ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
 華紋 de ランチ
at 2017-12-08 21:44
クリスマスツリー
at 2017-12-03 18:05
同窓会 in 倉敷(アイビー..
at 2017-11-30 21:33
同窓会 in 倉敷 (素敵な..
at 2017-11-30 16:34
同窓会 in 倉敷(川舟初体験)
at 2017-11-30 12:06
紅葉満喫 in 近水園
at 2017-11-22 18:09
フェイジョア大豊作
at 2017-11-16 10:30
カズオ・イシグロ全作読破?
at 2017-11-11 16:56
新見鉄板焼ランチ
at 2017-11-08 16:24
「静かなる情熱」
at 2017-11-05 11:33
最新のコメント
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47

タグ:中国日和 ( 7 ) タグの人気記事

中国旅事情

中国を旅して感じるのは、広い、大きい、多い、古い、そして新しいってことでしょーか。
広いのはもちろん面積で、高速道路を8時間バスで走っても見える景色はほぼ同じ。
大きいは、建築物もそうですが、大きいモノあるいはコトが好きな国民性ですよね。
多い、これは13億+αという人口もですが、あまりの多さに、も~死にそーになったことがあります。
古いのは、建築物だけでなく例えば木、古木だなと思ったら2000年以上だったりする。
新しいは矛盾するようですが、今世界で一番変化の激しいのも中国だからです。

木も古くなるとこうなります
c0026824_1233024.jpg


食事事情
多さに驚いたのは毎回の食事です。
朝は大体バイキングなんですが、昼と夜は毎回毎回20~30品目の料理が次々運ばれてきます。
今回は山東省という沿海寄りの内陸部であったからか、野菜料理が多かったのですが、必ず油で炒めてあり、その量もハンパじゃあない。
とても写真どころではなく、ナント!一日目最初の食事でギブアップする始末。
それでも珍しいお料理をほんの少々ご紹介しておきます。
c0026824_13113579.jpg


c0026824_14255077.jpg
中国の人は四つ足は机以外、飛ぶものは飛行機以外なんでも食べると言いますから・・・
ところで、飲み物はビールなんですが、ほとんど水ってかんじでした。
そこで、ってワケでもないんですけど、孔子の故郷曲阜で買ったのがこのお酒、40度くらいあります。
山東省は紹興酒がなく白酒?で、舐めたらスゴクいい香り(フルーティ)だったものでつい。。。
でも、飲めるやろか?

案の定、私はお腹を壊し身体が食べものを受け付けなくなり、帰国の前日は絶食しました。
なので、一番美味しい上海料理を食べ損ねてしまったのでした。
そのおかげで?増えた(たぶん)体重も元に戻り、スッキリ?して帰ってきたのでございます。
by fu-minblog | 2010-04-25 14:55 | | Comments(7)

中国を旅するⅥ 上海

済南から飛行機で上海へ、ここまでくれば一安心?
上海は、地下鉄開通とかで街はますます混雑、そして厳重な警戒態勢。
ここでも時間に追われつつ、どーにか豫園見学をしたのだった。

c0026824_15462325.jpg


旅行最後の夜は、東方明珠テレビ塔に上り上海の夜景を見た後、近くのレストランで夜景を見ながらお別れパーティー。
ここでも100万ドルの夜景は霞んでいて、80万ドルくらい?
明日はイヨイヨ帰国の途につくのである。

c0026824_15464412.jpg


・・・というワケで、1週間があっという間に過ぎ、私の中国旅行もあっけなく終わったのだった。

駆け足で、また端折りつつ、簡単ではありますがここに記録しておきます。
お世話になったみなさまに感謝の気持ちをこめて。。。
by fu-minblog | 2010-04-24 16:21 | | Comments(2)

中国を旅するⅤ 済南

山東省の省都、黄河流域に位置する。
省都だけあり曲阜、泰安に比べて街の規模が大きく、大学が多い。
また、泉が多いことでも知られ「泉城」と称される。
中でも一番大きいのがほう突泉である。

ほう突泉のあるほう突泉公園&大明湖公園

c0026824_14315682.jpg


実はこの日、午前中泰安で岱廟を見学した後バスで済南へ移動、それからの市内観光となった。
けっこうハードスケジュールやんか!やれやれ・・・・・
by fu-minblog | 2010-04-24 14:58 | | Comments(0)

中国を旅するⅣ 泰安

泰安と言えば中国五岳のひとつ泰山があり、5000年前から文化が繁栄していたという。
やっぱり中国の歴史は長~いのだった。
泰山は信仰の山として知られ観光客も多く、世界遺産にも認定されている。

そのありがた~いお山に、我々は時間がなく、ロープウエーで上りあたふたと下りてきた次第。
心がけが悪いせいで?泰山周辺の山々は残念ながら霧のむこうで煙っていたのだった。
でも、煙った山々も墨絵のようで美しいと、私は思うのだった。

c0026824_183947.jpg
c0026824_1835496.jpg
c0026824_18419100.jpg
c0026824_1843347.jpg
c0026824_1845833.jpg

by fu-minblog | 2010-04-23 18:07 | | Comments(0)

中国を旅するⅢ 曲阜

鎮江からバスで北上すること約8時間、その間見えるのは延々と続く麦畑とポプラ並木のみ。
ようやく孔子の故郷曲阜に到着、やっぱり中国は広いのだった。
曲阜は春秋戦国時代に魯国として栄えた城壁都市で規模は小さいが、孔子の生誕地であり儒教のメッカとして多くの観光客を集めている。

街のいたるところに孔子ゆかりのものが見られ、孔廟、孔府、孔林の三孔は1994年世界文化遺産に登録された。
この街の人口の約5分の1は孔子の子孫として孔姓を名乗っている。
また、ここを訪れる観光客の9割方は中国の人々で、日本人は少ないようである。

c0026824_16334591.jpg


この日はちょうど日曜日だったので大勢の国内観光客が詰めかけており、やっぱり中国は人も多いのだった。
by fu-minblog | 2010-04-23 17:13 | | Comments(0)

中国を旅するⅡ 鎮江・梅桜園祭&揚州

この旅行のメイン・イベント梅桜園祭、広大な公園の中で開催される。
設えられた舞台の上でのセレモニーが終わると、地元の人々の歌や踊りの催しが。
前回は梅、今回は桜の樹を1本この公園に植樹(といってもすでに植えられていたのだが)したのだった。桜は八重桜、花の時期が長いからとのこと。
残念ながら公園は以前と違う場所に変わっていて、私の梅にはお目にかからなかった次第。

c0026824_2315128.jpg


午後はバスで揚州観光に。
ちょうど今がシーズンの水辺の柳と桃の花の美しい痩西湖を遊覧船に乗って楽しむ。
また、ここ揚州は鑑真ゆかりの大明寺があることでも知られる。
6度目の航海でようやく来日に成功した鑑真ではあったが、すでに失明、祖国に帰ることなく日本でその一生をを終えたのだった。

c0026824_22234081.jpg

by fu-minblog | 2010-04-22 23:25 | | Comments(0)

中国を旅するⅠ 上海経由鎮江へ

1週間中国を旅行をしてきました。
この旅行は毎年この時期、倉敷市が友好都市である中国鎮江市(江蘇省)の梅桜園祭に参加するために企画、ついでに中国各地を旅行するというもんである。
今回は、世界遺産孔子の故郷・山東省曲阜、泰安・済南、そして上海への旅であった。

この旅行に行く気になったのは、11年前にも1度参加したことがあり、その時梅の木を1本植樹(寄付)したことを思い出し、その梅が今はどーなったかな?とふと思ったからである。
さらに言えば、日中友好訪問団と銘打ち、鎮江市までは倉敷市長も同行という私には不似合いな?団体旅行である反面、これ以上安全安心楽ちんな中国旅行はないんである。
私も長期の海外旅行は久しぶりなので、まず手始めにと参加したのであった。

c0026824_1423583.jpg

上海浦東国際空港から新幹線上海駅へ、そして一路鎮江へと向かう。
バスの車窓から見る上海の街はそそり立つ高層ビルの谷間に古い住居が垣間見える。
ま近に控えた万博会場の日本館をチラと横目に見て・・・
上海から約2時間、快適な新幹線の旅を終えようやく鎮江駅に到着したのは夜であった。

めったにないことなので、伊藤香織市長とツーショットでパチリ。
伊藤香織氏は倉敷市民の誇る最年少女性市長、ひと言でいえばハンサムウーマン。
とても気さくで飾らない人柄に好感を持ちました。
by fu-minblog | 2010-04-22 13:33 | | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(224)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(92)
(87)
(83)
(61)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(39)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン