ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
 華紋 de ランチ
at 2017-12-08 21:44
クリスマスツリー
at 2017-12-03 18:05
同窓会 in 倉敷(アイビー..
at 2017-11-30 21:33
同窓会 in 倉敷 (素敵な..
at 2017-11-30 16:34
同窓会 in 倉敷(川舟初体験)
at 2017-11-30 12:06
紅葉満喫 in 近水園
at 2017-11-22 18:09
フェイジョア大豊作
at 2017-11-16 10:30
カズオ・イシグロ全作読破?
at 2017-11-11 16:56
新見鉄板焼ランチ
at 2017-11-08 16:24
「静かなる情熱」
at 2017-11-05 11:33
最新のコメント
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44
sophilさん コメ..
by fu-minblog at 17:11
こんにちは 暑い夏もや..
by sophil at 10:53
>miduki0902さ..
by fu-minblog at 09:56
そんな時は寝ますね。お大..
by miduki0902 at 22:37
>sophilさん ま..
by fu-minblog at 10:44
こんにちは 先ほどブロ..
by sophil at 08:47

カテゴリ:四季折々( 724 )

クリスマスツリー

c0026824_16365438.jpg

昨日クリスマスツリーを出した。
このヴェネチアンガラスのツリーを買ってから何年になるのか、たぶん、10年位になると思う。
小さいけれどキラキラしたガラスのツリーを出すと、急に12月って感じがするから不思議。

それにしても、もう12月だなんて、信じられないこの気持ち。
毎年言ってる気もするけど、特に今年は早かった。
12月も、きっとあっという間に過ぎるでしょう。

今日は暖かかったので、やっと気になっていた伸び放題のレモングラスを刈りこんだ。
これが今年最後の庭仕事?
あと、大掃除とか年賀状、そして愉しいイベントも。

とりあえず、無事年が越せればよいのです。

by fu-minblog | 2017-12-03 18:05 | 四季折々 | Comments(0)

同窓会 in 倉敷(アイビースクエア)

あっという間に時が過ぎ、昨日の午前10時過ぎ同窓会は終わり、皆それぞれ帰途に就いた。
岡山後楽園に行くグループもあれば、倉敷をじっくり見て歩くグループもあり、中には四国へ寄るという者も。
私は自称倉敷案内人なので、倉敷組と行動を共にした。

私が今回同窓会の幹事を引き受けたのは、アイビースクエアがあるからである。
ひょっとしたら、アイビースクエアに自分が宿泊したかったからかもしれない。
なぜならこんなことでもないと、地元の人間が宿泊するチャンスがないのである。

ほんとは、蔦が美しく紅葉している頃にと思っていたのだが、残念ながらちと遅かった。
今年は特に思いがけず11月が真冬の寒さで、季節がはやく進んでしまった。
でもま、落葉の季節もそれはそれで美しく、私たちの人生の季節とピッタリではないでしょうか。


c0026824_09311014.jpg

これで私の同窓会も無事終わり明日から12月、今年もあと1ヶ月となりました。
感無量!でございます。



by fu-minblog | 2017-11-30 21:33 | 四季折々 | Comments(0)

同窓会 in 倉敷 (素敵なサプライズ)

何といっても同窓会のメインイベントは夜の会食です。
今回は宿泊、会食ともアイビースクエアで、ということにしました。
なにしろ一番の目的は、和気藹々のお食事とお喋りなのですから。

もちろん、それで十分だったのですが、今回思わぬ幸運が重なり素敵なサプライズが・・・
食事もそろそろ終盤の頃合いに、一人の青年が突然現れて美しい歌声を数曲聴かせてくれたのです。
私以外誰一人、彼の名前も知らず彼と会うのも初めてなのでした。
けれどきっと、この素敵なサプライズは思い出としていつまでも心に残ることと信じます。

c0026824_16265787.jpg

彼の名前はジャン・ホギョさん、私が応援しているK-popアーティストです。
私が同窓会の幹事を引き受けたのも、ホギョさんと出逢ったのも偶然なのですが、その二つの偶然がこんな奇跡を産みました。

忙しいスケジュールにもかかわらず私の頼みを快く引き受け、私たちのために精一杯歌ってくれたジャン・ホギョさんに心から感謝します。
この夜、素敵なサプライズに一番酔い一番幸福だったのは、きっとこの私です。


by fu-minblog | 2017-11-30 16:34 | 四季折々 | Comments(0)

同窓会 in 倉敷(川舟初体験)

何が起こるか分からないのが、人生。
同窓会なるものに出席拒否だった私が、ナンの因果か同窓会の幹事を引き受けて2年半。
時が経つのは早く、ついにその日がやって来た。

11月28日、前日に続くお天気の良い暖かな小春日和、絶好の行楽日和となった。
宿泊先のアイビースクエアにお昼過ぎ集合後、揃って美観地区へと出かけたのだった。
一応美術系の学校でもあり、まずは大原美術館見学の予定が、なぜかトツゼン川舟乗船ということに。

白状すると、かねがね一度乗ってみたかったのはこのわたくし。
おまけに絶好の小春日和。
幹事であることも忘れて有志をつのり、めでたく初乗船の運びとなったのでした。

c0026824_11375259.jpg

紅葉の盛りは過ぎたとはいえ、この時期にしては観光客が意外に多いのは久しぶりの暖かさのせい?
同窓生らは、下舟後大急ぎで大原美術館へと向ったのでした。
わたくしの希望を叶えてくれた優しい同窓生たちに感謝します!

c0026824_11534446.jpg

by fu-minblog | 2017-11-30 12:06 | 四季折々 | Comments(0)

紅葉満喫 in 近水園

今年は美しい紅葉が見られず、なんだか寂しい思いをしていた。
もちろん、山の上に住んでるとそれなりに樹々の紅葉は目にするのだが、真っ赤な紅葉ではない。
毎年紅葉を見に宇甘溪へ行くのだが、今年はなぜか行きそびれていた。

昨日、お天気も良く比較的暖かだったので、急に思い立って近水園へ紅葉を見に行った。
近水園は、宇甘溪へ行く途中にある庭園で、今までにも何度か行っている。
宇甘溪よりよほど近く行きやすいのだが、時期的にはいつもより遅い。

c0026824_17471254.jpg
c0026824_18040715.jpg

でも思い切って行ってよかった!
たしかに、時期的には少々遅く、盛りは過ぎてはいた。
けれど、その色は臈たけた赤さとでも言えばいいのか、散る間際の色素をいっぱい溜め込んだような赤なのだった。
また赤やオレンジ、色もいろいろ、ひょっとしたら今までで一番美しかったかも。

そんなわけで、念願だった紅葉が見られ、胸のつかえも下りました。
それにしても、紅葉はやっぱりモミジ(カエデ)に限ります。



by fu-minblog | 2017-11-22 18:09 | 四季折々 | Comments(0)

フェイジョア大豊作

今年はなぜかフェイジョアが、豊作を通り越して大豊作。
実はこの夏、3本のうち1本が枯れて2本に減ってしまった。
にもかかわらず、私の記憶では今まで(三十数年間)で一番の豊作なのである。



c0026824_10064086.jpg
上の写真は今朝撮ったのだが、この倍近くは収穫したのではないだろうか。
友人知人に配ったり、自分が食したりしているのにまだ毎日増え続けているのである。
おまけに、後になるほど実が大きく粒も揃ってきてるみたい。

c0026824_10171180.jpg
先日箱に並べてみると、けっこう高級果物?みたいだった。
でも味がイマイチなのがねぇ~
不老長寿の実、という触れ込みもだんだん通じなくなってきた今日この頃デス。


by fu-minblog | 2017-11-16 10:30 | 四季折々 | Comments(0)

ああ11月!!

雨が多く、おまけに週末は台風に見舞われ続けた10月。
昨日は爽やかな秋晴れで11月が始まったのだった。

車で走っていても、木々の紅葉具合がつい気になる季節。
ハナミズキの次はサクラやケヤキの紅葉が目につくようになった。

でも、私がイチバン気になっているのはアイビーの紅葉。
先月末、台風一過の晴れた日に、アイビースクエアへ偵察に行ってきた。

c0026824_10070369.jpg
全体的にはまだ紅葉には早い状態なのだが、場所によっては色づき始めていた。
ただ、長年見てきた者にとっては、蔦じたいがだんだん勢いが無くなってきている気がして心配。
なにしろ、蔦がイノチのアイビースクエアなのだから。

ついでに私の好きなイチョウ並木を見に行くと、だいぶ黄色に染まっていた。
細道が落ち葉で埋まるのがとっても楽しみ!
c0026824_10323064.jpg
これから忙しくなりそっ169.png


by fu-minblog | 2017-11-02 10:36 | 四季折々 | Comments(0)

つかの間の気晴らし in RSKバラ園

秋の長雨のつかの間の晴れ日の昨日、RSKバラ園へ行ってみた。
計画していたわけではなく急に思いついたのはいつものことである。
ほんとはもっと遠出して自然の中へ行きたかったのだが、お天気は午前中だというし、単独行なのでつい馴れた場所に行ってしまうのである。

c0026824_10340475.jpg


時期的には例年より早目だったのだが、この長雨と日照不足が影響したのか、花は良くなかった。
こんなに花数が少なく、しかも花の小さいバラ園のバラは初めてである。
いつも通り受付で花の様子を訊いて納得して入場したので文句は言えないが、想像以上だった。

でも去年と同じく、刈りたての芝生ロードがふかふかの絨毯のようで歩いて気持ちよかった。
バラ園へはバラ以外の花を見に行くことが多いのだけど、今はそれもない。
ただ、人が少なく空いていたのと、つかの間の青空の下のウォーキングを楽しんできたのでした。



by fu-minblog | 2017-10-19 10:42 | 四季折々 | Comments(0)

川辺の風景

毎年この季節になると、この風景が恋しくなるみたい。
たぶん、ススキがいっぱいあるからだと思う。
土手のススキは案の定無かったが、中洲のススキは残っていた。

雨が上がったのでさっそくカメラを持って行ってみた。
最近、ちょっと時間があると写真を撮りに出かけたくなる。
久しぶりに写真熱が再燃、カメラ女子?に戻ってマス!


c0026824_17343412.jpg

何の変哲もない風景だけど、なぜか川辺が好きみたい。
まさか、京都鴨川の傍で子ども時代を過ごしたからだろうか?
たしかに、鴨川の河原でよく遊んだし、実は泳いだこともある。

倉敷川は家からも近く、わたしの手近かなカメラスポットなのである。




by fu-minblog | 2017-10-03 17:58 | 四季折々 | Comments(0)

きびじつるの里

吉備路へ行くとよく寄るのが、サンロード吉備路にあるきびじつるの里。
実は昨日も行ってきた。
お昼過ぎだったのだが、2羽のタンチョウがのんびりと小屋を出て散歩中だった。
緑の中にタンチョウの白と黒と赤の配色がクッキリと映え、うつくしい。

そのうち一羽がすぐ近くの竹の囲いの傍にやってきて、しばらく遊んで?いた。
今までこんなにタンチョウが近づいたことがなかったので、ちょっと戸惑った。
観客はわたし一人きり、手を伸ばせば触れられそうなくらいの近さだった。
でも、せいぜい写真を撮るくらいしかできないのでした。

c0026824_17034527.jpg

今年5月末に生まれたヒナのレンゲとウララも、きっと立派な成鳥になっていることだろう。
昨日のタンチョウがひょっとしたら・・・かもしれないと思うと、愉しい。



by fu-minblog | 2017-09-27 17:09 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(224)
(178)
(127)
(102)
(98)
(96)
(92)
(87)
(83)
(61)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(39)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(21)
(21)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン