ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
今年の百合事情
at 2017-08-13 15:20
我家のお盆と長崎原爆の日
at 2017-08-09 17:37
JH 31 BIRTHDAY..
at 2017-08-08 17:46
LSR convention..
at 2017-07-31 11:42
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2017-07-26 19:44
暑中お見舞い
at 2017-07-20 17:16
夏のオシャレ
at 2017-07-20 10:31
祇園祭の想い出
at 2017-07-17 17:02
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

濫読・乱読

今月は活字依存症だったため、何の脈絡も無く手当たり次第の読書、と相成りました。
チョコッと紹介したものもあるのですが、しなかったものもあり~
この際恥を忍んで、自分の覚え書き程度にレビューをば・・・

c0026824_958060.jpg


「悼む人」 天童荒太著
第140回直木賞受賞作品でもあり、今映画「おくりびと」と並び世間で反響を呼んでいる作品。
実は読んだのは一番先なのだが、「おくりびと」と違い共感はできず、私的には評価は低い。
あくまで私の独断と偏見なのだが、「悼む人」からは、自分の本当に大切な人を喪った悼みが感じられない。
私たち人間は、観念的には理解できても、全ての人の死を悼むことはできない。
私たちはただ、自分の家族、自分の人生に少しでも関った人の死しか、残念ながら本気で悼むことはできないのだ。
その意味で、柳田邦男著「犠牲 サクリファイス」にあるように、死を
①一人称の死(私の死)、②二人称の死(家族・親しい人の死)③三人称の死(第三者)に分け
一番悲しいのが②の二人称の死だ、というのは全く同感である。
「悼む人」の主人公の母親は余命いくばくも無い末期がんに侵されている。
にも拘らず、主人公はなぜ第三者の死を悼む旅を続けるのか、私には解らない。
さっと通読しただけで読み方が浅いのかもしれないが、再読する気にはならずアシカラズ。
私的には「おくりびと」の原作、青木新門著「納棺夫日記」の方がオススメ。

「正直書評」 豊崎由美著
私のはたんなるシロートの読書感想文なのだが、プロの書評を読むのが好き。
中でも、辛口の書評を読むのが大好き。
ここで紹介される本は三段階に分かれている。
①金の斧(親を質に入れても買って読め!)
②銀の斧(図書館で借りられたら読めばー?)
③鉄の斧(ブックオフで100円で売っていても読むべからず?!)
ただし、一番多いのはやはり金の斧、人はたいてい読む前にある程度は選択しているものなのだ。
もし鉄の斧なら、フツーは途中で放り投げてしまうハズ。
ただ残念ながら、読む本のジャンルが違うのか、ここに出てくる本のほとんどを私は読んでいない。
それでも、時にはお腹を抱えて笑ってしまい、ストレス解消をさせてもらった。

「女の絶望」 伊藤比呂美著
伊藤比呂美の本を初めて読んだのだが、それこそ選択を誤ったかも・・・
実際に本人が担当している?身の上相談を下敷きに書かれているようなのだが、ほとんど卒業の隠居の身の私にはシラ~って感じ。
おまけに、東京生まれの作者が江戸弁で語るって形式になってるのだが、関西人の私にはイマイチ響いてこない。
この本を読んで、アカン江戸弁は!やっぱり関西弁はエエなぁ~とあらためて自分のルーツを意識してしもた。

あと、「サブリミナル・インパクト」下條信輔著ほか金融関係の新書を5冊ばかり、今月はアマゾンの売り上げに大貢献?でした。
気候も良くなり、ソロソロ活字依存症を卒業できるかも???
by fu-minblog | 2009-02-27 12:32 | | Comments(0)

フーテンのグレ

どっかへ行ってしまったかと思ったら急に現れて
エサを食べたらサッサといなくなるニクイやつ。
でも、来なくなったらチト寂しいかも?

c0026824_17433917.jpg
c0026824_17434998.jpg
c0026824_1743593.jpg
c0026824_1744959.jpg


勘定したらグレとの付き合いも10ヶ月、意外と長い。
by fu-minblog | 2009-02-26 18:05 | 日常茶飯事 | Comments(2)

ひなぜん(雛膳)

某デパート最上階にあるお店の、ひな祭りに合わせた季節限定ランチです。
男性あるいは若者向きではないが、そーでない人にはオシャレでお上品なランチとしてピッタリ。
このお店は、小谷真三氏の倉敷ガラスコレクションがすばらしい。
私はいつもついキョロキョロしてしまい、そっちの方にヨダレを垂らしてるって次第。
今日はお願いしてその一部を写真に撮らせてもらいました。

c0026824_19273431.jpg


今街を歩くとアチコチに、ひな人形が華やかに飾られています。
でも、私にとってひな祭りはあくまで3月3日、
・・・なので我が家はそれまで お・あ・づ・けー
by fu-minblog | 2009-02-24 18:51 | 日常茶飯事 | Comments(2)

第81回アカデミー賞外国語映画賞

今日発表された第81回アカデミー賞最優秀外国語映画賞に日本映画「おくりびと」が選ばれました。
また、短編アニメーション賞に「つみきのいえ」も選ばれました。
関係者のみなさまに、心からおめでとう!を申しあげます。

c0026824_17424853.jpg


「おくりびと」はたしかにいい映画なのですが、全ての人に平等に訪れる死に向き合った地味な内容でもあり、納棺師という仕事がどこまで外国人に理解されるのかな、と思っていました。
でも、モントリオール世界映画祭でグランプリも取っていて、意外に世界の人々に受け入れられたってことですね。
亡くなった人を美しく装う習慣はどこにでもあるのでしょうが、日本の納棺師の実に様式化された所作の美しさは日本独自のものではないか、と思います。
そーゆー意味で、非常に日本的な味わいの作品が認められたことはうれしい限りです。

c0026824_1640458.jpg


「ベンジャミン・バトン」はちょっと言ってみたけど、ダメだったみたい?
by fu-minblog | 2009-02-23 17:06 | 映画 | Comments(4)

春のファッション

先週末とはうって変わり、どんより寒い日曜日。
でも、いったん春の陽気の味を占めたからか
よけい春が待ち遠しい今日この頃。
心ははやくも春のファッションに・・・・・


c0026824_1358223.jpg


15年も同じ一つのブランドしか着てないので
あんまり変わり映えはしないのですが
今年の春の新柄が加わりました。
春風にのって、どっかへとんで行きたい気分。。。
by fu-minblog | 2009-02-22 14:19 | 日常茶飯事 | Comments(2)

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

予習嫌いなので映画もほとんど予備知識なしで観る。
この「ベンジャミン・バトン」は、他の映画の上映時予告編を観てはいるが、ブラピがスッゴク老けたメイクをしているな、と思ったくらいであんまり観る気にはならなかった。
ところが、この映画の原作がかの「華麗なるギャッツビー」のF・スコット・フィッツジェラルド作だと知るやガゼン観る気になったのだから勝手である。

c0026824_21284283.jpg


物語は一人の男の人生をその生誕から死まで、第一次世界大戦末期から21世期に入る時代を背景に描かれる。
多くの人の一生がそうであるように、出会いと別れ、喜びと悲しみが織り成す人生。
しかし彼が多くの人と違うところは、彼が80歳の老人で生まれ年をとるごとに若返る、という数奇な運命であったことである。
つまり、人生の時間が逆廻りするのである。ちょうど時計の針が逆に廻るよーに。

このあり得ない事実が、映画を観ているうちにそれほど違和感がなくなってゆくのが不思議である。
何だか、だんだん年をとって行く人生と、だんだん若返って行く人生と、それほどの違いがあるのだろうかと思えてくる。
なぜなら、私たちは何もできない赤ん坊で生まれてきて、何もできない赤ん坊のような年寄りになって死ぬのだから・・・
ただひとつ、愛する人と一緒に年をとってゆくことができないのは何と悲しく切ないことか!

映画は数奇な運命の悲惨さより、ベンジャミンとデイジーのラブロマンスの印象が強い。
けれど、この数奇な人生を通して、生や死や老いについていろいろ考えさせられるのも事実である。
あと、この映画の見所は、ブラピの特殊メイクやあのスラリとした長身をまだ子供の頃の小ささにどうして見せるのか、ってところ。今だに私には不思議である。

殺伐としたアメリカ映画が多い中、久しぶりにたっぷり見応えのある映画だと思う。
他の映画を観てないからエラそーには言えないが、私の独断と偏見でアカデミー賞作品賞とブラピに主演男優賞をさしあげます。
by fu-minblog | 2009-02-20 19:08 | 映画 | Comments(0)

本日のモモ

「本日のスープ」をちょっとマネしてみました。

c0026824_18354683.jpg
c0026824_1836139.jpg
c0026824_18361484.jpg
c0026824_1836271.jpg
c0026824_183641100.jpg


やっぱりかわいさ不足でした~
by fu-minblog | 2009-02-18 18:21 | 日常茶飯事 | Comments(6)

「本日のスープ」

猫って、絵本よりけっこう写真集が多いって気がします。
それも、イワゴー氏のようなプロ中のプロから、自分の飼い猫を撮ったシロウトの写真集までいろいろ・・・
この「本日のスープ」は後者の方で、自分ちのスープという名の黒猫のまるで絵本みたいな写真集。
「黒ねこスープの目ぢから生活」と、オビにあります。

c0026824_17585121.jpg


何が驚いたかって?猫の目ってこんなにまんまる!!!
私も長年猫と一緒に暮らしてますが、改めてビツクリ。
今やほとんど一日寝ていて、目を開けてる時間が少ないモモも
子猫の時はこんなだったかしらん?と思わず買ってしまいました。

モモにはナイショですが、実は私、、、、、黒猫がイチバン好きなんです~
ま、黒猫はスープとエンピくんの写真でガマンしときますけど・・・
by fu-minblog | 2009-02-17 18:14 | | Comments(0)

庭仕事日和

昨日に続き2月とは思えないぽかぽか陽気、絶好の庭仕事日和でした。
天気が下り坂で明日から寒くなるとの予報、先週遣り残した2つのプランターに苗を植えました。

プリムラ シネンシス(ユキザクラ)
c0026824_16435313.jpg

パンダスミレ
c0026824_16443234.jpg


ついでに、昨秋植えたアリッサムとパンジー
c0026824_16445619.jpg
c0026824_16451761.jpg


これでいちおうプランターは花で埋まりました。ヤレヤレ・・・
by fu-minblog | 2009-02-15 17:35 | 四季折々 | Comments(2)

マイチョコ

ここんとこ、バレンタインにはマイチョコを買うのが慣わし。
もともと甘党ではないので、まんじゅう・ケーキは家にあっても食べないことが多い。
でもチョコはべつ。
特に高級なチョコには目がないのです。

c0026824_16175496.jpg


今年は早々と1箱買っておいたのがとうに無くなり、実は昨日もう1箱買いに行ったのだ。
ところが、ほとんど品切れ状態。
仕方なく残り物で間に合わせたって次第。

義理チョコってガラではないしー
本命は、、、、、この世よりあの世に多いしー
バレンタインはやっぱりマイチョコ、なのである。
by fu-minblog | 2009-02-14 16:48 | 日常茶飯事 | Comments(4)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(96)
(95)
(90)
(84)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン