ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
「引揚げ文学論序説」
at 2017-03-26 11:22
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
倉敷川千本桜
at 2017-03-10 15:51
舩木研兒 遺作展
at 2017-03-04 15:27
これが最後かひな祭り
at 2017-03-03 15:07
欲張りなライブ
at 2017-02-27 16:12
「LA LA LAND」
at 2017-02-24 21:20
ガラスとテキスタイルのアート..
at 2017-02-17 18:36
最新のコメント
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
>empikさん まさ..
by fu-minblog at 14:56
うわぁ〜!ほくろちゃん女..
by empiK at 11:56
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

秋の庭 やっぱりハーブ

c0026824_1731241.jpg
秋の庭もまたハーブです。
今咲いているのはパイナップルセージ。
毎年秋に真っ赤な花を咲かせてくれます。
草丈も1メートルくらいまで伸び、1本でもかなりの花。
我が家は3本植えています。
葉をちぎると甘いパイナップルの香りがします。

セージはいろんな種類がありますが、ウチはチェリー、メドーそしてパイナップルの3種類です。
どれも丈夫で花の期間が長く、チェーリーもメドーも春からずっと今も咲き続けています。
ほとんど水やりも要らず、ホント不精な私向き!
おまけに花もけっこう豪華。
c0026824_17585618.jpg

人間が奥ゆかしくないので、山野草ってガラではない。
それに東南の角地で陽当たりが良すぎ、日陰の花は全滅。
かくして残ったのはハーブだけという次第、まさしく適者生存。
c0026824_17342694.jpg
秋から冬にかけては鉢にビオラを植えます。
これまた春までずっと花が咲くというスグレもの。
思い切ってパ~~~と豪華に植えるのが私流。
毎年新種を植えては失敗するというのも、私のアホなところです。
by fu-minblog | 2005-10-29 16:24 | 四季折々 | Comments(4)

星を射る 最終回

c0026824_17464388.jpg

「星を射る」が終わりました。
ウ~ンちょっと寂しい、いえかなり寂しい。
とっても好きなドラマだったから。。。

何が好きかって?
チョ・インソン씨のソンテ、チョン・ドヨン씨のソラ、パク・サンミョン씨のパダですねぇ~
そてぞれ魅力的なキャラです。
ソンテの難読症という設定はユニークだし、チョ・インソン씨には男の可愛さを発見。
ソラは天真爛漫、あの豪快な笑い方はひょっとしてドヨン씨の地?
パダオッパはパダさま仏さまというくらいの情け深さ、側に居るだけで温まりそー!

それにひきかえイ・ソジン씨のドフン、魅力のカケラもない悪役、人気落ちないんでしょーか?
もっとコワイ、イェリン役の女優さん、この方目よりもまくしたてる口元がコワかった。

正直で無欲なものが、策略や陰謀に最後には打ち勝つというのは痛快です。
これは非現実的のようですが、以外に真実かも。。。。。

好きなシーンは数々あれど、私ってやっぱりこの星空パネルのメルヘンチックな画像が好きデス。
by fu-minblog | 2005-10-28 17:18 | ドラマ | Comments(2)

詩画集 クレーの天使

c0026824_2146546.jpg

「私の頭の中の消しゴム」のパンフレットを買うと、なかになぜか「泣いている天使」というとても
ステキな谷川俊太郎氏の詩とクレーの絵がのっていました。
クレーの絵も谷川氏の詩も大好きなので、帰り本屋により「クレーの天使」という講談社の
詩画集を見つけて買いました。
この詩画集は、クレーの描いた天使たちに谷川氏が詩をつけたすばらしい本です。
20篇くらいの詩のなかに「泣いている天使」もありました。

「泣いている天使」

まにあうまだまにあう
とおもっているうちに
まにあわなくなった

ちいさなといにこたえられなかったから
おおきなといにもこたえられなかった

もうだれにもてがみをかかず
だれにもといかけず

てんしはわたしのためにないている
そうおもうことだけが
なぐさめだった

なにひとつこたえのない
しずけさをつたわってきこえてくる
かすかなすすりなき・・・・・

そしてあすがくる


偶然ステキな映画と本に出会えました。
by fu-minblog | 2005-10-24 22:25 | | Comments(2)

私の頭の中の消しゴム  내머리속의 지우개

c0026824_1554233.jpg

早々に今日[私の頭の中の消しゴム」観に行ってまいりました。
実は昨年から待っていたのに、なぜか[四月の雪」に先を越されてしまいました。
私も形容のボキャを使い果たしてしまった感じなのですが、これは記憶に残るラブストーリー
とでも言うしかありません。

スジン(ソン・イェジン)とチョルス(チョン・ウソン)との唐突な出会いからどちらかと言えばスジンが積極的に始まった交際、そして反対をのりこえて二人は結婚・・・
と話しはテンポよく進み、前半はステキなウソン씨と溌剌としたイェジン씨をほほえましく、気持ちよく観ておりました。
中盤もすぎ後半にさしかかった頃、スジンが若年性アルツハイマーに冒されていることが明らかになります。

それは試練の始まりであると同時に、二人の愛がより深くより強くなってゆくことでもありました。
医者から病気を知らされたスジンはチョルスに別れを切り出して言います。

私の頭の中には消しゴムがあるって

けれどチョルスは言います

俺が残さず憶えていてあげるから
俺がおまえの頭で おまえの心だから

スジンはチョルスに支えられ病と闘います。
家の壁いっぱいに貼られた1000枚を超えるメモや写真。まるでスジンの記憶そのもののように。
しかし病状はどんどん進み、ついにチョルスさえ記憶の中から零れ落ちてゆきます。
そしてある日、自分の記憶が確かなほんの短い時間に、一通の手紙を残してスジンはチョルスの元を去って行きます。

後半はもう涙ボロボロ、残り少ないポケットティッシュを全部使い果たしました。
けれどこの映画の一番すばらしいのは美しいラストシーンでした。
悲劇的なストーリーにも拘らず、最後に夢と救いをあたえてくれます。

チョン・ウソン씨、実は以前からステキだと思ってましたが、これを観たら・・・でしょう。
ソン・イェジン씨、今までの中では一番彼女のよさが出ていたと思います。
しかし、私的にはこの監督イ・ジェハン씨にすっかりホレこみました。
韓国映画ますます目が離せません。
by fu-minblog | 2005-10-22 19:43 | 映画 | Comments(3)

アルバム 冬のソナタ

パソコンの整理とおさらいを兼ねて、アルバムを作ってみました。
まずは「冬のソナタ」から
2003年はこのドラマに明け暮れました。
実はその後ほとんど観てませんが、ドラマとしてはホントによくできていたと思います。
こうして好きな場面の写真を観ると、今では懐かしくさえ感じられます。

c0026824_14272879.jpg
c0026824_17442151.jpg

by fu-minblog | 2005-10-18 14:31 | ドラマ | Comments(2)

愛・共感

ほかに見るものがない、かといって勉強や読書はシンドイ、ので何となく見ています。
昨夜から2話連続放送になり、話の進み具合が速くなりました。

c0026824_21523238.jpg
結婚して10年くらいの二組の中年夫婦、チヨンとジスク、ドンウとヒスのお話しです。どちらも夫が妻を裏切るのですが、その裏切り方が違います。ドンウはよくあるパターン、若い女の子と浮気をして車やマンションを買い与えアバンチュールを楽しみます。一方チヨンはあまりないパターン、妻に内緒で不妊手術を受けしかもそれを秘密にしたまま10年間の結婚生活を送っていたのだが、悪いことにある日ついそのことを妻に漏らしてしまう。

チヨンはヒスとかつて愛し合いながらも結婚できなかったという過去のいきさつ、そのヒスの夫ドンウと仕事を一緒にすることになった偶然、またヒスとの運命的な再会。そんな中、夫の裏切りで子供を得られなかったことを知ったジスクは深く絶望し、チヨンと離婚する決意をするのですが・・・・・
妻に離婚を迫られたチヨンと夫の浮気を知ってしまったヒスが再会し再び愛が燃え上がるのか?! いやはやドロドロが目に見えるよーです。もっとすっきりした大人のラブストーリーを期待したんですが・・・

出演者の顔ぶれを見ると時代劇かと思ってしまうほどです。
チヨン役のチョン・グァンリョル씨「ホジュン」、ヒス役のイ・ミスク씨「スキャンダル」、ジスク役の
キョン・ミリ씨「チャングム」。

はっきり言ってこーゆードラマは苦手です。
「さっさと別れて新しい人生歩め!」とつい思ってしまうもので。。。
でもそしたらドラマはすぐに終わりかな?
それに、苦手なドラマのレビューがこんな疲れるものとは、あああー知らなんだ!
by fu-minblog | 2005-10-15 20:53 | ドラマ | Comments(2)

セブンソード  七剣

c0026824_10292883.jpg

何を血迷ったか、今日こんな映画観てきてしまいました。
チャンチャンバラバラとは覚悟していましたが、そこまでヤル!
アクションシーンになると誰が誰やら、敵か味方かもわからず入り乱れ、まこと動体視力の
試されることでした。
かなりの残虐シーンがあるので気の弱い方にはオススメできません。
私も少々気分が悪くなり、食欲減退、おひるごはん抜きました。(ダイエットにはなる)

今年はじめての中国映画です。
一昨年の「HERO]昨年の「LOVERS]と観てきて、今年この「SEVEN SWORDS」が評判
なので行きましたが、前2作とはかなり趣きが違いました。
「HERO]も「LOVERS」も激しいアクションシーンはありましたが、映像がとにかく美しく幻想的でまるで華麗な舞踊を観るようでした。
けどこの映画のアクションシーンは、もっとリアルでカゲキ、コワイです。

ただストーリーは比較的単純、結果的には勧善懲悪ということになります。
おまけに黒沢明の[七人の侍」と違い、7人の剣士全員死なずに生き残るのでホっとします。
中国には武侠小説と呼ばれるものが数多くあり、これもそんな一つ「七剣下天山」の映画化です。
つまり、主人公は他ならぬ七本の剣なのです。
それぞれの剣はそれぞれに不思議な力と物語をもち、そしてその剣の持ち主もまた、それぞれの事情と人生を秘めているというわけです。

c0026824_23433110.jpg

レオン・ライ、ドニー・イェンなど中国俳優にまじって、一人華を添えるのが韓国女優キム・ソヨン씨。
高麗人だが略奪され奴隷として連れてこられ、数奇な運命をたどることに・・・
整った顔立ちが哀しく美しく、ハマリ役だったと思います。
by fu-minblog | 2005-10-12 23:50 | 映画 | Comments(0)

ダツラ

これは我が家ではなく、お向かいの玄関先に咲いているダツラです。
今から10年近く前にウチからお嫁に行きました。
本家のはとうの昔に絶え果てて、影も形もございません。
最初の頃は花を見かけなかったのですが、この2~3年この時期になると白い、清楚だけど
華やかな大輪の花を咲かせています。

c0026824_1114249.jpg


最初珍しかったこの花も、今ではいろんな種類、色があるようです。
でも、私にとってのダツラは白い色の、まさしく写真の花なのです。
この花を愛した人は今はなく、自分の庭ではない場所で、毎年うつくしい花をひらく。
生命の不思議を感じます。

カンケイないのですが、ふと若い頃に読んだアンドレ・ジッドの小説「一粒の麦」を思い出します。
一粒の麦とはたしか聖書のことばから採られています。

一粒の麦 地に落ちて死なずば ただ一つにてありなん
死なば 多くの実を 結ぶべし

by fu-minblog | 2005-10-10 11:20 | 四季折々 | Comments(4)

朝鮮民画

たまたま偶然ですが、NHKネタが続きます。
最近はほとんど地上波の番組は見てないのですが、日曜日朝のNHK「日曜美術館」だけは
必ず見ています。
今日は「朝鮮民画」ということで楽しみにしていました。

私がこの「朝鮮民画」を知ったのは、20年以上前民芸の勉強をしていた時です。
民芸運動の創始者柳宋悦選集の中に、「朝鮮とその芸術」という一冊があったのです。
また私の直接の師である外村吉之介先生からも、よく話しは聞いていました。
朝鮮(当時の呼び方)のすぐれた美術工芸品の一つに、この「朝鮮民画」があることを。
c0026824_1635049.jpg

民画というのは壁に飾るための絵ではなく、生活に深く結びつきまた生活に役立つ絵のことです。
たとえば、日本では凧、絵馬、羽子板などの絵や大津絵などがあります。
朝鮮では屏風に描かれることが多く、婚礼の時はもちろん、各部屋べやにも置かれました。
特徴としては、無名の職人たちが流派から離れて自由に描いたもので、おおらかでのびのびと
した画風です。

とはいえ、まるでキュビズムの絵のよーな斬新なものもあります。
この「朝鮮民画」の発見者であり名づけ親でもあるのが、ほかならぬ日本人の柳宋悦氏であり、
200点にも上る作品が日本民藝館に所蔵されているのはうれしい限りです。
ソウル歴史博物館で展覧会が開かれているそーで、私のこころはソウルへぶっ飛びです!
by fu-minblog | 2005-10-09 17:28 | 美術工芸 | Comments(4)

ラジオ・ハングル講座 ~映画で出会う 生き生き表現~

c0026824_1191044.jpg

映画の話しではなく、NHKラジオ講座の話しです。
今月から始まったハングル講座応用編に映画「マイ・リトル・ブライド」が使われています。
今日初めて聞いてみたところ、映画のセリフがそのまま聞けてけっこう面白かったです。
つまり、キム・レウォンくんとムン・グニョンちゃんの声が聞けるってワケ。
ほんのすこしだけどファンの方にはオタノシミかも・・・

私は一昨年の4月からテレビの、昨年の4月からラジオのハングル講座を一応見聞きしています。
テレビでは「冬ソナ」の放送が始まっていて教材としても使われていましたが、ラジオでは
今回が初めてではないかと思います。
NHKをあんまり褒めたくはないのですが、ナカナカやるじゃ~~ん!って感じです。

この映画、残念ながら私は観てません。
原題「어린 신부」(幼い新婦)、明るく楽しいラブ・コメで、たのもしいレウォンくんとカワユイ
グニョンちゃんが観られるのではないでしょーか?

このシリーズ12月までで、毎月映画が変わります。
来月はどんな映画か楽しみです。
もちろん、応用編の中級なので、私のレベルよりははるかに上なのですが。。。
おせっかいながら、放送時間は以下の通りです。

放送日 金・土曜日 午前7:05~7:25
再放送     同日 午後4:20~4:40
by fu-minblog | 2005-10-07 11:38 | | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(126)
(101)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(40)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月