ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
今年の百合事情
at 2017-08-13 15:20
我家のお盆と長崎原爆の日
at 2017-08-09 17:37
JH 31 BIRTHDAY..
at 2017-08-08 17:46
LSR convention..
at 2017-07-31 11:42
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2017-07-26 19:44
暑中お見舞い
at 2017-07-20 17:16
夏のオシャレ
at 2017-07-20 10:31
祇園祭の想い出
at 2017-07-17 17:02
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

タグ:日本映画 ( 95 ) タグの人気記事

「この世界の片隅に」

「この世界の片隅に」の上映館が増え、近場の映画館で上映されているのを知り、昨日見に行った。
今まで見た長編アニメーションは、宮崎駿監督作品が多かったのだが、偶々去年の「君の名は」、今年になって「この世界の片隅に」と、タイプの違うアニメ映画を見ることになった。

c0026824_17294473.jpg


「この世界の片隅に」は、舞台は広島、日本が戦争に突入し、やがて広島に原爆が落とされ終戦を迎える数年間、すずという一人の女性が懸命に生きる姿が描かれる。
ちょっとボーっとしてしてはいるが、絵を描くのが大好きな女の子すずが、二十歳ソコソコで広島市内の江波から呉へ嫁いでいく。

呉は軍港でもあり、戦艦大和をはじめ多くの軍艦が出入りする。
戦況が悪化の一途をたどるようになると、呉は頻繁に空襲を受け、すずは義姉の子供と出かけた先で、その姪と自分の右手を失ってしまう。
そして、広島への原爆投下、終戦という現実の真っ只中で、すずもまた生き続けなければならないのである。

すずをはじめ、フツーの人間、フツーの暮らしがいかに大切であるか。
そんな宝物を、次々と奪ってゆく戦争がいかに理不尽であることか。
それをけっして声高にではなく、しずかに語りかけられるようである。
けれど、そんな中でも、人々は必死に生き続けたことを、私たちは決して忘れてはならない、と思う。
強いようで弱い、あるいは、弱いようで強いのが人間、なのかもしれない。
by fu-minblog | 2017-02-08 17:58 | 映画 | Comments(0)

シネマ歌舞伎「阿古屋」

偶々今週は2度も映画を見に行った。
昨日見たのはシネマ歌舞伎坂東玉三郎の「阿古屋」。
シネマ歌舞伎は去年「ワンピース」を初めて見て、その時から「阿古屋」は見たいと思っていた。

c0026824_9325864.jpg


ほとんど玉三郎の一人舞台なのだが、その美しさはこの世のものとは思われない。
「壇浦兜軍記」として人形浄瑠璃で初演された演目だからか、まるで人形みたいである。
そのうえ、琴、三味線、胡弓の演奏をしなければならず、現在演じることができるのは坂東玉三郎、ただ一人といわれている。

若手で美しい女形はいても、三種類の楽器を弾きこなせる者はおらず、後継者はまだいない。
また、ただ演奏ができるだけではなく、品格や色気、心の内を表現しなければならない。
そして、あの絢爛豪華な衣装、あの衣装に負けない貫禄と風格がなければならない。
ゆえに阿古屋は、女形屈指の難役と言われ、玉三郎以外に演じられる役者はまだないのである。

今回は、坂東玉三郎自身が語る舞台裏のドキュメンタリー映像も収録され、興味深い。
表舞台に上がる役者だけではなく、大勢の裏方に支えられていることがよく分かる。
そしてなにより、玉三郎の阿古屋への強い想い、歌舞伎役者としての誠実な姿勢に、感動する。

映画の中で舞台の幕が引かれると、思わず拍手したくなったりした。
by fu-minblog | 2017-01-14 14:30 | 映画 | Comments(0)

2016・シネマ館

ほとんど閉店状態のブログですが、今年も年末恒例のシネマ館をほんの気まぐれに。。。
いつもながらジャンルはバラバラ、その時観たい映画を気の向くままに観ています。
そんな映画が今年は17本、ほんとはもっと映画館に行きたいのに~

c0026824_971563.jpg


このブログに記事を書かいていない「淵に立つ」「ワンピース」、そして「君の名は」。
やっぱりすぐに書かないと、書く気は失せるものですね~
そんなわけで、不完全ではありますが自分の記憶と記録のために・・・

何が起こるか分からないのが人生、それでも、生きていかなきゃならないのも人生。
そんな時、自分の人生や生活、自分に本当に必要なモノやヒトを見直すのかもしれない。
人生は出会いと別れ、そして、コンニチワとサヨナラ。
by fu-minblog | 2016-12-25 10:47 | 映画 | Comments(0)

「怒り」

あまり得意ではない映画を、昨日初日に観に行ったのは、たぶん、「怒り」というタイトルが心情にピッタリだったからだと思う。
なので、原作はもちろん読んでないし、映画についても予備知識はほぼゼロなのだった。

c0026824_1014584.jpg


原作吉田修一、監督李正相日というコンビは、6年前に観た「悪人」と同じである。
「悪人」も「怒り」と同じく、あまり積極的ではなく観ているのが、不思議である。

さて「怒り」は、ある殺人事件の逃亡した犯人を追う、という設定なのだが、犯人は顔を整形して逃亡を続ける。
事件から1年後、東京、千葉、沖縄に前歴不詳の3人の男が現れる。
三人はそれぞれに、ある人物とかかわりを持ちはじめ、やがて深い関係となっていく。

殺人犯を追う警察は新たなモンタージュ写真を公開、整形を考慮して作られたモンタージュ写真は、三人それぞれに似てもいるし、似てもいない。
しかし、いったん芽生えた疑いの目は、相手が犯人の顔に見えてしまうのである。

信じることは難しい、けれど、信じる者は救われる、とも言えないのがこの映画。
人間の心の闇、弱さ、存在の不条理さを実感させられる。
また、この三人に関わる人たちは皆、社会から疎外されたマイノリティーでもある。

ただ一つ私的には、発端となった殺人事件、その動機があまりに衝撃的で気が重い。
カミュの異邦人をふと思い出したりした。
この世は人を信じないのも地獄、信じるのも地獄なのだろうか?

2時間を超える長さは感じなかったが、とにかくずっしりと重く、余韻が残る。
主役はいないがキャストは豪華な群像劇、とでもいうのか。
ちなみに、ダンサーとしての森山未來君のファンです。
by fu-minblog | 2016-09-18 11:51 | 映画 | Comments(2)

「海よりもまだ深く」

ほんとは本屋へ本を買いに行ったのに本は買わず、かわりに是枝裕和監督の映画「海よりもまだ深く」を観てしまった。
実は、昨年「海街diary」を見逃していたら、先日テレビで放映されて観たばかり。
そして、先日も今日も、やっぱり上手いなぁ~、とあらためて感心したのだった。

c0026824_21182768.png


是枝監督作品は「誰も知らない」から全部ではないが観ているが、ある意味私の予想は見事に外れたのである。
私的には、「空気人形」のような作品傾向に行くのかと思いきや、「歩いても歩いても」から家族や血縁や親子を扱った映画で世界に認められる存在となった。

そしてそれらの映画にはけっしてヒーローやヒロインは出てこず、どこにでもいる等身大の人々ばかりである。
この映画でも主人公は小説家くずれのダメな中年男、ギャンブル好きで妻とは離婚、月に一度一人息子に会うのが何よりの楽しみ。
しかし団地で独り暮らしをする母だけは、そんな彼をけっして見放したりはしないのだ。

そんな、なりたかった大人になれなかった主人公良多を演じるのが阿部寛、ひょっとしたら「エヴェレスト」より演技力が必要かも。
そしてなにより、彼の母親淑子を演じる樹木希林、この方無くしてこの映画はなかった、といっても過言ではないくらい。
あの存在感と説得力、演技を超えた演技である。

どこにでもいる人々、どこにでもある話を題材に感動的な映画を作る是枝裕和監督はやはりすごいな、と思う。
by fu-minblog | 2016-05-25 19:36 | 映画 | Comments(0)

「エヴェレスト 神々の山嶺」

ぜんぜん予定してないのに、買い物に行って、ついふらふらと映画館に入ってしまう悪いクセ。
そして観たのが、こともあろうに、この「エヴェレスト 神々の山嶺」という映画。

自慢じゃあないけど、私にとって山は登るものではなく眺めるもの、と言ってもよい。
エヴェレストはおろか富士山だって、遠くから眺めるだけで満足しているくらいである。

c0026824_929641.jpg

恥ずかしながら、私はこの映画についてほとんど予備知識がなく、原作が夢枕獏だったことにまず驚いた。
さすがに、キャストについては知ってはいたのだが・・・
また、自分がけっして行くことはないだろうエヴェレストの雄大な姿を観てみたいなんぞと、まるでドキュメンタリーを観るような感覚だった。
たしかに、大画面で迫力満点、厳しくも美しい山々の映像は素晴らしかったのだが。

それがナント!実に重厚な人間ドラマなのだった。
山に憑りつかれた一人の男と、彼に憑りつかれた男との葛藤と友情、その激しくぶつかり合う魂の物語である。
主役の岡田准一演じる山岳カメラマン深町誠がそうであったように、私は阿部寛演じる孤高のクライマー羽生丈二にすっかり心を奪われてしまったのである。
阿部寛は、まさしく神がかりの演技?だった。

そして私は思った。
誤解を恐れずに申せば、時に人には命よりも大事なものがあるのではないか、と。
けっして、命を粗末にしていい、というのではなく。
それは、自分の夢、誇り、止むに已まれぬ何かのために・・・

5200mという高地での過酷な環境で、体力的にも精神的にもハードな撮影に耐え熱演した岡田准一と阿部寛に日本アカデミー賞を差し上げます?
山登りの好きな方、また、私みたいに山は眺めるだけの方もぜひ!
by fu-minblog | 2016-03-25 18:45 | 映画 | Comments(0)

「氷の花火 山口小夜子」

昨年の6月、東京現代美術館へ山口小夜子展を観に行き、その時ドキュメンタリー映画が作られたことを知ったのだった。
あれから9ヶ月、やっとその映画が岡山シネマ・クレールで上映が始まった。

c0026824_184581.jpg


この映画は昨年の展覧会を契機に作られ、彼女と交流のあった人々のインタビュー、彼女の残した膨大な遺品、洋服やコレクションの数々から、山口小夜子の謎と魅力に迫っていく。
私のような山口小夜子ファンにとっては、観ないでは済まされない、実に貴重な映画だった。

まっすぐな黒髪と切れ長の目、日本人形のような美しさで世界のトップモデルとなった山口小夜子。
彼女は作品を作ったのではなく、彼女自身、彼女の存在自体がアート作品だったような気がする。
山口小夜子は自分の肉体を使って表現した、表現者なのである。
それはファッションモデルであった時代も、後年、舞踊や演劇で舞台に立った時代も変わらない。

山口小夜子はモデルとして一世を風靡したが、ただ美しいだけの人ではなく、自分の個性を最大限生かす術を知っていた、自己演出の天才であった。
彼女以前に山口小夜子はなく、今後も決してないだろう。
私は実際会ったことはないが、彼女と同時代を生きられたこと、また、同じ日本人であることを誇りに思う。

ただ一つ、57歳という若さで美しいまま急逝するなんて、小夜子さんずるいじゃないの、と言いたい。
60代、70代の小夜子さんをぜひ見てみたかったのに~
この映画が山口小夜子という存在を、人々の記憶に止めるよすがとなるよう希ってやまない。
by fu-minblog | 2016-03-12 21:50 | 映画 | Comments(2)

「FOUJITA」

暖冬が一転、モーレツな寒波と低気圧に見舞われた日本列島。
当地も粉雪が舞い一時地面が白く薄化粧した昨日、悪天候にもメゲズ今年初めての映画に行った。
画家藤田嗣治を描いた小栗康平監督、オダギリジョー主演の「FOUJITA」である。

c0026824_9433387.jpg


映画は全体的に抑えた色調で画面も暗く、ふと、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を彷彿した。
また、フジタの画家人生を二つの時期、1920年代フランス・パリ時代と1940年代戦時の日本に分けて描かれる。

パリ時代のフジタは、すでに、かの乳白色の肌で成功を収め、エコールド・パリの寵児となっていた。
美しいパリジェンヌと出会いと別れを繰り返し、夜ともなればパーティに操り出しどんちゃん騒ぎに興じていたのだった。
そんなフジタを、画家仲間たちはフーフー(お調子者)と呼んでいた。
しかし、絵に対しては並々ならぬ情熱を持ち、不断の努力を惜しまなかったばかりか、類いまれな野心と戦略の持ち主でもあった。

帰国した戦時の日本でフジタは、パリ時代とは似ても似つかない「アッツ島玉砕」に代表される戦争画を描く。
私は残念ながらフジタのいわゆる戦争画を実際には見た事はないが、まさしく西洋画そのものの写実的な群像が描かれ、その迫力と技術力には圧倒される。

フジタは、軍部に依頼されて絵を描いたのだが、私的にはその絵が戦意高揚に役立ったとはとても思えない。
むしろ、あまりの悲惨さに、戦意消失するのではないか、と思われるのだ。
パリでは日本伝統の技術を使い、日本の美意識を拠り所にした絵を描き、日本では逆に古典的な西洋絵画の技術を駆使した絵を描いたフジタ。
しかし、そのどちらもがフジタの絵であり、おそらく、ありったけの情熱を傾けて描いたに違いない。

映画には描かれないが、敗戦後、フジタは戦争協力者として日本美術画壇から追われるようにして再び渡仏。
二度と祖国の土を踏むことなく、フランス国籍を得フランスで永眠した。

小栗監督の手腕が冴えて?舞台が日本になってからの映像、とくに風景が美しく、幻想的である。
また、主演のオダギリジョー、ファンだから言うわけではないけど、ぴったりぽん!でした。
ちなみに、私はフジタの猫の絵をこよなく愛しています。
by fu-minblog | 2016-01-20 10:52 | 映画 | Comments(0)

2015・シネマ館

年末恒例だったシネマ館を、なぜかふと思い出しました。

ほんとはもう一本観たい映画はあるのですが、年末にウロウロしたくないのでこのへんで閉館に。
とはいえ、たんなる暇つぶし&ボケ防止&ごく個人的備忘録にすぎません。

1月 「レッド・ファミリー」 「パルフィ!人生に唄えば」

c0026824_11264085.jpg

c0026824_11271515.jpg

2月 「リトル・フォレスト 冬/春」

c0026824_11283360.jpg


3月 「6才のボクが、大人になるまで」

c0026824_11294532.jpg

4月 「おみおくりの作法」 「繕い裁つ人」

c0026824_11435452.jpg

c0026824_11302467.jpg

6月 「あん」 「愛して飲んで歌って」

c0026824_1131911.jpg

c0026824_1131553.jpg

7月 「アドバンスト・スタイル」 「アリのままでいたい」 「インサイド・ヘッド」

c0026824_113307.jpg
c0026824_11331918.jpg
c0026824_11333281.jpg

8月 「ジュラシック・ワールド」 「日本のいちばん長い日」

c0026824_11343841.jpg

c0026824_1135592.jpg

9月 「テッド2」

c0026824_11353996.jpg

10月 「合葬」

c0026824_11361683.jpg

11月 「マルガリータで乾杯を!」 「チャンス商会~初恋を探して~」

c0026824_11365637.jpg

c0026824_11372469.jpg


今年は図らずも、私の好きな韓国映画に始まって韓国映画で終わっています。
あと、インド映画も2本、日本映画が6本と多いですが、どちらか言えばマイナーな映画です。

今年は映画館以外にも、テレビ、DVDでも比較的映画をよく見ています。
とくに最近は、何年振りかで、手持ちのDVDを見直したりしています。
この世に映画があってほんとよかった、とつくづく思う今日この頃、映画があれば生きていけるかも?

今痛切に身に沁むことばは、禍福は糾える縄の如し。
そして、秘すれば花。
by fu-minblog | 2015-12-13 15:40 | 映画 | Comments(2)

「合葬」

昨日ちょっと出かけた帰りに、映画「合葬」を観た。
上映時間30分くらい前に切符を買うと、ナント!席は全部空いていた。
ええ私一人!?と心配したが、結局3~4人は観客がいてほっとした。
以前、広い映画館にたった一人で映画を観た事があり、なんだか落ち着かなかった。

c0026824_10372894.jpg


さて、この「合葬」、ひとくちで言うと異色時代劇?
原作は、漫画家で江戸風俗研究家の故杉浦日向子さん。
私が知っているのは、テレビ出演のお姿だけである。

映画は彰義隊と、その隊員である三人の若者の姿が描かれる。
江戸から明治へと移り変わる激動の時代、その時代に翻弄され、儚くも散った青春。
その最後の一ヶ月が、三人それぞれの揺れ動く想いと共に描かれる。

幕末から明治、封建国家から近代国家へと、奇跡的な平和的政権移譲がなされたとはいえ、その裏では多くの血が流されていたのである。
とくに、無垢で純粋な若者たちの血が。

たとえ政権は変わっても、それまでの生活、習慣、価値観等は、そう簡単に変わるものではなく、混乱や抵抗があって当然である。
ましてや、300年に亘る長さの江戸時代。

歴史とは、その目線の違いによって解釈が変わるものなのである。
私たちは、勝者が語る歴史しか知らされないような気が、いつもする。

白状するとこの映画、大人になった柳楽優弥くん観たさで行ったのだった。
なんせ、「誰も知らない」「星になった少年」「シュガー&スパイス」以来彼の映画を観てなかったから。
(テレビドラマや舞台「NINAGAWAマクベス」は別にして)
すっかり大人になってはいたが、あの鋭い目だけは変わってなかった。
by fu-minblog | 2015-10-03 11:50 | 映画 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(96)
(95)
(90)
(84)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン