ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
倉敷川千本桜
at 2017-03-10 15:51
舩木研兒 遺作展
at 2017-03-04 15:27
これが最後かひな祭り
at 2017-03-03 15:07
欲張りなライブ
at 2017-02-27 16:12
「LA LA LAND」
at 2017-02-24 21:20
ガラスとテキスタイルのアート..
at 2017-02-17 18:36
由加温泉へ日帰り入浴&ランチ
at 2017-02-16 21:22
最新のコメント
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
>empikさん まさ..
by fu-minblog at 14:56
うわぁ〜!ほくろちゃん女..
by empiK at 11:56
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:太宰治 ( 11 ) タグの人気記事

桜桃忌とサクランボ

今日、世間では父の日らしいが、6月19日ということで私にとっては桜桃忌である。
とはいえ、桜桃忌にかこつけてサクランボを食べるだけなのだが。

そんなわけで、今日わざわざサクランボを買いに行った。
去年は太宰の「桜桃」なんぞを読んだりしたが、今年はそれもしない。
c0026824_14493100.png

最近は山形産のサクランボで粒が小さめのが、少量パックになってスーパーで売られてる。
今年もだいぶ前から目にはしていたが、今日まで待っていた。

私は実は、今から20年ほど前、山形県山形市にほんの2~3ヵ月住んだことがある。
年末から翌春の、よりによって一番寒い時期であった。
けれど、それよりもっと、私の人生の中で一番苦しい一番辛い時期だった。
なので、山形の冬は寒かったけれど、私の心はさらに極寒の冷たさだったのである。
あの時、自分の一生分の涙を流したのではないか。

赤い小さな粒を一つまた一つ口に放り込む。
すると、しあわせが一つまた一つ全身に広がってゆく。
by fu-minblog | 2016-06-19 15:45 | 四季折々 | Comments(2)

「斜陽」と「人間失格」

テレビ番組で思い出し、太宰治の「斜陽」を読んだついでに「人間失格も」も読んだ。
両方とも、数年前にも読んだのだが、それは私にとって、ほぼ半世紀ぶりのことだったのである。

今回読んでみて、内容はさておき、太宰の文章は流れるようで読み易い。
私は、個人的に、リズム感のない文章は苦手なのだが、太宰の文章はメロディーがあるのである。
また、描写の巧みさ、表現の上手さにはあらためて感心する。

c0026824_10211091.jpg


太宰の小説が多くの読者(とくに若者)に読まれる理由は、『「これは自分のことを書いている」という感想を持つらしい、僕もそうだ』と、又吉直樹が「第2図書係補佐」の中で書いている。
個人的な想い、考え、体験、悩みを普遍化できなければ、どんな芸術分野においてもプロではない。

「弱さをさらして生きられるのは、強い人だ」と何かで目にしたが、その通りだと思う。
ましてや、それを作品に遺した太宰治は、意外に強い人だったのではないだろうか。

余談ですが、今回iPad(寝て読むときはiPadmini)で読んだのだが、なんと読み易かったことか!
ケチなのでつい無料本しか読まないので、これからはもっと利用せねば、と思う今日この頃デス。

※ 写真は手持ちの全集のものですが、私にとっての太宰治はコレ。
by fu-minblog | 2015-09-10 10:39 | | Comments(2)

テレビ de 「斜陽」

NHKEテレの100分de名著今月(9月)の本は、太宰治の「斜陽」である。
私はこの番組を録画でほとんど見ているのだが、今月は久しぶりにテキストまで買ったのだった。

この番組は、自分が読んだことのない本が紹介されるのが楽しみで見ることが多い。
でもたまに、自分の愛読書が採りあげられることがあり、それはそれで熱心に見るのである。


c0026824_16463432.jpg今回は、我が青春の太宰治の「斜陽」でもあり、昨夜の第1回目の放送を今日録画で見た。講師が高橋源一郎ということで面白く、実はテキストも最後まで読んでしまった。

「斜陽」は10代の頃読んで、太宰の小説の中でも好きで、かなり大きな影響を受けた作品である。オーバーに言えば、自分の人生を変えるくらいの影響を。

一番最近では6年前にも読んだのだが、今回せっかくなので再び読んでみようかな、と思っている。但しKindle無料本をiPadで。太宰の作品はほとんどがkindle無料本で読めるのである。

私の高校三年間は、一人で家で本(ほとんど太宰治)を読むか、映画館の暗闇の中だった。今なら登校拒否の問題児である。友だちは一人もいなかったが、苛められた記憶もない。

そんな私が、この歳まで生き延びてきたのは、不思議といえば不思議である。
そして、なんとなく今もあの頃と同じようなことをしているのが可笑しくもある。

何度も心中未遂を繰り返し、39歳の若さでこの世を去った太宰治。
しかし、あの青春時代の私を救ってくれたのは、他ならぬ太宰治であったかもしれない、と今思う。
by fu-minblog | 2015-09-03 17:55 | | Comments(0)

桜桃忌と「櫻桃」

今日6月19日は桜桃忌。
太宰治が玉川上水で入水自殺をして、遺体が発見された日である。
奇しくも、太宰治(本名津島脩治)の誕生日でもあった。

いつ頃からか、私にとって、この日はサクランボを食べる日になった。
サクランボが店先に並び始めると、ああ、桜桃忌が近づいたな、と思う。
そして、まさしく、桜桃忌頃にはサクランボが旬を迎える、というわけなのだった。

c0026824_10261075.jpg


桜桃忌にサクランボを食べるだけではアンマリなので、今年はせめて「櫻桃」を読むことにした。
「櫻桃」は、晩年の短編で、私が持っている全集では、第九巻、「人間失格」の前に収められている。
ちなみに最後は未完の「グッド・バイ」である。

ここに「櫻桃」の最後の部分を原文のまま書き写し、太宰を偲びたい、と思う。

「子供より親が大事、と思ひたい。子供よりも、その親のはうが弱いのだ。
櫻桃が出た。
私の家では、子供たちに、ぜいたくなものを食べさせない。子供たちは、櫻桃など、見た事も無いかも知れない。食べさせたら、よろこぶだらう。父が持って歸ったら、よろこぶだらう。蔓を糸でつないで、首にかけると、櫻桃は、珊瑚の首飾りのやうに見えるだらう。
しかし、父は、大皿に盛られた櫻桃を、極めてまづさうに食べては種を吐き、食べては種を吐き、食べては種を吐き、さうして心の中で虚勢みたいに吐く言葉は、子供よりも親が大事。」

余談ながら、太宰ファンの又吉直樹は、この日どのように過ごすのだろうか。
by fu-minblog | 2015-06-19 10:32 | 四季折々 | Comments(0)

桜桃忌とサクランボ

スーパーの果物売り場でサクランボを見つけても今までは通り過ぎていた。
でも、今日はふと足を止めて、サクランボを1パック買い物かごに入れたのだった。
なぜなら、今日は桜桃忌、私にとっては太宰を偲びつつサクランボを食べる日なのである。

c0026824_1881190.jpg


もし私に座右の銘のようなものがあるとしたら、それは「蛇のごとく聡く、鳩のごとく素直なれ」という聖書の一節かもしれない。
そして、この聖書の言葉を私が知ったのは、「斜陽」の中で主人公が使っていたからである。

それ以来ずっと、この言葉は私の生きる指針になっている。
今日は、久しぶりにこの言葉を思い出し、噛みしめつつ、そして太宰を偲びつつ、
たぶん、今年最初で最後のサクランボを味わいたい、と思う。
by fu-minblog | 2014-06-19 18:14 | 雑感実感 | Comments(0)

「人間失格」

この映画は、あの小説が映画化されたらどーなるか、という興味で観に行ったのだった。原作は手記という形であるし、なにしろ原作を読んだ人それぞれに思い描くイメージがあり、また思い入れがあると思われる。

c0026824_118729.jpg


そんなシンパイをよそに、映画「人間失格」は映画としてなかなかのもんだった。ストーリーはけっこう原作に忠実だってことが、帰ってから原作を読み直したりしてわかったのだが、それよりもむしろ、原作からはなれて映画は映画として観た方がよいように思う。

私はむしろ、原作を読んでない若い人たち、太宰治さえ知らない今どきの若者がこの映画を観て何を感じるかな、と思うのだった。そして今この映画が創られる意味、たとえ昨年が太宰治生誕100年だったとしても、太宰作品の中でもこんなクラク、タイハイ的な作品が映画化されることに、当時とは別の今の時代の空気を感じてしまう。

それはさておき、この映画「人間失格」は映像的には美しい。だいいち、主演の生田斗真も彼に付き纏う悪友役の伊勢谷友介も美男子である。おまけに彼を取り巻く女優人が豪華絢爛なんである。そればかりでなく、幻想的なシーンが効果的に織り込まれたりする。原作にはなかった中原中也とのトンネルの中でのシーンは特に印象的である。ただこの映画、あまりにきれいずぎる、と思うのだが・・・

小説「人間失格」については、なかなか一口では語り尽くせないが、一つ言えるのは、この世で生き難さや違和感を感じているある読者にとって、大庭葉蔵は太宰治というよりは自分自身なのではないか。全てがそうではないにしても、自分に代わって彼は堕ちて堕ちて堕ちてゆくのである。世間の価値観とは逆の下降志向の人生をただひたすらに。
by fu-minblog | 2010-02-25 16:47 | 映画 | Comments(0)

「明るい方へ」

太宰治の小説「斜陽」のモデルになった太田静子さんは、じっさいに妻子ある太宰の子を産み、一人で育てられたのだった。
この本は、その斜陽の子である大田治子さんの著作である。

c0026824_1620664.jpg

父・太宰治と母・太田静子を娘である著者が実に冷静に、客観的に描いている。
ただ、著者は父である太宰治を生後間もなく亡くしており、父の記憶はない。
したがって、父・太宰にかんしては、母の話しや母の日記から得たものである。


この本には、太宰の男として、あるいは作家としての狡さと、太田静子のよく言えば無邪気、悪く言えば人生に対する甘さが浮き彫りにされている気がする。
そして、そのどちらにも共感できない私としては、気分的にはけっして「明るい方へ」はゆかなかった。
また文章との相性が悪いのか、読むのに思った以上に時間を要してしまった。



太宰治の代表作「斜陽」が、太田静子の日記をもとに書かれたことは周知の事実である。
しかし、太田静子の日記をそのまま引き写した部分がそれほど多いとは知らなんだ。
しかも、日記を読んでから「斜陽」という小説を思いついたのではなく、先に作品の構想があって、その中の日記を太田静子に書かせたことを知り、意外といえば意外でなのであった。

しかし、だからと言って私の小説「斜陽」の評価が変わることも、主人公かず子のイメージが変わることもないのである。
私の中のかず子は、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きる、強い女性である。

たとえ自ら選んだ道だとしても、母・太田静子の苦労を目の前に見ながら生きてきた著者の心情は計り知れないものがある。
特に、父・太宰治にたいする思いは複雑なものがあるだろう。
そんな著者の、父としての、あるいは作家としての太宰治への思いが、全編を通じてゆらゆら揺らめいているのをつよく感じたのだった。
by fu-minblog | 2009-11-03 10:23 | | Comments(0)

「ヴィヨンの妻」

c0026824_16195310.jpg


今さら、って気がしなくもないが、いちおう観て参りました。
「ヴィヨンの妻」という短編を軸に、いろんな作品を取り入れ、また映画のためのキャラクターを新たに作ったりしつつ、太宰ワールドを描いた、ってかんじでしょうか。
したがってこの映画は、太宰治という一人の作家の、実生活でも小説でもない、あるいは、実生活と小説をミックスしたような世界、といえる。

ま、しんきくさいのは覚悟して観に行ったのだが、予想に反して?ここち良い脱力感を味わった。
貧しさも、夫の裏切りもしずかに受け入れ健気に生きる妻と、その妻に甘えるひ弱な夫がいる。
夫は放蕩のあげく他の女と心中未遂までするのだが、妻は夫に向って言う。
「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ」と。
こんなデキた妻は、今や絶滅品種だとは思うが、この世で夫婦、あるいは、男女の間ほど摩訶不思議なもんはないのかもしれない。

映画は、この正反対とも似合いとも言える夫婦を写して、レトロでどこか退廃的な雰囲気を醸し出す。
浅野忠信と松たか子はちょっときれいすぎる気もし、おまけに、二人ともミョーに色っぽい。
壊れそうで壊れない夫婦の絆は、世間の常識や価値観では計り知れないもののようである。
また、この妻はモチロン夫にも、自分の価値観で生きる人間の潔さ、さえかんじられる。

「ヴィヨンの妻」は私的にはけっこう好きな作品の一つである。
いわゆる女語りの作品で、この手法はいつからか定かではないが、太宰得意の手法でもある。
晩年の作品にはけっこう多いのではないか。
また、太宰はこの語り口調を小説に上手く生かした作家ではないかと思う。

私小説とは、自分や自分の身辺の出来事が描かれるので、作品と作者の私生活が混同され易いが、かりにも小説として書かれた物に脚色は不可欠であるし、どこまでが真実かは分からない。
太宰のように、自分の破滅的な人生を小説に度々描いた作家においても、である。
自分の弱さと苦悩を拡大して見せ、放蕩の果て自殺未遂を繰り返した太宰ではあるが、あれだけ多くの作品を残したのもまた、事実なのだった。
by fu-minblog | 2009-10-17 10:45 | 映画 | Comments(2)

桜桃忌

今日6月19日は桜桃忌、太宰治の誕生日でもある。
特に今年は生誕100年ということで、様々な行事、出版物、映画製作など話題が多い。
だからってワケでもないが、この度ン十年ぶりに「斜陽」なんぞを読み直してみた。
実は高校生の頃、毎月の小遣いをはたいて買った太宰治全集を今だに大切に持っているんである。

c0026824_7453358.jpg


この筑摩書房刊の、古色蒼然すっかり変色した全集(でも、ケースに護られて中身は大丈夫)は、昭和31年発行、定価が四百貳拾圓、しかも、旧仮名遣いである。
よく買い揃えたものだと思うが、それよりなにより、よく今まで持っていたものだとつくづく感心する。
私の高校3年間のほとんど全ての時間がこの中にある、といっても過言ではない。
サスガの私も、一人の作家の全作品を読んだのは、後にも先にも太宰だけかもしれない。
ただその後長い間、太宰はその全集とともに私の『ひめごと』になっていたのだった。

今回「斜陽」を読み直してみて、当時と変わらず何の抵抗もなくスラスラ読めたのには驚いた。
ひょとしたら、自分の人生全く進歩がなかったのか、とシンパイになったくらいである。
ただ、当時より強く感じたのは、太宰の作家としての才能、小説としてのウマサである。
そして、あの頃も今も、太宰の書く文章が何より、一番好きなのである。
文学というよりは、太宰は私の文章の師匠であり、知らず知らず多大の影響を受けたのだ。
それにしては、文章ヘタで、すみません。

中でも、太宰の警句のうまさには定評があるが、それらをノオトに書き留めていたのを思い出す。
そしていつの間にか、自然に使っていたり、自分のモットーにしたりしているのだ。
たとえば「斜陽」なら、『人間は戀と革命のために生まれて来たのだ』がある時期の私のモットーであったし、『札つきの不良より、札のついてない不良がこわい』とは常々思っていることだ。
よく私小説と言われるが、私小説もまたフィクションなのである。

自殺、心中未遂を繰り返し、あげく玉川上水で心中してしまった太宰には負のイメージや暗さが付き纏うが、なぜか戦争の影がほとんど感じられない。
戦争中の暗い時代に、むしろ太宰の作品はユーモアと明るさを増すのである。
そしてその頃の作品にこそ、太宰の真髄があるのかもしれない。

私も、お世話になった?ことだし、一度桜桃忌に行きたいと思いつつ、今年も行きそびれてしまった。
しかたなく、桜桃忌には太宰を偲んでサクランボを食べたりしている。

c0026824_22314723.jpg

by fu-minblog | 2009-06-19 09:21 | 雑感実感 | Comments(2)

「ピカレスク 太宰治伝」

c0026824_18375056.jpg
今日6月19日は桜桃忌、太宰治の誕生日でもあります。
それに合わせたってワケではないが、猪瀬直樹の「ピカレスク 太宰治伝」を漸く読み終わりました。
実は、2度の京都往復では足りず、かなり長い間読み澱んでいて、ついに!桜桃忌までと自分自身に期限を切ったって次第。
ここだけのハナシ、私的にはあんまり面白くなかったってことでしょーか。
なんで読む気になったかってゆーと、ピカレスク(悪漢)という一言につきます。
つくづく本の題名、タイトルって大事です。(私みたいな物好きがいるので)

さて内容ですが、きわめて客観的冷静な太宰論、あくまでドキュメンタリーに徹したとゆーか、取材力、膨大な資料、そしてその分析力にはオドロキます。
この作者の類まれな資質なのでしょーか?
その反面、なぜか太宰に対する愛情のよーなものが、微塵も感じられないのはナゼなんでしょう?

フツー、ある人物の評伝、あるいは作家論など書く場合、やはり何らかの愛情、、、とまではいかなくても、魅かれるものがあるからだと思うのですが・・・
この本読むと、悪漢太宰の姿が鮮明に浮かび上がるばかりでなく、彼の師井伏鱒二、あるいは当時の文壇、作家たちのいい加減さに、夢破れて山河アリ・・・?ってところです。
何時の場合でも、真実とは口に、いえ心に苦いものなのかも知れませんが・・・

太宰は何度かの自殺未遂心中未遂を繰り返した挙句、ついに39歳の誕生日直前、玉川上水で女性と入水、亡くなります。
そしてその遺書に書かれたことば、「井伏さんは悪人です」の意味を作者が追い求めてゆきます。
「親兄弟、友人知人を騙り、窮地に陥る度に自殺未遂を起こした太宰。その太宰を冷徹に観察し、利用した井伏。二人の文士は、ともに悪漢であった」というワケなのでした。

けれどその悪漢の書いた小説は、死後60年経った今も、多くの、特に若い読者を惹きつけて止みません。
by fu-minblog | 2007-06-19 18:54 | | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(126)
(100)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(40)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月