ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
JH オリエンタル・ナイトシ..
at 2017-12-16 14:59
 華紋 de ランチ
at 2017-12-08 21:44
クリスマスツリー
at 2017-12-03 18:05
同窓会 in 倉敷(アイビー..
at 2017-11-30 21:33
同窓会 in 倉敷 (素敵な..
at 2017-11-30 16:34
同窓会 in 倉敷(川舟初体験)
at 2017-11-30 12:06
紅葉満喫 in 近水園
at 2017-11-22 18:09
フェイジョア大豊作
at 2017-11-16 10:30
カズオ・イシグロ全作読破?
at 2017-11-11 16:56
新見鉄板焼ランチ
at 2017-11-08 16:24
最新のコメント
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

生きててくれてありがとう!

2階猫になって約4ヶ月、モモはとうとう寝室猫になりました。
トイレとエサ場までの2~3メートルの廊下が遠いようなのと、寝室のドアを開けたままにしておくには寒すぎると思われて・・・
せっかく慣れていたのでしばらくは落ちつかないようでしたが、そのうち慣れました。
これでモモの行動半径がさらに小さくなってしまったのでした。

c0026824_2114095.jpg


先日冷え込みが緩み、束の間の暖かな陽射しの一日が訪れたので、モモを庭に連れて出ました。
最初は恐怖心の方が先にたつようなのですが、土の上に降りるとやはり懐かしそうです。
今年の終りにこうしてモモが散歩に出られたこと、なによりうれしく思います。
来年もまたこんな日があると信じて・・・

c0026824_2116307.jpg


一時はどうなることかとシンパイしたけれど、
こうやって命の続く限り私のそばで、生きててくれてありがとう!
今年もあと三日、どうにかモモと一緒に年が越せそうです。
by fu-minblog | 2009-12-28 21:37 | 日常茶飯事 | Comments(2)

2009・出会い

年末のテレビ番組じゃ~ないけど、この1年を振り返る今は時期みたい。

今年のよき事、ブログを通して知り合った友人との出会いが1度ならず2度もあったのである。
春には高知でshizuka7さんと、そして今月のはじめ、地元倉敷でRika-news さんと出会った。
そのイキサツはこうである。

Rika-news さんが宮本輝著「約束の冬」という小説を読み、その舞台となった総社市へ来るという。
小説の中で、その地で空を飛ぶ蜘蛛を見た少年が出てきて、彼女はその蜘蛛の話に魅せられてしまったのだった。
総社は倉敷のすぐ北隣りの街であり、おまけにアイビースクエアに宿泊するという。

c0026824_18534963.jpg


実は私も「約束の冬」を読んでみて、その地とは私が年に何度か行く吉備路、備中国分寺五重塔近辺であることが分かったのである。
また、アイビースクエアといえば私のテリトリー、いえ、庭みたいなもんである。
そこで、思いがけず今年2度目のブログ友との対面と相成った次第。

c0026824_1854555.jpg


翌日、12月とは思えないポカポカ陽気のなか、国分寺五重塔からこうもり塚へと約1時間遊歩道を歩いたのだが、ザンネンながら空飛ぶ蜘蛛は見られなかった。
空飛ぶ蜘蛛はいなかったけど、吉備の里はコスモス、菜の花、おまけにホトケノザまで咲いていた。
そして私にとってなによりうれしいのは、人と人との出会いの不思議なのであった。

c0026824_18552284.jpg


これで思い残すことなく年が越せそうです。
by fu-minblog | 2009-12-25 19:04 | 四季折々 | Comments(2)

2009・シネマ舘

今年はヒマだったのか、気がついたら映画館で16本も映画を観ている。
面白かったのもあり、つまらなかったのもある16本を、全てここに記念にUPしておこうという
私ってよっぽどヒマ人?

「20世紀少年 第2章」

c0026824_10273535.jpg

「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」

c0026824_1144364.jpg

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

c0026824_10302269.jpg

「チェンジリング」

c0026824_1031842.jpg

「レッドクリフ PartⅡ」

c0026824_10313154.jpg

「スラムドッグ$ミリオネア」

c0026824_1032639.jpg

「グラン・トリノ」

c0026824_10321752.jpg

「愛を読むひと」

c0026824_10322910.jpg

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

c0026824_10325244.jpg

「グッド・バッド・ウィアード」

c0026824_1033678.jpg

「20世紀少年 最終章」

c0026824_10331925.jpg

「ココ・アヴァン・シャネル」

c0026824_10333258.jpg

「空気人形」

c0026824_10334442.jpg

「ヴィヨンの妻」

c0026824_10423827.jpg

「プール」

c0026824_10385352.jpg

「パブリック・エネミーズ」

c0026824_10343026.jpg


私的には、もう1度観てみたい「グラン・トリノ」、DVDを買ってもよい「空気人形」ってところ。

不良少女?だった私は、高校生の頃からよく学校をサボって映画を観に行った。
私の願いは、老いた不良少女のように死ぬことである。
by fu-minblog | 2009-12-24 11:38 | 映画 | Comments(4)

千の風になって

前回の記事が999ページ目、そしてこの記事でちょうど1000ページになります。
以前「500の風になって」をUPしたときには、マサカ1000までくるとは夢にも思いませんでした。
それが、ここまで来られたのは、オーバーかもしれませんが、奇跡です。

ちょうど、このブログを始めて、もうじきまる5年になります。
何も分からないまま、仕方なく始めたブログが、いつの間にか私の生活の1部になっていました。
途中、何度か止めようと思ったこともありますが、何とかここまで続けることができました。

それもこれも、毎日訪問してくださるみなさんのおかげです。
こんなブログに来てくださったほぼ20万人の訪問者の方々に、心から感謝とお礼を申し上げます。
とくに、コメントを通してまるで旧友みたいに親しみを覚えるプログともだち、ありがとうございます!

さいごに、ここまでよくがんばってくれたマイパソコン、表彰したいくらいです。
故障も、したがって修理も一度もせずにきた優秀で愛いヤツ。
ここにきてだいぶヒヤヒヤしたけど、もう何時壊れてもけっして文句は言いません。

今は正直、一区切りついた気持です。
この機会に、パソコンのメンテナンスもしつつ、自分にとってブログとは何なのかを改めて考えてみたいな、と思っています。

c0026824_9393393.jpg


私がこの「千の風になって」という詩に出会ったのは、今から10年以上前でした。
当時はまさかこの詩がこんなに有名になり、ましてや歌にまでなろうとは思いもしませんでした。
あの時偶然この詩に出会えたこと、そして、私をいつも見守ってくれている今は亡き大切な人たちに、ふかく感謝しています。

私の墓石の前に立って
涙を流さないでください。
私はそこにはいません。
眠ってなんかいません。
私は1000の風になって
吹きぬけています。
私はダイアモンドのように
雪の上で輝いています。
私は陽の光になって
熟した穀物にふりそそいでいます。
秋には 
やさしい雨になります。
朝の静けさのなかで
あなたが目ざめるとき
私はすばやい流れとなって
駆けあがり
鳥たちを
空でくるくる舞わせています。
夜は星になり、
私は、そっと光っています。
どうか、その墓石の前で
泣かないでください。
私はそこにはいません。
私は死んでないのです。


「あとに残された人へ 1000の風」 (三五舘)  作者不詳/南風 椎・訳

by fu-minblog | 2009-12-01 07:05 | Comments(13)


検索
カテゴリ
タグ
(224)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(92)
(87)
(83)
(61)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(39)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン