ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
写真のないライブ
at 2017-06-27 16:04
マルバデイゴの日
at 2017-06-23 17:44
花と蝶
at 2017-06-22 16:46
半年ぶりの倉敷一会
at 2017-06-17 12:09
アナベル園に再挑戦???
at 2017-06-11 17:41
フェイジョア物語
at 2017-06-09 18:25
庭仕事の愉しみ
at 2017-06-06 11:19
ヒスイのひみつ
at 2017-06-03 17:39
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 21:17
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 17:24
最新のコメント
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49
>カラサワさん こちら..
by fu-minblog at 17:50
ご無沙汰しております。 ..
by カラサワ at 15:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:ダツラ ( 5 ) タグの人気記事

となりのダツラ

よる年波(20歳くらい?)には勝てず、年々花数が減ってはいますが文句は申しません。
こうやって、ずっと枯れずに毎年花を咲かせてくれるだけで、私は満足です。
まだこの花が珍しかった頃、偶さか我家にもらわれてきて、我家からとなりへと嫁入りしたのでした。

c0026824_10303994.jpg

c0026824_1031066.jpg


今どきはアチコチに植えられ、色も白ばかりではなく黄色やオレンジ色などもあり、背丈をはるかに超える大木となって、花が豪華に咲いた立派なのもあります。
それでも私は、となりのダツラが咲くと、まるで自分ちのダツラが生き返ったようでうれしいのです。

※最近はエンゼルトランペットと呼ばれるのだが、貰った時ダツラと教えられた。
  田中一村の絵にもダツラ(ダチュラ)と表記されている。
  なので、私はこの花をガンコにダツラと呼ぶ。
by fu-minblog | 2011-10-28 16:46 | 四季折々 | Comments(2)

となりのダツラ&うちのキンモクセイ

今年もとなりのダツラが白い花を優雅に咲かせてくれました。
ちょっと花数が少ないみたいですが、ぜいたくは申しません。
なんせ、我家はとうの昔に枯らして、影も形もないのですから・・・

c0026824_17475121.jpg


そのかわり、今年はキンモクセイが元気です。
玄関脇に植わっているので出入りの度、いえ、家の中まで良い匂いがします。
香りの強い花木は好きなのに、なぜか梔子も沈丁花も根付かずじまい。
キンモクセイだけが今や大木となりました。

c0026824_17573694.jpg

by fu-minblog | 2009-10-20 18:01 | 四季折々 | Comments(2)

今年も咲いた となりのダツラ

先日から、シャッターチャンスを狙っていたお隣のダツラ。
今日こそ!と思って勇んで出かけたら、、、お留守。
エイヤーと無断で庭に侵入、写真に収めました。
今年は夏の暑さと渇水のせいか、花は少なめ。
でも、毎年花をつけてくれるだけで、感謝感激!

c0026824_11322630.jpg


車で走ってると、今アチコチに咲いていて、花も立派、色もカラフルだったりするが、
となりのダツラは、やっぱり特別。
私にとっては、大事な大事なダツラです。
自分は枯らしておいて、ゆーのもナンですが・・・・・
by fu-minblog | 2008-10-28 11:43 | 四季折々 | Comments(5)

となりのダツラ

c0026824_1120399.jpg

ふと見ると、今年もお隣のダツラの花が咲き始めました。
異常に暑い今年の夏を乗り越え、最近の急な冷え込みに
例年より少し遅いかな、というこの時期に・・・

我が家から嫁入りしたもんで、何となく気になるのは、娘を嫁にやった母親の心境?
私にとっては、とくべつ思い出のある花なのに~
我が家の庭から、とうの昔に絶え果てた。

大事な花は、アチコチに配っておくものと、教えてくれた花の師匠。
でも、やっぱり相手は選ぶもの。
我が家では、ハーブ以外は育たぬサダメ?

ついでに、この夏一度死んで、奇跡的に甦った我が家の花も。
自然のチカラは偉大です。
そして、となりの〇〇さん、ありがとうございます!

c0026824_1145954.jpg

by fu-minblog | 2007-10-18 11:51 | 四季折々 | Comments(2)

ダツラ

これは我が家ではなく、お向かいの玄関先に咲いているダツラです。
今から10年近く前にウチからお嫁に行きました。
本家のはとうの昔に絶え果てて、影も形もございません。
最初の頃は花を見かけなかったのですが、この2~3年この時期になると白い、清楚だけど
華やかな大輪の花を咲かせています。

c0026824_1114249.jpg


最初珍しかったこの花も、今ではいろんな種類、色があるようです。
でも、私にとってのダツラは白い色の、まさしく写真の花なのです。
この花を愛した人は今はなく、自分の庭ではない場所で、毎年うつくしい花をひらく。
生命の不思議を感じます。

カンケイないのですが、ふと若い頃に読んだアンドレ・ジッドの小説「一粒の麦」を思い出します。
一粒の麦とはたしか聖書のことばから採られています。

一粒の麦 地に落ちて死なずば ただ一つにてありなん
死なば 多くの実を 結ぶべし

by fu-minblog | 2005-10-10 11:20 | 四季折々 | Comments(4)


検索
カテゴリ
タグ
(222)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(89)
(83)
(81)
(59)
(56)
(51)
(50)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月