ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
庭の雑草たち
at 2017-05-23 17:04
「美女と野獣」
at 2017-05-19 17:40
「騎士団長殺し」
at 2017-05-17 11:17
空と海のライブ
at 2017-05-15 10:49
庭のハーブたち
at 2017-05-08 17:53
藤公園
at 2017-05-02 17:47
スズランの日
at 2017-05-01 20:36
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
最新のコメント
>カラサワさん こちら..
by fu-minblog at 17:50
ご無沙汰しております。 ..
by カラサワ at 15:00
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

庭の花たち

ハナミズキのほかにも庭にはこんな花が・・・

ライラック

c0026824_17103429.jpg


白ヤマブキ

c0026824_17121830.jpg


ハーブ

c0026824_17124580.jpg


4月のおわりに。
by fu-minblog | 2012-04-30 16:48 | 四季折々 | Comments(4)

ハナミズキ追想

我家にも2本のハナミズキがある。
そのうち1本は、30年前この家に引っ越したとき植えた木である。
実家の庭にあった、ひこばえか実生の、まだ50㎝くらいの小さな苗だった。

c0026824_12251471.jpg


それが今では、我家の庭では一番の大木となって、毎年花を咲かせ続けている。
ただ、今年はなぜか花が少ないのである。
去年剪定しなかったにもかかわらず・・・

c0026824_12322534.jpg


ハナミズキの花(萼)は、そっと風呂敷包みを開いてゆくようにひらく。
しっかり結ばれていたのが、いちまい、また一枚とほどけてゆくように。
そして、あるときぱっと開ききるが、その一瞬を私はしらない。

c0026824_12534081.jpg


今やハナミズキの街路樹も多く、花も見事に咲いていたりする。
でも私にとって、このハナミズキは特別で、30年共に過ごした家族みたいな気さえするのである。
来年は?・・・・・それは誰にもわからない。
by fu-minblog | 2012-04-29 13:17 | 四季折々 | Comments(0)

天国と地獄

昨日は絶好の行楽日和、ついフラフラと出かけたまま糸の切れた凧になって青空を舞っていた。


RSKバラ園は、ハナミズキとボタンが満開

c0026824_10191080.png

c0026824_10204425.png
c0026824_10212100.png
c0026824_10213777.png
c0026824_1022164.png

チューリップはそろそろ散りかけ

c0026824_10224267.png

c0026824_10454575.png

半田山植物園は、花より新緑がうつくしい

c0026824_10233578.png

今日から世間ではGWが始まった。
私には、庭の草抜きの刑が待っている。
by fu-minblog | 2012-04-28 10:54 | 四季折々 | Comments(0)

レンゲソウ

この時期郊外を車で走ると、田畑の一角がまるでパッチワークみたいにレンゲ色に染まっている。
昨日のこと、道路わきにレンゲ畑があったので、思わず車から降りて写真を撮った。

まど・みちおさんの詩を添えて。
c0026824_17233578.gif

by fu-minblog | 2012-04-26 17:28 | 四季折々 | Comments(0)

リバイバル

下の画像は、3年前の4月25日のものである。
当時は今よりもはるかに、尾崎豊にもブログにも熱心だったようである。

今や、とてもこんな手間ヒマをかける情熱はない。
ちょっと懐かしく、また恥ずかしくもあるのだが、リバイバルしてみた次第。






3年たてば、やはりヒトのこころは変わるのだろうか。
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」という。
by fu-minblog | 2012-04-25 15:49 | 音楽 | Comments(2)

4月のティルナノーグ倶楽部

今月から1年間、月に1度ティルナノーグ倶楽部で料理とテーブルコーディネイトを習うことになった。
・・・とはいえ、お察しのとおり、大部分は食べるのが目的なのだが・・・

今日はその記念すべき第1回目、今が旬の鯛とタケノコとフキを使ったお料理。
● タケノコと鯛のグラタン風 木の芽風味
● フキと鯛のマリネ 湯葉添え
● 鯛アラのすまし汁
● 小豆玄米ごはん
● デザート(うれしいオマケ)

c0026824_16381894.jpg


タケノコの下処理は、皮をむき塩をすりこみホイルにくるんで200℃のオーブンで約1時間焼く、という方法だったのだが、湯がいたものより味が濃く、風味がよい。
あと、フキの下処理、鯛アラのだし汁の作り方など、一から教えてもらった。

さいきんなぜかワザワザ苦手なことに挑戦しているみたいで、昨年は写真、今年は料理である。
ムダな抵抗、という気もするが、「出発に年齢はない」という萩原葉子さんのことばを信じたい。
by fu-minblog | 2012-04-20 17:29 | 日常茶飯事 | Comments(2)

パンジー&ビオラ

花が長く咲く、という点ではパンジーとビオラも表彰に値する。
去年の秋からずっと咲き続けているのだから。
しかも、ほとんどほったらかし。

c0026824_1053652.jpg


冬の寒さに耐えて、今を盛りと咲くパンジーとビオラに感謝をこめて!
by fu-minblog | 2012-04-18 10:54 | 四季折々 | Comments(0)

花よりおしゃべり

昨日は、新潟の義兄夫婦が京都に来るというので、京都へ会いに行った。
京都に住む義弟夫婦も一緒に、駅のホテルで食事とおしゃべりを楽しんだ。
・・・のはいいが、結局一歩も京都駅から外へ出ずに帰ってきた。
ほんとは、どこかへ桜でも見に行きたかったのだが、おしゃべりに花が咲きすぎて、あっという間に時間が過ぎてしまったのだった。

c0026824_1853240.jpg


私には実の姉妹はいないが、そのかわり、義理の姉妹が数人いる。
めったに会うことはないので、会うとつい懐かしく、話しがはずむ。
そして、たとえ血は繋がらずとも、こうして姉妹がいてよかったな、とつくづく思う今日この頃である。
花よりだんご、ならぬおしゃべりな一日、これもまたよし。
by fu-minblog | 2012-04-16 18:56 | 日常茶飯事 | Comments(0)

春夏の帽子

今年の春夏の帽子はなぜか紅白。
つば広だけど生地が薄いコットンなので、すんごく軽い。
軽いので風にとばされないよう、両手または片手でつばの縁を持っている。
オシャレもなかなか疲れるのである。

c0026824_1592540.jpg


最近になってやっと春らしいファッションになってきた。
そこでようやく、春夏の帽子の出番がやってきたという次第。
願わくば、風よ吹くな、吹くならやさしく!
by fu-minblog | 2012-04-14 15:32 | 日常茶飯事 | Comments(2)

けなげで賞

スポーツクラブの桜ははや散り初めし、でしたが、我家のシクラメンは2鉢ともまだ咲いています。
ほぼ4ヶ月、赤い花は少々色が褪せ、白い花はめっきり花が小ぶりになったとはいえ。

旬を過ぎてもなお咲き続けるその姿に、つい応援したくもなるのでした。
そこで今年も、「けなげで賞」を授与することにいたしました。

c0026824_17364296.jpg


人に寿命があるように、花にも寿命があるようで、
潔く散るのがいいか、命尽きるまで咲くのがいいか、
ふと、そんなことを想う今日この頃です。
by fu-minblog | 2012-04-12 17:56 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(218)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(89)
(82)
(81)
(59)
(56)
(51)
(49)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月