ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
今年の百合事情
at 2017-08-13 15:20
我家のお盆と長崎原爆の日
at 2017-08-09 17:37
JH 31 BIRTHDAY..
at 2017-08-08 17:46
LSR convention..
at 2017-07-31 11:42
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2017-07-26 19:44
暑中お見舞い
at 2017-07-20 17:16
夏のオシャレ
at 2017-07-20 10:31
祇園祭の想い出
at 2017-07-17 17:02
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

干支の香合

お正月に干支の置物を飾る趣味は今までなかったのですが、先日たまたま茶道具店のショーウィンドウに売れ残っていた干支の香合一つ。
あんまり干支のネズミが控えめで可愛かったので買い求めました。
袋鼠というらしいのですが、宝袋にちょこんと小さなネズミが乗ってます。

c0026824_22534461.jpg


大掃除にも飽きたし、疲れたしで、チョコット気分転換。
玄関に香合を飾ったりして、そこだけお正月な気分。
明日は大晦日ですが、ここまで来るとジタバタしてもショーがないと開き直り、コトコト煮物なんぞしながら、ノンビリ過ごすつもり。

夜はニュー・イヤー・イヴってことで、早々に仕事を切り上げ、ゆっくり飲みたいなナンテ・・・
by fu-minblog | 2007-12-30 23:08 | 雑感実感 | Comments(0)

パソコンの大掃除

家の大掃除はなかなか捗りませんが、パソコンの大掃除は昨日いちおう終わりました。
といっても、自分のことは自分でしてくれる賢いパソコンならこそ、なのですが。
マイパソは購入して丸4年、トラブルがないのをいいことに買ったときのまんま状態、手入れらしい手入れもせぬままでした。
今回、パソコンのメンテナンスの仕方を教えてもらい、早速トライしてみました。

まず、作業に入る前の準備として、万が一に備えてバックアップと復元ポイントの作成をしておきます。

その1 ディスク クリーンアップ
これでハードディスクの空き容量が増えました。

その2 セーフモード起動をする
今まで1度もしたことがなかったのですが、これで調子がよくなることもあるそうです。

その3 ディスク デフラグ
過去に途中挫折した経験あり、なのですが、今回はガマン強く最後まで敢行、6~7時間かかりました。(やはり寝る前にスタートするべき)

その4 エラーチェック
たぶん成功したと思うのですが・・・

その5 パソコン内部の埃の除去
以前メモリの増設をした経験があるのでフタは開けたものの・・・
やっぱり、エアダスターを使う自信がなく、、、、、止めました。

ついでに、マウスも新品に取替えました。

心なしか、サクサク動く気がします。
これで気持ちよく、また来年も働いてくれるかしら???

c0026824_9583253.jpg

by fu-minblog | 2007-12-27 10:06 | 日常茶飯事 | Comments(2)

「太王四神記」 交代の一瞬

今年も残り少なくなりました。
さいきんガタ減りの韓ドラレビューですが、今年最後を飾って?ヨン様画像をチラリと・・・

「太王四神記」の配役が、昨日子役から大人に変わりました。
どんな変わり方かな?と思っていたら、天国の階段方式?でした。
4人がそれぞれ、一瞬のうちに大人になりました。
そこで、その一瞬の映像を集めてみました。(ヒマ&アホです!)

タムドク&キハ
c0026824_21144924.jpg


ホゲ&スジニ
c0026824_184645100.jpg


ドラマの本筋に関係ないことですみません。
by fu-minblog | 2007-12-25 21:26 | ドラマ | Comments(0)

スカパーde シネマ

一時はすっかり寂しかったスカパーの契約数だったのが、いつの間にかまた増えてきました。
現在、KBS World、Mnet、So-net、を個別に契約していて、それプラスベーシック映画セット(全6チャンネル)というのに加入しています。
映画を観るのはWOWOWがイチバンではあるのですが、ちょっとケチったってワケです。
ところが、このベーシック映画セットをほとんど観ていない状況でした。

そのワケは、それぞれの番組表を観ても、一つに纏めない限りなかなか番組が把握できない有様でした。
ただ、たまに自分の観たい映画にバッタリ出くわすことがあったりして、値段の安さもあり、加入し続けていました。
今回、明日25日に「ALWAYS 三丁目の夕日」をチャンネルNECOで放送するので、とりあえず録画することにしました。
たぶん、今までにも何回か放送はあったと思いますが・・・

録画予約をしつつふと上のシネフィル・イマジカを見ると、「第七の封印」という題名が目に止まったのです。
アレ!ひょっとしてイングマール・ベルイマン?と思って調べると、まさしく当り~
さっそく、一緒に予約を入れておきました。
とっころがその後の調べで、ナナナント!22日から28日までずっとベルイマン特集をやっており、ほぼ全32作品が放送されているのです。

すでに今日まで「第七の封印」を入れて14作品の放送は終わってしまったのですが、明日は「処女の泉」の放送もあり、全部は無理にしても録画しておきたいです。
今年7月に亡くなられたスウェーデン映画界の巨匠ベルイマン監督を追悼して企画されたようで、最初で最後の放送かもしれないとのこと。
ちょっと古いうえ、難解といわれるベルイマン作品ですが、遺作となった「サラバンド」は2003年度作品で、テレビ初放送ということで楽しみです。

それにしても、知らぬこととはいえモッタイナイことしてしまいました。

c0026824_20553938.jpg

by fu-minblog | 2007-12-24 19:32 | 映画 | Comments(2)

ウツかしら?

あんまり体調の好不調のない方なんですが、、一昨日は前日の強行スケジュールの疲れでダウン、昨日は久しぶりの本格的雨に一日中閉じ込められ、仕方なく「犬とオオカミの時間」をイッキ観なんぞしてしまいました。
とにかく、2日も外に出ないとウツ状態になり、「これまで死にたいと思ったことのない人は教養のない人である」なんて言葉を思い出す。

c0026824_15591042.jpg


今日は雨も上がり、おまけにぽかぽか日差しまで・・・
そこで急に思いついて、遅まきながら春の花苗を植えることにし、苗屋さんへ行きました。
いつもなら、遅くとも11月中には植えているハズなのに、今年はどうしたかことか植えそびれ、諦めて来春にするつもりでした。
とりあえず、メインの2鉢だけは植え終わり、これで今年の庭仕事の仕納め?

c0026824_1601472.jpg


生きてゆくために、それなりの覚悟と工夫と努力をする。
自分をコントロールもするし、グチを言ってもはじまらないので言わない。
与えられた情況で、最大限楽しむのが身上と、心得る。
それでも、人間いつも、死と隣り合わせで生きているのである。
by fu-minblog | 2007-12-23 17:38 | 雑感実感 | Comments(4)

悲観と楽観のあいだ

たまたまなんですが、チョー悲観的な本とチョー楽観的な本を続けて読むことになりました。
悲観的な方は中島義道著「観念的生活」、楽観的なのは梅田望夫著「ウェブ時代をゆく」。
どちらも、私の偏食的好みではあるんですが・・・


c0026824_1939153.jpg年賀状の素材を捜して本屋をウロついていて見つけ、気がついたら本を手にレジに並んでいた次第。
これって、ビョーキですよねぇ。
ただ今回は、中身も見ずに買ったことを後悔しましたけど・・・
いつものエッセーではなく、8割がた難しい哲学のオハナシ。
それでも最後まで読ませるところは、サッスガ~
『哲学は誰でもできるということは事実である。だが、ほとんどの人に哲学ができないこともまた事実なのである。どんなに存在や善悪という根本問題に囚われていても、それだけで哲学はできない。また、どんなに文献を読む力、議論で相手を打ち負かす力を持っていても、それだけで哲学はできない。哲学には、真正の哲学病患者であって、かつそれを精緻な言語によって表現する能力、すなわち、個人的な実感を普遍的な論理に乗せて語る能力が必要なのだ』

また『宇宙には何の目的もないこと、人生には何の意味もないこと、すべてが起こるべくして起こったこと、それには何の意図もないこと、そして、すべての人は死んでしまい、すべてのものは滅んでしまうこと、このことに何の意味もないこと』という真正のニヒリズムを生きているとのこと。
ウ~~~ン、それにしてはお元気で、次々新刊も出て(ショージキ出すぎ?)、楽しそーなんですけど・・・


c0026824_19531195.jpg
この本は昨日車中で読み、残りを今日読み終わりました。
帯に「ウェブ進化論」完結篇と銘打ってあって、ほんなら読まなあかん?と思って読んだ次第。
自身の体験をもとに、ウェブ時代をどのように生きればよいかそのヒントが、主として若者向けに書かれてます。
基本的にこのウェブ時代を肯定的に捉え、新しい時代の到来への期待に溢れています。
『未来は能動的に変えることのできるものだが、そのエネルギーはオプティミズムが支える』というのが氏の姿勢です。
ただ、あまりにグーグルはじめアメリカやシリコンバレー贔屓なのが少々気になるところ。



悲観的と楽観的と正反対の二人の著者ですが、自分の好きなことを貫くってことでは共通しています。
by fu-minblog | 2007-12-21 20:11 | | Comments(0)

京都 師走

c0026824_21281865.jpg

今年最後の京都、師走ならぬ、私も走りました。

地下鉄の終点国際会議場駅を地上に出ると、12月とは思えぬまぶしい日差しと暖かさ。

なぜかいつも、お天気にだけは恵まれる。

青空に浮かぶ比叡山を背に国際会議場までの広い通りは、3日後に控えた高校駅伝の準備も

終わっていました。

そこからさらに車で北へ15分ほどの大原の里は、1ヶ月前の紅葉もすっかり終わり冬の佇まい。

北山杉のまっすぐ伸びた幹は、何時見てもうつくしい。

こうやって何事もなく今年も暮れてゆくのは、私にとってはほんに喜ばしいことだと、思う。
by fu-minblog | 2007-12-20 22:23 | | Comments(0)

「ALWAYS 続三丁目の夕日」

c0026824_17465730.jpg

今日、今年最後の映画鑑賞「ALWAYS 続三丁目の夕日」を見に行ってきました。
朝からクシャミの連発で風邪気味なのにもメゲズ、ティッシュ・マスク・のど飴を用意し、いっぱい着込んで行きました。
人間勝手なもので、自分のしたいことをする時は、寒さも気分の悪さも吹っ飛ぶんですね~
おまけに、年末は人や車が多くて買い物も敬遠していたのに・・・

ちょうど2年くらい前ですか前作も観ているし、吉岡秀隆くん観たさのミーハー心もあり・・・
ただ、この映画の吉岡くん、メチャ汚いんですけどね~
実は前作は、私的にはなぜかあまり評価しなかったんですよ。
その時にも書きましたが、性格的に、過去を振り返りあの頃はよかったのに・・・と懐古するのが実はあんまり好きではない。
けれど、前作はあれ以来1度も観てないのだが、今回は不覚にも目から水が・・・
なかなかツボをはずさない、上手いツクリの作品に仕上がっていると思います。

前作は昭和33年、今回は34年の春から冬までの約1年間、夕日町三丁目で繰り広げられるビンボーだけど心温まる人々のオハナシ。
前作の記憶がアイマイなのだが、主人公の比重が今回は鈴木オートの下町江戸っ子とーさんから、売れない作家茶川龍之介の恋模様にシフトしている気がします。
淳之介を演じた子役くんが、すっかり背が伸びていた以外は、相変わらず芸達者な豪華な顔ぶれの出演者たちでした。

それにしても、平成も来年は20年となり、昭和がすっかりレトロになってきたんだ、と感無量。
おまけにこの映画の時代、昭和33年,34年に生きていた私のような人間は、正真正銘レトロ人間。
東京ではなかったけれど、日本が高度経済成長期に突入する寸前の庶民の生活を、私もまた生きていたワケです。
実はつい10年くらい前まであった我が愛車、スバル360を懐かしく思い出していました。

ビンボーでも人情味あふれる当時の人々の生活を観て、お金よりも物よりも大切なものがある、と気付くことは大事なことです。
しかし、そう実感できるのは、バブルが弾け阪神大震災等を経験した今の私たちであって、当時の人々ではない、というのも事実ではないでしょうか。
そして当時、ビンボーを苦にせず、それなりに楽しく生活できたその基本にあるのは、やはり、日本が平和であった、戦争を放棄していたからだ、としみじみ思うのでした。

さいごに、この映画を観るキッカケをくださったshizuka7さんに感謝します!
by fu-minblog | 2007-12-18 18:56 | 映画 | Comments(4)

年賀状な日曜日

先週まで日曜日は魔王デーって感じだったのですが、それも終わりやっと年末のオシゴトを。
今日は天気もよくお掃除日和なのですが、まづは、ほぼデザインを決め、プリントを待つばかりの年賀状から片付けんとて・・・
実はこの年賀状、新世紀が始まった年に一度止めたのですが、いつの間にかまた復活、今に至っている次第。

変わったのは、それまでの手書きからパソコンを使うようになったこと。
パソコンが嫌いではないので、年賀状作りもけっこう楽しくはなりました。
ただ、自分で期限を切らないと、いつまでもいじくり回す傾向があり、今日中にプリントして仕上げる、と決めました。
ブログにUPして宣言までしてしまいました~

c0026824_1052888.jpg

先日、花が上がったので持って帰ったシクラメン2鉢、今年はオーソドックスな白と赤、あと1鉢が一歩出遅れています。
いつもの定位置にシクラメンを置くと、いつの間にかその横には猫、冬の我が家の風景です。
by fu-minblog | 2007-12-16 11:04 | 四季折々 | Comments(2)

2007 (韓国以外)シネマ館 

韓国映画が少なかったにもかかわらず、映画館にはけっこう足を運んだと思ったら、今年はなぜかハリウッド映画をよく観ました。

c0026824_1731362.jpg

今まで観ていたシリーズもの、「ハリー・ポッター」「ダイ・ハード」「ハンニバル」に加えて、観たことなかった「パイレーツ・オブ・カビリアン」まで観てしまいました。
日中韓を始めとするアジア諸国の合作ともいえる「墨攻」も、映画館ならではのド迫力。
「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、久しぶりに聞くシャンソンを堪能しました。

ついでに、日本映画も3本ばかり観ています。
c0026824_17453428.jpg

パッチギの続編「パッチギ!LOVE&PEACE」「めがね」「フラガール」です。
フラガールは昨年見逃していたのが再上映され、思いがけず映画館で観ることができたのです。
その後DVDまで購入、本編はモチロン、メイキングからドキュメントまでしっかり観ました。
おかげで、ちょっとしたフラダンス通に?

今年日本映画はほかにも、DVD、テレビ放送などでもけっこう良い作品に出会えました。
たぶん、韓ドラを観る時間が減ったおかげだと思います。
さて、来年はどーなりますことやら・・・・・
by fu-minblog | 2007-12-14 18:22 | 映画 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(96)
(95)
(90)
(84)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン