ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
今年の百合事情
at 2017-08-13 15:20
我家のお盆と長崎原爆の日
at 2017-08-09 17:37
JH 31 BIRTHDAY..
at 2017-08-08 17:46
LSR convention..
at 2017-07-31 11:42
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2017-07-26 19:44
暑中お見舞い
at 2017-07-20 17:16
夏のオシャレ
at 2017-07-20 10:31
祇園祭の想い出
at 2017-07-17 17:02
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

タグ:アカデミー賞 ( 13 ) タグの人気記事

「リンカーン」

エイブラハム・リンカーンにかんして知っていることといえば、その昔教科書で習った程度である。
つまり、第16代アメリカ大統領、奴隷解放の父、有名なゲティスバーグ演説等など・・・

この映画は、そのリンカーンのおそらく一番エキサイティングな28日間が描かれ見応えまんてん。
しかも、公人と家庭人の二つの面から、強さや長所とともに欠点や現実的妥協もある人として。

c0026824_19385231.jpg


南北戦争末期の1865年1月、大統領に再選されたリンカーンは奴隷制廃止のために憲法修正を決意、議会での可決をめざす。
そして、あらゆる手段を講じて票集めに奔走し、敵対する民主党議員の切り崩しをも画策する。
政治とは駆け引きであるが、そこに高い志がなくてはならない。

その1票をめぐる争いに、その緊張感に思わず引き込まれてしまう。
まるでサスペンス映画を観るようである。
法廷劇というのがあるが、この映画は議会劇とでもいえばいいのか。
結果は解っているのにハラハラ、手に汗握るのである。

歴史に残る大統領にも弱みがあって、妻だけは制御できなかったようである。
そんな妻との確執、また長男の反抗にもあうのだが、末息子とのふれあいにこころ癒される。
またなにより、名演説ばかりではない、ウイットに富んだ語り口が印象的。
たんなる英雄としての姿ばかりではない、人間リンカーンが描かれいて興味深い。

スピルバーグ監督作品としては今までの映画と違い映像が極力抑えられており、色の印象がほとんどないモノクロ映画のようである。
映画の最初にちょっと戦闘場面が入る以外は、舞台も議場か同じ室内が多い。
「映像よりもリンカーンの素晴らしいことばや存在感が第一だった」とスピルバ―グは言う。

リンカーンを演じたダニエル・デイ=ルイス、アカデミー賞最優秀男優賞に輝いたのは納得の演技。
リンカーンといえば、当分彼の顔や姿が思い浮かぶことだろう。
余談ではあるが、アカデミー賞授賞式でのダニエル・デイ=ルイスのスピーチは、それこそウイットとユーモアに富んでリンカーンにも負けないくらいステキだった。

私の独断と偏見で、第85回アカデミー賞最優秀作品賞はこの「リンカーン」に差し上げます。
by fu-minblog | 2013-04-19 19:37 | 映画 | Comments(0)

「世界にひとつのプレイブック」

本日、不要不急の外出は控えるようにとのお達しをも顧みず、春の嵐を踏み越えて映画に行った。
しかも行くたび迷子になる、一番遠い映画館へ。
帰ってこれなくてもそれはそれでいい、というのだから命知らずの不良老人ほどコワイもんはない。
さいわい雨風は思ったほどではなく、無事帰宅いたし候。


c0026824_20275554.jpgさて、映画の方は基本的にはラブストーリーなのだが、登場人物が皆どこかクレイジー、そして人生の挫折を味わっている。

パットは妻の浮気が原因で双極性障害になり入院、高校教師の職を失う。ティファニーは夫を亡くしたショックから立ち直れない。そんな二人が出会い、ダンスコンテストに出場するという目的によって希望の光を見つける・・・

前半はやや退屈なのだが、後半にゆくにしたがって盛り上がり、ほろりとするラストへ、というオーソドックスなつくり。私的には二人のダンスが楽しみだったのだが、ダンス映画ではないのでそれほど期待はできない。

アカデミー賞主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンス、気の強いすこしイカれたティフアニーを好演はしているが、ダンサーとしてはちょっと不満が残る。ダンサー独特のスリムだが筋肉質で、ムチのようにしなやかな身体では残念ながらない。

プレイブックとはアメフトの作戦ノートのことらしいが、この物語は二人にとっての人生のプレイブックであるにちがいない。
久しぶりに、OSTがあったら買おかしらん、と思ったくらい音楽がノリノリで印象的。
by fu-minblog | 2013-04-06 21:03 | 映画 | Comments(0)

「ライフ オブ パイ」

c0026824_2014333.jpg


ひさびさの、スケールの大きいファンタジー・アドベンチャー映画。
トラが出るってだけで観たくなるのに、トラと漂流した少年の話しとなれば迷わず、観る。
映画館の大画面と音量が迫力まんてん、手に汗握る展開に思わず引き込まれてしまう。

パイというのは、主人公の愛称。
インドで父親の経営する動物園で動物たちと暮らしていた16歳の少年が、家族や動物と一緒にカナダへ移住することになる。
しかし、彼らを乗せた貨物船が嵐に遭い沈没、パイだけが救命ボートに乗せられ命拾いする。

救命ボートには、足を折ったシマウマ、ハイエナ、あとから流れ着いたオランウータンもいた。
ところがナント!ボートにはベンガルトラのリチャード・パーカーもいたのである。
やがて、他の動物は死に、ボートにはパイとトラだけが残ることになる。

パイはトラに命を脅かされながら、自然の脅威や飢えと闘いつつ、苛酷なサバイバルを強いられる。
そして絶望的な漂流の後、パイはメキシコの海岸に漂着する。
その間、つぎつぎアクシデントが起こるのだが、必死で対処してゆく少年の成長物語でもある。

神の存在さえかんじさせる偉大で神秘的な自然の映像に圧倒される。
ベンガルトラのリチャード・パーカーの、生き生きとした動きがCGとは信じられない。
とにかく、血沸き肉躍る物語ばかりか、海と空と動物や魚がふんだんに観られるのである。

実は、この物語が信じられない方のために、もう一つの物語も用意されている。
トラと少年が227日間も漂流したなんて、あまりに突拍子もないと思われる方のために。
私は、もちろん、この少年の話しを信じます。

原作は2001年発表、イギリスのブッカー賞受賞のヤン・マーテル作「パイの物語」。
監督は台湾出身のアン・リー、主人公パイの少年時代を演じたのは、オーディションで選ばれたインドの少年。
たとえ演技経験がなくても、あの美しい目だけで十分である。
ふと、「スラムドッグ$ミリオネア」の主人公を思い出す。

ただ一つ残念なのは、この映画を3Dで観なかったこと。
3Dで観たら、もっともっと迫力があったのではないだろうか。

追記:実はその後この映画がアカデミー賞監督賞ほか最多の4冠に輝いた。
    それを記念して?もう一度3Dで観たのだった。
by fu-minblog | 2013-02-01 20:02 | 映画 | Comments(0)

「アーティスト」

c0026824_17594178.jpg

私もかなり古い人間ではあるが、サスガに、サイレント映画はチャップリンくらいしか知らない。
なので、映画館でサイレント映画を観るのはこれが初めてではないか、と思う。
しかし、なぜか懐かしい、私にとっての映画の原点がある気がしたのである。

観客が映画に求めるもの、それは一つには夢ではないか、と思う。
現実ではありえない、現実を忘れさせてくれるような。
そして観終ったとき、また明日から生きてゆく希望を感じさせてくれるような。

「アーティスト」は、おもいきりロマンティックな大人のラブストーリーである。
1920年代、映画がサイレントからトーキーに変わる時代、サイレントのスタージョージ・ヴァレンティンはやがて忘れられ、トーキーに新しいスターペピー・ミラーが登場する。
しかし、自分の女優への道を開いてくれたジョージを、ペピーは心から愛し、支え続ける・・・

今なぜサイレントでモノクロ映画なのか、と思わねワケではなかった。
しかし、今だからこそのサイレント映画だ、と私たちはやがて知ることになる。
最初のころ、セリフがないので自分でセリフを想像したりする。
そのうち、だんだんセリフが不要になり、映像と音楽だけで物語の世界に浸っている自分に気づく。

情報量が少ない分、私たちは想像力と集中力が増すのではないか。
これは現代、情報過多の時代に暮らす私たちへのアンチテーゼかもしれない。
映画も、セリフ、特に外国映画ではつい字幕に気を取られてしまう傾向は避けられない。
なんせ、サイレント映画は、ある意味世界共通なのである。

メチャクチャ可愛いく、迫真の演技?の犬のアギー、ジーン・ケリーやフレッドアステアを彷彿させるタップダンス、それだけでも私にとっては見る価値あり。
それにしても、初日というに観客ガラガラなのはなんでやろ???
by fu-minblog | 2012-04-07 19:28 | 映画 | Comments(0)

「ブラック・スワン」

c0026824_1619359.jpg


クラシックバレエの定番「白鳥の湖」をモチーフにしてはいるが、たんなるバレエ映画ではない。
一人のバレリーナが、清純な白鳥と悪魔的な黒鳥を演じ分けるバレエ「白鳥の湖」。
映画は、一人のバレリーナが少女から女へと変貌する姿、あるいは心の明と暗、光と闇を焙りだす。
サスペンスタッチの、ときにはオカルトタッチの心理劇なのだった。

実力はありながらいま一歩プリマになれないニナは、ある日念願の白鳥の湖の主役に抜擢される。
しかし彼女は、その喜びと同時に大きなプレッシャーに押し潰され、精神的に追い詰められてゆく。
やがて、ニナは現実とも悪夢ともつかない世界を彷徨うことになる。

ニナは、同じバレリーナだった母親の期待を一身に受け、その重圧から逃れたくても逃れられない。
また、自分自身を優等生の殻に閉じ込めて、心を解き放せないでいる。
そんなニナに監督は、白鳥としては合格だが、黒鳥としての物足りなさを指摘し続ける。
自分と正反対に奔放で官能的なリリーというライバルが現れ、ニナは次第に狂気の世界へと・・・

ニナを演じたナタリー・ポートマン、ちょっとオードリー・ヘップパーン似の清楚な顔立ち。
その迫真の演技で本年度アカデミー賞主演女優賞に輝く。
演技もさることながら、長く厳しい訓練を要するバレリーナという役を、その肉体を、短期間で仕上げた努力には驚かされる。

それにしてもスポーツにしろバレエにしろ、人間はなぜこんな困難な技に挑戦するのか、と思う。
そしてその答えを、私はV・E・フランクル著「それでも人生にイエスと言う」の中に見つけたのだった。
「困難によって成長するために困難を造りだすことにほかならない」と。
by fu-minblog | 2011-05-11 18:41 | 映画 | Comments(2)

「英国王のスピーチ」

c0026824_18391368.jpg


今回のアカデミー賞、主要部門を独占したから言うわけではないが、「ソーシャル・ネットワーク」とはダンチによかったです。
それほど派手な作品ではないが、笑いあり涙ありの見応えある、奥深い人間ドラマである。
クライマックスをラストのスピーチにもってゆくというオーソドックスなつくりなのだが、久々に映画らしい映画を観た、という感じがする。

この映画がアカデミー賞作品賞に選ばれたことで、アカデミー賞やアメリカ映画関係者の見識が保たれことを実感する。(ちょっと生意気ですが)
ついでに言わせてもらえば、昨年度も、私があまりのツマラナサに没にした「アバター」も、その観客動員数にもかかわらず、前評判倒れで終わった時も同じ思いがしたのだった。

さてこの「英国王のスピーチ」、現エリザベス女王の父ジョージ6世の吃音を、資格さえ持たない無名のスピーチ・セラピストが治してゆくというストーリー。
オーストラリア人でもあるライオネルというセラピストは、吃音の原因が心因的なものであることに気づき、独創的な治療を次々試みる。

特にお互いを名前で呼び合い、対等な立場であることを要求する。
ジョージ6世もそんなライオネルに、ある日自分の辛い幼少時代を告白する。
父ジョージ5世に、左利きやX脚を矯正されたこと、スピーチを度々強要されたこと、また兄エドワード8世に吃音をバカにされたこと等など・・・

私たちの周りにも吃音に悩む人はいるに違いない。
ただ、国王という立場が彼に吃音であることを許さないのである。
しかも彼は、けっして国王になりたかったのではなく、皮肉にも、兄エドワード8世の王位を捨てた恋、によって思いがけず齎されたものなのである。

ジョージ6世は、ライオネルとの出会いや、彼をいつも励まし支え続けた妻エリザベスによって、やがて吃音を克服し、国王としての自信をつけてゆく。
そしてその過程は、国王ではないフツーの人々にとっても、大きな示唆と勇気をあたえてくれるのではないだろうか。

映画の中で、かのヒトラーの演説シーンがチラと挿入されるのだが、演説の天才と言われたヒトラーと、吃音に悩みそれを克服しようと努力に努力を重ねるジョージ6世の演説の対比は興味深い。
人は誰でも他人の前でスピーチする時、緊張もし、上がるものである。
もし、全くそうでない人は、それこそ異常で、大いに問題があるのである。

今日の新聞に、今回のアカデミー賞についての記事で「吃音が早口に圧勝」と書かれていたが、言い得て妙。座布団3枚くらい進呈します。
by fu-minblog | 2011-03-01 18:47 | 映画 | Comments(0)

「俺たちに明日はない」

c0026824_182238100.jpg
この映画はリアルタイムに映画館で観ているのだが、昨夜テレビで40年ぶりくらいに観た。
何度か放送していたのかもしれないが、なぜか観たことがない。
・・・なので、細部は記憶になかったりしたが、なにせラストのボニー&クライドが撃って撃って撃ちぬかれる衝撃的な映像はけっして忘れることはない。

今NHKBSでアカデミー賞受賞作品特集をやっていて、「俺たちには明日はない」も助演女優賞と撮影賞を受賞している。
ボニー&クライドという実話をもとにした男女の銀行強盗が主人公で、悲惨な結末へ向かってひた走ってゆくスピード感のあるストーリー、ラストばかりでなく、斬新で刺激的な映像は当時から注目されていた。



c0026824_18232165.jpg
また、クライド役のウォーレン・ビューティ、ボニー役のフェイ・ダナウェイがあまりにカッコよく、銀行強盗であることを忘れて応援している自分がいたりするのだった。
特にこの映画でデビューしたフェイ・ダナウェイは、当時のファッションやメイクにも影響を与え、ひとつの流行を作ったように思う
私は、実は「草原の輝き」以来ウォーレン・ビューティのファンなのだった。

昨年末、「パブリック・エネミーズ」というジョニー・デップ主演のこれまた銀行強盗の映画を観たのだが、すぐに「俺たちに明日はない」を思い出さずにはいられなかった。
銀行強盗ではあるが、弱者からは金を奪わず、けっして仲間を見捨てず、ただ一人の女を愛し抜くデリンジャーは、クライドと通じるものがあったのである。


べつに銀行強盗や派手な撃ち合いがけっして好きなワケではないが、「俺たちに明日はない」は私にとって、かなり印象深い映画なのだった。
by fu-minblog | 2010-02-18 18:53 | 映画 | Comments(0)

「愛を読むひと」

世界的ベストセラー小説「朗読者」を映画化した、感動的文芸作品。

c0026824_15463477.jpg


15歳の少年と21歳も年上の女性との束の間の、激しい愛が、この物語のはじまりである。
やがて少年は女性にせがまれて本の朗読をするようになるのだが、ある日忽然と女性は彼の前から姿を消してしまう
8年後、大学の法学部に通う彼に、女性との衝撃的な再会が待っていた・・・
現在と過去を行きつ戻りつしながら、別れと再会、愛の喜びと苦悩、そして女性の消しがたい過去と隠された秘密が明かされてゆく。

この映画には二つの重いテーマがあると思う。
一つは、戦争責任の問題。
かって強制収容所で看守をしていたという理由で、女性は戦争犯罪者として裁かれることになるのだが、彼女は貧しさゆえに、仕事として看守の道を選んだのだった。
たとえ看守にはならなかったとしても、当時ナチスを支持した全てのドイツ国民に戦争責任はあるやなしや?
また、ドイツに限らず、直接手を下さなかった一般市民に戦争責任はあるやなしや?

もう一つは、人間にとって一番大切なものは何なのか、ということ。
女性が自分の命も省みず、終身刑になることも厭わず守り通した一つ秘密、さいごの誇り。
少年だけが知っていて、彼もまた彼女の誇りを守り通そうとする。
そのために、彼女の罪が重くなることを知りつつも、彼女のために朗読者として生きる決心をする。
人間には、時として、命より大事なものがあるのではないだろうか?

この映画でアカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット、少年に大人の女の愛を教える官能的な姿、自分の過去の過ちを潔く認めて見せる毅然とした態度、刑務所で年老いた孤独な老女の姿等など・・・
あのタイタニックからは想像できないすばらしい演技。
ただ一つ、少年時代とその後年のマイケルを演じる俳優が、どーも感じが違うのが残念だった。

久しぶりに、切なさとやりきれなさに、心も眼も洗われる映画でした。
by fu-minblog | 2009-06-23 17:37 | 映画 | Comments(2)

「スラムドッグ$ミリオネア」

感想をひと口で言うと、面白すぎ!
しかし、そんな映画がなぜか一般映画館では上映されないのだ。なんでや~!
ご存知のように、アカデミー賞を8部門も取った映画なのだが、インドを舞台に登場人物も全てインド人の、まるでインド映画のようである。
とにかく、インドの熱気がムンムンの、思い切りピュアなラブストーリーを軸に、エキサイティングな展開が速い、スリリングな映画である。

c0026824_1715334.jpg
スラム街でスラムドッグと呼ばれて育ち、ロクに教育も受けてない貧しい青年が、ミリオネアというクイズ番組で全問正解、文字通りミリオネアになるという、夢のような話。
しかも、彼はその答えを本などによる知識からではなく、自らの体験、人生の中から導きだすのだ。
そんなアホな・・・と思う勿れ、そこには一つの真実が隠されているのである。
彼はただひたすらに、ただ一途に、ひとりの女性を愛し抜くのである。
それは人生に対しても同じで、最悪の環境に置かれても、けっして心は穢れることなく、誠実にひたむきに生きてゆく。
そんな人生から、彼は全てのことを学んでゆくのである。
そして、そんな青年を神はけっして見捨て賜うことはないのである。(ここでいう神とはアラーの神)
つまり、運命が彼に味方する、っていうワケなのだ。(信じる者は救われる)


私はザンネンながら、クイズ番組をほとんど見ないので、日本のミリオネアというクイズはただの1回、ほんの数分見たきりである。
映画はこのクイズと彼の人生を交互に見せてゆくのだが、映画のクイズの司会者が思いっきりイヤな奴で、思わず日本の大嫌いな司会者を思い出したって次第。。。

自分の子供に、無菌状態の温室で、ただただお勉強だけさせている教育ママにはぜひ見ていただきたい。
人生にとって何が一番大切かをきっと教えてくれるのではないか、と思う。
by fu-minblog | 2009-04-24 18:56 | 映画 | Comments(6)

「おくりびと」 DVD

c0026824_1850332.jpg

昨年、モチロン映画館で観ているのだが、今回アカデミー賞受賞記念に?DVDをゲット。
DVDのメリットは、何度も好きな時に観られること、そして特典映像などフロクが付くこと、である。
この「おくりびと」のDVDも約1時間の特典映像が付いている。
うち35分くらいのメイキングは、なかなか興味深い。

しかし何よりの圧巻?は、本木雅弘の15分近くにも及ぶ納棺の儀である。
映画ではエンディングに使われているが、、ナント、納棺を最初から最後まで一人で行っている。
なんでも、俳優を辞めても納棺師としてやってゆける、とお墨付きをもらったくらいだという。
私もそれほど見知っているわけではないが、あんなに美しい納棺の儀は初めて観た。
モッくんのこの映画に対する並々ならぬ想いが伝わってくる。

この映画のヒットで、死に対して、ひいては生に対して真剣に向き合うこと、あるいは、納棺師という職業に光を当てることになったことだろう。
特に納棺師については、あまり知られてなかっただけに、一つの職業として社会的認知度が急に高まったようである。
ただ、おくりびととは、ひとり納棺師のことではなく、私たちは皆おくりびとであり、おくられびとであるのだと、今回つくづく思った次第である。

私はお墨付きのミーハーってところです。はい。
by fu-minblog | 2009-03-17 21:29 | 映画 | Comments(4)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(96)
(95)
(90)
(84)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン