ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
倉敷川千本桜
at 2017-03-10 15:51
舩木研兒 遺作展
at 2017-03-04 15:27
これが最後かひな祭り
at 2017-03-03 15:07
欲張りなライブ
at 2017-02-27 16:12
「LA LA LAND」
at 2017-02-24 21:20
ガラスとテキスタイルのアート..
at 2017-02-17 18:36
由加温泉へ日帰り入浴&ランチ
at 2017-02-16 21:22
最新のコメント
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
>empikさん まさ..
by fu-minblog at 14:56
うわぁ〜!ほくろちゃん女..
by empiK at 11:56
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

<   2008年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

8月の終わりに

今日で8月も終わり、イヨイヨ夏休みも終わりです。
今年の夏は暑さと乾燥にウンザリだったのですが、例年にない速さで一気に秋になった感じです。
鬱陶しい空模様かと思えばスコールみたいな雨の何日間が過ぎ、今日久しぶりに青空が頭上いっぱいに広がりました。
c0026824_15552722.jpg

8月は毎年、何とはなしに戦争について考えさせられるワケですが、今年は戦争の証言記録のテレビ番組をいくつか見る機会がありました。
実際に戦争を体験したした人たちの証言は、ずっしりと重く、やはり説得力があります。
戦場で無残に死んでいった者の無念さは勿論ですが、生き残った者や残された家族は、ひょっとしたらもっと辛いのかもしれません。

体験者のその重い口から語られるのは、南方戦線における戦死者の半分以上が餓死や病死であり、自爆や自死であった事実です。
武器も食料も補給を絶たれた戦場は、さながら生き地獄であったといいます。
そして、彼らをそんな生き地獄に追い込んだのは、敵である連合軍というよりは、味方であるべき日本軍の上層部、その無知無策によるズサンな作戦であったことが分かります。
c0026824_15563914.jpg

私は、慰霊祭などでよく言われる、日本の戦後の繁栄は戦没者の尊い犠牲の上にある、という
言い草にいつも疑問を感じています。
尊い犠牲などと言うには、あまりに多すぎる命が、まるで虫けらのように見捨てられたからです。
戦後の日本の繁栄をいうなら、理由はただ一つ、日本が戦争をしなかったからだと私は思います。

戦争が殺し合いであるなら、戦場での兵士は殺すか殺されるか、加害者になるか被害者になるかのどちらかなのです。
人間を人間ではなくするのが、戦争というものなのです。
戦争体験者の証言は、私たち戦争を知らない人間にとっては、何よりの戦争を知る貴重な手がかりであり、戦争の真実の姿を伝えてくれるのでした。
c0026824_1621259.jpg

城山三郎著「指揮官たちの特攻・幸福は花びらのごとく」の一節です。
「二十歳前後までの人生の幸福とは、花びらのように可愛く、また、はかない。
その一方、かけがえのない人を失った悲しみは強く、また永い。
花びらのような幸福は、花びらより早く散り、枯れ枝の悲しみだけが永く永く残る。
それが、戦争というものではないだろうか。」

私の今年の夏も終わりです。
by fu-minblog | 2008-08-31 16:23 | 雑感実感 | Comments(2)

平野啓一郎サマ

c0026824_10425252.jpg


すんません、ミーハーなもんで・・・
今朝の週刊ブックレビューの特集はこの方でした。
久しぶりにお姿拝見、しっかり録画までしてしまいました。
それにしても、相変わらず爽やかな好青年ではありました。

はやデビュー10年とか、第120回芥川賞受賞作品「日蝕」にはシビレました。
2作目の「一月物語」もゾクっとするくらい良かったのを憶えています。
そして、「葬送」という上下2巻の長編大作。
白状しますと、、、完読しておりません、ごめんなさい。

おまけに、その後の作品を全ては読んでない、ってことも発見。
追っかけファンのあるまじき行為とハンセイしきり。
図書館なんてトンデモナイ、さっそく購入いたします。
さいわい、文庫化もされてたもんで・・・

「決壊」は一気に読めたんですが、たぶんまだまだ理解不十分。
今日作品について話されるのを聴き、再読しなければ、と強く思いました。
今読む本が立て込んでいますので、いずれそのうち・・・
これからも、一ファンとして新作を楽しみに待っています。

「葬送」発売の時本気で考えたのに実現せず、今回も叶わなかったのですが、
いつかぜひ、新刊発売記念サイン会に行ってみたいものです。
私って、よくよくミーハーなんですよね~、はい。
by fu-minblog | 2008-08-30 11:54 | | Comments(0)

「フレデリック」 レオ・レオニ

本棚に読んでない本があるかと思えば、読みたい本がどこを捜しても見つからない、なんてことありませんよね~私以外・・・
先日からそんな行方不明の本が約一冊。
今日買い物がてら本屋で見つけ、エ~イとばかり買ってしまった次第。

c0026824_16542661.jpg


レオ・レオニの「フレデリック」という絵本なんですが、よくよく考えたら誰かにあげたよーな気もする。
絵本はよほどのお気に入り以外は、大部分をすでに人にあげてしまってるから。
まさかこのトシになって読みたくなるなんて!

レオ・レオニの絵本では私が愛して止まない「あおくんときいろちゃん」はしっかり残ってるんですが、
サスガに表紙はすっかり色褪せてました。
この「あおくんときいろちゃん」はさいしょ私の叔母からもらったのですが、その後何冊も人にプレゼントしまくりました。
今でも私の中では、イチバン好きな絵本です。

さて、ちょっとかわったのねずみのはなし、と銘打った「フレデリック」もまた子供が読んでも、大人が読んでも、実に味わい深い絵本です。
冬を前にして、ほかのねずみはせっせと働いているのに、フレデリックだけはべつ。
光と色と言葉を集めてる、とノタマって何もしません。
けれどやがて・・・・・

何を隠そう、フレデリックは私の理想の生き方なのでした。
by fu-minblog | 2008-08-26 22:54 | | Comments(4)

スカイ・クロラ

c0026824_1823369.jpg


いちおう晴れ女なので、出かける時に傘を持たない。
それが、京都の街中でじゃじゃ降りの雨に見舞われた。
転んでもタダでは起きないのが身上、映画館で雨宿りをすることに・・・
そこで観たのがこの映画、地元で観そびれていたものである。

「崖の上のポニョ」がアニメなら「スカイ・クロラ」もアニメ。
「崖の上のポニョ」が海なら「スカイ・クロラ」は空。
「崖の上のポニョ」がほのぼの系なら「スカイ・クロラ」はコワ不思議系。
いうにいわれぬ魅力、えもいわれぬ世界です。

戦争のない平和が実現した世界で、平和を実感するために作られたショーとしての戦争。
その戦争を戦うのは、少年あるいは少女のまま大人にならない「キルドレ」と呼ばれる子供たち。
彼らは戦死しない限り、永遠に生き続けなければならない。
そんなキルドレにとって、生とは?死とは?そして愛とは?

この映画を観て思い出したのがカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」という小説。
雰囲気がなぜかソックリ。
子供たちが実に淡々と自分の運命を受け入れ、感情を表さないのだ。
それがよけい悲しく、恐ろしい。

また、空中戦の飛行機がプロペラ機であるため、彼らが太平洋戦争で散っていった特攻隊員
を連想させ、ひとり若者ではない観客はうろたえるのだった。
by fu-minblog | 2008-08-25 19:02 | 映画 | Comments(0)

「8月の果て」 柳美里著

c0026824_9331619.jpg


ワインでもないのに、4年間も本棚の中で熟成?していた本を一気に読みました。
しかし、読み終わった今、まるでマッコルリを飲みすぎて身も心もフラフラって感じで、ひょっとしたら二日酔い状態。
当分の間、この酔いから醒めることはかなわぬようです。

柳美里渾身の力作、この作品への滾るような情熱に圧倒されます。
今まで読んだ作品(ほんの2,3冊)では韓国人であることをそんなに意識はしなかったのだが、この作品は、まさしく柳美里の韓国人の血が書かせた、という感じです。
この本の中には、韓国の空気、韓国の風、韓国の匂い、そして韓国人の魂が詰まっているのです。

幻の五輪マラソンランナーだった祖父である李雨哲(イ・ウチョル)の生涯を辿りながら、日本統治時代から日本敗戦による独立、また南北分断から現代へと民族苦難の時代が、密陽という韓国一地方都市を舞台に、一般庶民の生活と姿を通して活き活きと語られます。
勿論小説として書かれてはいるのですが、驚くべき膨大な資料による歴史検証も行われています。

文中随所に繰り返し挿入される韓国や日本の歌、「すっすっはっはっ」に代表される擬音が、まるでパンソリの太鼓のようでもあり、この作品の最初から最後までの流れをつくり、音楽のようなメロディとリズムを感じさせます。
韓国語が多く使われ、特に擬音に使われているのが実にうつくしく耳に心地よいのです。
また、死霊祭から始まり死霊祭で終わる形をとっているからか、私には死者の魂が柳美里に乗り移り、彼女がイタコになって語っている気さえしました。

物語は、1925年4月7日、李雨哲の12歳離れた弟である李雨根の誕生から始まるのですが、
その複雑で哀しい家族史は、民族の受難の歴史とも重なります。
幼い従軍慰安婦や弟雨根の死など、読むのが辛い場面もありますが、今まで観たドラマ・映画・本の中で、これほど韓国が肌で感じられることも珍しい。
私がかって、「夜と霧」によってアウシュヴィッツを知ったように、「ワイルド・スワン」によって文化大革命を知ったように、今「8月の果て」によって韓国人の深い恨を知ったような気がします。

今から100年ほど前の1910年、韓国は日本の植民地となりました。
倭奴(ウェノム)と呼ばれた私たちの上の世代が朝鮮から奪ったものの中で、一番彼らを傷つけたのは、朝鮮の言葉、文字、そして姓だったのではないでしょうか。
なぜなら、それは朝鮮の歴史を奪うことであり、朝鮮の人々の誇りを踏みにじることであったから。

そして、もし朝鮮が日本の植民地になることがなかったら、南北分断もなかったのかもしれないと思うと、日本の侵略の責任はあまりにも大きいと思います。
なぜなら、中国と同じように、反日抗争が共産主義と結びついていったのでは、、、と思うから。
だから、私としては韓国・中国の反日感情は、ある程度は理解しなければ、と思うワケです。

本のチカラ、文学のチカラをあらためて思い知りました。
2008年8月にこの「8月の果て」を読んだことを、私はけっして忘れないでしょう。
(なにしろ目下酩酊中なもので、多少オーバーな表現はお目こぼしを・・・)
by fu-minblog | 2008-08-22 11:10 | | Comments(2)

柘榴(ザクロ)

ふと気がつくと、ゴミ置き場の側の柘榴の木が、実をいっぱいつけていました。
季節はひっそりと、しかし、確実に変わっているのを感じます。

c0026824_11125468.jpg


c0026824_1139258.jpg

by fu-minblog | 2008-08-19 11:47 | 四季折々 | Comments(0)

ヤレヤレ~

お盆休みが終わり今日から仕事で、ヤレヤレ~と思ってる方もあれば、
今日からまた静かな日常が戻って、ヤレヤレ~と思ってる方もあるでしょう。
私はモチロン後者で、先週は必要最低限の買い物以外は外出せず、家で息を潜めておりました。
なにしろ、年中休日の隠居なもんで、日頃長い休みのとれない現役世代に道を譲るのが礼儀ってもん、と心得ております。

ところが運の悪いことに、今年はお盆とオリンピックが重なってしまい、テレビも新聞もオリンピック一色。
ニュース見たさにテレビを点けるとオリンピック中継、ニュースくらいマトモに見せろよ!
また新聞も、実は私、ふだん新聞のスポーツ面はぶっ飛ばして読まない主義。
それが、今や紙数の半分はオリンピック関連ニュース。
佐野洋子流に言えば「金返せ!」ってことになる。

北京は時間差が少ないためこーゆーことになるのかな~?
おかげで、開会式や競技をチラチラ見るハメに・・・
それであらためて思うに、オリンピック競技って、私にとってはそのほとんどが重ーい刑罰みたいなもんである。
たとえば重量上げ、たとえば体操競技のほとんど、たとえばマラソン、そのほか・・・・・
私なら死刑のほうがまだマシ?

c0026824_16463479.jpg
なんせ、努力と忍耐と根性って言葉、我が辞書になし。
それじゃあ生きてゆけないだろうって?
いえいえ大丈夫、それなりに生きてゆけます。
ただし、オリンピック出場はモチロン、スポーツ選手にはなれません。はい。
日本国民を敵に回すつもりはございませんが、よくよくのスポーツオンチなんでございます。
やっぱり、猫と一緒にゴロゴロして本でも読んどこっと。。。
by fu-minblog | 2008-08-18 17:02 | 雑感実感 | Comments(0)

本棚の整理

主婦ならたまには冷蔵庫の整理と称して、買い物には行かず冷蔵庫にある物で料理を工夫する。
その際、使い忘れの萎びたり腐った野菜などを、多少の罪悪感と供にコッソリ捨てたりもする。
それが我が家では、たまには本棚の整理と称して、買って読んでない本や途中で放り投げてる本を引っ張り出してくる。
サスガに、本は腐らないので捨てられることはないのだが・・・

c0026824_1752348.jpg


このお盆の間、そんな本の中から柳美里の「8月の果て」を読むことに決めた。
この本はナント!ちょうど4年前のアテネオリンピックの頃に出版されたもので、柳美里のマラソンランナーであった祖父のハナシでなのである。
今ちょうどオリンピックの最中だから、ってワケでもないが、何となく読む気になった。

ところが、思いがけずハリポタ最終章の「ハリー・ポッターと死の秘宝」が借りられることになり、まずそちらから読むことに・・・
最終章ということで期待が大きかったのだが、これがまたなぜかハマれず、すっかり時間ばかり喰ってやっと昨日読み終わる始末。
今までのあの長さと伏線は何やったんやー!?という思いと、魔法使いの世界があまりに人間と同じで、しかも好戦的なのには辟易、これですっかり卒業かも・・・

そんなワケで、お盆も終わり、京都では大文字の送り火の今夜からでも「8月の果て」を読むつもり。
完読できるかどーか、自分でも分かりません。
それにしても、なんぼ本は腐らんゆうても、この悪いクセ死ぬまでに治るやろか???
by fu-minblog | 2008-08-16 18:49 | | Comments(2)

野の花だより パート7

ゲリラ豪雨でもテロ豪雨でも、何でもいいから一雨欲しい今日この頃
庭の雑草でさえ枯れる猛暑と乾燥の中
道に沿った崖にけなげに咲く花たちは神々しいばかり

タカサゴユリ
c0026824_16165952.jpg

キツネノカミソリ
c0026824_16184555.jpg

クサギ
c0026824_1618932.jpg


クサギはこの山に多く自生する潅木で、その実は染料としてよく使わせてもらったのだが、花は今まであまり気に留めたことがなかった。
藍染のアサギ色のような、それはそれは美しいみずいろに染まります。
by fu-minblog | 2008-08-14 16:44 | 四季折々 | Comments(0)

レラファームの百合

思いがけず、北海道レラファームの百合が届きました。
今年は百合のないお盆になりそうで寂しかったのですが・・・
友人の心遣いのおかげで、今年も1年に1度のシバの女王気分です。
蕾がひとつ開くごとに、香りが増してゆくようです。

c0026824_16253913.jpg
c0026824_1626264.jpg
c0026824_16262244.jpg


余談ですが、
母が結婚して初めて住んだ場所が、父の赴任先の北海道でした。
今その北海道から届いた百合の花とかぐわしい香りに誘われて、きっと我が家を訪れてくれることでしょう。
そしたら、北海道での思い出話なんぞを、いっぱいしてくれるでしょーか?
by fu-minblog | 2008-08-11 17:00 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(126)
(100)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(40)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月