ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
写真のないライブ
at 2017-06-27 16:04
マルバデイゴの日
at 2017-06-23 17:44
花と蝶
at 2017-06-22 16:46
半年ぶりの倉敷一会
at 2017-06-17 12:09
アナベル園に再挑戦???
at 2017-06-11 17:41
フェイジョア物語
at 2017-06-09 18:25
庭仕事の愉しみ
at 2017-06-06 11:19
ヒスイのひみつ
at 2017-06-03 17:39
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 21:17
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 17:24
最新のコメント
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49
>カラサワさん こちら..
by fu-minblog at 17:50
ご無沙汰しております。 ..
by カラサワ at 15:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:初詣 ( 14 ) タグの人気記事

2017年初詣

今年は三日に城山稲荷、昨日六日に吉備津神社と吉備津彦神社に初詣に行った。
例年は、城山稲荷にはスポーツクラブのレッスン始めの日に、あとはかなり遅めか、行かない年もあったりした。

今年は、スポーツクラブの開く前に城山稲荷に初詣に行き、まだ松の内に吉備津神社と吉備津彦神社へ行ったのだが、それらはすべて偶々の出来事なのである。
急に信心深くなったわけではけっしてない。

城山稲荷
c0026824_1041637.jpg

吉備津神社
c0026824_104148100.jpg

吉備津彦神社
c0026824_1042211.jpg


城山稲荷は、相変わらず誰一人お参りする人もなく、ひっそりと佇んでいるのだった。
その静けさが、群れない、属さない、繋がらない生き方にはぴったりな気がするのである。

吉備津神社も、サスガに三が日の混雑はなく、ゆっくり回廊を歩くことができてよかった。
しかも、寒中とは思えない暖かさ、だけど、澄み切った空気に気持ちが引き締まる思いがした。

吉備津彦神社もまた、巨樹に囲まれた境内の空気はいつも爽やかで、心が洗われるよう。
今年も、可愛い干支の土人形のおみくじを買ったが、まだ見ずに置いている。
by fu-minblog | 2017-01-07 11:27 | 四季折々 | Comments(0)

初詣&レッスン始め

今日が仕事始めの方も多いと思いますが、私にとっては初詣&レッスン始めとなりました。
毎年ジムのレッスン始めの日に、ついでに初詣をするという罰当たりなことをしております。
なにしろ、歩いて1分くらいの近場に、世にも小さい城山稲荷という神社があるのでございます。

お正月だけは幟も立って少々賑やかではございますが、誰一人お参りする人はおりません。
そんな神社が気に入って、今年で5年目の初詣となりました。
群れない属さない繋がらないがモットーの変人には、ピッタリなのでございます。

c0026824_17205190.jpg


暖冬のおかげで年が明けてからも春の陽気が続き、今日もまさしく初詣日和でした。
初詣してこれ以上望むこととて何もなく、ただ、この城山稲荷に初詣に来られたことに感謝します。
なぜなら、頭はともかく、とりあえず体はとんだり跳ねたりできるくらい元気である、というショーコなのですから。

一日一日、無事元気に楽しく過ごせることを願うのみ。
by fu-minblog | 2016-01-04 18:23 | 四季折々 | Comments(2)

恋する神社

毎年、その年初めてスポーツクラブに行った日、レイの城山稲荷に初詣に行くことにしている。
今年は今日オープンしたので早速行ってみた。

お正月には幟が立っていつもよりは華やいだ雰囲気。
でも相変わらず、すぐそばを通る人はいても参拝する人は誰もいない。

この小さなお稲荷さんを発見し、初詣をするようになって今年で四年目になる。
何度行っても、いえ、行けばいくほど私にとっては大切で特別な神社になっていくようである。

c0026824_16185050.jpg


この誰もいない、世界一?小さいお稲荷さんは、私を惹きつけてやまない。
なぜなら、ある清々しい気と言うにいわれぬパワーを感じるのである。
まるで自分のためにあるようなこの小さな神社を、私はこよなく愛している。
by fu-minblog | 2015-01-04 16:11 | 四季折々 | Comments(0)

初もうで&初ハイキング

今年の年明けは、うっすらと雪化粧で始まった。
雪化粧のおかげで、我家の庭もいつもより風情があるから不思議。

c0026824_125708.jpg


そんな雪の元旦にもメゲズ、昨日誘われて朝原山安養寺へ初詣に行ってきた。
しかもナント!安養寺から福山城址まで約2時間弱のハイキングまでしてきた。

c0026824_9473973.jpg
c0026824_9482022.jpg
c0026824_948367.jpg

c0026824_954198.jpg

c0026824_9485019.jpg

c0026824_9504594.jpg


私たちは安養寺から登り、直登コース1234段の階段を下りて帰ったのだが、他にもいろんなコースがあるようである。
階段は地元の方々の手作りだそうで、その労力には頭が下がる。
またぜひ、四季折々に行ってみたい場所であった。

お正月はスポーツクラブもお休みなのだが、ナニナニしっかり運動できたのだった。
おかげで、本日少々足が痛く、家で大人しくしておりまする。
by fu-minblog | 2015-01-02 10:16 | 四季折々 | Comments(2)

神社めぐり

初詣というには遅いのだが、今年も吉備津神社と吉備津彦神社へお参りに行った。

吉備津神社は、今日は人が少なく、長い廻廊を歩いていても誰にも会わなかった。
・・・と思いきや、遠くの方に神主さんが歩かれる後ろ姿が見えたり、
猫が一匹、悠然と歩いていたり・・・と、初めての光景に出会う。
また、廻廊の入り口近くの白馬の像が、今年は凛々しく見えました。

c0026824_17453441.jpg


いつも通り、吉備津彦神社へも。
こちらも駐車場もガラガラで、ひっそりと静かだった。
トンネルを潜るとそこは裏庭だったりして、童心に還って遊ぶ。
今年は子安神社にもお参りし、時間がゆっくりと過ぎていきました。

c0026824_1812739.jpg


空気は冷たかったけど風もなく、清々しく気持ちいい時間が過ごせて、し・あ・わ・せ。
by fu-minblog | 2014-01-21 18:22 | 四季折々 | Comments(0)

はつもうで

城山稲荷への初詣も今年で三年目になる。
お正月には幟が立てられてはいるが、まだ他の参拝客に誰一人出会ったことはない。
まるでプライベート神社、みたいなのである。

c0026824_14214533.jpg


けれど、この小さな神社は私にとって、ナンカ霊験あらたかな気がするのである。
信じる者は救われる?
誰にも会わないところも気に入っていて、人間嫌いで変人なのは相変わらず?
by fu-minblog | 2014-01-04 14:48 | 四季折々 | Comments(2)

神社めぐり

昨日、朝は冷え込んだが風もなくお天気もよかったので、吉備津神社と吉備津彦神社へ行った。

吉備津神社は年に数回行くこともあるが、今年初めてなので初詣である。
昨年、ワケあってお祓いをした御札をいただいていたので、その御札納め(返し)をしに行った。
お天気がよかったせいか、観光バスも来て参拝客はけっこう多かった。

長い回廊を、いつも一番端まで歩いて帰ってくる。
身が引き締まるような寒気と清爽感が心地よい。

c0026824_9592740.jpg


吉備津神社から吉備津彦神社まで、山際の道を通ると車でほぼ5分くらいで行ける。
なので、たいていの場合両方行くことになるのである。
どちらの神社も、境内の空気に心洗われる気がする。

毎年、どちらかの破魔矢を買うのだが、今年は吉備津彦神社の干支のおみくじにしてみた。
300円という安さにも拘らず、今まで見た干支の作り物の中では一番気に入ったから。
底の赤い糸をひっぱっておみくじを出すのだが、まだ出してはいない。

c0026824_10463455.jpg

by fu-minblog | 2013-01-17 10:50 | 四季折々 | Comments(0)

小さい初詣

去年に続き、今日城山稲荷へ初詣に行ってきた。
小さいお稲荷さんに小さい願い事をしに。

去年はそれなりにいい年だったので、私にとっては霊験あらたかかも・・・
人ひとりなく、いつも通りの静けさなのが気に入っている。

c0026824_15501743.jpg


欲ばらない、がんばらない、だけど怠けない。
無事、元気ですごせればそれでいいのである。
by fu-minblog | 2013-01-04 16:40 | 四季折々 | Comments(4)

初の初詣

今日は初詣に行った。
去年見つけたアイビースクエア正門前の城山稲荷へ、初の初詣に行ったのだった。

種を明かせば、今年初めてスポーツクラブに行ったついでである。
なんせ、我がスポーツクラブはアイビースクエア駐車場の敷地内にある。
ある意味、私にとって最も行きやすい神社なのだった。

c0026824_17453631.jpg


京都伏見稲荷ゆかりの小さな神社は、お正月らしく幟が立ってはいたけど、いつも通り人影もなくひっそりと静かだった。
大きな神社のにぎやかな初詣とは一味違い、まるで自分のためだけにあるような錯覚さえする。
ちょっと犬っぽいおキツネさんの頭をなでたりして、商売繁盛ではなく、今年一年の無事を願う。
by fu-minblog | 2012-01-05 17:48 | 四季折々 | Comments(2)

吉備津彦神社

1月に初詣に行った折、吉備津彦神社の前まで行きながら駐車を待つ車の列に恐れをなして帰ってきてしまって以来、何となく中途半端な気がしていた。
そこで、昨夜の雨も上がりお天気が回復した今日、出直し初詣をしに吉備津彦神社へ行った。

いつもは吉備津神社から裏道を通って行くのだが、今日初めて表参道を通った。
参拝客もなく空いていたので、前の池や周辺をゆっくり歩いてみた。

吉備津神社と吉備津彦神社は、私にとっては、今流行りのパワースポットならぬ、クリーンスポットといえるかもしれない。
何だか気持ちイイ、のである。

c0026824_1718574.jpg


帰り、きびじつるの里へ丹頂鶴に会いに行ってみた。
けれど、今は鳥インフルエンザ警戒中で、はるか遠くから眺めるしかないのだった。

c0026824_17264483.jpg

by fu-minblog | 2011-02-09 17:34 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(222)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(89)
(83)
(81)
(59)
(56)
(51)
(50)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月