ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
「美女と野獣」
at 2017-05-19 17:40
「騎士団長殺し」
at 2017-05-17 11:17
空と海のライブ
at 2017-05-15 10:49
庭のハーブたち
at 2017-05-08 17:53
藤公園
at 2017-05-02 17:47
スズランの日
at 2017-05-01 20:36
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
さくら前線異常あり
at 2017-04-06 16:35
最新のコメント
>カラサワさん こちら..
by fu-minblog at 17:50
ご無沙汰しております。 ..
by カラサワ at 15:00
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:ドラマ・ごめん、愛してる ( 5 ) タグの人気記事

7月 カレンダー

c0026824_11164730.jpg

ちょうど去年の今頃、この「ごめん、愛してる」にどっぷりハマってました。
現実味には乏しいんだけど、その切ないラブストーリーにいつしかハマり込んでゆくという・・・
ラブストーリーとはいえ、男女の恋愛だけではなく、血の繋がった姉への愛や自分を棄てた母への愛と憎しみなどが複雑に絡み合っていました。
その上、頭に受けた銃弾が時限爆弾のようにムヒョクの命を脅かし続けます。

ソ・ジソプ씨、イム・スジョン씨という他には考えられないような適役を得、うつくしい音楽が効果的に使われ、一種独特の世界を醸し出していましたね。
このドラマ、ある意味では韓国ドラマらしいし、又ある意味では韓国ドラマらしくないといえるかも。
養子という社会モンダイを扱いながらも、主人公のキャラは破滅的、なのに全体的にはファンタスチック。

ドラマに何を求めるかは人によって違うし、好みはそれぞれなのですが、私的にはホントっぽいウソよりウソっぽいウソのほうが好きなワケで、ウソを承知で観ている次第。
ま、いってみれば韓ドラの良さって、ウソっぽいウソかもですね~
理屈はともかく、心にくっきり残る印象的なドラマでした。
by fu-minblog | 2006-06-25 14:43 | 四季折々 | Comments(2)

ごめん、愛してる 最終回

自分と双子の姉を棄てた母への復讐、しかしムヒョクは二つの隠された真実を知ることとなります。
母の実の子であると信じていたユンは、実は自分と同じ養子でした。
また、自分たちを棄てたのは母ではなく、ウンチェの父でした。
ムヒョクたちの父親には家庭があり、オドゥりの女優生命を慮ってのことでした。
双子であったことはもちろん、子供は生まれてすぐに死んだことにされていたのです。

一方ウンチェはムヒョクへの愛がますます強くなっていくのでした。
地下鉄の階段で、彼女はムヒョクに何回も何回も「사랑해요」と叫び続けるのです。

c0026824_13555232.jpg

ムヒョクのこころからは復讐の感情は消えていました。
運転手として母を家まで送り、母の作ったラーメンを食べ、心の中で言った言葉。

母さん 次の世でも必ずあなたの子供に生まれます。
その時こそは、母さん自慢の孝行息子になりますから。
愛してます。


そして庭に出て跪き、母に別れの言葉をつぶやきます。

愛してます母さん
恋しく思わない日など一日たりともなかった。
母さん 生んでくれてありがとう。


そんなムヒョクの切ない想いを母は知らないが、なぜか涙を流すのでした。
ムヒョクはウンチェに「미안하다 사랑한다」と伝えます。
そして、猛スピードでバイクをまっすぐ天国へと走らせてゆくのでした。

c0026824_13541461.jpg

それから1年後、ユンのコンサートが幕開けするちょうどその時、ウンチェは一人オーストラリアにいました。頭の中をムヒョクとの思い出が去来します。
そして、ユリの花束をムヒョクの墓前に置き、静かにその側に横たわるのです・・・

「この世でも痛いほど孤独だった彼を
放ってはおけませんでした」と。


ウンチェの父親もまた思い罰を受けねばなりませんでした。
これで、因果応報万事正しきに帰す、というわけなのでしょうか?

夕べは側にティッシュでもハンカチでもなく、たまたまバスタオルがあったので思い切り泣きました。
このドラマは最初から、ハッピーエンドではないとミョーに覚悟していたフシがあります。
でもまさかウンチェまでも・・・

哀しいけれどなぜかメルヘンチックなところがあって、たまらなく好きです。
そして、ソ・ジソプ씨とイム・スジョン씨なしには考えられないドラマでした。
セリフが少ない分映像と音楽が美しく、ウーン、しばらく抜けられないかも・・・・・
by fu-minblog | 2005-09-19 14:32 | ドラマ | Comments(2)

ごめん、愛してる パート3

ナンカ不思議なドラマなのです。
とても切ないのだけど、観ずにはいられない。
観ては、しらずしらず涙をこぼしています。

c0026824_135261.jpg

ウンチェはムヒョクが余命いくばくもないことを知ります。
けれど、ムヒョクはウンチェからわざと遠ざかろうとするのです。
そんなムヒョクを追いかけて行き、ウンチェが言った言葉です。

死ぬってそんなに特別なこと?
そもそも人は一度は死ぬのだから
生きている間だけでも、思う存分愛し合って
幸せで、美しく、まっすぐに生きたらいいのよ。
こんなにムダに使うには
残された時間があまりに惜しい。


そしてその夜の言葉

世界一不幸なのは思い出がないってこと。
美しい思い出が一つでもあれば
私もその記憶を生涯の支えに
その記憶だけできっと
死ぬまで幸せでいられる。


けれど、ウンチェはユンに無理やりつれ戻されます。
そしてムヒョクがユンの兄であること、復讐のためにユンたちに近づいたことを知らされます。

ウンチェはムヒョクにメッセージを残して去って行きました。

미안해요 사란해
 
by fu-minblog | 2005-09-12 13:22 | ドラマ | Comments(2)

ごめん、愛してる パート2

c0026824_11111219.jpg

暗いとか、重いとかでもない、なんとも切ないドラマです。

たった2歳でオーストラリアへ養子に出されたムヒョクが、自分を棄てた恋人を庇って、頭に銃弾を浴びました。手術が成功し一命はとりとめるのですが、一発だけは取りきれず頭の中に残ってしまいます。そしてそのまま追われるようにして、母の国韓国へ帰ってゆくのです。

この養子問題、「アイルランド」に続き2度目です。
韓国では多いのかどーか、気になるところです。


帰国したムヒョクは、テレビの肉親探しの番組になぜか出演します。そしてそれがキッカケで、自分の二卵性双生児の片割れである女性に出逢うことになります。しかしその女性は交通事故のため知的障害になっており、まだ幼い息子の世話になっているという、不幸を絵に書いたよーな境遇です。ムヒョクも彼女を放っておけず面倒を見るうち、彼女の知り合いの老人から母親が誰であるかを聞かされるのです。

と、なんとも速い展開です。フツーはもすこし母親探しで引っ張るんだけど・・・
とにかく、彼はまっすぐ母親の家に行き母親を垣間見てしまうのです。
そこでウンチェと再会します。


幼い子供二人を棄てた母親、しかし彼女は人気歌手の一人息子ユンと豪勢な家に住み、贅沢に暮らす元女優なのでした。貧しさゆえに棄てられたと信じていたムヒョクは、衝撃のあまり気が動転してしまいます。そしてその豪邸の地下室に住む運転手の家族が、ほかでもない、オーストラリアでムヒョクに助けられたウンチェの家族なのです。ウンチェはユンのスタイリスト兼マネージャー兼雑用係りをしてはいますが、ひそかに彼を想っています。しかし、ユンは別の女性ミンジュをなりふりかまわず追いかけます。

以上、主なる登場人物は出揃いました。
次はムヒョクとユンの出遭いをお話しいたします。


ユンと同じ人気歌手であるミンジュは、ウンチェと高校の同級生だったのですが、純情なウンチェと違い自由奔放、ボーイフレンドも多くユンを悩ませます。そんなある日、ミンジュはユンと別のボーイフレンドの目の前で川に飛び込んで二人の気持を試すのです。彼女を助けようとして川に飛び込んだのはユンだったのですが、泳げません。溺れるミンジュとユン、二人を助けたのは他ならぬムヒョクでした。

これで全員出遭いましたっけ?
そんな女かってに溺れろとか、泳げないのに飛び込むなとかは思っても言わないよーに!


二人の命を救ったムヒョクですが、その場で倒れてしまいます。彼の頭の中の銃弾は、彼の生命を1年以内に縮めたばかりか、いろんな発作を引き起こすのです。ムヒョクとユンは同じ病院に担ぎ込まれ、共に過ごすことになります。ある日一人バスケットボールに興じるユンに、兄弟にならないかと言ってムヒョクは近づくのです。苦労を知らぬぼんぼんのユンは、何の疑いもなく承諾します。かくして、ドラマはイヨイヨ佳境に突入か!

ソ・ジソプって笑ってもなぜか目だけカナシイのです。

私のドラマレヴューは不定期で、不親切で、大幅カットであることをお断わりいたします。
もっと親切丁寧なブログがございますゆえ、どーぞそちらをご覧ください。

by fu-minblog | 2005-06-21 14:00 | ドラマ | Comments(2)

ごめん、愛してる        미안하다 사란한다

c0026824_22172193.jpg

今日からはじまったこのドラマ、期待に違わぬドラマチックなスタートを切りました。初回はオールオーストラリアロケということで、美しい映像と音楽をバックに、序章というべき男女4人の登場、出遭いがありました。

幼い時オーストラリアに養子に出されたムヒョク(ソ・ジソプ)ですが、今はヒッピーのように暮らしています。彼に韓国語を教えてくれた恋人は、ムヒョクを棄て金持ちの男との結婚を選びます。一方韓国で芸能関係の仕事をしているウンチェ(イム・スジョン)はオーストラリアに撮影にやってきます。ところが一人で帰国する途中、荷物を奪われ途方にくれている時ムヒョクと偶然出遭うのです。彼はさいしょウンチェを売り飛ばそうとするのですが、なぜか気が変わり彼女を助けます。

助けられたウンチェは仕方なく彼と路上で一夜を過ごすのですが、朝になると彼の姿は消えていました。ムヒョクは恋人の結婚式場に乗り込み恋人を略奪しようとします。が、思い直して結婚式場に戻り宴もたけなわのその時、新郎に向かって銃弾が発射されます。とっさにムヒョクは恋人を庇い、自分の頭に一発の銃弾を打ち込まれて倒れるのです。

というのが1話のあらすじなのですが、初回から波乱の展開とはなりました。今までの韓国ドラマとはちょっと違う何かが感じられて、久しぶりにちょっとコーフンしてしまいました。ソ・ジソプには今後大いに期待できるし、イム・スジョンは不思議な魅力の持ち主でとてもチャーミングです。
このドラマがフジでも日テレでもなく、KNTVで放送されることに感謝します。ただ欲をいえば週一はちとつらい。身が持つかしらん・・・?
by fu-minblog | 2005-06-05 23:59 | ドラマ | Comments(7)


検索
カテゴリ
タグ
(217)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(89)
(82)
(81)
(59)
(56)
(51)
(49)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月