ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
今年の百合事情
at 2017-08-13 15:20
我家のお盆と長崎原爆の日
at 2017-08-09 17:37
JH 31 BIRTHDAY..
at 2017-08-08 17:46
LSR convention..
at 2017-07-31 11:42
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2017-07-26 19:44
暑中お見舞い
at 2017-07-20 17:16
夏のオシャレ
at 2017-07-20 10:31
祇園祭の想い出
at 2017-07-17 17:02
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

タグ:石田徹也 ( 11 ) タグの人気記事

石田徹也 衝撃の出逢いから7年

あの衝撃から7年、今朝の「日曜美術館」で石田徹也と再会した。
奇しくも同じ9月、あれからまる7年の歳月が流れたのだった。

その間、画集も手に入れたし、展覧会にも行っている。
それでも、こんなに昂揚した気分でテレビを見るのは、久しぶりのことである。

c0026824_10553039.jpg


今、私は石田徹也の画集をあらためてひらく。
どの絵も、けっして心地よいとか、キレイとか、楽しい絵ではない。
では、そんな絵になぜ私は、いえ、多くの人がこんなにも惹かれるのか。

今まで何度も書いてる気もするが、、、、、
かたちにならない想い、心の奥底にある生きる不安や哀しみがたった一枚の絵から伝わってくる。
それはたとえ感じてはいても、表現する手段を持たぬ者にとっては快感でさえある。
とくに現代社会に生き、孤独感、疎外感、閉塞感を抱える人間にとっては。

作品に登場する人物の顔は、ほとんど無表情であり無個性である。
それゆえ、彼らは石田徹也自身であると同時に、観る人自身にもなり得るのである。
石田徹也はそんな多くの人々の、いわば代弁者なのである。

今回の放送で私が気になった一枚の絵がある。
それは「捜索」という絵で、模型の線路の上に下半身が土に還りかけた人物が横たわっている。
やがてすっかり土に還るだろう体の上を、あるいは中を列車がはしる。
ふと、石田徹也の死因が踏切事故であったことを思い出させるのである。

もし石田徹也が現在も生きていたとしたら、どんな絵を描くのだろうか。
それを思うと、残念を通り越して、絶望的にさえなるのだった。
石田徹也の真摯な眼差しこそ、今一番必要だと信じるから。

来年、また静岡で会いましょう。
by fu-minblog | 2013-09-29 13:46 | 美術工芸 | Comments(0)

私の中の石田徹也

今日、「石田徹也全作品集」がやっと届いた。
以前の「石田徹也遺作集」に比べて、掲載数も217点と多く、紙質も良く、色も透明でより本物に近いリッパな画集である。
自分の死後5年目に、こんな画集が出版されたことを彼は知る由もないのだが・・・
それとも、生前彼が描いた現実の向こう側から、ちょっとテレながらこちらを見ているだろうか。


c0026824_22595892.jpg
「僕の絵を見て、笑ってる、怒ってる、悲しがってる・・・
そういう人が同時にいるのが理想。」
と彼は言う。

なので、私も黙って絵を見る。
ことばは、もう何もいらないのだ。
絵に意味を求めてはいけない。
解釈してもいけない。

なぜなら、絵はそれ自体で完成されており、ただテレパシーを感じるだけでいいのだ。
絵を見る。そして目を瞑る。
するとホラ、きっと聞こえてくる彼の声が。

「何かずーっと描いてて、描くのが僕だって思う。
描かないと僕じゃないような・・・」



あの衝撃の日からはや4年ちかく経ったのか、と思う。
その時からそれ以後の一部始終が、恥ずかしながらこのブログに記録されている。
石田徹也について、私はあまりに多く語りすぎたのかもしれない。
そして今、私は私の中の石田徹也の存在をあらためて見つめなおしている。
by fu-minblog | 2010-05-27 23:50 | 美術工芸 | Comments(0)

展覧会めぐり in 東京 その3「石田徹也展」

私がこの時期東京に行って、この展覧会に行かないワケがございません。
モチロン行ってまいりました。練馬区立美術館で開催中の「石田徹也 ―僕たちの自画像―」展。
地図を片手にオロオロ行くところが、友人の後にくっついてラクラク行けたのは、ほんに幸いでした。
ちょうど正午頃無事到着、感無量!

c0026824_15172638.jpg


想えば、一昨年の11月静岡駿府博物館での展覧会以来、ちょうど2年ぶりに石田徹也の実物の絵と対面することになります。
しかも今回は主要作品70点が展示されるということで、期待に胸が膨らみます。
会場に一歩足を踏み入れると、そこは紛れもなく石田徹也ワールドが広がっておりました。

石田徹也の絵との出会いがあまりに衝撃的だったため、未だ冷静に語ることができないのですが、あれから2年、石田徹也を取り巻く環境もかなり変化したようです。
でも、私にとっては変わることはなく、あの時のままのような気がします。
あの時も今も、私が強く惹かれるのは、石田徹也の透徹した眼差しなのです。

今回練馬区立美術館での展覧会開催は、石田徹也が学生時代下石神井に住んでいたらしく、いわば縁の地と言えます。
絵を描くことが好きで、描かずにはいられなかった一人の青年の、命と引替えに残された作品の数々、必ずや観る人の心を揺さぶることでしょう。

お若い方もそーでない方も、ぜひどーぞ!
by fu-minblog | 2008-11-17 17:19 | 美術工芸 | Comments(0)

石田徹也 「僕らの現実」を描き続けて去った人

いつもボケッと生きているので情報に疎く、ヒトサマのお世話にばかりなっています。
この本のことは、私がかの衝撃の日、検索して最初に見つけて以来ずっとお世話になっている
StudioDeluxe さんの「ブログ・ザ・デラックス」で知りました。
早速昨日注文したら、今日には届く、さすがアマゾンさん。

c0026824_16134070.jpg


没後3年あまり、NHK新日曜美術館で放送から2年、やっとこのような美術雑誌(私は初めて知った)で、石田徹也特集記事が組まれました。
テレビ番組では何回か採り上げられましたが、日曜美術館放送後のネット上での大きな反響、画集の売れ行きなどから考えると、ちと遅すぎた感はあります。

「僕らの現実」を描き続けて去った人、という特集記事なのですが、それは実際目に見える現実とは違う、一見日常のようでけっしてそうではないのです。
私たちが目にする何気ない風景や日常の、その奥にあるものを、彼は描いたのです。
今あらためて石田徹也の絵を観ると、当時よりなおいっそうリアリティが感じられ、すぐれた芸術は未来を予感するものだと、つくづく思います。

また、練馬区立美術館で「石田徹也―僕たちの自画像―」が11月9日~12月28日まで開催される予定です。
by fu-minblog | 2008-10-27 18:23 | 美術工芸 | Comments(0)

石田徹也 飛べなくなった人

c0026824_1123187.jpg

昨夜のTV番組、「美の巨人たち」で石田徹也が取り上げられました。
思えば一昨年の9月17日、「新日曜美術館」で私は初めて石田徹也と出会ったのでした。
その日の衝撃、興奮は今でも忘れられません。
あれからもう1年半が過ぎ去ったのかと、ちょっと複雑な思いにかられる自分がいます。

今、私の手元には、「石田徹也遺作集」なる一冊の画集があります。
これは埃も被ってないピカピカの、私の中では一番新しい画集です。
約100点の作品が収められたこの画集を開くことは、自分自信のこころを開くような気さえします。
だから、怖いよーな、恥ずかしいよーな、懐かしいよーな、えもいわれぬ不思議な感覚に捉われてしまうのです。

ほんとうにいい絵に出会ったら、ひと目観ただけでその絵の中に引きずり込まれてしまうものです。
どんな説明も解説も要らないし、どんなことばも必要としない。
石田徹也の絵は、私の人生で遭遇した、そんな数少ない絵のひとつです。
また、展覧会上で観た実物の絵は、私のイメージの中にしか存在せず、画集の中にもないのかもしれません。

石田徹也は、まるで呼吸をするように絵を描き、絵を描くためにこの世に舞い降り、そして去って行ったのかもしれない。
彼が命と引き換えに残していった数々の絵、その生きた証にまたぜひ会いに行きたいものです。

※ この番組は今日17時30分よりBSジャパンで再放送があります。
by fu-minblog | 2008-04-27 13:02 | 美術工芸 | Comments(2)

石田徹也への想い

c0026824_14251017.jpg

昨夜(正確には今朝)TBS・NEWS23という番組で、石田徹也が採り上げられるという情報を、ブログ・ザ・デラックスさんから得ていました。
いつもありがとうございます。
モチロン、番組開始からスタンバってたのですが、放送は最後の10分ってことでした。
それにしても、何年ぶりかでこの番組見て、筑紫哲也氏もだいぶお老けになったもんだ、なんて余計なこと思いつつ・・・

さて、まずこのような番組に採り上げられるようになった事実に、ある種感慨を覚えます。
そして、石田徹也の画集が、新人としては異例の2万部も売れ、今だに売れ続けていること、
昨年11,12月、出身地静岡で開催された石田徹也企画展に、多くの若者が足を運んだこと、を知り彼のために心から喜びたいと思います。
(若者でなくてワル~ござんした、などと内心毒づいておりましたけど)

石田徹也の作品を一人でも多くの人に知ってもらいたい、と願っています。
ただ、彼の作品が世に認められるのはうれしいのですが、心配なことがあります。
それは石田徹也の作品の散逸、特に国外へ出て行ってしまうことへの恐れです。
番組でも、彼の作品がオークションで、かなりの高値で取引されたと伝えておりました。

これは私の勝手な思い込みですが、画がいくら高い値段で売れても、石田徹也は喜ばないのではないか。
生きているのならともかく、彼はもうこの世の人ではないのですから・・・
それより、彼の画を一同に集め、石田徹也美術館を、静岡に作っていただきたいです。
いえ、確信を持って言えます。彼もきっとそれを望んでいると・・・・・

そして、それは決して不可能ではないのではないか。
なぜなら、田中一村美術館という前例もあるからです。
田中一村美術館ができた経緯は知りませんが、彼が愛し、画家として花開かせた地、奄美大島に行けば、いつでも彼の作品に出会うことができます。
そんな美術館を、石田徹也のために、石田徹也の画に魅せられた人々のために、ぜひ、作っていただきたいと思うのです。

※ 上の画は、2003年11月、ギャラリーイセヨシでの個展のDMを使わせていただきました。
by fu-minblog | 2007-02-03 12:32 | 美術工芸 | Comments(4)

石田徹也「悲しみのキャンバス」再放送のお知らせ

たまたまPC開いたら、リンクさせてもらってるブログ・ザ・デラックスさんの記事で知りました。
情報に疎い私の、最初で最後のお知らせかも・・・

明日12月24日(日)新日曜美術館
午前9時~9時45分
午後8時~8時45分(再放送)
ひょっとするとBSハイビジョンで
午後1時~1時45分

あなたの目で観、あなたの心で感じてください!

お詫びと訂正
BSハイビジョンの放送、本日はございません。(12月24日追記)

by fu-minblog | 2006-12-23 19:03 | 美術工芸 | Comments(0)

石田徹也への伝言

石田徹也くん

ちょうど2ヶ月前になります。

私が初めてあなたのことを知ったのは。。。

放送の冒頭、一枚の絵を一目観たその瞬間、私はテレビの前で凍りつきました。

それは「囚人」という企画展のチケットにも使われた、校舎から頭だけ出して閉じ込められている

少年の絵です。

そして、そのすぐあと、あなたが31歳の若さでもう亡くなったことを知らされました。

さしずめ劇画なら、ガァ~~~ンと、目から星など飛び出たかもしれません。

そして、3週間後にやっと手元に届いた画集を観、ただ、圧倒される思いでした。

私たちが無意識のうちに感じているカタチにならない想いが、あなたの手によって、こんなにも

鮮やかに描かれている。

不思議な感動が全身に満ち溢れる、って感じでした。

あの衝撃から2ヶ月経った日、今度はあなたの実物の絵を観に行きました。

ショージキ、ちょっとコワイ気もしていました。

でも、会場に入ったとたん、とても空気が柔らかく、絵は透明で明るく、ホッとしました。

もっと暗く、つらく、悲しみに包まれるのでは・・・と心配でしたから。。。

その時、次々湧いてくるアイディアを、まるで子供のように、夢中になって描いてるあなたの姿が

目に浮かびました。

たとえ苦しくても止められない、いえ、苦しみさえも楽しさに変えてしまう。

あなたにとって絵を描くことは、きっとそんなものだったのではないでしょうか?

外国へ勉強に行きたいと言っていたあなた。

その夢が果たせないまま逝ってしまったあなた。

ほんとうに無念だったことでしょう。

もっともっと生きて、もっともっと絵を描いてほしかった。

でも今、多くの人があなたの絵に感動し、あなたの絵は外国でも認められようとしています。

あなたは居なくなってしまったけれど、あなたの絵は私たちの心の中で生き続けることでしょう。

さいごに、石田くん、感動を心からありがとう!
by fu-minblog | 2006-11-19 17:16 | 雑感実感 | Comments(0)

石田徹也企画展

c0026824_16421643.jpg

遠路はるばる岡山から観に行ってまいりました。
静岡は、物心ついて以来初めて訪れる地です。
でも、何を隠そう、私は静岡県御殿場で生まれました。
富士山麓の牧場が私の生誕の地、というワケなのです。

新日曜美術館で放送以来の大きな反響が、この長いタイトルの展覧会開催となったようです。
会場は、JR静岡駅から歩いて約5分、大きくはないビルの2階にありました。
博物館といえば、京都国立博物館のような大きな建物を想像していたのですが・・・

会場に足を一歩踏み入れた瞬間の感想は、画集で観るより明るい、ということでした。
アクリル絵の具、ということもあるのでしょうか、全体的に透明感がありました。
画集では大きさの感覚が分からなかったのが、実物は2m×3mの大きな作品から50cm×50cmくらいの小さな作品までマチマチです。
今回は石田家所蔵の42点のみということで、欲を言えばもっと多くの作品を観たかったというのが本音です。

あれ以来、彼のことを想うと胸が痛みました。
でも、今回展覧会を観て、すこし考えが変わりました。
彼の絵から伝わってきたのは、絵が好きでたまらない、描くことが楽しくてたまらない、という気持ちでした。
モチロンつらいこと、しんどいこともあっただろうけど、あんなに自分の打ち込めることを持てたのだから、スゴク仕合わせな人だったのではないでしょうか。

そして私はといえば、念願叶って実物の絵が観られた満足感と共に、僅か2時間足らずの滞在で、新幹線に飛び乗り、生まれ故郷?を後にしたのでした。。。
by fu-minblog | 2006-11-18 17:04 | 美術工芸 | Comments(2)

石田徹也遺作集

c0026824_11431224.jpg

注文していた「石田徹也遺作集」がやっと届きました。
放送があったのが9月17日、その直後に注文したので、3週間ほど掛かってしまいました。
それだけ反響が大きく、きっと画集の注文が殺到したのでしょう。
素直に、石田さんのために喜びたいと思います。

さて、届けられた画集は、私が思っていたよりは少々小ぶりでした。
放送で紹介された絵も含めて、画集には約100点の作品が載せられています。
その分、石田ワールドに圧倒され、打ちのめされる感じです。
これが、大きな実物が並ぶ個展会場だったらと思うと、ちょっとコワイかも。。。

石田さんの作品には、絵に題名が付いてないものもあり、付いててもあまり重要視されてないのではないか?
そして、けっして言葉で解釈してはいけない、意味やメッセージを求めてもいけない。
彼はただひたすら、自分の感じるまま、思うままを描いたのではないか。
次から次へと湧いてくるイメージを、魂を削るように、キャンバスに映していったのではないでしょうか。

c0026824_12314354.jpg

石田作品には、必ずといっていいほど、まるで感情のない表情、虚ろな目の少年(人物)が描かれています。
その目は、目の前の何かを観ているというよりは、自分の内部に向かって開かれているようでもあり、石田徹也が観た日常、あるいは非日常の世界を観ているようでもあります。
上の右ページの絵は自画像なのですが、この少年の目だけは、なぜか感情を持ち、何かを想う目のような気がしてなりません。

石田さんは、夭逝であった分早熟でもあり、早くからその才能を認められ、将来を嘱望されておりました。
わずか10年ほどの間に、約200点の作品を残して彼は逝ってしまったのですが、石田徹也はその絵の中で、これからもずっと生き続けてゆくことでしょう。
そして今はただ、石田徹也という真摯に生きた一人の青年、天才的画家のご冥福を心よりお祈りします。
合掌
by fu-minblog | 2006-10-07 13:11 | | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(96)
(95)
(90)
(84)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン