ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
つかの間の気晴らし in R..
at 2017-10-19 10:42
「ダンサー、セルゲイ・ポルー..
at 2017-10-15 12:07
カズオ・イシグロノーベル文学..
at 2017-10-07 11:22
川辺の風景
at 2017-10-03 17:58
真っ赤なコート
at 2017-10-01 17:12
きびじつるの里
at 2017-09-27 17:09
初秋の吉備路
at 2017-09-27 10:53
川辺のコスモス
at 2017-09-24 11:19
秋点描
at 2017-09-21 10:57
「三度目の殺人」
at 2017-09-16 10:50
最新のコメント
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47

カテゴリ:四季折々( 717 )

夏の鯉が窪湿原

昨日は、何十年も前に一度行ったことがある、岡山県北・新見の鯉が窪湿原へ行ってきた。
サギソウやオグラセンノウが咲いているとのニュースをちらと見たからである。
さいきん、一人ではちょっと躊躇する遠出や辺鄙な場所に、しかも急でも同行してくれるツレがいるおかげで心強い。

鯉が窪湿原は西の尾瀬とも呼ばれ、自生している植物は300種類を超え、鯉が窪湿生植物群落として国の天然記念物に指定されている。
なかにはオグラセンノウのように絶滅が危ぶまれる貴重な植物もあるとのこと。

そのオグラセンノウが繊細な紅色の花を咲かせていたり、鷺も吃驚するくらいそっくりな白いサギソウが群生して咲いていた。

c0026824_11172332.jpg


周囲2.4キロメートルの湿原をほぼ一時間かけて一周。
木陰も多く、夏のウォーキングとしてはピッタリだと思う。
ただ、ここにもクマが現れたと聞き、ツレのカウベルが役に立った?

c0026824_11261024.jpg

c0026824_11262021.jpg


帰りは新見で千屋牛の焼き肉を食べたのだが、クセになりそなくらい美味だった。
そして最後の仕上げは、温泉に寄って汗を流して帰るのが私たちのお決まり。
車にはいつも入浴セットが積まれているのである。
by fu-minblog | 2016-07-23 11:49 | 四季折々 | Comments(0)

我家の夏の風物詩

梅雨が明けると我家に夏の風物詩が現れることになる。

その一:柚木さんの麻の暖簾
玄関と居間の間のドアを開け放すので、丸見えにならないように目隠しをしてくれる。

c0026824_10473169.jpg


その二:柚木さんの団扇
もちろん扇風機は使うのだが、団扇は案外涼しく、おまけに見てるだけでも涼しそう?
ちなみにエアコンは寝室以外はめったに使わない。

c0026824_10494576.jpg


その三:有松さんの金魚の風鈴
これは、梅雨明け前の暑い日に網戸にした時点から、涼やかな音色を聞かせてくれている。

c0026824_10521073.jpg


夏以外の季節は、それほど変化はないような気がするのだが・・・
でも、昔はもっともっと家の中に夏のしつらいがされていたのを憶えている。
たとえば、障子が巻き上げすだれに変えられたり、引き戸も風通しの良いものに変えられたり、座布団が麻になったりとか・・・
by fu-minblog | 2016-07-21 11:36 | 四季折々 | Comments(0)

夏本番

当地は昨日梅雨も明け、いよいよ夏本番となりました。
まずは、暑中お見舞い申しあげます。

私の記憶では、15日の朝起きたとき、梅雨明けが近いと感じました。
それまでと違い、湿度が下がり風が爽やかだったから・・・

夏の楽しみは、なんとなく夏休み気分になること。
小・中学生が夏休みに入ると、私も一緒に夏休み?

そして、今年はちょっと夏のおしゃれを・・・
たまたま見つけた真っ白いパナマ帽が、久しぶりに私をワクワクさせてくれてます。

c0026824_11145111.jpg

今年は、ちょっと色を抑えめにコーディネートしたい気分。
でも、何といっても主役は白いパナマ帽です。
by fu-minblog | 2016-07-19 11:16 | 四季折々 | Comments(2)

ラベンダー in まきばの館

昨日、蓮の花を見終ってから、ラベンダーの花を見にまきばの館まで足を延ばした。
実は去年もまきばの館に行ったのだが、ラベンダーはすでに刈り取られた後だった。
そんなわけで、今年はネットで見て遅咲きがまだ見られることを確かめておいたのだ。
ラベンダーも、広々とした敷地一面に咲くと、まるで薄紫のヴェールをかぶったみたいで幻想的。

c0026824_1644213.jpg

c0026824_163021.jpg

c0026824_1633941.jpg

もちろん、20年近く前北海道富良野で見たラベンダー畑のスケールには敵わないけど、傍を歩くとラベンダーのやさしい香りに包まれ、倖せなひとときだった。
ほかにもいろんなハーブが植えられ、どれもみな育ちがよくて羨ましかったが、ローズマリーだけは我家の方が大きかった。
by fu-minblog | 2016-07-11 16:34 | 四季折々 | Comments(2)

蓮花祭

去年初めて行って感激した岡山県久米南町宮地やすらぎの里へ、蓮の花を見に行った。
ほんとは昨日に予定していたのだが、お天気の都合で今日に延期した。
すると、今日はたまたま蓮花祭ということで、大賑わいだったのである。
テントが張られ、模擬店や催し物に大勢の人々が集っていた。
そして、泥より出でて泥に染まらぬ蓮の花が、所狭しと咲き誇っているのだった。

c0026824_21244682.jpg


倉敷は蓮根の産地なのだが、ここの蓮は食用ではなく観賞用、また、お盆の花に使われるとのこと。
ちなみに、私は蓮の花も蓮根も大好きなのである。
ついでに申せば、蓮の実を砂糖漬けにした台湾のお菓子も大好き。
今日は、蓮の実入り赤飯を買ってお昼ご飯に食べたのだった。
by fu-minblog | 2016-07-10 21:38 | 四季折々 | Comments(2)

オレガノが好きな蝶々

オレガノが咲きだすと蝶々がやって来るのだが、最近はヒメアカタテハが多い。
花と蝶にも相性があるのだろうか?
それとも、私が偶々目にするのがヒメアカタテハなのだろうか?


c0026824_16484325.jpg


今年はカップルまでいたりして~053.gif
by fu-minblog | 2016-07-05 16:55 | 四季折々 | Comments(0)

水田のある風景

秋、稲穂が黄金色に染まる景色も好きだけど、田植えの終わったばかりの水田も美しい。
いつもその横を車で通りすぎるのだが、今日は車を降りてゆっくり眺めた。

行儀よく並んだ苗が、いっせいに風に揺れていた。
まるで梅雨が明けたかのような暑い一日も、そこだけは涼しそう。

c0026824_1621343.jpg


こうしてお米の一生を目にするたび、私は申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
日本人のクセにお米をあんまり食べないから・・・

バチが当たりませんように。
by fu-minblog | 2016-07-03 14:51 | 四季折々 | Comments(2)

由加山 de ランチ&温泉

今日はジム友と、由加山山桃花ホテルへランチ&温泉に行った。
なぜなら、ジムの休館日が自分のレッスン日に当ってしまったからである。
めったにないのだが、そんな日は近場の温泉へ行く、ということが多い。

由加山は、由加神社と蓮台寺という神仏混合の聖地で、私も初詣に何回か行っている。
でも今日は、畏れながら神も仏もありませぬ?

c0026824_9342952.jpg


それでも、温泉に入って食事をしたあと、由加神社へお参りに行った。
すると今日は6月末日で、夏越祭の輪くぐりをしていた。
萱で作った輪を潜り抜けると、厄除けと無病息災になるというので、喜んで輪潜りをした。
偶々こんな日にめぐり合うなんて、なんだか縁起がいいわいなぁ~、と思う。

山桃花ホテルのランチ(ビフテキランチもあり)

c0026824_2162326.jpg


帰りに寄った鷲羽山から望む瀬戸大橋

c0026824_2174836.jpg


今日で今年も半分終わりです。
by fu-minblog | 2016-06-30 21:19 | 四季折々 | Comments(0)

マルバデイゴと沖縄慰霊の日

今日倉敷市役所へ行くと、マルバデイゴの花が辛うじてまだ咲いていた。
沖縄慰霊の日の6月23日に行きたかったが、お天気がイマイチだった。

でも今日は久しぶりの晴れ、まさしく梅雨の晴れ間である。
たぶん3本ある木のうち1本だけに、まだ花が残っていた。

c0026824_15105170.jpg


倉敷市役所のデイゴの花は、なぜか沖縄慰霊の日に合わせて咲くのである。
そして数年に一度、選挙と重なるのである。
by fu-minblog | 2016-06-26 15:22 | 四季折々 | Comments(0)

桜桃忌とサクランボ

今日、世間では父の日らしいが、6月19日ということで私にとっては桜桃忌である。
とはいえ、桜桃忌にかこつけてサクランボを食べるだけなのだが。

そんなわけで、今日わざわざサクランボを買いに行った。
去年は太宰の「桜桃」なんぞを読んだりしたが、今年はそれもしない。
c0026824_14493100.png

最近は山形産のサクランボで粒が小さめのが、少量パックになってスーパーで売られてる。
今年もだいぶ前から目にはしていたが、今日まで待っていた。

私は実は、今から20年ほど前、山形県山形市にほんの2~3ヵ月住んだことがある。
年末から翌春の、よりによって一番寒い時期であった。
けれど、それよりもっと、私の人生の中で一番苦しい一番辛い時期だった。
なので、山形の冬は寒かったけれど、私の心はさらに極寒の冷たさだったのである。
あの時、自分の一生分の涙を流したのではないか。

赤い小さな粒を一つまた一つ口に放り込む。
すると、しあわせが一つまた一つ全身に広がってゆく。
by fu-minblog | 2016-06-19 15:45 | 四季折々 | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(223)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(91)
(85)
(82)
(60)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(38)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン