ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
さくら前線異常あり
at 2017-04-06 16:35
三月の出来事
at 2017-03-31 11:49
岩合光昭写真展「ネコライオン」
at 2017-03-29 18:02
「引揚げ文学論序説」
at 2017-03-26 11:22
野にも春
at 2017-03-20 14:34
ミモザの花咲く頃 2017
at 2017-03-15 17:40
花は咲く 2017
at 2017-03-11 14:43
最新のコメント
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
⬆️は別名、Jelly ..
by yumi_dearth at 18:32
fu-minさん 久し..
by yumi_dearth at 18:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

カテゴリ:四季折々( 695 )

ライラックとハナミズキ

今年の我家の庭木は、元気のいいライラックと、元気のないハナミズキに分かれた。
毎年春、一番早く咲くライラックは、4月中頃にはいっぱい花を咲かせた。
それに引き換え、ハナミズキはやっと白い花が咲きだしたが、花数はめっぽう少ない。
おまけに、紅白二本のうち、紅い花は全く咲かず、蕾さえ見当たらない有様。
いったい何故なんだろうと、思い悩む今日この頃のわたくしデス。

c0026824_18294098.jpg
c0026824_18303060.jpg
この白いハナミズキは、実家からひこばえの実生の苗をもらって植えたもので、愛着もひとしお。
一時は、我家のシンボルツリーとして花の多さと豪華さを誇り、行き交う人の足を止めたほど。
樹齢30数年経つのだが、やはりヒトと同じく、樹にも寿命があるのだろうか?
それとも、今年は桜も開花が遅く、異常気象のせいなのだろうか?



by fu-minblog | 2017-04-28 21:02 | 四季折々 | Comments(0)

御衣黄桜

ちょうど一週間前に行った時には、まだ蕾が堅かった。
それが今日行くと、ほぼ満開に咲いていた。
去年に比べると、やはり一週間くらい時期が遅れている。
それでも、今年も御衣黄桜を見られたことが、私はたまらなくうれしい。

c0026824_15445875.jpg


c0026824_15570946.jpg
c0026824_15572895.jpg
c0026824_15575145.jpg
c0026824_15580593.jpg
これで今年わたしの桜シーズンも、無事終わりを迎えるようだ。
季節は春から初夏、そして夏へと移り変わってゆく。
今わたしのなかで、何かが動き出した気がする。




by fu-minblog | 2017-04-21 16:13 | 四季折々 | Comments(0)

桜の仇を桃で?

今年は花見らしい花見をせぬまま、ソメイヨシノの季節は終わってしまいました。
満開の時期と菜種梅雨が重なってしまったこと、おまけに、私がマサカの春風邪でダウン。

おかげで、先週末から今週初めにかけては、サスガに花見気分にはなれない有様。
ただ、通りすがりにいろんな場所で満開の花を見たので、今年はそれだけで満足しました。

昨日、久しぶりにやっと出かける気になり行ったのが、いつもの吉備路。
桜の花見ではなく桃の花見、言わば、桜の仇を桃で討つ、ってところでしょうか?

c0026824_10122258.jpg


吉備路は今、アチコチに桃色のかたまりが点在します。
近寄ってもきれいなのですが、遠目に見ると、ふと桃源郷という言葉を思い出します。

なぜか桜は死をイメージし、桃は生命をイメージするのは不思議です。
by fu-minblog | 2017-04-15 10:29 | 四季折々 | Comments(0)

さくら前線異常あり

今年は当地ではなぜか、ソメイヨシノの咲き始めも満開も遅い。
ちょうど一週間前に咲きだしたスポーツクラブのさくらが、やっと今日ほぼ満開に。
お天気はイマイチだったのだがレッスンの帰りに、隣のアイビースクエアへ行ってみた。
なぜなら、明日からしばらく天気予報では雨マークが続いていたから。

たいていの花は開き切る前が美しい、と思うのだが、さくらだけはべつ。
どの花も満開になり、ギリギリ散る前か、散り始めの頃が私は一番好きである。
そうゆう意味では、今日のさくらは満開には今一歩、といったところだろうか?

c0026824_16254650.jpg
c0026824_1626345.jpg
c0026824_16261565.jpg


来週くらいもう一度どこか花見に行きたいな、と思う今日この頃・・・
by fu-minblog | 2017-04-06 16:35 | 四季折々 | Comments(0)

野にも春

今日は春分の日、暑さ寒さも彼岸まで、の通りのうららかな春日和となった。
河津桜、ミモザ、彼岸桜と、次々花が咲くその足元にも、小さな野の花が春を告げて咲いている。

いつも車で走りながら目にしているのだが、今朝、空き地や田圃の畦道を歩いてみた。
すると、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリなどが群生して咲いていた。

c0026824_15375849.jpg


今年は、けっこう寒暖の差が激しく、春の来るのが早いのか遅いのか分からない。
ここにきて、やっと春だなと実感できる。

春がきた~ 春がきた~ どこにきた~ 山にきた~ 里にきた~ 野にもきた~♫
わたしの心にだけはまだこない。
by fu-minblog | 2017-03-20 14:34 | 四季折々 | Comments(0)

ミモザの花咲く頃 2017

今から35年前、春になればミモザの花が咲く山の上に家を建てた。
当時は、山が黄色いミモザ色に染まるほど多かったのだ。

それがいつ頃からかだんだん数が減り、今は数本だけになってしまった。
しかも去年まで、私が毎年見に行くのを楽しみにしていた樹が、今年は無くなっていた。
思えば、いつも臨家の犬にモーレツに吠えられながら写真を撮っていたのだった。

山に自生するミモザは、成長が早く大木になるばかりか、枝が伸びてしなだれる。
そこで、枝を切り払われたり、根こそぎ切り取られたりするのである。
その結果、いつの間にか我が山はミモザの山では無くなっていったのだった。

c0026824_172542.jpg


今年もたった数本のミモザが、青空の下、蕾をいっぱいつけた枝を風に揺らしている。
でも、大木すぎるのとまだ花が開いてないので、も少し花を近くで見られる場所を探して車を走らせた。そして、ほぼ1時間走った後、まるで35年前の我が山のようなミモザの群生に遭遇したのだった。

きっとミモザが私を呼んだのだ。
ミモザがこの世に私を引き戻してくれたような気がする。
今日は死から生への不思議な一日だった。
by fu-minblog | 2017-03-15 17:40 | 四季折々 | Comments(0)

花は咲く 2017

毎年1月17日を水仙忌と呼んでいるのは、その頃我家の庭に水仙の花が咲くからである。
では、本日3月11日はというと、咲いているのはクリスマスローズだけなのである。
しかも、10本くらいあった苗がだんだん減り、花も株も年々小さくなってしまった。

昨日も行った倉敷川千本桜は、今日あたり、きっと満開に咲き誇っていることだろう。
でもなぜかやっぱり、我家の庭に細々と咲くクリスマスローズに、私の想いを託します。
花は咲く、と。

c0026824_14315575.png


花は 花は 花は咲く

いつか生まれる君に

花は 花は 花は咲く

わたしは何を残しただろう

(岩井俊二 作詞)


東日本大震災から6年目の日に
by fu-minblog | 2017-03-11 14:43 | 四季折々 | Comments(0)

倉敷川千本桜

すっかり倉敷の河津桜の名所になった、倉敷川千本桜。
今年も濃いピンクの花をいっぱい咲かせている。
実は私、今日が二度目の花見なのだが、前回は寒風吹きすさぶ真冬の寒さに震え上がった。

今日はお天気も良く温かいと思いきや、風はまだまだ冷たく、防寒グッズが手放せない。
それでも日差しはやはり春、散歩をする人、写真を撮る人、と人の出は多かった。

c0026824_15425938.jpg


イヨイヨ花の季節到来、気分もソワソワ、なんだか落ち着きません。
by fu-minblog | 2017-03-10 15:51 | 四季折々 | Comments(0)

これが最後かひな祭り

今年も三月三日が巡ってきて、どうにかひな人形を出すのが間に合った。
幼い女の子が居るわけでもなく、ひな人形を見て喜ぶ者が居るわけでもない。
ただ、ひな祭りにはひな人形を出さねば、という思いだけで出すのである。

c0026824_14395427.jpg


偶々、ひな人形が全部置ける座卓があり、段を組み立てる必要がなくなったり、人形自体が小さいので出し入れが簡単、ということもある。
また、何よりのワケが、亡き母の手作りであること、一年に一度の晴れ姿と虫干しを兼ねて出すのである。
でも、天袋から取り出す際、踏み台から落ちたら大変なことになるなと、内心思う。

c0026824_14403690.jpg


おかげさまで今はまだどうにか大丈夫ではあるけど、いつ何が起こるか分からぬのが人間。
ゆえにこれからは、毎年これが最後、と思って出すことにしよう。
それを、今後どれだけ続けていくことができるか?それがモンダイ。

c0026824_1449660.jpg


ひな人形の写真もショージキ撮り飽きました。
それよりなにより、見せられる方もきっと見飽きることでしょう。
どーも、ごめんあそばせ。
by fu-minblog | 2017-03-03 15:07 | 四季折々 | Comments(0)

バレンタインカード 2017

毎年、バレンタインデーが近づくとわくわくしながら待っているものがある。
ここ数年、友人から送られてくる手作りバレンタインカードである。
そして、今年早くも届いたのが、この繊細でうつくしいバレンタインカードである。

二つ折りのカードを開くと、中にローソクが6本立った光の環?が立体となってあらわれる。
いつも、その技術に驚かされるのだが、今年は特にどうやったら作れるのか、と感心するばかり。
折り紙もロクにできない私としては、まさにカミワザとしか思えない。

c0026824_16301550.png

c0026824_16335179.png


部屋に飾って眺めて楽しむことしかできない私ですが、この幸運と感謝の気持ちは忘れません。
by fu-minblog | 2017-02-06 17:19 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(214)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(88)
(82)
(80)
(59)
(56)
(51)
(48)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月