ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
写真のないライブ
at 2017-06-27 16:04
マルバデイゴの日
at 2017-06-23 17:44
花と蝶
at 2017-06-22 16:46
半年ぶりの倉敷一会
at 2017-06-17 12:09
アナベル園に再挑戦???
at 2017-06-11 17:41
フェイジョア物語
at 2017-06-09 18:25
庭仕事の愉しみ
at 2017-06-06 11:19
ヒスイのひみつ
at 2017-06-03 17:39
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 21:17
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 17:24
最新のコメント
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49
>カラサワさん こちら..
by fu-minblog at 17:50
ご無沙汰しております。 ..
by カラサワ at 15:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:倉敷ガラス ( 14 ) タグの人気記事

展覧会めぐり

やっと暖かくなったからというわけでもなく、日にちの都合で今日は展覧会めぐりをした。
岡山天満屋の「レオナール・フジタ展」と倉敷日本郷土玩具館の「小谷真三の倉敷ガラス展示会」、どちらも今日が初日である。

私の主義として遠い方から行くので、まず岡山の「レオナール・フジタ展」に行った。
今開かれている岡山県立美術館の展覧会との違いは、今日のは展示即売されている。
それと、県立美術館のものより時代が後、作品としては新しいものである。

たとえ売るのが目的とはいえ、質、量ともにかなりのもので、入場料も無料なので一見の価値はあると思う。(会期3月12日・水~17日・月)
私も、この展覧会のことを知っていたら、岡山へ行く回数が一回で済んだかも・・・
ただシツコイようだが、大原美術館の絵に勝るものはない。

c0026824_17123122.jpg


・・・というわけで、倉敷に戻り小谷さんの展示会に行ったのは午後になっていた。
覚悟はしていたが、展示棚はガラガラで作品がだいぶ減っていた。

今回は買う予定がなかったのでいいのだが、追っかけとしては一応行かせていただきました。
でも会期は3月26日まで、どうされるのか要らぬシンパイしています。

c0026824_17232539.jpg


他にもいろいろ、飛んだり跳ねたりはしないけど歩いた歩数としてはスポーツクラブ以上かも・・・
by fu-minblog | 2014-03-12 17:41 | 美術工芸 | Comments(0)

倉敷ガラス 小谷眞三展

この冬一番の寒さにもメゲズ、予定通り岡山のギャラリーやぶきへ小谷眞三展を観に行った。
ひょっとして小谷さんの追っかけしてるって?はい、しています。
岡山県内はもちろん、行けるところならどこまでも・・・

c0026824_18204277.png


おまけに、行くたび作品が増えるってすんぽう。
今日も今日とて、ワイングラスを2個冷酒用にと頂きました。
ほんとは、何か大作をと思ってはいたけど、今回も比較的小品が多いのだった。
小谷さんのご年齢を考えると、たとえ小品でも有り難い。
お正月用に買っておいた越乃寒梅がまだ残っているので、さっそく使うつもり。


c0026824_17344314.jpg


今は亡き倉敷民芸館長外村吉之助先生の説明書が添えられており、懐かしく読ませてもらった。
前略
「世の多くの作家たちが、美を追いかけて美に逃げられている時、小谷さんは美を追いかけないでいて、その製品が美しいのはどういうことなのか。彼は美しがろうとはせず、ひたすら、用を求めているから美に追いつかれているのである。用即美の法の中で、彼は仕事をして我を立てない。
中略
何にしても、倉敷ガラスは、実生活の中で善と美の実体は一つであることを示していて注目すべき存在である。小谷眞三の人柄もその通りである。」

私にとって、外村吉之助先生や小谷眞三さんとの出会いもまた、人生を変える貴重なご縁であった。
by fu-minblog | 2014-01-10 18:10 | 美術工芸 | Comments(0)

倉敷ガラス 小谷眞三作品展

今日から始まった倉敷ガラス小谷眞三さんの作品展に行ってきた。
いつも出足の遅い私にしては早かったのは、お目当てがあったのである。
それは、ここ何年間か捜していたピッチャーが案内状に載っていたから。

c0026824_1743759.jpg


このピッチャー、じつは持ってはいるのだが、残念ながらヒビが入ってしまったのである。
水を入れなければ使えるのだが、やはり水差しとして使いたい。
・・・そんなワケで今回の展覧会を楽しみにしていたのだった。

c0026824_17222222.jpg


ただちょっと小ぶりなのだが、ぜいたくは申しません。
今回の展覧会は、コップやワイングラス、ミルクピッチャーなどすぐに使える物が多くうれしい限り。
今やなかなか手に入らない小谷眞三さんのガラス、貴重です。

会期 : 11月15日(金)~21日(水)
会場 : 倉敷天満屋 4階 美術画廊 ℡(086)426-2145
by fu-minblog | 2013-11-15 17:53 | 美術工芸 | Comments(0)

「倉敷ガラス 小谷眞三展」

c0026824_16463326.jpg実は、昨日はもう一つ展覧会に行ったのだった。
しかも、最初に行ったのはこちらである。

昨日が初日だったので、せっかく行くなら早い方がいいからである。といっても、着いたのは正午くらいだったのだが・・・

今回は三木記念賞受賞記念ということで、たぶん、今までで一番大作揃いであった。
いわゆる食器などの生活雑貨はなく、花瓶、大瓶、あるいは、蓋物、それも非常に凝った蓋物ばかりであった。

なので、幸か不幸か、私ごときがちょっと手が出ないものばかりで、今回は目の保養だけで終わった。実は一つだけ手頃なものがあったのだが、置き場所を考えて諦めた。

それにしても、大作が多いのに新作約100点とは、よくあれだけ創られたものだと敬服する。
吹きガラスという重労働、そのうえ御年80歳を超えられている。

今回、過去60余年の軌跡をたどる特別展示もあり、倉敷ガラス・小谷眞三展として見応えのある展覧会であった。

※7月21日(土)午後3時~4時 会場にて小谷さんの記念講演あり。 


小谷さんの言葉

火を恐れず侮らず

冬の火は心に熱く 夏の火は心に涼し

温度は火の色でわかる

かたちはわが心

窯の調子も身体の調子と同じ

「小谷眞三の仕事」(里文出版)より


会場:岡山天満屋5階 美術画廊・美術ギャラリー
会期:7月18日(水)~24日((火)
by fu-minblog | 2012-07-19 17:47 | 美術工芸 | Comments(0)

小谷眞三展と散歩

冬の寒さと春の陽射しが一緒にやってきたみたいな今日、
倉敷ガラス・小谷眞三展を観に行った。
ついでに、美観地区からアイビースクエアを歩いた。

c0026824_1552870.jpg


c0026824_16154265.jpg


2時間ちかくも歩いたので、スポーツクラブで運動はせず、お風呂に入って帰ってきた。
こんな日もある。
by fu-minblog | 2012-03-14 16:21 | 美術工芸 | Comments(0)

倉敷ガラスの食器

夏中お世話になったガラスのうつわも、そろそろ出番が減ってきた。
我家のガラス食器は、ほぼ小谷眞三さんの倉敷ガラスである。
べつに意識して集めたわけではないが、倉敷に住んで40年、しぜんに増えていった。

花ビンやローソク立てなどは以前にも記事にしたことがあるけど、食器はなかった。
なので、ちょっと全員集合してみよう、という気になった。
モチロン、10ヶほどあるタンブラーやビールジョッキは年中使う。

c0026824_14393352.jpg


私がさいきん、自分の身の回りのものを、あらためて見直しはじめたのには、わけがある。
先日、「向田邦子 その美と暮らし」という本に出合ったからである。
この本には、生前向田さんが愛用された品々が、写真とともに掲載されている。

向田さんに愛用された数々の器や身の回りの小物や雑貨、洋服やアクセサリーの類、それらはみなしあわせである。
没後30年の今なお、こうして生き残っている。
それは、ひとえに持主の才能や人格のなせる業なのである。

それにひきかえ、たまたま不運にも私に選ばれてしまった物もの。
私がいなくなったとたん、ただのゴミになってしまうのではないか。
そこで、せめて私が生きているうちに、写真として残しておこうなどと、アホなこと考えた次第。

雨の日のたんなるヒマつぶしです。
by fu-minblog | 2011-09-17 14:51 | 日常茶飯事 | Comments(0)

お詫びかたがたご報告

昨日、小谷眞三さんのお歳のことで傘寿を卒寿と大間違い、まことに申し訳ございません。
恥ずかしながら、私は傘寿という呼び方を知らなかったのですが、それにしてもちゃんと案内状見ろよ、と自分で自分の頭を叩きたくもなります。

もともと常識に大いに欠けるのですが、最近は目も怪しくなってきて、ナサケナクなります。
それにしても、思い込みってコワイです。
つくづく小谷氏ご本人に、卒寿おめでとうございます、なんぞとアホなこと言わなくてよかった~

ところで、それじゃ~いつどのようにして気付いたかと申しますと、これが不思議なんです。
夜、寝ようかなと思っているとき突然ヒラメキました。(頭ン中で電燈が点るみたいに・・・)
たぶん、ナンカ変だな~と、どこかで思っていたのでしょう。
やおら辞書と小谷氏の経歴を調べて解かり、すぐに記事を訂正しました。

黙ってよか、とも思ったんですけど、日頃から思い違い、勘違い、間違い、ついでに誤字脱字が多いことのお詫びをマトメてさせていただこう、というコンタンです。
突然ヒラメクのはよくあることなんですが、それでもカバーしきれないと思いますの、です。

c0026824_11571923.jpg

さて、倉敷ガラスについてはけっこうコレクションしているのですが、昨日また一つ増えてしまいました。
最近目にしなかったビールジョッキを一つゲットしました。何個かあったうち、スゴク気に入ったのを。
なんでも、ジョッキは10年ぶりに創られたそうで、いい買物だったとこれは正解でした。

さっそく夕べ新しいジョッキでビールを、それはそれは美味しくいただきました。
(お察しのとおり、ビールは復活しています)
350ml缶にちょうど良いサイズ(泡の分も入れて)ですし、花を活けてもよさそうです。




小谷眞三様、ほんとうに失礼いたしました。
どうぞこれからもたくさん作品をお創りになってください。
たいせつに、大切に使わせていただきます。
by fu-minblog | 2010-03-13 12:26 | Comments(2)

倉敷ガラス 小谷眞三展

日本郷土玩具舘で開催中の、倉敷ガラス小谷眞三展「傘寿でガラスを吹く」を観に行きました。
傘寿といえば80歳、たまたまご本人がいらっしゃったのですが、あんまりお変わりないので私は傘寿が幾つだったか分らなくなったのでした。

c0026824_15563920.jpg


吹きガラスを創るのがいかに重労働であるかを私も多少は見て知っていて、小柄で華奢な小谷さんのどこにそんな体力がおありなのかと常々思っていたのですが、マサカ80歳になられており、今だに創り続けておられることに尊敬なんて言うのもおこがましい、感謝の気持ちでいっぱいです。

今日は暖かさも戻りお天気もまあまあだったので、郷土玩具舘を出て美観地区を歩いてみました。

c0026824_16125899.jpg


思いのほか観光客も多く、これから本格的な観光シーズンを迎えることでしょう。
ふと、喫茶店「サロニカ」のことを思い出し、写真を撮ってまいりました。
by fu-minblog | 2010-03-12 16:32 | 美術工芸 | Comments(2)

暑中お見舞い

まだ梅雨は明けないのですが・・・

c0026824_15115022.jpg


今年は夏がなかなかやって来ませんね~

ひょっとしたら、短い夏になるかも・・・

子供たちも、せっかくの夏休みにお天気が悪いとストレスたまるでしょうね~

私もとうに夏休みなんですが、私の場合ひきこもり夏休みなので・・・

でもやっぱり、夏はスッキリ晴れて、ジリジリ暑いほうが夏らしくて好き。。。

来週くらいには、本格的夏になるのでしょうか?

先日の小谷さんの展覧会で、大きめの深皿をみつけてしまいました~

ヘクソカヅラというカワイソーな名前の、だけど可憐で小さな花を添えて・・・
by fu-minblog | 2009-07-29 16:20 | 四季折々 | Comments(6)

倉敷ガラス 小谷眞三展

珍しく去年に続いて、倉敷ガラス・小谷眞三さんの作品展が岡山・天満屋で開催されています。
今日覗いてみたところ、かなり多くの作品が展示されておりました。
これも地元ならではこそ、小谷眞三ファンにとってはうれしい限りです。
つくる喜びがやがて使う喜びへと変ってゆく、不思議なガラスの世界を堪能できます。

c0026824_16572022.jpg

c0026824_16574785.jpg

小谷眞三さんのことば
命のある限り 天職として 喜びながら 今と言う今を ガラスに命を 吹き込み続ける・・・
by fu-minblog | 2009-07-09 17:17 | 美術工芸 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(222)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(89)
(83)
(81)
(59)
(56)
(51)
(50)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月