ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
マルバデイゴの日
at 2017-06-23 17:44
花と蝶
at 2017-06-22 16:46
半年ぶりの倉敷一会
at 2017-06-17 12:09
アナベル園に再挑戦???
at 2017-06-11 17:41
フェイジョア物語
at 2017-06-09 18:25
庭仕事の愉しみ
at 2017-06-06 11:19
ヒスイのひみつ
at 2017-06-03 17:39
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 21:17
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 17:24
ジャン・ホギョと11人のアジ..
at 2017-05-31 15:58
最新のコメント
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49
>カラサワさん こちら..
by fu-minblog at 17:50
ご無沙汰しております。 ..
by カラサワ at 15:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

「日本語が亡びるとき 英語の世紀の中で」 水村美苗著

内容の重さの割には構成の上手さと文章力でスラスラ読めました。
ただ今日はいつもの記事と違い、できるだけ正しく美しい?日本語を使わねば、と思うと緊張します。

c0026824_14284625.jpg
作者に叱られるかもしれませんが、内容は大きく二つに分けられると思います。
まず一つ目は、今から100年ほど前に生まれた日本近代文学は、歴史の奇跡であること。
そしてその大きな要因は次の3点である。
1) 近代以前の日本の<書き言葉>が<現地語>として高い位置をしめ、成熟していたこと。
2) 近代以前の日本に「印刷資本主義」があったこと。
3) 近代に入って、日本が西洋列強の植民地にならなかったこと。

そして二つ目は、今もこれからも英語が<普遍語>であるという事実。
特にインターネット時代に入り、それまで以上に英語の重要性が増し、英語以外の言語は日本語も含め<現地語>になり下がってしまうだろう。


一つ目については、かなり説得力はあります。
明治の文豪、特に夏目漱石を例にとり、その作品の素晴しさが語られるのですが、私など穴があったら入りたい気分になってくる。
水村氏は多感な時期をアメリカで過ごされており、それがかえって日本近代文学への傾倒になったフシはあります。
なぜなら、私のように日本で生まれ日本で育った者は、つい自分のその時興味のある本を先に読んでしまうので、日本の近代文学も含めた古典をじっくり読まなかった。(言い訳がましい)
ただし年齢のせいか、旧かなづかいも一応読めるのですが・・・

さて二つ目にかんしては、たしかに普遍語、あるいは共通語としての英語を認めないわけではありません。
ただ私の希望としては、奢れるものは久しからずで、アメリカもいつか凋落し世界情勢が変われば、普遍語もまた自ずと変わるのではないか、いえ変わってほしい。
そうはいっても、日本人の、特に政治家の英語ベタなのにはサスガの私も恥ずかしい。
外国でスラスラ英語でスピーチできない総理大臣なんて・・・!

この日本人の英語について、水村氏は英語教育の方針を
1) <国語>を英語にしてしまう。
2) 国民の全員がバイリンガルになるのを目指す。
3) 国民の一部がバイリンガルになるのを目指す。
と三つ上げ、その中で3)を目指すべきだと提案していますが、さてどうでしょうか?

また、国語教育にもっと重点を置くよう、日本近代文学を読み継がせるのに主眼を置くべきだと繰り返し述べられています。なぜなら・・・
一つには、当時の文学こそ<書き言葉>の基本だから。
二つには、それが漱石がいう「曲折」から生まれた文学だから。
三つには、もっとも気概もあれば才能もある人たちが文学を書いていたときだから。

さて、<英知を求める人>とは言い難い私ではありますが、日本語が亡ばないようどうすればよいか、いろいろ考えさせられるのでした。
by fu-minblog | 2008-11-30 16:27 | | Comments(6)

Happy Birthday

私もそろそろこのシリーズ?を卒業せねばと思いつつ・・・ 

c0026824_22193880.jpg


よほどの物好きしか持ってないと思いますが、尾崎豊は3冊の小説集を遺しています。
歌手活動を休止していた1990年前後2年ばかりの間に「月刊カドカワ」に掲載されたもので、1991年に処女小説集「普通の愛」が出版されています。
そして彼の死後「黄昏ゆく街で」が未完のまま、翌年「堕天使達のレクイエム」が出版されました。

いわゆるタレント本ではなく、小説を書いているところが尾崎らしいところではあります。
さてその村上龍氏もご推薦、の小説ですが、、、実はあんまり憶えてません。
あれだけの歌詞が書ける人だから、文章のセンスはあると思いますが・・・
でもやっぱり、尾崎豊は歌をうたってなんぼ、ですよね~

しつこく、飽きもせず聴き続けております。はい。
by fu-minblog | 2008-11-29 09:58 | 音楽 | Comments(5)

「日本伝統工芸展岡山展」

急に思い立って(よくあるパターン)、昨日「日本伝統工芸展岡山展」に何年ぶりかで行ってきました。

c0026824_1745762.jpg


行く度、日本の伝統工芸の奥深さ、技術・意匠の素晴しさに、あらためて感心します。
それが現代に脈々と受け継がれ、今なお健在であることにある種感動を覚えます。
モチロン、こういった伝統工芸は世界各国にあるとは思いますが、その中でも日本のレベルは高い、といえるのではないでしょーか。
つくづく、日本って政治は三流、経済は二流、だけど工芸は一流やなぁ~と、思うワケです。

技の多彩なことといったら、たとえば漆芸ひとつとっても、乾漆、蒔絵、螺鈿、沈金、切金、堆錦(ついきん)等など・・・
素人には一見しただけでは区別のつかないものも。
漆芸以外に、陶芸、染織、金工、木竹工、人形、諸工芸の部門があり、それぞれが漆芸と同じくいろんな技の饗宴なのである。

私はどうしても染織に目がいってしまうのだが、今年の展覧会のお目当ては、たまたま上のパンフに載せられた藍木綿花織帯「花から花へ」であった。
花織は沖縄独特の織物で、その技法をモダンなデザインに上手く生かした作品であった。
藍の中に織り出された花々が可憐で美しい。

ただひとつ残念なのは、展示されているこれらの品々はあまりに希少で高価で、庶民にとっては、日頃手にすることは勿論目にすることさえマレなことである。
日本の伝統工芸をこれからも保存維持していくためには、後継者不足も含めて、ちょっと考えさせられてしまうのだった。
by fu-minblog | 2008-11-27 18:52 | 美術工芸 | Comments(0)

11月の宿題

11月も終わり頃になり花の植え替えがまだだと、宿題を遣り残したようでナンカ落ち着かない。
でも実は、プランターはまだベゴニアがけっこう元気に咲いている。
そこでとりあえず、花のない鉢だけに苗を植えることに・・・

昨日あわてて植えたパンジーとビオラの合いの子。
c0026824_21134362.jpg

今月のはじめ植えたカラフルアリッサム。
c0026824_21132719.jpg

来年の春、この二つの鉢が花でいっぱいになりますよーに!
c0026824_2114393.jpg

by fu-minblog | 2008-11-26 23:04 | 四季折々 | Comments(4)

皇帝ダリア

いつも通る道沿いの家の庭に、見たこともない不思議な花が咲いているのだった。
なにしろ背が4~5メートル位あり、その先のほうにかたまって薄紫の花がついている。
その花がまた、この時期らしからぬ華やかさで、まるで場違い、いえ季節違いって感じなのだ。
横を通る度、何て花なのか訊きたい衝動にいつもかられるのだった。

c0026824_1884471.jpg


ところが今日、たまたま花苗を買いに花屋へ行って、そのナゾが解けたのである。
花の名前は皇帝ダリア。ウ~~~ン、なるほどナットクした次第。。。
それにしても、こんなん何時現れたんやろか?
ちょうど、ダツラ(エンゼルトランペット)を初めて見た時驚いたのと同じくらいビツクリしたなぁもー!!
by fu-minblog | 2008-11-25 17:23 | 四季折々 | Comments(5)

風邪の効用

おかげさまで風邪は大したこともなく、無事経過しそうでヤレヤレです。。
私の場合、かかりつけの医者がいないばかりか行きつけの医院とてなく、おまけに家には何の薬もない有様。
ただひたすら自然の治癒力を信じ、自分の力で治すしかありません。
その支えとなるのが、ずっと続けてきた整体健康法なのです。

整体では、風邪は病気ではなく、風邪自体が一つの治療行為だと考えられています。
だから、風邪を上手く経過させることによって、風邪を引く前より体が整ってくると言われます。
とはいえ、その上手く経過させるのがナカナカ難しい。
風邪を経過させるその期間が短ければ短いほどよく、何日もかかるのは体が鈍っているショーコなのです。(私もかなり鈍ってるみたい)

マレに風邪を引かない人というのがあって、1)本当に丈夫でその生活が体にあっている人 2)体が鈍っていて風邪も引けない人、の2種類です。
よくアホは風邪を引かないなんて言いますが、後者の鈍ってる人のことを言うのかもしれません。
とにかく、体の偏り疲労が原因で人は風邪を引き、風邪を上手く経過させることで弾力を取り戻すなら、ヘタな治療はかえってマイナスだ、というワケです。

天然の体をできるだけ天然に保つという、この現代社会の常識からはみ出した健康法をけっしてオススメはしませんが、ひとつの健康観、人間観としてみると、けっこう興味深いものがあるのではないかと思います。
この整体の創始者野口晴哉氏には数多くの著作があるのですが、その中から近年ちくま文庫から2冊の文庫本が発売されています。

今回たまたま自分が風邪を引き、ちょっとこじらせてしまったのを機にパラパラ読み直し、ついでにご紹介、と相成った次第でございます。

c0026824_15464785.jpg

by fu-minblog | 2008-11-23 16:06 | 雑感実感 | Comments(4)

紅葉だより その2

珍しくもない紅葉だよりですが、私が住んでる山の、毎日の通り道の紅葉です。
いつも運転しながら見つつ、なかなかキレイじゃん!って思ってました。
不便な山の上に住んでる者の、せめてもの季節の楽しみ、ってところでしょーか。
ワザワザ他所へ行かなくっても、すぐ側に美しい紅葉があるのでした。
c0026824_1734568.jpg

c0026824_17425120.jpg

c0026824_17431371.jpg

このところの急激な冷え込みで、一段と色が鮮やかになったよう。。。
でもおかげで、私としたことが風邪を引いてしまいました~
今年の風邪はアホでも引くみたい・・・
どーぞみなさま、くれぐれもご用心くださいませ!
by fu-minblog | 2008-11-21 18:09 | 四季折々 | Comments(2)

収穫記念日

今年もフェイジョアの実をたくさん収穫しました。
c0026824_10111444.jpg
c0026824_10113296.jpg
c0026824_10114586.jpg

今朝はすごく寒かったけど、空は澄み切った青空。
c0026824_10142520.jpg

by fu-minblog | 2008-11-20 10:15 | 四季折々 | Comments(0)

展覧会めぐり in 東京 オマケ

10年ぶりくらいの東京一泊二日の旅、思い出のアルバムに新しいページが加わります。
お天気に恵まれたおかげで、行きの車中富士山がバッチリ見えました。
ナンデか知らんけど、反射的に写真をパチリ。
目的一直線で他のことが目に入らぬ性格(そのクセ無計画、ぶっつけ本番)のため、一日目はとにかく展覧会会場に直行したのでした。

c0026824_112082.jpg


二日目、紅葉まっさかりの上野公園をブラブラ歩いてみました。
なにしろ広く、木が大木ばかりで歴史を感じさせ、都会の中の貴重な自然となっています。
今回は展覧会が目的で、しかも予定してなかったものまで見てしまったので、どこへも寄らずに帰るつもりが、、、、、チョコッとオシャレな都会の空気を吸いに表参道辺りを歩きました。
ここにも、それはそれはリッパなケヤキ並木が、チョーモダンな建築とマッチし、美しい街並を見せていました。

c0026824_1124286.jpg


さて、今度行くのは何時の日やら・・・・・
by fu-minblog | 2008-11-18 11:25 | | Comments(4)

展覧会めぐり in 東京 その3「石田徹也展」

私がこの時期東京に行って、この展覧会に行かないワケがございません。
モチロン行ってまいりました。練馬区立美術館で開催中の「石田徹也 ―僕たちの自画像―」展。
地図を片手にオロオロ行くところが、友人の後にくっついてラクラク行けたのは、ほんに幸いでした。
ちょうど正午頃無事到着、感無量!

c0026824_15172638.jpg


想えば、一昨年の11月静岡駿府博物館での展覧会以来、ちょうど2年ぶりに石田徹也の実物の絵と対面することになります。
しかも今回は主要作品70点が展示されるということで、期待に胸が膨らみます。
会場に一歩足を踏み入れると、そこは紛れもなく石田徹也ワールドが広がっておりました。

石田徹也の絵との出会いがあまりに衝撃的だったため、未だ冷静に語ることができないのですが、あれから2年、石田徹也を取り巻く環境もかなり変化したようです。
でも、私にとっては変わることはなく、あの時のままのような気がします。
あの時も今も、私が強く惹かれるのは、石田徹也の透徹した眼差しなのです。

今回練馬区立美術館での展覧会開催は、石田徹也が学生時代下石神井に住んでいたらしく、いわば縁の地と言えます。
絵を描くことが好きで、描かずにはいられなかった一人の青年の、命と引替えに残された作品の数々、必ずや観る人の心を揺さぶることでしょう。

お若い方もそーでない方も、ぜひどーぞ!
by fu-minblog | 2008-11-17 17:19 | 美術工芸 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(222)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(89)
(83)
(81)
(59)
(56)
(51)
(50)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月