思いがけず再び訪れることができたのだ。
これもshizuka7さんのおかげ、そしてブログのおかげである。
人生なかなか捨てたもんじゃ~ないんである。
by fu-minblog | 2009-05-16 11:01 | | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月