ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
さくら前線異常あり
at 2017-04-06 16:35
三月の出来事
at 2017-03-31 11:49
岩合光昭写真展「ネコライオン」
at 2017-03-29 18:02
「引揚げ文学論序説」
at 2017-03-26 11:22
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
最新のコメント
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:ハリー・ポッター ( 5 ) タグの人気記事

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

c0026824_19361573.jpg

今日は梅雨らしい雨の一日だったが、こちらはすっかり夏休みモードに入っているので、夏休み映画「ハリーポッターと謎のプリンス」を観に行った。
その心は、来週辺りから学校が夏休みに入るので、その前に・・・というサモシイ魂胆。
でも、そーゆーヒマな大人が少なからずいて、けっこう混んでいたのだった。

この「謎のプリンス」、シリーズで初めて本を読んでいるのだが、なんせ一昨年のこと、細部は記憶にない。
おまけに、昨年最終章を読んでいて、当然そっちの印象の方がつよい。
ま、映画を観つつ思い出してはいたのだが、なぜか盛り上がりに欠け、時々眠くなる始末。
はっきり言ってこの章は最終章へのつなぎの感じで、私的には意外に退屈なのだった。

ハリー、ロン、ハーマイオニーがお年頃で、魔法学校は恋の季節ってワケである。
「賢者の石」の頃に比べると、それぞれの俳優もすっかり大きく大人になっている。
この謎のプリンスとはハリーの宿敵ヴォルテモーテのことで、その少年時代が明らかになる。
校長ダンブルドアが命をかけてヴォルテモーテの秘密をハリーに教えようとするのだが・・・

・・・結局、最終章へ続くってワケなのである。
おまけに最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝」は2部作らしく、覚悟あれ。。。
by fu-minblog | 2009-07-17 20:54 | 映画 | Comments(0)

本棚の整理

主婦ならたまには冷蔵庫の整理と称して、買い物には行かず冷蔵庫にある物で料理を工夫する。
その際、使い忘れの萎びたり腐った野菜などを、多少の罪悪感と供にコッソリ捨てたりもする。
それが我が家では、たまには本棚の整理と称して、買って読んでない本や途中で放り投げてる本を引っ張り出してくる。
サスガに、本は腐らないので捨てられることはないのだが・・・

c0026824_1752348.jpg


このお盆の間、そんな本の中から柳美里の「8月の果て」を読むことに決めた。
この本はナント!ちょうど4年前のアテネオリンピックの頃に出版されたもので、柳美里のマラソンランナーであった祖父のハナシでなのである。
今ちょうどオリンピックの最中だから、ってワケでもないが、何となく読む気になった。

ところが、思いがけずハリポタ最終章の「ハリー・ポッターと死の秘宝」が借りられることになり、まずそちらから読むことに・・・
最終章ということで期待が大きかったのだが、これがまたなぜかハマれず、すっかり時間ばかり喰ってやっと昨日読み終わる始末。
今までのあの長さと伏線は何やったんやー!?という思いと、魔法使いの世界があまりに人間と同じで、しかも好戦的なのには辟易、これですっかり卒業かも・・・

そんなワケで、お盆も終わり、京都では大文字の送り火の今夜からでも「8月の果て」を読むつもり。
完読できるかどーか、自分でも分かりません。
それにしても、なんぼ本は腐らんゆうても、この悪いクセ死ぬまでに治るやろか???
by fu-minblog | 2008-08-16 18:49 | | Comments(2)

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

c0026824_910297.jpg

夜寝る前のオタノシミ、で読んでました。
でも、図書館への返却期限が来てしまい、昨日一気に読みあげました。
さいしょ、長すぎ~!とか文句言ってたのですが、終わってみると、ウーン、なんだか寂しい。
けっこう良い睡眠薬?だったんだけど~

実を申せば、私はどーも図書館向きの人間ではないみたい。
なにせ、読みたい本は読みたいときにすぐに読みたーい、とゆーワガママ人間。
この本も、一番読みたいときにリクエスト、順番が回ってきた頃には、少々トーンダウンしてました。
でも、さすがにこの本は、買わずにじっと待ちました。(本屋へ行き、手にとってはみたけど)
2冊で約4000円とゆー値段、そして思いっきり嵩だかい。

今まで映画でゴマカシていて、初めて、それも翻訳で読んだワケですが、これを最初から読んでる方、尊敬します。
そーとーガマンが必要では?
結局、すべての謎は最終章に持ち越されるってすんぽうで、先日発売された最終章の翻訳版出るのをひたすら待つハメに・・・(すんません、やっぱり図書館ですが)
これが何年先か分からなかったら、、、、、私なんか待ってられません。
だいたい、生きてるかどーかも分からない。

「謎のプリンス」は、主として、ヴォルデモート(ハリーの宿敵)の出生と生い立ちが語られます。
いってみれば、ハンニバルライジングならぬ、ヴォルデモートライジングってところ?
人間にしろ魔法使いにしろ、悪、に興味シンシンの私としては、それなりに面白かったですが・・・
それにしても、あのスネイプ(魔法学校の先生)って、エエモン?それともワルモン???
最終章読むのと、「謎のプリンス」の映画化、楽しみで~す!
by fu-minblog | 2007-08-17 09:54 | | Comments(2)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

c0026824_20374375.jpg

ようやく梅雨が明け日差しがまぶしい本日、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」観に行きました。
さすが夏休み、映画館に着くと入り口付近はお子ちゃまがいっぱい、そんな!と思いきや、混雑はポケモンの方でして、ヤレヤレ・・・
ナント!ハリポタの方はガラガラなのでした。
字幕・吹き替え合わせて4会場も占領しているうえ、ウィークデイの昼間からハリポタ観るヒマな大人も少ないのでした。。。

さて映画は、このシリーズの特徴でもあるのですが、2時間を越えて長い。
しかも、クライマックスがいつもラストにあるため、最後まで気が抜けない、ってすんぽう。
前作「炎のゴブレット」のラストから続いて、この作品でハリーの秘密が徐々に明らかに・・・
でも、やっぱり完全には明らかになることはなく、次作に持ち越されます。
要するに、このオハナシの一番のナゾは、ハリーの出生の秘密?
・・・・・なんて、まるで韓ドラみたいですが・・・

何といってもハリー、ロン、ハーマイオニーたちが、すっかり大きく大人になったな、とゆーのが実感。
1作目が作られたのが2001年だから、もう6年も前。
役柄としては、魔法学校の5年生、15歳の多感な年頃、自分の秘密を知って悩んだり、淡い恋もあったりします。
1作目、「賢者の石」のまだ幼さの残る可愛いハリーとは違い、すっかりたくましく成長しています。
私的には、ロン役のルバート・グリントくん、これまで何となく頼んなかったのに、この作品ですっかりホレなおしましたよ~

私は、残念ながらマグル(人間)界の者なので、魔法界のことはよく分かりません。
ただ、あんまり魔法界と人間界がソックリなので、ショージキ驚きました。
ホグワーツにやって来た新任女教師が、次々生徒を規則で縛ってゆくのですが、思わず、教育基本法を改正(改悪?)しようとする、どこかの総理大臣を思い出したりしました。
どこの世界にも、悪い奴がいて、悪いことを企んでるものなんですね!

さて、映画を観ておきながら言うのもナンですが、やっぱり本を読むのがベストだと思います。
特にお子さんは、映画より本をオススメします。
きっと、頭の中でイメージが無限に広がってゆくことでしょう。
映画で観てしまうと、映画の映像を超えては広がらない気がします。
・・・なので、私も手遅れとはいえ、本に挑戦しょっかな、と思う今日この頃です。
by fu-minblog | 2007-07-24 20:05 | 映画 | Comments(2)

ハリポタな日曜日

c0026824_1937674.jpg

今日は温度より、苦手な湿度が高く、朝から体がシャンとしない。
おまけに、飼い主に似ず行儀の良い我が家のネコが、夜中に尋常ならぬ鳴き方をしたので階下へ降りてみると、アチコチに吐瀉物が・・・
珍しく睡眠不足で、朝の目覚めがはなはだ悪い。

なんとなく、読みたい本もなく~、さりとて草取りする元気もなく~
え~~~い、今日は童心にかえってハリポタでも観なおそー、とゆーことに・・・
あんまりムシムシするので、ネコのためにも?今年初めてエアコンをドライにして。。。
このところ、あまり出番のなかったプロジェクターで機嫌よく観ていたら、ブレイカーが落ちるとゆーアクシデントに見舞われてしまいました。

それでも、「賢者の石」&「秘密の部屋」の2本を制覇?
「炎のゴブレット」はつい最近観たばかりなので、あと「アズカバンの囚人」を今夜観れるかしら?
ストーリー展開が早いうえオハナシも複雑、おまけに1本の上映時間が長く、童心にかえるのもけっこうシンドイのでございます。
子供もいないのに、これだけDVDが揃ってるってのも、サスガといえばサスガ、アホといえばアホ。

私が何をモクロンでるか?きっと、バレバレですよね!
by fu-minblog | 2007-07-22 20:23 | 映画 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月