ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
倉敷川千本桜
at 2017-03-10 15:51
舩木研兒 遺作展
at 2017-03-04 15:27
これが最後かひな祭り
at 2017-03-03 15:07
欲張りなライブ
at 2017-02-27 16:12
「LA LA LAND」
at 2017-02-24 21:20
ガラスとテキスタイルのアート..
at 2017-02-17 18:36
由加温泉へ日帰り入浴&ランチ
at 2017-02-16 21:22
最新のコメント
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
>empikさん まさ..
by fu-minblog at 14:56
うわぁ〜!ほくろちゃん女..
by empiK at 11:56
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:整体 ( 13 ) タグの人気記事

野口裕介氏を偲んで

本日11月10日は、本来なら整体岡山県活元会が催されるはずだった。
私もここ数年はほぼ毎年参加していた。
しかし、今年は残念ながら中止になったばかりか、今後どうなるかもわからない。

それというのも、本部講師でもあり、事実上の野口整体の二代目でもあった野口裕介氏が去る八月三日急逝されたからである。
あまりに突然であったこと、享年六十二歳という若さであったことで、衝撃と動揺がはしった。
私も最初は信じられなかったのだが、月刊全生九月号を見るまでもなく事実を知ることとなった。

私が野口裕介氏に会うのは年に一度、岡山活元会に講師として来られた時だけなのだが、その話しを聞くのが楽しみだった。
また、毎月送られてくる冊子「月刊全生」に、初代野口晴哉氏と共に載る裕介氏の講演録をいつも読んでいた。
特に、今年の四月号に載っていた「エネルギーを使わない整体操法を残しておかなければいけない」と言われたことには感銘を受けたのだった。

c0026824_17595466.jpg


そういう意味では、もっともっと長生きして整体操法、あるいは活元運動を広める活動をして欲しかった、というのが正直な気持ちではある。
また一方、じつに整体らしい亡くなり方だった、とも思うのである。
間際まで忙しいスケジュールをこなされ、いっさいの医療も受けられなかったのだから。

毎月の月刊全生の扉には野口晴哉氏の語録がいつも載るのだが、その九月号には・・・
「生くるものはいつか死ぬ也。それ故生きている也。されどいつか死ぬに非ずして刻々死している也。笑っていても泣いていても死につつある也。その死につつあるを生きていると申している也。
十日生きたる人は十日死んだる也。中略
溌溂と生きた者にのみ深い眠りがある。生ききった者にだけ安らかな死がある。」

まさしく、父親である野口晴哉氏の後継者として生き、安らかに亡くなられたのであろう。
「その生涯は整体一筋にして、孤高清冽。」とある。
合掌
by fu-minblog | 2014-11-10 17:39 | 雑感実感 | Comments(4)

手のチカラ

今日は月に一度の整体活元会だった。
私の場合、活元運動をした後必ず操法を受けることにしている。
活元運動は自分一人でもできるが、操法はしかるべき専門家にお願いするのである。

簡単に言うと、横になって背骨の矯正をしてもらうのである。
約30分くらいなのだが、受けた後の気持ちよさは格別である。
まるで重い荷物を背負っていてそれを降ろし急に体中が軽くなったかんじ、とでもいえばいいか。
c0026824_17564170.png

整体はこの操法、活元運動ともうひとつ愉気というのが三本柱といえる。
あと、体癖、潜在意識教育、行気など、とにかく奥が深い。
でも、大事なのはやはり操法、活元運動、愉気の三本柱だと私は思う。

そして、これら三本柱はすべて、なんの道具もエネルギーも必要としない。
必用なのはたただひとつ、人の手だけである。
操法は誰にでもはできないが、それでも使われるのは技術者の手だけである。
c0026824_17462734.png

操法に比べるともっと便利なのは愉気である。
これは、ただ手を当てるだけなので誰にでもできるし、いつどんな時でも忘れることはない。
ただじっと、怪我や病気の箇所に気を集中して手を当てればいいのである。

今月号の月刊全生に野口裕介氏が、整体は電気はせいぜい電燈があればよいので脱原発に賛成だと書かれていて、なるほどその通りだと納得した。
そして、電気やエネルギーを必要としない整体操法をぜひ残しておかなければならない、と決意をあらたにされている。
by fu-minblog | 2014-04-08 18:18 | 雑感実感 | Comments(4)

健康生活

今日は毎年一度開かれる、整体協会岡山県活元会に行ってきた。
月に一度の活元会との違いは、県内はもちろん全国から参加者が集まること、本部の野口裕介先生が来られることである。
この野口先生の講演が、以前にも紹介したことがあるが、なかなか面白く私的には楽しみ。

まず、活元運動の活元とは、元を活かす、という意味だそうである。
整体協会は最初自然健康保持会と呼ばれていた。
無理せず、自然に健康な状態を保てればよい、という考え方である。

人はこの世に生まれた時から、生きてゆくのに必用なすべてのものを与えられている。
故に、外から何も補う必要はなく、補えば補うほど人は弱くなるのである。
本来弱い人間はいない。
なぜなら、弱い人間はこの世に生まれることはないのだから。

c0026824_18141341.jpg


一番大切なのは、頭ではなく体の要求にしたがうこと。
食べものにしても、体に必要な物は自然に食べたくなるのである。
何を食べればよいとか、情報に振り回されることなどさらさら、ない。
ただ、いつも体を敏感にしておくこと、整体でなければならないのだが・・・

医者と薬とサプリメントのお世話にならない生活をこれからも続けたいな、と思う一日だった。
by fu-minblog | 2013-11-10 19:14 | 雑感実感 | Comments(0)

野口整体の本

人生には、その後の生き方を左右するような出会いが何回かある。
今から三十数年前、私が野口整体と出会ったみたいに。
そしてそれ以後ずっと、私の人生、生活、健康にとって無くてはならないものになっている。

このたび、野口晴哉先生の多くの著作の中から「体癖」がついに文庫化された。
以前文庫化された「整体入門」「風邪の効用」に続いて、これで整体の主たる本が出そろった。
この三冊を読むと、野口整体の考え方がほぼ理解できるのではないか、と思う。

c0026824_13203723.jpg


何十年ぶりに文庫化された「体癖」を読んでみて、あらためて野口先生の素晴らしさを実感した。
ただ、私のように長年の整体会員、しかも熱心な会員以外の一般の人々にどれだけ受け入れられるかは、ちょっと疑問ではあるが・・・

私も今まで何度か野口整体についての記事を書いてはいる。
しかし、その著作の多さからも分かるように、奥が深く、三十数年経った今だに全部は理解不能。
たんなる病気治しの施療ではないところが、他の整体と野口整体との大きな違いである。

さて、体癖とは何ぞや?一口にいえば人間の個性を大きく12タイプに分けてある。
さらにいえば「体癖とは分散の特徴、反応の起こる特徴、運動の特徴、感じ方の特徴、咄嗟の時に思わずしてしまう動作の特徴」である。(本文より)
野口先生の三十年余り、十万人を超える観察から考えだされたものである。

それぞれの体癖については、本を読んでもらうしかないのだが、ひとつ注意点は、自分で自分の体癖を素人判断しないことである。
体量配分計で調べるなり、整体指導者に自分の体を診てもらう方がよい。
ただ、人間とは何なのか、同じ人間でこうも違うものなのか、他人を理解するよい手掛かりにはなる。

野口整体は、人を長生きさせたり、病気の治療(時には予防すら)が目的ではない。
病気すら恐れず、日々溌溂と楽しく生きることが目的なのである。

溌溂と生きる者のみに深い眠りがある。
生ききった者にだけ安らかな死がある。
by fu-minblog | 2013-04-14 14:48 | | Comments(0)

整体覚え書き

今日は一年に一度の岡山県活元会に行ってきた。
一ヶ月に一度の活元会と違い、岡山ばかりか全国から人が集まる。
そして今回も、話術の巧みな野口裕介先生(二代目)の話を聴いたのだった。

整体では記憶力より空想力や独創力を重視するので、話の内容は忘れてもかまわない。
けどせっかくなので、今のうちに書き記しておこう、と思った次第。
明日になったら、きれいさっぱり忘れているやもしれず・・・

c0026824_1922222.jpg


今日、一番目からウロコだったのは、今どき多い過敏症と言われる病気。
整体では体を鈍らせてはいけない、いつも敏感であるようにと言われる。
ところが、過敏症は敏感なのではなく、むしろ体の鈍りが原因で起こるという。

また、人間も動物も背中が表である。
なぜなら、背中には背骨があり、背骨はなによりも、本人の話より正直なのだそうである。
背骨は嘘つかない、ってところである。

c0026824_1925190.jpg


これはいつも言われることだが、病気は一つの活元運動であり、体の弾力を回復させる。
とくに風邪や発熱や下痢は、自分の体力で経過させると、かえって丈夫になる。
ただ、異常を異常として感じられる敏感な体でなくてはならない。

そんなわけで、これからもできるだけ医者と薬のお世話にならず、やりたいことをやり、食べたいものを食べ、整体生活を続けたい、と思う今日この頃です。
by fu-minblog | 2011-11-10 19:43 | 雑感実感 | Comments(2)

整体的生活

今日は月に一度の整体活元会、イソイソと岡山整体道場へ行ったのだった。
梅雨明けはまだとはいえ、今日は雨上りで湿度が高く、かなり蒸し暑い。
たたみ50畳敷きほどの道場は三方の窓が開け放たれ、エアコンはもちろん扇風機もまだない。
これはけっして節電のためではなく、健康のためなのである。

この道場に通い始めて約30年、私の記憶では、一度もエアコンなるものを見たことがない。
冬はストーブ夏は扇風機、というのが定番なのである。
そこで先生に訊いてみたところ、去年初めて一台設置したが、まだ一度も使用してないとのこと。
「な~んだ、そんならいっそない方がいいのに~、すぐ撤去してください」と私。

世間では今、節電節電と喧しい。
一般家庭では特にエアコンが目の敵にされ、設定温度を上げろだの使い方に注意しろだのと煩い。
でもイチバンいいのは使わないこと、なるべく使わない生活、体にすることである。

ではどうすればいいのか? 汗をかくことである。
汗をかいては拭き、汗をかいては拭き(できれば着替える)、水分と塩分を補充する。
絶対にしてはいけないのは、汗を冷やすこと、急に冷やすと汗が内向してしまうからである。
特に首筋の汗はしっかり拭き取り、けっして冷やすな命にかかわるから、と言われている。

c0026824_16362480.jpg


また、なぜか今頃になって放射能汚染、特に内部被曝が騒がれている。
それについて、なにか整体の立場から良い助言はないものかと、ずっと思っていた。
そんな折今月号の月刊全生に野口祐介先生の興味深い記事が載っていたので、紹介したいと思う。

汗は体温調節機能と、排便排尿とともに人間にとって大切な排泄の働きでもある。
しかも、公害物質のようなものを排泄するのは多くは汗だという。
そして、この排泄に一番関係があるのは盲腸だ、といわれている。

盲腸は、虫垂炎になって切除した人もいると思うが、実は大事なもので、人間の体に何一つ無駄なものはない、というのが整体の考え方である。
さて、この盲腸の働きを良くすれば排泄する働きが活発になり、もちろん限界はあるが、放射性物質でも排泄されて出ていく、と書かれている。

そのために、盲腸に愉気をするといいそうである。
愉気とは、手を当てるだけの誰にでもできる方法で、ただじっと手を当て気をおくる。
盲腸はおヘソの右下辺りなので、子供を膝の上に乗せ、そこへ手を当て60くらい数えればよい。
たとえ効果はなくとも、何の害もなく、おまけにお金も電気も要らないので、日課にすればいいと思う。

ぜひ、試してみてください。
by fu-minblog | 2011-07-08 17:03 | 雑感実感 | Comments(4)

地球と人間

以前紹介したことがあるかもしれないが、我が野口整体は会員制である。その会員には毎月「全生」というごく薄い冊子が送られてくる。その冊子を、どれくらいの会員が読んでいるかは知る由もないし、ましてや、私のように楽しみに待っている者はごくわずかではないか、と思う。

その「全生」に、今年1月から5月まで「地球科学から見た整体」という記事が連載された。それは、火山学者・鎌田浩毅氏が昨年本部道場で講演された、その記録である。その記事の内容が、火山や地震のことであったことで、私は少なからず衝撃を受けたのだった。あまりにタイミングが良いというか、時宜を得た話題であったから・・・

しかし、「全生」の熱心な愛読者であるこの私が読んだのは、東日本大震災の後であった。野口先生の語録等は読んでいたのだが、その鎌田氏の記事を読まなかったのは一生の不覚、と言える。ちなみに鎌田氏は、野口晴哉先生の著作を読んで大いに共感し、整体の会員になられている。現在、京大の教授であり関西在住なのだが、この記事を読むにつけ、さぞ楽しい人気講義であることが窺われる。

この「地球科学から見た整体」と言う記事が、非常に面白く興味深い内容なので、おせっかいにもその要旨をここに記事にしてみようという大胆不敵なこと考えた。おまけに題も「地球と人間」に勝手に変え、鎌田氏に何のことわりもなく。ただ、少々荷が重いのだが・・・

整体道場での講演でもあり「全生」の記事でもあるので、整体寄りであるのはご容赦ねがうとして、次の3つのポイントを中心に話が進められている。
(1)長尺の目 (2)予測と制御 (3)ものごとの本質は直感からわかる
この3つのポイントは、科学にも整体にも当てはまる、というわけである。

(1)長尺の目
火山学者である鎌田氏が扱う時間軸と空間軸は非常に長くまた大きい。なんせ、宇宙の歴史は137億年、地球の歴史は46億年、生命の歴史は38億年である。この長尺の目で見ると、実は地球は冷えてゆく過程にあるという。現在騒がれている地球温暖化は、マクロに寒冷化する中でのミクロな温暖化であるという文章を目にし、思わず拍手した私である。

整体も同じくマクロな視点を持つ。人間は壊す働きと、創る働きとで新陳代謝しそのバランスで生きている。病気になったり治ったりしながら寿命を全うするのであると。人体という「宇宙」を統一的に理解する考え方にナットクしたと、鎌田氏は言う。

(2)予測と制御
科学の本質は「予測と制御」にある。つまり、未来に起きることを予測し、良い結果が生じ悪い結果は起こらないように制御する力を科学はもつ。しかし、科学が解明できるのは、実は微々たるものでしかなく、地球も人間の体も、自然界にあるものは簡単に説明できるものではない。ゆえに、自然に沿ってていねいに観察し、謙虚に行動するしかないのである。今回の大震災でもこのことは、嫌というほど思い知らされている。

整体では操法と活元運動という予測と制御の構造を持つのだが、他にも体癖、愉気など多様である。地球を丸ごと観測することと、整体で体を丸ごと観るということが観察の構造として相似形にある。

(3)ものごとの本質は直感でわかる
実は地震予知が人間の背骨の変化でできるのではないか、という。地震が起きる前、胸椎の9番がおかしい人が増えるという。今回は海溝型地震だったので、地震の起こったプレート上に住む敏感な人に変動がでるのである。これが陸上の直下型地震だと胸椎4番の異常がみられるという。人間もまた動物である証拠である。

野口先生の口癖は、「説明は30年後に誰かがやってくれる」というものであった。つまり、野口先生の直感に科学は追いついてゆけなかったのである。風邪の効用はじめ熱の効用について、はやくから言われていたのだった。

最後に火山学者として火山についての達観を述べられている。活火山、特に富士山はまだ若い活火山で噴火の可能性大である。そこで十分用心しつつも、活火山は災害も起こすけれども恵みもちゃんとある、という。火山の噴火を「長い恵みと短い災害」ととらえ、地震でさえ長い目でみれば、人間に恵みをもたらすのである。

地球のエネルギーが時には地球を壊してしまうのは、生命のエネルギーが時には体を壊すことがあるのと全く同じである。自然界にあるものはすべて同じような構造をもっており、火山も地震も体も、全部一緒に捉えられるのではないだろうか、と。

ほとうは、全文読んでもらうのが一番なのだがそれには長すぎ、仕方なくこんなカタチにまとめてみました。
私にしては長文、最後まで読んでいただきありがとうございます。
by fu-minblog | 2011-05-16 19:27 | 雑感実感 | Comments(2)

活元運動

昨日、一年に一度の整体・岡山県活元会に参加した。
いつもの毎月一度の活元会と違い、本部の野口裕介氏はじめ、全国から大勢の人が集まる。
野口裕介氏とは、創始者野口晴哉氏の二男(たしか)で、二代目ってわけである。

活元会とは活元運動をする会のことなのだが、では活元運動って何?といえば・・・
ちょっと専門的に言うと、錐体外路系の運動である。
簡単に言うと、クシャミやアクビ、寝ている間にコロコロ変える寝相等など、無意識の動きである。
その動きを誘導し、体の硬化した部分を弛緩させる、即ち部分的疲れを解消しようというのである。
c0026824_1115140.jpg

ちょっと信じられないかも知れないが、これができるようになるのである。
ちょっとした準備運動(呼吸法)と訓練が必要なのだが・・・
そして、この活元運動がでるようになると、自分で自分の健康が維持できるようになる。
誰にも頼らず、何の道具も必要とせず、自宅で一人でもできるのである。

何を隠そう、私が整体に惹かれたこれが一番の理由なのだ。
そして、もう一つ、今やこちらの方が重要かもしれないが、ころりと死ねること。
整体は長生きさせることが目的ではなく、自分の力で生ききること、なのである。
達人(たとえば野口晴哉氏)は、自分の死期さえ悟られたようである。
c0026824_11154370.jpg

さて、天才の子は必ずしも天才ではないが、二代目裕介氏、なかなか話がうまい。
私が知っている限りでは、一番が倉敷民芸館長だった故外村吉之介氏、そして二番目がこの方。
もちろん、原稿みたいな無粋なものはいっさいない。

昨日もいろいろ話をされたのだが、一つご披露におよぶと・・・
今どきめったにないが、自宅でしかも畳の上で死を迎えた人が、いつの間にか自分で動いて北向きになるという話。
しかしこれは、北枕が不吉というのではなく、北を向くことになにか意味があるのではないか、ということであった。
c0026824_11161918.jpg

この世は科学では説明できないことがまだいっぱいあるのである。
by fu-minblog | 2010-11-11 11:22 | 雑感実感 | Comments(2)

心と体にイイ日

今日は月に1度の整体の日だった。
いつもは午前中の活元会にも参加するのだが、今日は他の用事があり、午後操法(背骨の矯正)だけ受けに行った。
操法を受けながらO先生と話をするのが何だか楽しみなんである。

わたし 「政治家になりたい人って私には信じられません」
せんせ 「それは体癖の問題でしょう」
わたし 「どんな体癖の人が政治家になりたがるんですか?」
せんせ 「捩れの人でしょうね、それと前後体癖。人に負けるのが嫌いで権力欲が強い」
わたし 「ふ~ん、鳩山さんの体癖は?」
せんせ 「たぶん、上下でしょう」
わたし 「だからダメだったんですかね~」
せんせ 「・・・・・・・・・・」

実は整体協会の今の会長はかの細川護熙元総理なんである。

c0026824_15432735.jpg


今日は久しぶりに和食がたべたくなり、茶寮久一でお昼を食べた。
いつか偶然通りがかりに見つけて以来、けっこう気に入っている。
by fu-minblog | 2010-06-08 16:08 | 日常茶飯事 | Comments(4)

春はご用心!

昨日一昨日と日本列島は春の嵐に見舞われ、各地で被害も出た模様です。
当地は一昨日の積雪とひさしぶりの真冬の寒さに震え上がった次第です。
ついこの間はポカポカと暖かくすっかり春、って気分になっていたのに・・・
この時期って意外に天候が不順で、油断ができません。

c0026824_10173242.jpg


実は、このいわゆる「木の芽立ち」といわれる時期は、私たちもご用心!なのです。
・・・と整体では言われています。
特に精神的に不安定になるっていうか、ひどい場合は異常をきたす人もいるそうです。
人間(生き物)は四季とともに生きており、その季節の影響から逃れられないみたいです。

c0026824_1047596.jpg


寒い冬が終り、木や草が新しい命を芽生えさせるように、
私たちも冬の身体から春の身体に変化してゆきます。
整体では、骨盤が開いたり頭が緩む、と言われています。
けれど、なかなかうまく身体がついてゆかなくて、精神にも影響を及ぼすらしいのです。
なぜなら、心と身体はひとつ、だからです。

c0026824_10535362.jpg


ふりそそぐ明るい日差し、溢れるように咲き出す花々、モノクロから急にカラフルになる世界、春は待ち遠しい季節なのですが、喜んでばかりもいられない、というワケです。
ちょっとコジツケですが、かのダーウィンも言っております。
「最も強いものや、最も賢いものが生き残るのではない。最も変化に敏感なものが生き残る」と。
by fu-minblog | 2010-03-11 11:15 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(126)
(100)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(40)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月