ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
秋点描
at 2017-09-21 10:57
「三度目の殺人」
at 2017-09-16 10:50
JANG HOGYO&ARE..
at 2017-09-12 18:08
アイビースクエアとカメラ事情
at 2017-09-06 19:34
「新感染」
at 2017-09-02 10:31
9月初日の水辺のカフェ
at 2017-09-01 18:17
八月に観た戦争映画
at 2017-08-24 17:36
「海辺の生と死」
at 2017-08-24 10:28
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ジャン・ホギョと11人のアジュンマたちⅢ

楽しい時間は早く過ぎるもの、あっという間に最終日になった。
午前中はザ・韓国のクァンジャン市場に。
食料品の他にも衣類や日用雑貨も多数あり。
お土産を買う人は買い、私みたいに買わない人は見学する。

その後ソウルタワーへ、レストランでランチの後展望台で景色を見たり売店を見たり。
ここでヘウォンくんとは名残惜しいけどお別れし、私たちも仁川空港へと向かう。
c0026824_14293787.jpg

ホギョさんが真っ赤なハートのカギを買って、一生懸命メッセージを書いてくれた。
私たちのご縁が続きますように!また韓国へ来られますよーに!との思いを込めて。

かくして、しばらくソウルに残るホギョさんに空港で見送られ、11人のアジュンマたちはいっぱいの思い出を胸に帰国の途に就いたのでした。

ホギョさんに心からの感謝と愛をこめて、カムサハムニダ クリゴ サランヘヨ~162.png



by fu-minblog | 2017-05-31 21:17 | | Comments(0)

ジャン・ホギョと11人のアジュンマたちⅡ

2日目はかなりハードなスケジュール。
ただ、朝が自由時間だったので、その間私はホテルの部屋に居た。
明洞で買い物などした後、明洞にあるオダリチブというお店で食事とホギョさんのライブが予定されている。

食事はボリューム満点の焼き肉コース。食事が終わったころからライブが始まった。
今回のツアーは、ホギョさんの友人ヘウォンくんがアシスタントをしてくれていて、彼もまたミュージシャンなのでライブに参加してくれることになり、盛り上がったことは言うまでもない
c0026824_16232041.jpg

さて、次に向かったのが景福宮、でも見学するその前にチマチョゴリに着替えたのである。
ホギョさんとヘウォンくん、そして11人のアジュンマたちもすっかり時代劇の世界へ?
平地はまだしも、階段ではチマの裾を踏んだりしつつ、いざ宮殿へ。

c0026824_17082687.jpg
この後チマチョゴリを脱ぎ、夕食のサムゲタンのお店に向かった。
けれど、この後に今日の、いえこの旅行のメインイベントが控えているのである。
いったんホテルに帰り、11人のアジュンマを待っているのはホギョさんと一緒に乗るリムジンデイト。
しかも、一度には乗れないので、それぞれグループごとに分かれるのである。

ただその写真は残念ながらまだ届いていない、という次第。



by fu-minblog | 2017-05-31 17:24 | | Comments(0)

ジャン・ホギョと11人のアジュンマたちⅠ

5月27~29日まで、2泊3日の韓国ツアーに行ってきた。
ホギョさんが11人のアジュンマたちを連れての韓国旅行、団体旅行とも個人旅行とも違う、今まで味わったことのない愉しく、わくわくする旅となったのである。

日にちと時間が変わったりしつつも、三日間の予定はほぼ達成するという。
また、一日目の漢江クルーズのように、時間が大幅に遅れたにもかかわらず、日没のきれいな景色が見られてかえってよかったりした。

c0026824_15442253.jpg

旅が企画されたのは昨年末、今年に入ってすぐに申し込んだのだが、出発までのほぼ5ヶ月の間にはいろいろなことがあった。
何より、朝鮮半島の不穏な情勢がずっと続き、旅行を断念した人もあったようである。
けれど、私的には止めようと思ったことは一度もなく、ずっと楽しみに待っていた。

思えばちょうど10年ぶりの韓国、また行くことになるとは思ってなかったのだが、フツーの旅行ならきっと行かなかった、と思う。
今回はホギョさんと一緒に韓国ソウルを旅する、ただその一点だけで参加したのである。
そしてそれは、実に正しい選択だったと、今思う。

なぜなら、何かをしないで後悔するよりもして後悔するほうがイイ、と思って生きてきた。
しかも、つくづく行ってよかった今回の韓国ツアーだったのだから。
久しぶりの海外旅行で少々体力が心配だったのだが、何事もなくほんとよかった!

by fu-minblog | 2017-05-31 15:58 | | Comments(0)

庭の雑草たち

ハーブだけではなく、次々と庭に雑草が生い茂り花をさかせたり、穂をつけたり・・・
今年はカラスノエンドウからコバンソウへと勢力が移り変わっていき、夕化粧の可憐な花も咲く。
その盛衰が何時になく速いのが、今年の特徴のような気がする。

c0026824_16512985.jpg
今年はちょっとワケあって草取りをしていない。
なので、庭は草が生え放題、まさしく雑草天国なのである。
サスガに、草取りをしたい衝動にかられないわけではないのだが、もう少しの辛抱。

でも、カラスノエンドウはほぼ枯れているし、コバンソウも一時の勢いはなくなった。
いつの間にか自然に盛者必衰、ということなのか。
次はどんな雑草が盛者になるのか、ちょっとたのしみ???

by fu-minblog | 2017-05-23 17:04 | 四季折々 | Comments(2)

「美女と野獣」

ナント!ほぼ三ヶ月ぶりに映画を観に行った。
ここ数年、こんなに間が空いたことはなかった、と思う。
それほど観たい映画がなかったのと、風邪を引き咳が長引いたからである。

今日やっと、連休を避けて観に行こうと思っていた「美女と野獣」を、急に思いついて観て来た。
ま、ストーリーは知ってはいるし、大人の女性に成長したエマ・ワトソンちゃんでも観てみんとて。
ミュージカルなのでオリジナルの歌が聴きたかったので、いちおう字幕版で観た。

c0026824_17005243.jpg

前半は正直ちょっと退屈だったのだが、物語が進んでいくにつれてだんだん面白くなっていった。
とくに、野獣が現れてからはいつの間にか物語の中へ引きこまれている自分がいた。
そしてラストへ向かって迫力が増し、血沸き肉躍る展開に思わず手に汗握るってかんじ。
不覚にも?涙までこぼれる始末。

御存知のように、魔法使いによって野獣に姿を変えられていたのがもとの王子の姿に戻ってメデタシメデタシなのだが、私的にはなぜか野獣のままでいて欲しかったのである。
知的で心優しい愛すべき野獣のままで?

なので、私は勝手にストーリーを書き換えることにしようと思う。
ベルがちょっと変った女の子なので、たとえ姿は野獣でもきっと愛することができるハズ。
なぜなら、本当に大切なものは目には見えないのだから。

因みに、私にとっての「美女と野獣」は、往年のフランス名画、監督ジャン・コクトー、主演ジャン・マレーである。
まさかリアルタイムではないが、若かりし頃観た覚えがあるのである。
もし機会があれば観てみたいものだと思う。


by fu-minblog | 2017-05-19 17:40 | 映画 | Comments(0)

「騎士団長殺し」

ハルキストってほどではないけど、村上春樹の長編の新刊が発売されるとほぼ読んでいる。
今回はワケあって、発売されてから二ヶ月余りが過ぎてからやっと購入した。

ちょうど大型連休の始まる前で、何処へ行く予定もないので、せめてハルキワールドでも行ってこよっか、と思った次第。
まるでディズニーランドへ行く子どもみたいに。

さりとて以前のように一日読書三昧、というわけでもなく、毎日夜寝る前のお楽しみになっていた。
ゆえに、連休期間には読み終えられなかったのだが、私的にはあんまり早く読み終わってはかえって困ってしまうのだった。

c0026824_10033245.jpg

実は読み終わって一週間くらい経つのだが、時々騎士団長が目の前に顕れる?
いつものハルキワールドなのだが、それがいいか悪いかは別にして、これまでの長編に比べて解りやすいのではないだろうか。
文章はいつも通り読み易いので、読もうと思えばすぐに読めるかも・・・

1部イデア編、2部メタファー編などまんまやんか、と突っ込みたくもなるが、あくまでハルキ的?
どこまでが現実で、どこまでが非現実なのかが分からない世界。
でも、今回の主人公は偶々画家なのだが、美術の世界ではシュールレアリズムはれっきとした分野である。
小説世界だってシュールレアリズムがあっても不思議ではないのである。

村上春樹は日本では数少ないシュールレアリズム作家なのだと思う。
そして、シューレアリズムには批評はともかく、あまり解釈や分析はしないほうがよい。
ただ、物語のチカラを信じればいいのではないだろうか。


by fu-minblog | 2017-05-17 11:17 | | Comments(0)

空と海のライブ

爽やかな五月晴れの昨日、久しぶりにホギョさんのライブに行った。
名付けて「カチカジャBBQ」、野外ライブ+BBQ+飲み放題というイベント。
場所は、今年二月にもライブのあった倉敷シーサイドホテル、海辺のホテルである。

c0026824_10230089.jpg

テントで陽射しが遮られ、海からの涼しい風のおかげで気持ちよく飲みかつ食したのだが、ホギョさんだけはさぞ暑かったことだろう。
でも、青い空と海をバックのライブは、ちょうど良い季節とお天気のおかげもあって、新鮮で予想以上にステキだった。
ホギョさんとの、あるいは参加者同士の楽しい交流に、時間はあっという間に過ぎていったのだった。

ただ、わたくしめは運転手だったため、せっかくの飲み放題もノンアルコールビールしか飲めず、したがってBBQも進まなかったのは、ちょっぴり残念ではあったけど。。。。。

by fu-minblog | 2017-05-15 10:49 | 音楽 | Comments(0)

庭のハーブたち

大型連休も終わり、今日からまた日常が戻って来た。
私は年中連休なので、世間が連休中は大人しくほぼ蟄居している次第。

今年はワケあって草取りをまだしてないので、草ぼーぼーの庭である。
そんな中でも、ハーブが次々律儀に花を咲かせてくれている。

c0026824_17393784.jpg

連休が過ぎると季節はまた次のステージへ。
季節の移り替わりの速さに取り残されるばかりである。


by fu-minblog | 2017-05-08 17:53 | 四季折々 | Comments(0)

藤公園

今日は友人と、和気の藤公園へ藤の花を見に行った。
ちょっと早いのを覚悟して行ったのだが、やはりまだ五分咲きくらいだった。
それと、今年は例年に比べ花の付きがイマイチかな?という気がしないでもなかった。

c0026824_17391113.jpg
c0026824_17392864.jpg
c0026824_17395332.jpg
藤公園には行くたび迷子になるのだが、今日はナビ係のおかげで無事辿り着くことができてよかった!
でも、一人で迷子にならずに行く自信はやっぱりまだ、ない。
困ったことである。


by fu-minblog | 2017-05-02 17:47 | 四季折々 | Comments(0)

スズランの日

今日から5月。
5月1日がスズランの日、だと知ったのは一昨年のことである。
けれど、我家の庭のスズランの花が、5月1日には咲く不思議に今年も遭遇したのだった。

c0026824_20243964.jpg
実はこのスズラン、もう数十年前に友人からもらった一株が生き続けている。
しかも、かなり数を増やして・・・
可憐な花に似合わず、生命力旺盛な花なのだろうか?
それとも、よほど我家の庭が気に入ったのだろうか?
よく言えば自然のまま、悪く言えばほったらかしの我家の庭で。

来年も5月1日には咲いてくれるかしら???






by fu-minblog | 2017-05-01 20:36 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(90)
(85)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン