ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
さくら前線異常あり
at 2017-04-06 16:35
三月の出来事
at 2017-03-31 11:49
岩合光昭写真展「ネコライオン」
at 2017-03-29 18:02
「引揚げ文学論序説」
at 2017-03-26 11:22
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
最新のコメント
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大原の冬

冬の京都大原は、山々がまるで墨絵のようでした。

c0026824_20295474.jpg

by fu-minblog | 2008-01-31 20:35 | | Comments(6)

雪と栴檀(センダン)

当地が思わぬ大雪に見舞われてから1週間経つや経たずの今朝、またもやかなりの積雪。
今回は友人が知らせてくれたおかげで、真夜中雪払いなんぞをして木が折れる被害は免れました。
それにしても、やはり地球に異変が・・・
先日、長野の友人から、今年は死ぬほど寒いが珍しく雪が無い、と電話があったばかり。。。
その分こっちに降ってるって?まさか~

c0026824_18443868.jpg

でも、意外に気温が高かったのか雪解けが早く、思い切って車で山を降りました。
行く先は、今年初めての映画館と書店のある大型ショッピングセンター。
実はここ、私がかって10年くらい住んでた某会社の社宅だったのです。
今は建物は跡形も無いのですが、当時のままに大きな古木が何本か残っています。
その中でもひときわリッパなのが、数本の栴檀の木。(栴檀は双葉より芳し、の栴檀とは別)
その見慣れた、懐かしい栴檀の木に、今日はうっすらと雪が積もっておりました。

さて、ここへ来るとどうなるか?
お察しの通り、、、、、つい映画館に吸い込まれていったって次第。
今年初めての映画館ってワケなのですが~
ちょっとトンデモナイ映画を見てしまい、ほんとなら勇んでレビューUPするところなのですが、
今日のところは憚らせていただきます。
また気が変わりましたらそのうち・・・・・
by fu-minblog | 2008-01-29 18:48 | 日常茶飯事 | Comments(0)

今どき韓ドラ放送事情 またまたホンネ

韓国ドラマを観始めたばかりの新婚ホヤホヤ、アツアツみたいな方もいれば、私みたいにもうじき5年、ホレタハレタはとうに過ぎ、アバタはアバタにしか見えず、ときには離婚も考えるが別れる決断もつかぬまま、何となくズルズルすごしている倦怠期の夫婦、みたいな者もいます。
どんな熱烈な恋もいつかは冷めるもの、どんな美人もいつかは見飽きるもの?

・・・んなワケで、文句が多いこの頃ですが、その原因の一つに放送条件の劣悪化があるのでは、と思い至った次第。
韓国ドラマは、原則として週に2度、それも2日続けて放送されます。
ですから、ドラマのつくりがどーしても2話単位になる傾向が・・・
しかも、ドラマの間にコマーシャルはいっさい入らず、60分前後丸々ドラマに使われます。

それがここにきて、BS放送が増えると、コマーシャルは入るは時間の関係で編集&カットはされるは、おまけに週1放送、局によっては吹き替えという、以前では考えられない条件の悪さ。
最近は、韓国専門チャンネル(Mnet)までが、この週1放送、ひいては編集までする始末。
すると、やっぱりドラマを観ていて、集中力が欠けるとゆーか、1週間前のストーリーがとんでしまうってワケです。
c0026824_179839.jpg

これが週2の放送だと、たとえ間があいてもやっぱり記憶に残るのです。
そんな放送条件で韓ドラをずっと見てきた私をはじめ古い?韓ドラファンにとって、今の状態はどこか物足りないのでは?
週1放送って、家庭内別居みたいなもん?とはちとオーバーですが・・・

Mnetの「白い巨塔」「銭の戦争」も、週2で観たら印象はかなり違うのでは?
そーゆー意味では、加入者を長く引っ張ろうとしたMnetの作戦は、かえって失敗だと思う。
韓ドラは週2で、しかも2日続けて観るものだと信じていたあの頃がなつかしい。
そして、他の韓国専門チャンネルのKNTVやKBS-Wにはもっと面白い、新しいドラマをぜひ放送してほしいと、切に願う今日この頃です。

かといって、BSや地上波でよくある毎日の帯放送がいいかというと、これまた不満が・・・
長編ドラマや連続ドラマならいざ知らず、いわゆるミニシリーズ、特に来月BS朝日で放送予定の「魔王」などナンデヤ~という想い。
私的には、あの帯放送は、場末の映画館で3本立で映画が上映される感じがしてイヤなのだ。
よほどの古いドラマは別として、お気に入りのしかもまだ新しい「魔王」はショージキ止めてほしい。

・・とまあ、今日はお天気も悪いし、虫の居所も悪いみたい・・・
by fu-minblog | 2008-01-28 17:29 | ドラマ | Comments(6)

ケータイ不携帯

今どきこの国で、けっこうな年寄りか、まだ学校にも上がっていない子供以外で、ケータイを持っていないのは、よほどの変人か浮世離れした人間ってこと?
たとえば、かの変人(失礼)中島せんせなんかは、きっとお持ちではないと思う。(たんなる思い込み)
斯く言う私も、実はケータイ不携帯なのである。

理由はただたんに、持たなくてもなんら不便を感じないままここまで来てしまった、って次第。
もともと電話嫌いってこともあるが、電話以外の機能、たとえばメールやインターネットにしたってパソコンがあれば十分である。
何日も家に帰らないなら別だが、毎日家に帰るというよりは家に居るのでパソコンだけでコト足りる。
写真を撮る、音楽を聴くも、それぞれの機器がある。
最近はテレビも見られるワケだが、あんな小さい画面で無理して見たい番組は、ない。

c0026824_14241100.jpg


ただ1度、QRコード読み込み機能につられてケータイを携帯しようとしたことが・・・
でも、そのうち熱が冷めたら元の木阿弥。
私の生活にパソコンは今や必要不可欠なのだが、ケータイは必要性をほとんど感じない。
そのうち、非常用&居場所確認のため無理やり持たされるかも・・・

もっとも、仕事でぜひ必要という方は別として、私みたいなアソビ人のハナシなのではあるが。
ただ、私が見る限り、仕事とはとうてい思えない場面での使用がほとんどである。
たまに電車なんかに乗ると、周りはケータイを持ったサル、ではなく人間ばかり。
目はケータイに釘付け、手は忙しく動きっぱなし。
ボケっと外の景色を見るのは、私くらいのもん。

なんであんなに他人と連絡を取り合う必要があるのか、不思議である。
私なんか、できたら必要最低限以外他人との連絡はしたくないと、思う。
もし外出中に緊急連絡が必要になったら・・・その時はその時、運命だとあきらめるだけ。
一歩外に出たらもーこっちのもん、糸の切れた風船のように飛んで行く
もし2度と戻って来なくても、、、、、ケータイ不携帯なものでアシカラズ・・・
by fu-minblog | 2008-01-27 14:07 | 雑感実感 | Comments(9)

「コーヒープリンス1号店」 2杯目

c0026824_13245246.jpg

「コーヒープリンス1号店」を観ている女性の多くは、コン・ユくんファンではないかと思います。
1話でも、そのカッコよさにはシビレました。
でも今回は、ユン・ウネちゃん(ウンチャン)のカッコイイこと!
もともと、ナヨっとしたオンナは突き飛ばしたくなるタチなので、あーゆーボーイッシュなハンサム・ウーマン大好きです。

前言を翻すようですが、ユン・ウネちゃんの顔立ちは、部品が大きくて意外にオトコっぽいのかも。
ブラックスーツにピリっとネクタイ効かせたスタイル、すっかりホレなおしました。
・・・てゆー私って、アジョッシなのかアジュンマなのか???

c0026824_13164481.jpg

ストーリーは今のところ、まだプロローグの域を出てないって感じです。
画像メインです。アシカラズ。
by fu-minblog | 2008-01-26 13:06 | ドラマ | Comments(4)

寒中お見舞い


寒中お見舞い申し上げます

c0026824_237228.jpg


今週日本列島は、厳しい寒波と株安に見舞われ、すっかり冷え込みました。
でも、春の準備はひっそりと、けれど着々とすすんでいます。
by fu-minblog | 2008-01-24 23:20 | 四季折々 | Comments(8)

白い朝

今朝目を覚まして外を見ると、辺り一面まっ白の銀世界でした。
こんなことは数年に1度の出来事、思わず見とれてしまいました。

c0026824_1522214.jpg

でも、キレイな景色に見とれている場合ではなかったのです。
ナント!我が家自慢の木フェイジョアの、大きな枝が何本かポッキリ折れておりました。
ポッキリというよりは、いわゆる、生木を裂かれたカタチです。
だから、昨日タマタマ写真に撮ったのが、最後の晴れ姿?になってしまいました。

植木屋の剪定も、フェイジョアだけはしないようにしていたのに~
四方八方に広がる樹形のうえ、常緑樹なので葉っぱが多く、雪をたくさん被ることに・・・
南国生まれのフェイジョアにとって、雪はやはり大敵でした。
我が家の歴史とともにあったフェイジョアの木が、半分くらいの嵩になrってしまい、ショックです。

しばらく、立ち直れないかも?
雪国の方の苦労がほんのちょっぴりですが、分かった気がします。

c0026824_1534375.jpg

フェイジョアの枝折れて知る雪のおもさ

by fu-minblog | 2008-01-21 10:57 | 四季折々 | Comments(6)

初雪

初雪が降りました。
めったに雪の降らない土地柄なのでつい・・・
c0026824_13525156.jpg

                                                    伊吹 郷訳

雪の詩はいろいろあるでしょうが、私が知ってる中では尹東柱(ユン・ドンジュ)のこの詩がなぜか好きです。
by fu-minblog | 2008-01-20 14:12 | 四季折々 | Comments(2)

「コーヒープリンス1号店」 1杯目

お待ちかねの「コーヒープリンス1号店」が昨夜から始まりました。
コマーシャル入りで50分の放送時間って、きっとカットだらけってことは大目に見ます。
どっからどー見ても女の子なウンチャンについても、目を瞑ります。
これは、テットーテツビビジュアル系と心得て、カッコイイコン・ユ君とカワユイユン・ウネちゃを存分に楽しみたいと思います。

c0026824_1224349.jpg

ところで、ユン・ウネちゃん、「宮」の頃と比べると、かなりスリム。
全身コレ女の子だったのに、ショートカットでボーイッシュに変身は見事です。
ただ、役のためにダイエットして無理してないかと、皇太后ではなくハルモニはちと心配。
テコンドーの回し蹴りには、思わず目を見張りました。

コン・ユくんは、ますますカッコよくなりましたね~
こーゆー、ちょっと不良でそのくせナイーヴって役をさせるとピカイチかも。
1話では惜しげもなくモムチャンを披露し、ファンの目を釘付けにしたことでしょう。
2年余りのブランクをもろともせず、一回り大きくなって元気に復帰してください。
by fu-minblog | 2008-01-19 13:02 | ドラマ | Comments(2)

「琴刀比羅宮 書院の美」

今日は阪神大震災からちょうど13年目の日、予定ではその神戸を通り、今年初めて京都へ行く予定でした。
ところが、突如予定が変わり、誘われて琴刀比羅宮へ行くことに。
初詣づいているってワケではなく、念願の「琴刀比羅宮 書院の美」展を観るためです。
モチロン、800段近い石段を登り、本殿へのお参りもさせていただきました。

c0026824_18312738.jpg

表書院の丸山応挙の障壁画「遊虎図」の虎の間、「竹林七賢図」の七賢の間などが、室内から鑑賞できます。
また、室内と庭の池を繋げた山水の間の「瀑布古松図」は、自然との一体感を強めます。
奥書院には、伊藤若冲の描いた201点の花々に埋め尽くされた「花丸図」の一室があり、足を踏み入れると、濃密な不思議な空気に包まれます。
4室の内あとの3室は、今は岸岱(がんたい)の障壁画となっています。

私的には、この若冲の絵がお目当てだったワケですが、そもそも若冲を知ったのは田中一村からでした。
田中一村を評して昭和の若冲、という文に出合ったのがはじまりで、ガゼン興味を持ったのです。
それ以後、画集やテレビ番組などでは若冲の絵を観ていたのですが、実物を観るのは今回がはじめて、やっと念願が叶い思い残すことはございません。

それにしても、琴刀比羅宮がよくもこれだけの美術品を所有できたものだと感心しました。
よほど権力と財力があったのでしょう。
また、人々の厚い信仰を得ていたのでしょう。
とにかく、そのスケールの大きさをあらためて実感しつつ、帰りの瀬戸大橋を渡ったのでした。

c0026824_1958181.jpg

by fu-minblog | 2008-01-17 19:49 | 美術工芸 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月