ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
今年の百合事情
at 2017-08-13 15:20
我家のお盆と長崎原爆の日
at 2017-08-09 17:37
JH 31 BIRTHDAY..
at 2017-08-08 17:46
LSR convention..
at 2017-07-31 11:42
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2017-07-26 19:44
暑中お見舞い
at 2017-07-20 17:16
夏のオシャレ
at 2017-07-20 10:31
祇園祭の想い出
at 2017-07-17 17:02
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

<   2008年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「決壊」 平野啓一郎著

この本について今語るのは止めるつもりだったのだが、今日一日ポッカリ時間が空いたので、思い切ってレビューUPすることに・・・
それとゆーのも、昨夕待望の夕立があり、そのせいで今朝は比較的涼しく、このチャンスを逃してなるものかと、朝も早からボーボーに伸びた庭の草刈りを決行。
疲れて外出する気にもならないってワケなのである。

c0026824_11433625.jpg


京都一往復を挟み、それでも一週間ばかりで「決壊」上下巻を読み終えた。
ただ、個人的にヒジョーに読んだ時期が悪く、かたやきわめて自然で穏やかな現実の死を見つつ、かたやきわめて異常で凄惨な本の中の死を体験するという。。。
もし、先に本を読み始めていなかったら、ひょっとしたらツンドイたかも・・・

何ともコワイ本である。
バラバラ殺人という事件そのもののコワサはモチロンだが、人間の本質的な悪、あるいは、神を喪失した人間の救いのなさに、茫然とする。
アメリカ9・11事件後の02年~03年、ブログが浸透し始めたネット社会の犯罪が描かれるのだが、先日の秋葉原無差別殺傷事件や最近頻発する通り魔事件を想起させる。

ただ、この物語の被害者は、地方で妻子と共に暮す平凡な会社員なのだが、ブログを始めたばっかりに、それを見た「悪魔」と名乗る犯人によって犠牲者として選ばれる。
また、被害者の兄が犯人として逮捕されるという、悲劇の上塗りのような不条理な事態となる。
物語はこの何の罪もないのに事件の当事者となり崩壊する家族の他に、14歳の孤独で殺意を秘めた少年もまたブログによって、「悪魔」に選ばれ、事件に関わってゆく。

何を隠そう、私は平野啓一郎追っかけ?ファンなので、新刊が出たらすぐに買って読む、のがナラワシなのである。(途中挫折もアリ)
今回も、いち早くアマゾンに注文したワケなのだが、、、、、
一気に読んだことは読んだが、理解不十分なのか、いやはや、今までで一番後味悪いかも・・・
ドストエフスキーの「罪と罰」を読んだのははるか昔のことなのだが、これほどではなかったよーな?

いつも小説の新しい手法や形態に果敢に挑戦する平野作品、この作品でも、太字でブログやメールの文章、マスメディアの発言がそのまま挿入されている。
また、本の装丁も凝っていてオシャレ。
しかし、フツーの文章において、随所に傍点が付けられるのは、押しつけがましい感じがして、私的には好きくないのだ。

この辺で追っかけ止めて、寂聴さんにお譲りしょっか知らん???
by fu-minblog | 2008-07-31 14:14 | | Comments(0)

「崖の上のポニョ」

c0026824_17212389.jpg

気分転換に観に行きました。
常々、海の中って、私にとっては宇宙と同じくらい不思議でナゾめいていて、それゆえ、想像と夢が膨らむ場所ってワケなのでした。
そんな海と、海に棲むさかなの子ポニョと陸の崖の上に住む男の子の、こころ温まるオハナシ。

最後までポニョを守り抜くやさしい男の子と、宗介を好きになりひたすら突進する元気な女の子とゆー構図は、今の男の子と女の子の関係をあらわしているのかも・・・
宗介の母親リサも、車はぶっ飛ばすわ、足でドアを開け閉めするわ、フテてビールを飲んで酔っ払うわ、とにかくアッケラカンと逞しい。
また、たとえ船乗りとはいえ、父親耕一はずっと不在で影が薄いのも、ビミョーにリアル?

私的には、人間の女の子に変身する前のポニョ、人面魚(半魚人)の時はあんまりカワユクなく、どちらかゆーとコワかったんですが・・・
また結末も、逆に宗介をお魚にしてはどーかしら?などと思ったりもしました。
宮崎アニメって意外に難解だったりするのですが、久しぶりに、童心にかえって楽しめるのではないでしょーか。

暑い夏、あなたもポニョと一緒に、自由に広い海を泳いでみませんか?
(ちなみに、宮崎駿監督、またはスタジオジブリの回し者ではございません)
by fu-minblog | 2008-07-29 18:52 | 映画 | Comments(2)

大原追憶

無断でブログを休んでいたこの1週間が、長かったのか短かったのか私には分かりませんが、暑かったことだけは確かです。

c0026824_1640759.jpg


今月の12日、たまたま撮った大原の里です。
この10日後、この地で母が眠るように、静かに息をひきとりました。
「そうか、もう大原へ行くことはないのか」
今はただ、そんなことをボンヤリ思っています。
by fu-minblog | 2008-07-28 17:38

真夏の庭

雨がゼンゼン降らず、朝からギンギラギンのお天気。
サスガのハーブも息絶え絶え・・・
ハーブはたいてい、暑さに弱いんですよね~
そんな中、弱々しいながらも咲き続けていたエンジェルラベンダーが、今は主役。
ただし、ピンクが1本枯れて、残りの2本を白の鉢に移動しました。

c0026824_10465637.jpg


2ヶ月前

c0026824_1026559.jpg

バイオ生まれはひ弱で我が家向きではないんだけど、
地面が草で覆われ、ハーブも勢いがなくなった今
鉢に護られ空中で咲くこの花を
ま、植えといてよかったかな?なんて思う今日この頃です。
by fu-minblog | 2008-07-21 10:49 | 四季折々 | Comments(0)

暑中お見舞い


c0026824_1364062.jpg

by fu-minblog | 2008-07-19 13:09 | 四季折々 | Comments(2)

ファイナライズな日々

DVDレコーダーの故障を契機に、最近シコシコ録画済DVDのファイナライズをしています。
これがけっこうメンドーなんですが、仕方ありません。
なんせ、悪いのはぜ~んぶこの私で、ダビングが終わると必ずファイナライズをしておけばよかったんですから・・・・・
1000枚近くのうち一部は終わってますが、500枚は優に超えてるでしょう。
一日2~3タイトルづつですが、ボチボチやってりゃ、いつか終わるのでは???

c0026824_10541548.jpg


私的には、やっぱり好きなドラマから始めました。
料理も、自分の好きな美味しいもんから食べる主義なもので・・・
でも中には、金輪際見ないだろ~、なんてもんも多々あり、
後悔とため息の日々、なんでございます。
by fu-minblog | 2008-07-18 11:31 | 日常茶飯事 | Comments(2)

猫は知っていた

昨日、中国地方もやっと梅雨明け宣言が出された。
だけど、ウチの猫は、とうの昔に夏態勢に入ってた。
まず、いつの頃からか、ベッドの上から下へ、家の2階から1階へと移動。
さいきんは、夜も2階には上がって来ず、たまに朝、にゃ~と起こしにやってくる。

c0026824_1081531.jpg


猫は家の中で、冬一番暖かい場所、夏一番涼しい場所を知っているのである。
モモが2階から1階へ降り、床の上に長々と寝ていたら、夏本番ってワケなのである。

今年は記録的なカラ梅雨みたい。
夏の水不足がシンパイです。
by fu-minblog | 2008-07-17 10:57 | 四季折々 | Comments(2)

倉敷ガラス「小谷真三 新作展」

c0026824_166450.jpg


今日から始まった、倉敷ガラス小谷真三さんの喜寿記念新作展に行ってきました。
最近はなかなか展覧会はおろか、作品が手に入らない状況なので、私にしては珍しく、初日の午前中イソイソと出かけました。
小谷さんの作品は、ガラスの繊細さと手作りの暖かさを併せもち、身近に置き見れば見るほど、使えば使うほど、そのよさが実感できます。

c0026824_16122694.jpg


私も付き合いが長いので、あまり高額の一品ものは持っていませんが、食器類のほとんどは持っていて、日常的に使っています。
今回は、トシのせいか赤いものが欲しくなり、赤いワイングラスと赤い縁取りのカップを買いました。
ワイングラスは普段は飾っておき、イザとゆーとき、洗って使うつもりです。
カップは、かなり大ぶりなので、食器として重宝しそーです。

c0026824_16171460.jpg


案内状に、倉敷ガラスの育ての親でもある初代倉敷民芸館館長、故外村吉之助先生のお言葉が載っており、つい懐かしく、ご披露させていただきます。

c0026824_1655248.jpg

by fu-minblog | 2008-07-15 16:25 | 美術工芸 | Comments(0)

祇園祭 フロク

今さらではあるし、おこがましくもあるが、チョコッと祇園祭の補足を。
山鉾合わせて32台、1ヶ月の長きに亘る神事、そして、クライマックスの山鉾巡行という豪壮華麗な京都祇園祭。
私も今回あらためて、祇園祭の魅力を実感しました。。

ネットで検索すれば記事はいっぱいあるのですが、その中から比較的分かり易い山鉾マップを見つけたので、UPします。

c0026824_18391494.gif

(京都ガイドブック 祇園祭)より

by fu-minblog | 2008-07-14 19:22 | | Comments(2)

祇園祭 in 京都 その2

法事も無事終わり、京都駅へと向かうハズが、今日も地下鉄を途中下車、ムックリ地上の街へと。
実は今日から、鉾への一般搭乗が始まる、と知ったからである。
そこで、またまた長刀鉾へと急ぐ私。
叔母に言うと「暑いばっかりやのに~」と、京都の人はヒヤヤカなのである。

c0026824_22332643.jpg


さて、長刀鉾に到着したものの、搭乗には二つの条件があったのである。
その➀
鉾に搭乗するには、まず側の店の二階に上がり、渡り廊下を渡るシカケ。
その二階に上がるには、前の売店で何か一つでも買わないと上げてもらえない。
私は一番安い、鉾の絵柄の栞(500円)を買って上がった。

その②
ナント!搭乗できるのは男性のみ、女人禁制なのである。
女性は渡り廊下の手前で、指をくわえてアチラを見るのみ。
「見かけは女やけど、ほんまは男です」と言おか、とも思ったんだけど・・・
ま、いろんな飾り物をみるだけでもネウチがあったので、おとなしく従った。

この女人禁制は長刀鉾だけで、他の鉾は女性もOK。
そのかわり、搭乗代として1000円と聞き、、、、、止めました。
昨日も今日もうだるよーな暑さ、その中を重い荷物をかかえてお祭り見物なんて・・・
自分でもオ・ド・ロ・キです。

ナンカ、お祭り女になってしもたかしらん?
by fu-minblog | 2008-07-13 22:40 | | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(96)
(95)
(90)
(84)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン