ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
最新の記事
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
さくら前線異常あり
at 2017-04-06 16:35
三月の出来事
at 2017-03-31 11:49
岩合光昭写真展「ネコライオン」
at 2017-03-29 18:02
「引揚げ文学論序説」
at 2017-03-26 11:22
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
最新のコメント
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

雑誌雑感

c0026824_1753517.jpg

今日、たまたま本屋へ行き例によってウロウロ、ホッチリ別冊「韓国俳優バイブル2007」を見つけ、ついつい買ってしまいました。
実は、これの2003年版と2005年版も持っており、3冊はさすがに多すぎと、ハンセイ!
ただ、完全永久保存版ってことで、たぶん、いえきっと、これが最後の1冊になるでしょう。。。

最近は韓国エンタメ雑誌はほとんど買わなくなり、本屋で見ることもなくなりました。
唯一買っていた「ムービー・ゴン」も、いつの間にか見なくなり・・・・・
時々「韓国テレビドラマコレクション」とか「韓国シネマコレクション」などの特集を買う程度です。

さて、この「韓国俳優バイブル」、値段はちと高い(2520円)ですが、韓国俳優520名を完全網羅だそうで、このての本の中ではかなり充実した内容なのでは?と思います。
柄にもなく、3冊をチラと見比べてみたところ、ビミョーに変化が見られます。
やっぱり、俳優がベテランから若手へとシフトしており、顔ぶれもナニゲに変わってきています。

たとえば、2007年版では1ページ扱いのヒョンビン씨は2003年版では影も形もないし、2003年版では1ページ扱いの我がチェ・ミンス씨は、今回は1/4に縮小とか・・・・・
ま、日本での人気度が優先されるのは、やむを得ないのでしょう。

2003年版は、写真も巻頭のカラーグラビア以外はモノクロだし、紙質も悪いのだけど、過去の映画・ドラマの興味深い記事・データーが多く、けっこう面白い。
なにしろ、ペ・ヨンジュンってナニモノ?って時代で、情報は比べ物にならないくらい少なく、私にとっては韓国俳優への手掛りとして、頼りがいのある1冊でした。

それにしても、日本の俳優さえあまり知らないっちゅーのに、ナンデ韓国俳優なのか、あらためて考えさせられる今日この頃です。
by fu-minblog | 2007-01-30 18:35 | | Comments(2)

夏物語

c0026824_17113989.jpg

今年の映画レビューは、この「夏物語」でスタートします。
真冬に「夏物語」もナンカ季節ハズレなんだけど、本日封切りのピカピカです。
考えたら、イ・ビョンホン씨を映画で観るのは一昨年の5月、「バンジージャンプする」以来です。
ドラマも、昨年は1本も観なかったよーな気が・・・・・
私の場合、ファンミはモチロン、芸能ニュースもあまり観ない方なので、久しぶりのビョンホン씨ってワケなのです。

韓国映画らしい正統派純愛ラブストーリーなのですが、ただ甘いばかりではございません。
イ・ビョンホン씨演じる60歳を過ぎた大学教授が、40年前のあるひと夏を、切ない初恋を、その初恋の女性を、否が応でも思い出さずにはいられない事態に追い込まれてしまいます。
そして、何故彼が今結婚もせず、その一人の女性を想い続けているのかが、まるで古いアルバムを1ページづつめくるように語られてゆきます。

c0026824_18132379.jpg

前半は、美しい農村の風景をバックに、ソウルから農村ボランティアに来た大学生ユン・ソギョン(イ・ビョンホン)と図書館の司書として働くソ・ジョンイン(スエ)との出会いと淡い初恋が、ごく自然に淡々と描かれます。
そして、二人の恋がさらに進展しょうとするその矢先、突然時代が牙をむき、二人をズタズタに引き裂いてしまいます。。。。。
前半のちょっとゆっくり過ぎる静かな展開と、劇的な後半の展開の対比が、鮮やかです。

c0026824_18141817.jpg

このドラマの時代背景1969年は、アポロが人類初の月面着陸に成功した年でもあり、韓国では朴正熙大統領が憲法を改正してでも三選を強行しようとしており、それに反対する学生達との激しい衝突が繰り返されます。
中でも、北朝鮮への対抗意識から反共思想が煽られ、多くの犠牲者が出たことは、韓国史上に残る大きな汚点です。

c0026824_21564133.jpg


60歳代と20歳代という実年齢とは程遠い役に挑戦のイ・ビョンホン씨、さすが演技力でカバーってところでしょーか。
20歳代と60歳代で、目の輝きが違ってたのにはオドロキです!
キャラとしては、学生運動に対してはノンポリ、ボランティアもほどほど、どちらかと言えば調子イイ、ひ弱で甘ったれの都会っ子で、これまでにはないキャラだと思います。
老けたビョンホン씨、私的には好きですね~
・・・・・てことは、これからますます楽しみかも。。。
スエ씨も、清純な顔立ちが美しく、静かだがしんの強い女性を好演、よかったです。

エンディングのフミヤの歌、う~~~~~ん。
悪くはないけど、オリジナルを聞きたい気が・・・
さいごにご忠告、ハンカチまたはティッシュをお忘れなく!
by fu-minblog | 2007-01-27 19:09 | 映画 | Comments(4)

ファンタスティック・カップル 受賞風景

もう去年のことになってしまいましたが、「ファンタスティック・カップル」のハン・イェスル씨とオ・ジホ씨は、MBC演技大賞で、カップル賞、人気賞を独占。
ドラマをまだ観てなかったので、へえ~~~!って感じでした。
その後、KNTVで放送が始まるや、このミスマッチなカップルに抱腹絶倒、特にハン・イェスル씨のトンデモナイけどニクメナイキャラにノックアウトされつつあります。。。

トツゼン、も一度観てみよっか、なんて気に・・・・・
ハン・イェスル씨はユ・ジェソク씨とともに司会も務めて大活躍でしたね~
ドラマと大違いのエレガントお姿をチラと・・・・

宮カップル、朱蒙カップル、ある素敵な日カップルなどをおさえてベストカップル賞を受賞

c0026824_18284042.jpg


続いて人気賞も・・・・・(ハン・イェスル씨は優秀演技賞も)

c0026824_1953550.jpgc0026824_1955794.jpg















さいごに一言、楽しいことはイイことだ~!!!
by fu-minblog | 2007-01-25 19:15 | ドラマ | Comments(0)

朱蒙 建国へ

c0026824_17451175.jpg

「朱蒙」が昨夜で50話まで終わりました。
長丁場にも拘わらず、今まで、緊張の糸も切れず、退屈な回もほとんどなく、手に汗握る展開が続いています。
朱蒙を演じるソン・イルグク씨、期待をはるかに超えた好演、カッコイイです!
最初、図体の大きいのがドンくさくさえ感じたのが、今やあの体格が見栄えして見えるから不思議。
昨年度のMBC演技大賞・大賞受賞も、頷けるというもの・・・・・

c0026824_1745337.jpg

さて、ハナシはイヨイヨ本筋と申しますか、扶余を出た朱蒙は建国への緒に就いたのです。
45話ではポンゲ山に流民を集め、父ヘモスの意思を継ぎ、多勿軍を再結成します。
それまでの腹心、マリ・オイ・ヒョッポの3人ではちと心許なかったのが、さらに3人の心強い腹心も加わり、ヤレヤレです。
地の利を活かした戦いで、テソの率いる軍隊や鉄騎軍さえ打ち負かし、勢力を拡大してゆきます。
しかし、母ユファと妻イェソヤが人質として扶余に残されることに・・・・・

c0026824_17455760.jpg

長編ドラマ苦手な私ですが、このドラマは別。
毎週2話づつこまめにDVDに焼く、というマジメさ。
おかげで、DVDが増えること増えること・・・
いったい何時観るんや~~~!と思いつつ・・・・・・
残り30話(たしか)、このまま行けばメデタク?完走!!
by fu-minblog | 2007-01-24 18:22 | ドラマ | Comments(2)

オーバー・ザ・レインボー

c0026824_1683491.jpg

生き馬の目を抜くキビシイ芸能界の内幕を舞台に、若者の夢と失望、愛と野望、成功と挫折を描いた「オーバー・ザ・レインボー」が終りました。
実は録画せずにですが、大体観ました。

ダンス好きなのと、何を隠そう、若者好きなもので・・・
画像で遊んでたらすっかり遅くなり、今日は時間となりました~
・・・のでチョコッと詩を一編若者たちに贈ります。。。

草原の輝けるとき

花うつくしく咲きしとき

再びそれは還らずとも 嘆くなかれ

その奥に秘めたる力を 見いだすべし


映画「草原の輝き」より、ワーズワースの詩の一節です。
by fu-minblog | 2007-01-21 19:18 | ドラマ | Comments(0)

あの日の記憶

今週は12年前の阪神大震災の記憶が甦り、いろんなことを考えさせられました。
たまたま18日は、京都往復の途中神戸を通り過ぎ、今まで何度となく通過しているにも拘らず、あらためてあの日のことを思い出し、感無量でした。

一瞬にして都市が一つ廃墟と化す、なんてSFの世界でしか考えられなかったのですが・・・
12年前の1月17日の未明、用事で来ていた実家の京都で、ドンッ!と揺れというよりは何だか分からない衝撃で目が覚めました。
その時はかなり大きな地震とは思いましたが、あれほど大きな災害になるとはユメ思ってなかったのでした。

そしてテレビなどで状況が分かるにつれ、じっとしてはいられなくなりました。
なぜなら、当時息子が神戸市東灘区、あの横倒しになった阪神自動車道のすぐ側のアパートに住んでおり、当然連絡がつかなくなっていたからです。
居ても立ってもいられなくなり、とにかく京都から大阪へ、そこから神戸方向へと歩いている自分がいました。

ほんとは何の意味もないと思いつつ、一刻も早く無事かどうかを確かめたい、という想いでした。
結局道路は寸断され、疲れ果て、一緒に歩いていた人のケータイで実家に電話をし、息子が無事であることが分かったのです。
不思議なことに、それからどうやって京都へ帰ったかは、一切記憶にございません。

息子のアパートは、決して新しくはない3階建ての、マンションではない、あくまでアパートだったのですが、奇跡的にほとんど被害がありませんでした。
その向かいの、新築の高層マンションは2階辺りから折れ曲がり、周りの2階建ての民家もほとんど倒壊したのでした。

防災は、モチロン大事ですが、ほんのちょっとした運不運が、人の生死を分けることもあるようです。
運不運といえば、神戸の惨状と対照的にすぐ隣の大阪は、いつも通りの賑わいと活況に溢れ返っていて、何事もなかったかのようなのが不思議でした。

あれから12年、神戸の街は一見復興したかのように見えます。
けれど、被災者の心の傷は、きっと一生消えることはないでしょう。
そして、あの大災害が、6434人の犠牲者が残してくれた教訓を、私たちは活かしているでしょうか?
私に関して言えば、ノドもと過ぎれば熱さを忘れているのがホントのところ。。。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、そんな自分を戒めるために、この記事、遅まきながらUPさせていただきました。
by fu-minblog | 2007-01-20 19:26 | 雑感実感 | Comments(4)

ファンタスティック・カップル

c0026824_1803524.jpg

ドタバタだけど、かなりおかしい。
ファンタスティック・カップル、とゆーよりは、今のところ猟奇的カップル?
鼻持ちならないゴーマン女を演じるハン・イェスル嬢、ちょっと三白眼と上ずった声がピッタリきてます。

ゴージャスなセレブファッションから一転、ダサイもんぺ姿へと・・・
もんぺといえば、ユン・ウネちゃんを思い出すワケだが、二人とも意外と似合ってるじゃん!
実は私も、いっとき愛用しておりました。

それはさておき、このヒロインのキャラときたら・・・・・
ゴーマンだけじゃない、キレイなお顔、ラグジュアリーなファッション、セレブな生活からは考えられない下品なお言葉。
「ザ~マス」ならぬ「ザマ」を連発、でも、私的にはけっこう気に入ってます。
それにしても、記憶喪失になっても性格は元のままって、当たり前のこと再確認した次第。

オ・ジホ씨はコミカル路線はけっこうお似合いですが、キム・ソンミン씨って、ごくワルかナサケナイ役かって、落差激し過ぎ。。。
韓ドラヒロインもついにここまで来たのかと、感慨ヒトシオな今日この頃でございます。
by fu-minblog | 2007-01-17 19:06 | ドラマ | Comments(2)

KBS演技大賞 2006

今日は小正月。ちょっとお正月気分で、KBS演技大賞のおさらいと行きましょう!
(アルコールは入ってません。念のため・・・)

イキナリですが、大賞はハ・ジウォン씨が「ファン・ジニ」で受賞。
私は観てないので何とも言い難いのですが、彼女は「茶母」「デュエリスト」など時代劇の経験が活かされたのではないでしょーか。
c0026824_1514568.jpg


最優秀演技賞。
左よりシン・グ씨(ソウル1945) イ・テラン씨(噂のチル姫) リュ・スヨン씨(ソウル1945)
c0026824_16572828.jpg


左→ネチズン賞のヒョンビン씨 (女性はハ・ジウォン씨)
右→人気賞のヒョンビン씨とオ・マンソク씨 (女性はソン・ユナ씨とチェ・ジョンウオン씨)
c0026824_1544593.jpg


ベストカップル賞4組。
上 左→「雪の女王」カップル 右→「ぶどう畑のあの男」カップル
下 左→「噂のチル姫」カップル 右→「ファン・ジニ」カップル 
c0026824_1553932.jpg


ぶどう畑カップルの二人はそれぞれ新人賞も受賞。メデタシメデタシ・・・・
あと、男性→ソ・ジソク씨(19歳の純情) パク・ヘジン씨(噂のチル姫)
    女性→ク・ヘソン(19歳の純情) イ・ユンジ(19歳の純情)
c0026824_16223037.jpg


さいごに、ぜひUPしたい私のお気に入りのカレ、青少年演技賞のユ・スンホ君。 
「ソドンヨ」の少年時代、チャン少年を演じた彼、ハンサムでもなく優等生っぽくもない、腕白坊主フルなところが好き。。。
「ソウル1945」で今回受賞、分かってたら観たのにィ~~~
ついでに、イ・セヨンちゃん(ファン・ジニ)も。
c0026824_156182.jpg


実は、KBSはなぜかあんまり観てなくて、「ソウル1945」も途中からにも拘らず挫折、「噂のチル姫」食わず嫌い、、、、、ミニシリーズを何本か・・・といったところです。
これから放送のもあるワケですが、受賞の有無、視聴率の高低、前評判などあまりアテにはならず、やっぱり自分の目で確かめるしかございません。

今日はちとチカラが入り、ノドが乾いてまいりました。
それではこのへんでちょっとイッパイ!?!
by fu-minblog | 2007-01-15 16:48 | ドラマ | Comments(2)

マイパソコン

昨日の続きネタなんですが・・・・・
マイパソコンをブログに残しておこうなんて、アホなこと考えてしまいました。
何を思いつくやら自分でも分かりません。。。

c0026824_18271984.jpg

初代マイパソコン、NEC simplem。
何を隠そう、このデザインにひと目惚れ、どーしても欲しくなってしまいました。
子供がオモチャを欲しがるのと同じです。。。
ただし、あんまり容量が小さく、機能不足なためお役ご免に・・・
それでも、飾っておいてでも手放したくなく、今だに我家に置いてあります。
たぶん、こんな気持ち誰にも理解されへん???

c0026824_18391422.jpg

2代目、現在使用中。SONY vaioW
忘れもしない、2003年末、「冬のソナタ」を録画したのが初仕事。
これも大半はデザインで買いました。
ただ、今回はさすがに機能にも留意、DVD録画が条件でした。
結局翌年DVDデッキを買うハメになったのですが・・・
でもとにかく今日まで、故障もなくよく働いてくれていて、なかなかウイヤツです!

壁紙があまりに古すぎ!不精なのがバレバレやんか!
画面がワイドなので、右端にグーグルデスクトップ入れてます。
InternetExplorer7にバージョンアップしてみました。

他人さんにはどーでもよい記事が続き、ごめんあそばせ~
by fu-minblog | 2007-01-13 19:10 | 雑感実感 | Comments(2)

ブログにカンパイ!

私がひょんなことからブログを始めて、はや2年が経とうとしています。
さらに言えば、パソコンを始めてから、もうじき7年になります。
これは、それまでの私からみれば、考えられない事態、と言えます。
たとえ家にパソコンがあっても、何の興味も関心も無かったのですから。。。

それが、2000年のある春の日、電気店をウロウロしていた時とつぜん、マイパソコン購入に踏み切ったのでした。
理由らしきものと言えば、友人にメールを薦められていた事、たまたまテレビで糸井重里氏が、パソコンは爆発しな~い!と叫んでいたのを見たくらい・・・

私にとって、パソコン=インターネットだったので、届いたと同時にネットに接続しました。
その時の感激は、今でもはっきり憶えています。
OSがウィンドウズだったので、まさしく、世界に開く窓を手に入れたって感じでした。
それ以来、パソコンとの濃密な関係が続いております。

ちょっとエラそーに言わせてもらえば、ウェブをめぐる環境は、良い方向に激変していると思います。
ブログなんかもその一つで、ホームページはちと敷居が高い私みたいなシロウトに、自分のページを持つ楽しさを教えてくれました。
おかげで、恥ずかしげもなく、今日まで続けてきました。
バーチャルな世界とリアルな世界、虚像と実像の狭間を漂いながら・・・・・

検索もグーグルのおかげで格段にし易くなり、いろんな便利な機能も使えるようになりました。
でも、私が今一番注目しているのは、オープンソース現象と言われる動きです。
これは無料OSリナックスに代表されるようですが、「ウェブ進化論」(梅田望夫著)を読んだ時、あらためて感動しました。
オーバーに言えば、新しい思想、それも人類にとって明るい未来を感じさせる思想かもしれません。

それとは少し違いますが、HPやブログでも私たちはいろんな情報を好意で提供してもらっているワケで、どんなに助かっているか分かりません。
たとえば、「韓国の部屋」というHPには、日本で放送されている韓国ドラマが網羅されていて、おまけにこれから放送される分まで、懇切丁寧にUPされています。
私はと言えば、何の役にも立たずいろんな所でお世話になって、心苦しいばかりですが・・・

そんなこんな、今日はブログおよびウェブ環境について考えてみました。
さいごに、ゴチャゴチャ言わずに、ブログにカンパイ!
by fu-minblog | 2007-01-12 20:54 | 雑感実感 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月