ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
 華紋 de ランチ
at 2017-12-08 21:44
クリスマスツリー
at 2017-12-03 18:05
同窓会 in 倉敷(アイビー..
at 2017-11-30 21:33
同窓会 in 倉敷 (素敵な..
at 2017-11-30 16:34
同窓会 in 倉敷(川舟初体験)
at 2017-11-30 12:06
紅葉満喫 in 近水園
at 2017-11-22 18:09
フェイジョア大豊作
at 2017-11-16 10:30
カズオ・イシグロ全作読破?
at 2017-11-11 16:56
新見鉄板焼ランチ
at 2017-11-08 16:24
「静かなる情熱」
at 2017-11-05 11:33
最新のコメント
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47

タグ:祇園祭 ( 4 ) タグの人気記事

祇園祭の想い出

今日は、京都では祇園祭のクライマックス、山鉾巡行が華やかに執り行われたことと思う。
さぞかし暑く、賑やかに、けれど厳かに。

私にとって祇園祭は、山鉾巡行より宵山に行くことが多かった。
夜の方が涼しいし、若いころは正真正銘の夜型人間だったのである。
なので、昼間に山鉾巡行を見たことはほとんど、ない。

はっきり覚えているのは、11年前、2006年の祇園祭・山鉾巡行の日は土砂降りの雨だった。
なぜなら、その日が我が父の葬儀の日だったのである。
ゆえに、山鉾巡行はその日は取り止め、翌日に延期されたのかどうかは記憶にない。

父亡き後、母に会いに毎月最低1回は京都へ帰っていたのだが、7月には鉾に上がって見学したりするようになった。
わざわざ八坂神社にまで行ったりもしたのだった。
けれど、その2年後の奇しくも同じ7月に母も亡くなり、それ以来祇園祭は遠のいてしまった。

先日の7月15日父の命日には、庭に咲くアップルミントを花瓶に生けて父の冥福を祈りました。
ほんのささやかな私の気持ちです。

c0026824_17013065.jpg



by fu-minblog | 2017-07-17 17:02 | Comments(0)

祇園祭 フロク

今さらではあるし、おこがましくもあるが、チョコッと祇園祭の補足を。
山鉾合わせて32台、1ヶ月の長きに亘る神事、そして、クライマックスの山鉾巡行という豪壮華麗な京都祇園祭。
私も今回あらためて、祇園祭の魅力を実感しました。。

ネットで検索すれば記事はいっぱいあるのですが、その中から比較的分かり易い山鉾マップを見つけたので、UPします。

c0026824_18391494.gif

(京都ガイドブック 祇園祭)より

by fu-minblog | 2008-07-14 19:22 | | Comments(2)

祇園祭 in 京都 その2

法事も無事終わり、京都駅へと向かうハズが、今日も地下鉄を途中下車、ムックリ地上の街へと。
実は今日から、鉾への一般搭乗が始まる、と知ったからである。
そこで、またまた長刀鉾へと急ぐ私。
叔母に言うと「暑いばっかりやのに~」と、京都の人はヒヤヤカなのである。

c0026824_22332643.jpg


さて、長刀鉾に到着したものの、搭乗には二つの条件があったのである。
その➀
鉾に搭乗するには、まず側の店の二階に上がり、渡り廊下を渡るシカケ。
その二階に上がるには、前の売店で何か一つでも買わないと上げてもらえない。
私は一番安い、鉾の絵柄の栞(500円)を買って上がった。

その②
ナント!搭乗できるのは男性のみ、女人禁制なのである。
女性は渡り廊下の手前で、指をくわえてアチラを見るのみ。
「見かけは女やけど、ほんまは男です」と言おか、とも思ったんだけど・・・
ま、いろんな飾り物をみるだけでもネウチがあったので、おとなしく従った。

この女人禁制は長刀鉾だけで、他の鉾は女性もOK。
そのかわり、搭乗代として1000円と聞き、、、、、止めました。
昨日も今日もうだるよーな暑さ、その中を重い荷物をかかえてお祭り見物なんて・・・
自分でもオ・ド・ロ・キです。

ナンカ、お祭り女になってしもたかしらん?
by fu-minblog | 2008-07-13 22:40 | | Comments(0)

祇園祭り in 京都

いつもはトンボ返りの京都行きだが、今回は法事に合わせたので、一泊することになった。
一日目、母を見舞った帰り、久しぶりに街中へ繰り出した。
京都の街は今祇園祭一色、スピーカーから流れるコンチキチンの音色が、いっそう祭り気分を盛り上げていた。

c0026824_2114144.jpg


蒸し暑さと人の多さに辟易しつつも、四条通りを烏丸から八坂神社まで歩いてみた。
祇園祭はこの八坂神社の祭りで、山鉾巡行をクライマックスに、約一ヶ月の間さまざまな行事が執り行われる。
12日は鉾もすでに立ち上がり、飾り付けの真っ最中であった。
烏丸より東にあるのは長刀鉾で、この長刀鉾は、毎年必ず先頭を行くのが決まりである。

・・・と、エラそーに言ってはいるが、実は私、山鉾巡行を直に見たことはなく、せいぜい宵山に行くのがセキの山であった。
今回こんな時期に鉾を見たり、八坂神社に行くのも、初めてなのである。
これからも、わざわざ祇園祭を見に京都へ行くことは、たぶん、ないと思う。
これも母のおかげとゆーか、父のおかげとゆーか・・・

忘れもしない、一昨年の祇園祭(山鉾巡行の日)はバケツをひっくり返したような大雨が降り、それが父の葬儀の日だったのである。
by fu-minblog | 2008-07-13 21:09 | | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(224)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(92)
(87)
(83)
(61)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(39)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン