ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
倉敷川千本桜
at 2017-03-10 15:51
舩木研兒 遺作展
at 2017-03-04 15:27
これが最後かひな祭り
at 2017-03-03 15:07
欲張りなライブ
at 2017-02-27 16:12
「LA LA LAND」
at 2017-02-24 21:20
ガラスとテキスタイルのアート..
at 2017-02-17 18:36
由加温泉へ日帰り入浴&ランチ
at 2017-02-16 21:22
最新のコメント
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
>empikさん まさ..
by fu-minblog at 14:56
うわぁ〜!ほくろちゃん女..
by empiK at 11:56
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

タグ:シクラメン ( 19 ) タグの人気記事

感謝状

毎年シクラメンを表彰してるアホな私ですが、今年も感謝状を贈らせていただきます。
昨年末からずっと、つぎつぎ花を咲かせ続け、我が家と我が心に彩りを添えてくれました。

今年の花はそれぞれに個性的で、赤い花が一番早く満開になり、ピンクの花はだんだん白くなり、白い花はずっと変わらず花がぎっしり、まるで造花みたい。

願わくば今しばらく咲いててほしい、わたしのために。

c0026824_1801581.jpg

by fu-minblog | 2013-03-25 18:04 | 四季折々 | Comments(0)

歳の瀬に

今年も残すところあと一日となりました。
シクラメンも我家の定位置に落ち着き、なんとか年が越せそうです。


c0026824_942107.jpg


無事年が越せることに
この一年、トシ相応に?元気であったことに
ひとりあそびの愉しい日々に
こうしてブログを続けられたことに
そして、こんなブログを訪問してくださった方々に、心から感謝します。

みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。
by fu-minblog | 2012-12-30 10:07 | 四季折々 | Comments(2)

シクラメン解禁

今日から12月。
いつものシクラメン園芸農家の小売り解禁日?である。
今年も、出足は遅いがちょっとのぞいてみた。

c0026824_18524956.jpg


迷いに迷って、とりあえず2鉢予約して帰ってきた。
いよいよ今年もあと何日、と数えることになってしまった。
カレンダーが壁に1枚、寒そうにとり残されている。
by fu-minblog | 2012-12-01 18:57 | 四季折々 | Comments(0)

けなげで賞

スポーツクラブの桜ははや散り初めし、でしたが、我家のシクラメンは2鉢ともまだ咲いています。
ほぼ4ヶ月、赤い花は少々色が褪せ、白い花はめっきり花が小ぶりになったとはいえ。

旬を過ぎてもなお咲き続けるその姿に、つい応援したくもなるのでした。
そこで今年も、「けなげで賞」を授与することにいたしました。

c0026824_17364296.jpg


人に寿命があるように、花にも寿命があるようで、
潔く散るのがいいか、命尽きるまで咲くのがいいか、
ふと、そんなことを想う今日この頃です。
by fu-minblog | 2012-04-12 17:56 | 四季折々 | Comments(0)

シクラメンの誘惑

今年もまた、シクラメンの誘惑には勝てなかった。
花に吸い寄せられるムシとなって、あっちの花こっちの花を飛び回る。
そしていつの間にか、なん鉢かをしっかり掴んでいるのである。

c0026824_1647536.jpg


c0026824_16472060.jpg


c0026824_16473198.jpg


ただ、今年はシクラメンを置くスペースが狭くなって、3鉢はムリ。
なので、プレゼントとして贈ることに・・・
花を贈られるのも贈るのも、けっこう好きである。
by fu-minblog | 2011-12-09 18:17 | 四季折々 | Comments(2)

満開で賞

2月は他の月より短い分、さすがに過ぎるのが早くあっという間でした。

昨年12月末に家に来てから2ヶ月余り、シクラメンが変わらぬ姿で咲き続けています。

今年の花は3鉢とも、まるで造花のように満開のままなのです。

いつか、5月に入っても咲き続けていたシクラメンを長持ちで賞で表彰したことがあるのですが、

今年は今すぐにでも、3鉢全部に満開で賞をあげたいと思います。

c0026824_17545372.jpg

by fu-minblog | 2011-02-28 18:01 | 四季折々 | Comments(0)

満開なのに

例年よりだいぶ遅く、シクラメンがやっと満開になった。

冬、窓辺にシクラメンを置くようになって7年目になる。

今年はウェディングドレスシリーズという新種を一鉢選んでみた。

はなびらが、フリルというよりはギャザーを寄せたみたいに縮れている。

c0026824_10352368.jpg


毎年こうして窓辺を彩るシクラメン。

今年も色鮮やかな3鉢のシクラメン。

けれど、その鉢の傍にいつもいたモモが今はもういない。
by fu-minblog | 2011-01-11 11:36 | 四季折々 | Comments(2)

卒業

私が初めて聴いた尾崎豊の歌は卒業であった。
そのとき、尾崎豊の名前も顔も、何者かも知らなかったのである。
しかし、その歌、その歌唱力に頭のてっぺんから足の先まで電流がはしった。

c0026824_14225356.jpg

この卒業は、尾崎が10代で創った名曲で、学校や大人に対する不信と反抗がストレートに歌われている。
10代の少年の壊れやすい心が、強がって見せるポーズの裏に見え隠れする。
校舎の窓ガラスを壊してまわる少年の心は、どんなに傷つき、痛かったことだろう。

c0026824_14232125.jpg

そして最後のフレーズ

仕組まれた自由に 誰も気づかずに あがいた日々も 終わる
この支配からの 卒業
闘いからの 卒業

しかし、彼はたんなる学校からの卒業ですべてが解決するとは思っていなかった。
この前のフレーズ

俺たちの怒り どこへ向かうべきなのか
これからは 何が俺を縛りつけるだろう
あと何度自分自身 卒業すれば 本当の自分に たどりつけるだろう

c0026824_1424169.jpg

学校を卒業するのは簡単だが、自分自身卒業をするのは至難の業である。
尾崎豊くん、君は10代でこの歌を歌い、僅か26歳で逝ってしまった。
けど、結局ヒトはいくつになっても迷える子羊なんだよ。
by fu-minblog | 2010-12-28 14:36 | 雑感実感 | Comments(2)

まだ見ぬ花

12月に入ると、近所の園芸農家のシクラメンが解禁になる。
その温室の前を通ると、つい中へ入ってしまう。
中へ入ると、シクラメンの色の洪水に溺れてる間に、しっかり鉢を掴んでいるのである。

c0026824_16504766.jpg


今年はシクラメンの花の上りも遅いのだが、もうほとんど売約済なのだった。
仕方なく、まだ蕾もまばらな鉢を選んで帰ってきた。
さてどんな花が咲くか、オ・タ・ノ・シ・ミ。
by fu-minblog | 2010-12-12 17:10 | 四季折々 | Comments(0)

長持ちで賞

3鉢のシクラメンのうち1鉢が、今だに花をつけています。
あとの2鉢もついこないだまで元気でしたが、ついに花がなくなり外へ出しました。
その最後の1鉢を、あんまり健気なので、本日わたくしめが表彰することに致しました。

c0026824_173652.jpg






サスガの私も、こんなアホなことしてる自分が少々シンパイです~(ー_ー)!!
by fu-minblog | 2009-05-11 17:28 | 日常茶飯事 | Comments(4)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(126)
(100)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(40)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月