ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
冒険水族館 in 岡山天満屋
at 2017-08-17 11:08
この夏の読書
at 2017-08-14 12:15
今年の百合事情
at 2017-08-13 15:20
我家のお盆と長崎原爆の日
at 2017-08-09 17:37
JH 31 BIRTHDAY..
at 2017-08-08 17:46
LSR convention..
at 2017-07-31 11:42
倉敷アフタヌーンティー in..
at 2017-07-26 19:44
暑中お見舞い
at 2017-07-20 17:16
夏のオシャレ
at 2017-07-20 10:31
祇園祭の想い出
at 2017-07-17 17:02
最新のコメント
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47
>sophilさん こん..
by fu-minblog at 20:19
今年もブラックベリーが実..
by sophil at 17:47
>sophilさん 出..
by fu-minblog at 10:00
こんにちは 5月は収穫..
by sophil at 18:49

<   2005年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サンシャイン・オブ・ラブ   햇빛 쏟아지다

c0026824_10162288.jpg

このドラマは2004年5月から7月にかけてKNTVで放送されたものですが、この5月から再放送が予定されています。

16話と韓国ドラマとしては短いのですがテンポもよく、なにより主人公三人のキャラが面白いうえ、それぞれの俳優も(意外性ということも含めて)ハマっていました。

ソン・ヘギョが今までとはガラリとちがう、生活のためになりふり構わず働くというタフでたくましい女性チ・ヨヌ役で出ていますが、私はこのソン・ヘギョが一番チャーミングで好きです。

彼女をめぐって登場するのがウンソプ役のチョ・ヒョンジェとミノ役のリュ・スンボムです。
ウンソプがフランス帰りのパティシエという設定もおしゃれだし、チョ・ヒョンジェのクールで都会的な雰囲気がぴったりでした。
一方ミノ役のリュ・スンボムは、ヨヌの幼馴染でひたすら彼女を愛し守るという熱血漢を、とても味のある演技でみせてくれます。

音楽も気に入っていて私はOSTもついつい買ってしまいました。
願わくば「嵐の中へ」「火の鳥」の再放送もしてほしいのですが・・・
by fu-minblog | 2005-03-31 11:10 | ドラマ | Comments(0)

今どき韓国ドラマ事情

韓流ブームに乗り、最近の韓国ドラマを取り巻く環境が激変しました。
いろんなドラマが手軽に見られるようになった反面、オリジナルとは程遠い吹き替えや場面のカット、また民放でのコマーシャルの挿入など興ざめすることがしばしばです。

お金の力に物を言わせて韓国ドラマの値段を日本がつり上げているのも気になります。
日本よりも先に韓流ブームを作ってきた東南アジアの国々や中国に影響がないか心配です。
ちなみに韓流とは中国語からきています。

国内に関しても、韓国グッズを扱う店が急に増えたり、私の知る限りほんの3誌(ムービー・ゴン、ホット・チリ・ペーパー、Kポップ・スター)程度だった韓国エンターテイメント関連雑誌が、雨後のたけのこのように現れたのには驚きました。また最近では街のほとんどのレコード店でも韓国版のCDを置くようになり便利は便利なのですが、それまで地道に活動してきた韓国・アジア専門店のことを思うとちょっと気になります。ま、もちろんブームのおかげもあるわけですけど・・・

現在日本で放映されている韓国ドラマの正確な数は分かりませんが、50本以上はあるでしょうか。「冬のソナタ」のように今や知らない日本人はいないものから、あまり知られていないものまで様々です。そんなどちらかと言えばマイナーな作品の中にもけっこう面白いものがあるし、宣伝と前評判ばかりが高すぎるものもあります。

日本での韓国ドラマの評価も、韓国での視聴率や俳優の人気に頼るだけの段階はそろそろ卒業してもよいのではないでしょうか。
by fu-minblog | 2005-03-30 15:26 | ドラマ | Comments(0)

リメンバー・ミー    향기

c0026824_1245339.jpg
ついでといっては何ですが、私のお気に入りの韓国映画を紹介します。
韓国2000年製作、原題「同感」というこの映画は、ちょうど1年くらい前にDVDを購入して観ました。
なんとも不思議な魅力をもつ映画です。

1979年に生きる女学生と2000年に生きる男子学生が、壊れた無線機で交信を続けていくのですが、二人の間にはある運命が隠されていた・・・・・

「イルマーレ」は手紙でしたが、「リメンバー・ミー」は無線機が過去と未来への通信手段になっています。

主演はキム・ハヌルとユ・ジテ、ハ・ジウォンも出ています。
by fu-minblog | 2005-03-30 12:10 | 映画 | Comments(0)

オーバー・ザ・レインボー   오버더 레인보우

c0026824_2132088.jpg

映画は映画館で観るのが何といってもベストです。
でも、古い映画や見逃した映画はDVD発売を待ってホームシアターで観ます。

「オーバー・ザ・レインボー」は去年残念ながら見逃した映画です。
どうしても見たかったのでDVDを予約注文していました。

「イルマーレ」、「ラストプレゼント」につぐイ・ジョンジェ主演のファンタジーラブストーリー。
ただ私てきには、前2作があまりによかったのでちょっと物足りない感じです。

それにしてもこーゆー映画、韓国はホント多いしうまいですね。
クァク・ジェヨン監督の「猟奇的な彼女」「ラブストーリー」「僕の彼女・・・」もそうですし。
じつは私の好きな路線でございます。

イ・ジョンジェが「雨にうたえば」を歌いながら踊るすてきなシーンがあります♪♪♪
by fu-minblog | 2005-03-27 21:32 | 映画 | Comments(0)

オオカミの誘惑    늑대의 유혹

c0026824_1147214.jpg
久しぶり(2ヶ月ぶり)に映画館に足をはこびました。寒かったのとあまり観たい映画がなかったので、もっぱらホームシアターをきめこんでいました。

ひとことで言えば、青春純愛活劇
純愛あり、出生の秘密あり、偶然にしてはあまりに運命的な出遭いあり、三角関係あり、横恋慕あり・・・そしてアクションありとサービスまんてん。
おまけに、二人のイケメンが観られるという!
華麗な?アクションシーンでふと「火山高」を思い出したら、監督が同じでした。
少女まんがの世界といえばそれまでですが、観終わって気持ちイイ映画です。

カン・ドンウォン、かわいかったです。

十代の若者、そしていつまでも気持ちは十代の大人たちに・・・
by fu-minblog | 2005-03-24 11:26 | 映画 | Comments(1)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(96)
(95)
(90)
(84)
(81)
(59)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(30)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン