ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
 華紋 de ランチ
at 2017-12-08 21:44
クリスマスツリー
at 2017-12-03 18:05
同窓会 in 倉敷(アイビー..
at 2017-11-30 21:33
同窓会 in 倉敷 (素敵な..
at 2017-11-30 16:34
同窓会 in 倉敷(川舟初体験)
at 2017-11-30 12:06
紅葉満喫 in 近水園
at 2017-11-22 18:09
フェイジョア大豊作
at 2017-11-16 10:30
カズオ・イシグロ全作読破?
at 2017-11-11 16:56
新見鉄板焼ランチ
at 2017-11-08 16:24
「静かなる情熱」
at 2017-11-05 11:33
最新のコメント
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47

カテゴリ:四季折々( 724 )

マルバデイゴの日

私が初めて倉敷市役所でマルバデイゴに出会ってから、ほぼ10年になる。
それはほんの偶々、選挙の期日前投票に行った時だった。
なにやら珍しい紅い花の咲く木をふと見つけ近寄ると、デイゴという名札が付いていた。
デイゴと言えば沖縄、でも、私の知っている沖縄のデイゴとは花が少し違っていた。
それでも、デイゴの種類に間違いはなく、何といってもその紅い色が特徴的だった。
c0026824_17430890.jpg

それ以来、ほぼ毎年沖縄慰霊の日近辺に、用もないのに市役所へ行ってみるようになった。
今年も沖縄慰霊の日の今日、ちょうど出かけたついでに市役所へ寄ってみた。
すると、いつもの場所に、あなうれし、遠くからでも真っ赤な花が咲くのが見えた。
少し散り始めてはいたが、ひょっとすると、去年より元気が良くなったような気がする。

たぶん、わたし以外に気にする人も見る人もいないことだろうに、今年も咲いててくれてありがとう!わたしの旧友さん。。。




by fu-minblog | 2017-06-23 17:44 | 四季折々 | Comments(0)

花と蝶

今年も、庭のオレガノが咲き始めた。
まだ半分くらいしか咲いてないのに、蝶にはちゃんと分るようである。
とくに、ヒメアカタテハはオレガノがお気に入りみたい。

c0026824_16255097.jpg
c0026824_16260530.jpg
ほかにも、キアゲハ、クロアゲハなども飛んでは来るけど、すぐに飛び去ってしまう。
ヒメアカタテハだけは、いつまでもじっと、羽を拡げてオレガノに止まっているのである。
にんげんにも相性があるように、花と蝶にも相性があるのだろうか?


by fu-minblog | 2017-06-22 16:46 | 四季折々 | Comments(0)

アナベル園に再挑戦???

アナベル好きが嵩じて庭の一角をアナベル園に、と思い立ったのは去年のことである。
それまで、アップルミントの中にたった一本だけあったアナベルの周りを耕し、アナベルの苗木を4~5本植えたのである。
けれど、苗木は今2本しか残っていないばかりかほとんど大きくもなっていない。

ただ、以前からある一本だけは、いちおう花が数輪咲いている。
ほんとは年々木が大きくなるハズなのに、なかなか大きくならず、花数も増えない。
肥料をやったことがない私のせいなので、文句は言えないのでございます。

c0026824_17272461.jpg
c0026824_17280900.jpg
c0026824_17284010.jpg
ちょっと時期的に遅すぎかもしれないのだけど、アナベル園に再挑戦するべきかどーか
それがモンダイ。
する、しない、する、しない、する、しない・・・・・


by fu-minblog | 2017-06-11 17:41 | 四季折々 | Comments(0)

フェイジョア物語

フェイジョアが我家のシンボルツリーとなってから、何年、いえ、何10年経つのか定かではない。
植えたのは30数年前だが、最初は1本だったし、樹もまだ小さかった。
その当時、我家のシンボルツリーはハナミズキだったのである。

現在のように、樹が3本に増え、初夏(今頃)には花、秋には実ができるようになってから20数年になるのではないか?
そして、今年もまた、フェイジョアの花が満開に、まるで花がこぼれるように咲いている。

c0026824_18005838.jpg

ただ、花は咲いても結実するとは限らないのが難しいところ。
たぶん、何の手立てもしないので受粉しないのだと思う。
それと、開花がちょうど梅雨の雨が多い時期と重なるのも悪いのではないか。

フェイジョアは南米原産のトロピカルフルーツの一種なのだが、寒さには比較的強い。
ただ、生育が遅く、実がなるまでかなりの年数がかかる。
けれど、その分あまり大きくならず、花も実もある庭木として向いているのである。

とにかく、花がキレイというよりは珍しく、実は味よりも独特の香りが印象的。
ゆえに、どんな味かと訊かれるといつも困ってしまう。
でも、不老長寿の実と信じて食べるのでございます。


by fu-minblog | 2017-06-09 18:25 | 四季折々 | Comments(0)

庭仕事の愉しみ

最近、毎朝庭の草取りに勤しんでいる。
もう、腰痛になってもかまわないからである。
それにしても、記念に写真に撮っておけばよかった、と思うくらい凄まじい有様だった。
まるで空き家、いえ、草ぼーぼーの空き地みたいだったのである。

それでも、毎年咲く花が律儀に咲くから有難い。
たとえば、ドクダミが雑草に埋もれていっぱい、白い可憐な花を咲かせていた。
けれどこの度、雑草と一緒にあわれ抜かれてしまったのである。
ドクダミより一足早く満開になったジャスミンは、インスタの写真に辛うじて残っていた。

c0026824_10334831.jpg
6月に入って、ふと気づくと時計草の花が、今年はいつもより多めに咲いていた。
なにしろ、生け垣の柘植に絡ませているので、思わぬ場所で咲いていたりする。
今日も生け垣のアッチとコッチで、合計5個の花が咲いている。
ほったらかしておいて言うのもナンだが、この花を見るたび感動してしまう。

c0026824_10500393.jpg
草取りを始めて庭にいる時間が長くなったから、というワケでもないけど、ブラックベリーの実の色がバラエティに富み、またどんどん色が変わっていくのに気づく。
まだ白っぽいのから赤いの、そして、だんだん黒っぽくなっていく。
やがて真っ黒になり、手で触るとポロリと落ちるくらいが食べごろなんである。

c0026824_10575537.jpg
あまりの雑草のジャングルに、これは自分の手には負えない、と思ったのは事実。
でも、少しづつ草取りをしてみようと思い立ち始めてみると、けっこうやれることが分る。
そして、なんだか楽しくさえ思えてくるから不思議。
私が言うのも気が引けるってもんだけど、まんざら嫌いではないし、庭仕事ってあんがい愉しい、と思う今日この頃です。



by fu-minblog | 2017-06-06 11:19 | 四季折々 | Comments(4)

庭の雑草たち

ハーブだけではなく、次々と庭に雑草が生い茂り花をさかせたり、穂をつけたり・・・
今年はカラスノエンドウからコバンソウへと勢力が移り変わっていき、夕化粧の可憐な花も咲く。
その盛衰が何時になく速いのが、今年の特徴のような気がする。

c0026824_16512985.jpg
今年はちょっとワケあって草取りをしていない。
なので、庭は草が生え放題、まさしく雑草天国なのである。
サスガに、草取りをしたい衝動にかられないわけではないのだが、もう少しの辛抱。

でも、カラスノエンドウはほぼ枯れているし、コバンソウも一時の勢いはなくなった。
いつの間にか自然に盛者必衰、ということなのか。
次はどんな雑草が盛者になるのか、ちょっとたのしみ???

by fu-minblog | 2017-05-23 17:04 | 四季折々 | Comments(2)

庭のハーブたち

大型連休も終わり、今日からまた日常が戻って来た。
私は年中連休なので、世間が連休中は大人しくほぼ蟄居している次第。

今年はワケあって草取りをまだしてないので、草ぼーぼーの庭である。
そんな中でも、ハーブが次々律儀に花を咲かせてくれている。

c0026824_17393784.jpg

連休が過ぎると季節はまた次のステージへ。
季節の移り替わりの速さに取り残されるばかりである。


by fu-minblog | 2017-05-08 17:53 | 四季折々 | Comments(0)

藤公園

今日は友人と、和気の藤公園へ藤の花を見に行った。
ちょっと早いのを覚悟して行ったのだが、やはりまだ五分咲きくらいだった。
それと、今年は例年に比べ花の付きがイマイチかな?という気がしないでもなかった。

c0026824_17391113.jpg
c0026824_17392864.jpg
c0026824_17395332.jpg
藤公園には行くたび迷子になるのだが、今日はナビ係のおかげで無事辿り着くことができてよかった!
でも、一人で迷子にならずに行く自信はやっぱりまだ、ない。
困ったことである。


by fu-minblog | 2017-05-02 17:47 | 四季折々 | Comments(0)

スズランの日

今日から5月。
5月1日がスズランの日、だと知ったのは一昨年のことである。
けれど、我家の庭のスズランの花が、5月1日には咲く不思議に今年も遭遇したのだった。

c0026824_20243964.jpg
実はこのスズラン、もう数十年前に友人からもらった一株が生き続けている。
しかも、かなり数を増やして・・・
可憐な花に似合わず、生命力旺盛な花なのだろうか?
それとも、よほど我家の庭が気に入ったのだろうか?
よく言えば自然のまま、悪く言えばほったらかしの我家の庭で。

来年も5月1日には咲いてくれるかしら???






by fu-minblog | 2017-05-01 20:36 | 四季折々 | Comments(0)

ライラックとハナミズキ

今年の我家の庭木は、元気のいいライラックと、元気のないハナミズキに分かれた。
毎年春、一番早く咲くライラックは、4月中頃にはいっぱい花を咲かせた。
それに引き換え、ハナミズキはやっと白い花が咲きだしたが、花数はめっぽう少ない。
おまけに、紅白二本のうち、紅い花は全く咲かず、蕾さえ見当たらない有様。
いったい何故なんだろうと、思い悩む今日この頃のわたくしデス。

c0026824_18294098.jpg
c0026824_18303060.jpg
この白いハナミズキは、実家からひこばえの実生の苗をもらって植えたもので、愛着もひとしお。
一時は、我家のシンボルツリーとして花の多さと豪華さを誇り、行き交う人の足を止めたほど。
樹齢30数年経つのだが、やはりヒトと同じく、樹にも寿命があるのだろうか?
それとも、今年は桜も開花が遅く、異常気象のせいなのだろうか?



by fu-minblog | 2017-04-28 21:02 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(224)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(92)
(87)
(83)
(61)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(39)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン