ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
つかの間の気晴らし in R..
at 2017-10-19 10:42
「ダンサー、セルゲイ・ポルー..
at 2017-10-15 12:07
カズオ・イシグロノーベル文学..
at 2017-10-07 11:22
川辺の風景
at 2017-10-03 17:58
真っ赤なコート
at 2017-10-01 17:12
きびじつるの里
at 2017-09-27 17:09
初秋の吉備路
at 2017-09-27 10:53
川辺のコスモス
at 2017-09-24 11:19
秋点描
at 2017-09-21 10:57
「三度目の殺人」
at 2017-09-16 10:50
最新のコメント
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47

<   2013年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ひとりあそび

このブログのタイトルどおり、毎日ひとりであそんでます。

何して、って? たとえば、こんなことして。

c0026824_13414110.png


c0026824_1344323.png


c0026824_13433937.png


さいきんめったに書かない手紙にかえて・・・
by fu-minblog | 2013-06-29 13:44 | 日常茶飯事 | Comments(2)

二階建ての花

ふと見ると、ベルガモットの花が二階建てになっていた。

まさか、三階建てにはならないとは思うけど、

もしなったら、、、、、またおしらせします。


c0026824_18372282.jpg


c0026824_18462412.jpg

by fu-minblog | 2013-06-27 18:54 | 四季折々 | Comments(3)

「10人の泥棒たち」

韓国映画「10人の泥棒たち」を観てきた。
べつに観て何かが残る映画ではないが、観ているあいだはけっこうコーフンする。
何もかも忘れて楽しめる映画、ではある。

c0026824_17134154.jpg


韓国人6人と中国(香港)人4人と合わせて10人の泥棒たち。
舞台も、ソウル、香港、マカオ、プサンと移動、セリフも中国語(北京語)と韓国語が入り混じる。
ただちょっと、精鋭のプロ集団というには、どっかドジで心許ない。
さいしょの、ソウルの美術館で秘蔵コレクションを盗むのだけは、鮮やかなのだが。

オーシャンズは11しか観てないのだが、それに比べるとやっぱり泥くさいかな?
ま、韓国映画らしいといえば言えるのだが、人間関係が濃密ってゆーか、恨が色濃い。
それでも、アクションあり、ラブストーリーあり、コメディありと、飽きさせないエンターテイメント。

出演者も、韓国俳優ではキム・ユンソク、イ・ジョンジェ、女優陣がキム・ヘス、チョン・ジヒョン、キム・ヘスクと懐かしい顔ぶれ、そして若手のキム・スヒョン。
白状すると、この映画を観たワケは、ほぼ大半はミーハーってところ。。。
幼少のみぎり、アルセーヌ・ルパンにあこがれ、大泥棒になりたかったくらい泥棒好き?とはいえ。

それにしても、こっからはグチになるが・・・
なんでかこの映画だけ、シニア割引もレディース割引もいっさいなく通常料金。
なんでも、期間限定の特別上映だからだそうである。
どしゃ降りの中、はるばる遠くの映画館へ行った手前、泣く泣く払わせていただきました。

おまけに、メイキング映像のDVDつきたらゆうパンフレットまでつい買ってしまい・・・
ミーハー道もなかなかタイヘンなんでございます。
by fu-minblog | 2013-06-26 18:34 | 映画 | Comments(2)

てふてふ

今日、庭で草取りしていたら、てふてふが飛んできた。
てふてふは、やっぱりオレガノが好きみたい。
そっか~、オレガノもちゃんと役に立っていたんだ、とあらためて気づく。

c0026824_17583940.jpg

by fu-minblog | 2013-06-23 18:23 | 四季折々 | Comments(2)

プロの文章力

本、とくに随筆やエッセイを読むとき、内容もさることながら文章力は大きなウエイトを占める。
文章の上手い下手、あるいは合う合わない、好き嫌いに左右されてしまうのである。

私の独断と偏見では・・・・・
名文の誉れ高い美しい日本語の珠玉の文章、近寄りがたい優等生は須賀敦子さん。
ほとんど名人芸ともいえる随筆の達人で、気取らない優等生は向田邦子さん。
自由奔放、歯切れがよくて痛快、その毒気に当てられ?中毒になってしまった佐野洋子さん。

今回この三人に加えて、若き世代(私よりは)の二人の文章の達人の本をご紹介。
なぜか全員女性なのだが、その理由については今のところ考えない。


c0026824_14141710.jpgこの本を最初に読んだのは実は昨秋である。岸本佐知子さんの本は「ねにもつタイプ」も面白かった。翻訳家としてご活躍なのだが、エッセイストとしても認められた存在。

前回と同じ感想になってしまうのだが、ただの日常が岸本さんの手にかかると、妄想と空想に満ちたシュールな世界に変わってしまうのである。その落差に戸惑いつつも興味シンシン。つぎつぎ読みすすんで終わるのがもったないくらい。一話一話につくイラストがオシャレ。

翻訳家ということばのプロ中のプロだから当たり前なのだが、リズム感のある文章がここちよい。
また、岸本さんと私にはオリンピック嫌いという共通点があったのである。


c0026824_13385082.jpgダメもとで図書館にリクエストしたら、意外にもすぐに手許に届いた。実はつい先日もべつの本が届き、少々味を占めている?それはともかく、著者太田直子さんの本は以前にも「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」を読んでいる。

太田さんは、日本語以外の映画の字幕翻訳者である。たしかにお世話になっているにもかかわらず、つい当たり前のように見過ごしている映画の字幕、その内幕、あるいは字幕屋の仕事のイロハが書かれて興味深い。

たとえば、字幕の制限字数の目安は1秒4文字が基本だという。これを読むと、字幕に注意して映画を観るようになるからゲンキンである。私なんかつい先日も「華麗なるギャツビー」を上映時間の都合で吹き替えで観てしまい、太田さんに謝りたい気持ち。


後半は平均的なニホンゴと題して、今どきの日本語事情について書かれている。
私も同罪なのだが、ネット上でシロウトが簡単に文章を書くようになったことについて、
「誤字脱字はもちろんのこと、文法破綻、論理爆裂、句読点規範大逸脱、改行ゼロで黒山の文字だかり。ひと目見ただけで読む気の萎える文面がネット空間には腐るほどある」と、嘆いている。

映画の字幕翻訳家になったいきさつも書かれているのだが、子どもの頃の読書体験が似ていて面白かった。つまり、小学校までルパンばかり読んでいて、私なんか本気で怪盗になるつもりだった。
それがイキナリ、忘れもしない中学一年の夏休み、ドストエフスキーの「罪と罰」を読んで人生が180度変わってしまったのだった。
太田さんはそのままロシア文学へ、縁あって映画の字幕翻訳へとすすまれたのである。

日夜ことばと格闘し続けてきた二人の文章にすこしでもあやかりたい、と思う今日この頃である。
しかし、努力だけではどうにもならないこれは持って生まれた才能、のような気もするのである。
by fu-minblog | 2013-06-22 16:04 | | Comments(0)

紫陽花には雨がよく似合ふ

富士には月見草がよく似合ふ、紫陽花には雨がよく似合ふ。
・・・というわけで、桜桃忌の今日、雨の中吉備津神社の紫陽花園へ行ってきた。

少々早すぎなのか、雨が少なかったせいなのか、昨年一昨年に比べると花が小さく、すくな目。
それでも、斜面一面紫陽花に埋め尽くされ、見上げても見下ろしてもここは紫陽花づくしなのだ。


c0026824_9381853.jpg


c0026824_9383343.jpg


c0026824_9384820.jpg


c0026824_939073.jpg


c0026824_9391194.jpg


c0026824_9392257.jpg


子どもの頃、雨が降るとワザワザ長靴穿いて傘さして水たまりでバチャバチャして遊んだりした。
長じても(長じすぎ?)、雨の日車をぶっ飛ばして水しぶきをあげている。
ちなみに、今だに長靴愛用者である。
by fu-minblog | 2013-06-19 17:19 | 四季折々 | Comments(2)

時のない時計

時計草は時を刻まぬ時計

時のない時計


c0026824_9522795.png


ひさしぶりに、おさらいを兼ねてエレメンツであそんでみた。
ボツにするつもりが、今朝気が変わってUPすることに・・・

たんなるあそびです。
by fu-minblog | 2013-06-19 09:54 | 四季折々 | Comments(0)

オレガノよ

c0026824_1751148.jpg

我家の庭は、基本的には適者生存の庭である。けれどそれが行き過ぎると、ある一つの種によって畑または庭の一部が凌駕されてしまうのである。そこで、何年かに一度その種を徹底的に抜きまくる、という行為に及ぶ。

昨秋、そうやって花壇全体に繁茂していたオレガノを抜き、土を掘り起こし、新たにハーブガーデンを造った。ただ別の場所に生息していたオレガノは残しておいた。けれど去年まではこの時期庭の主役だったオレガノが、今年はすっかり脇役である。そのせいか、蝶の飛来もまだマレである。

自分で抜いておきながら言うのもナンだが、チト寂しい気がしないでもない。でもリニューアルしたハーブ園には、今ケンブリッジ・スカーレットベルガモットという長たらしい名前のハーブが、その名のとおり深紅の花を咲かせている。まだ株が小さいのだが、夏の間花が咲き続けるということで楽しみである。

平家物語の冒頭にもあるように盛者必衰の理、とまで言うのは酷かもしれないが、あまりに生い茂る植物もまたときにはジェノサイドの憂き目にあうのである。つらつら思うに、アップルミントをはじめ今までにも何種かはそうやって退治してきた(全滅はしていないが)。ついでに言えば、おごり蔓延るものは、植物でも人間でも嫌いなのである。

オレガノよ、置かれた場所で咲きなさい。
by fu-minblog | 2013-06-17 18:25 | 四季折々 | Comments(2)

夢よもう一度

去年大豊作だったフェイジョア。
今年も花はいっぱい咲いてるんですが・・・

c0026824_14365857.jpg


つい、夢よもう一度と期待は高まりますが、
期待しなければ、失望もないのです。
by fu-minblog | 2013-06-16 14:53 | 四季折々 | Comments(0)

「華麗なるギャツビー」

家に居ると暑いので、スポーツクラブに行くか映画に行くか迷って、結局映画に行った。
それも、期待と不安が半々の「華麗なるギャツビー」を観に。
今日が公開初日、なんでか3Dの吹き替えなのだった。(2D字幕版もあり)

c0026824_21223092.jpg


私にとって映画「華麗なるギャツビー」は、ロバート・レッドフォード主演のしか考えられなかった。
それくらい、なぜか心に残る印象的な映画なのである。
観終ってこんなにやりきれなく、切ない映画もめずらしい。

でも、ディカプリオ主演、バズ・ラーマン監督の「華麗なるギャツビー」は、現代的でドライだった。
その豪華さ、スピード感、享楽と頽廃さがバージョンアップされている。
おかげで前作よりは「悲劇のギャツビー」ではなかったかもしれない。

今回の映画は原作ともかなり違う構成になっている。
私は村上春樹の訳で読んだのだが、総じて小説の方が大人しい。
ある意味、非常に映画向きな小説なのかもしれない。

私は不思議であった。なぜグレート・ギャツビー、あるいは華麗なるギャツビーなのかが。
それが今日少し解った気がした。
それは、語り手でもあるニックにとってのギャツビーなのではないか、と。
ちなみにニックは、この物語の中で唯一マトモな人間なのだが。

それがたとえ虚しい夢でもあっても、やはり夢を持つことは必要なのだろうか。
ひたすら上昇志向を目指し、そのために夢と野心を持ち続けることは必要なのだろうか。
しかも、たとえ自分の愛した女とはいえ、良心のカケラもない上流階級の人間のために。

しかし、ギャツビーの夢ははかなく消え去った。
お金や財産では人の心やしあわせを得ることはできないし、過去は取り戻せない。
それに気づくことなく逝ったギャツビーは、あるいはよかったのかもしれないとさえ思う。

ディカプリオ、やっぱり年取りましたよね~
デイジー役のキャリ・ーマリガン、美しいおバカさんにはピッタリ。
前作のミア・フアローよりはよかったです。

あまりアメリカ文学は詳しくないのだが、サリンジャー(ライ麦畑でつかまえて)とトルーマン・カポーティ(ティファニーで朝食を)と、そしてこのフイッツジェラルドだけはなぜか好きである。
by fu-minblog | 2013-06-14 19:42 | 映画 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(91)
(85)
(82)
(60)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン