ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新の記事
旧正月 2018
at 2018-02-16 11:59
バレンタインカード 2018
at 2018-02-14 10:22
「嘘を愛する女」
at 2018-02-12 18:45
「維新の影」
at 2018-02-11 19:01
冬眠中?
at 2018-02-10 10:37
節分事情
at 2018-02-04 11:36
「国際市場で逢いましょう」
at 2018-01-31 16:05
「林住期」
at 2018-01-25 17:36
真冬のランチ
at 2018-01-24 17:27
「おらおらでひとりいぐも」
at 2018-01-18 10:51
最新のコメント
sophilさん こんば..
by fu-minblog at 21:05
こんばんは この時期は..
by sophil at 17:56
>sophilさん お..
by fu-minblog at 17:03
こんにちは うちはWi..
by sophil at 14:34
>sophilさん コメ..
by fu-minblog at 11:09
こんにちは もう水仙が..
by sophil at 18:40
>mocondorさん ..
by fu-minblog at 21:53
>mocondorさん、..
by fu-minblog at 21:33
私には珍しいことに、この..
by mocondor at 15:56
ずいぶん久しぶりにfu-..
by mocondor at 15:44

カテゴリ:四季折々( 737 )

旧正月 2018

今日は旧正月、中国では春節、韓国ではソルラル、ベトナムではテトである。
私は、もう20数年前になるが台湾で旧正月を過ごしたことがあり、今でも懐かしい。

それ以後毎年毎年、旧正月には台湾に行きたい、と思いつつまだ果たせていない。
毎年旧正月の日にちが変わるのが一つの原因かもしれない。

日本は新暦の一月一日に正月を祝うので、旧正月のことを思い出した頃には間に合わない。
なぜなら、よほど早めに予約しておかないと飛行機もホテルも取れないことになる。

それでもいちおう毎年、旧正月を忘れたことはない私である。

c0026824_11194493.jpg

上の写真は我家の玄関先のドアにずっと貼っている倒福のお札?である。
もうかなり草臥れて色褪せてはいるが、台湾で買ってきたものである。
倒と到が同じ(タオ)という発音なので、福という漢字をわざわざ倒して貼るのである。

今日は旧正月なので、この倒福が私の中で急にクローズアップされた次第。
毎日目にはするけど慣れっこになってしまっていたこの倒福が。



by fu-minblog | 2018-02-16 11:59 | 四季折々 | Comments(0)

バレンタインカード 2018

今年も手作りのバレンタインカードが友人から届きました。
殊更寒い今年の冬、春が待ち遠しい頃まるで一足早い春風みたいに。

c0026824_10100662.jpg


毎年デザインを変え、手間暇かけて作られたバレンタインカード。
今年ではや7年目、7枚目のカードは四つ葉のクローバーを咥えたしあわせの青い鳥。

風に揺れるモビールみたいに吊り下げてみました。



by fu-minblog | 2018-02-14 10:22 | 四季折々 | Comments(0)

冬眠中?

今年は立春を過ぎても厳しい寒さが続いている。
さいわい、当地は積雪こそないが、あまりの寒さに身も心も縮む、というもんである。

お天気が良いとつい出かけたくなるが、一歩外に出るとそこはまるで冷蔵庫。
気分も萎えて思わず引き返してしまう、という有様である。

例年なら、そろそろ春を探しに何千里?花追い人となる時期なのに~
仕方なく、冬枯れの庭で、数少ない花を探している始末。

c0026824_10484403.jpg


庭に植えてもいない木瓜の木が一本あって、真っ赤な花を咲かせている。
四季咲き木瓜とでも言うのだろうか、この冬は何時にもまして有難い。

また、どんなに寒くても、木々は春の準備をしっかりとしているのを見ると、うれしい。
雲一つない凍てつくような青空のもと、ハナミズキの蕾がクッキリと美しかった。

c0026824_10480021.jpg

今日は久しぶりの雨。
一雨ごとに春になってほしい、と切に願う今日この頃。。。




by fu-minblog | 2018-02-10 10:37 | 四季折々 | Comments(2)

節分事情

今日は立春、昨日は節分だった。
でも今年はまだまだ寒い日が続くようである。
ただ、何となく陽射しにちょっぴり春を感じるのは私だけだろうか。

子どもの頃の節分の行事といえば、私的には豆まきだった。
けっこう家中に、鬼は外福は内と叫びながら豆をまいて歩いたものだった。
それと、数え年分の豆を食べる、というのがあった。

それをふと思い出し、昨日は家に居てヒマだったので、自分の年齢の豆を数えてみた。
豆といっても我家はここ数年はピーナツである。
実は、子供のころからあの大豆は苦手で、毎年買っては食べないのでピーナツに変更した。
もちろん、まかずに食べるだけ。


c0026824_11283239.jpg

思った通り、こんもりとした山になった。
ピーナツは嫌いじゃあないけど、やっぱりちょっと多すぎである。
子どもの頃、祖母が入れ歯にもかかわらず、硬い豆をせっせと食べていたのを思い出す。
私はあの大豆はもちろん、ピーナツですら年の数は食べられず、つくづくトシは取りたくないもんである。

最近は、節分といえば恵方巻である。
でも、私が節分に恵方巻を食べ出したのはそう古いことではなく、10年も経っていないのではないか、と思う。
実は昨日もわざわざ買って来て食べたのだが、丸かじりではない。

恵方巻も具がだんだん豪華になっているようだが、私はフツーの具材が好きである。
お昼に食べ損なったので夕食に食べることになり、なんだか手抜きの質素な夕食になってしまった。

c0026824_11284573.jpg




by fu-minblog | 2018-02-04 11:36 | 四季折々 | Comments(0)

水仙忌 2018

今日1月17日は私的には水仙忌。
阪神・淡路大震災から23年目になる。
私の人生にとって、一番身近で、当時一番大きな災害だった阪神・淡路大震災。
その後次々と大きな災害が起こるのだが、その恐ろしさを知った初めの災害だったのではないだろうか。

c0026824_10233570.jpg

ここ数年、1月17日を水仙忌と呼ぶようになった。
ちょうど、庭の水仙が咲く時期と重なるからである。
けれど今まで、満開の年もあれば、たった一輪の年もあった。
今年は寒さのせいか花が遅く、日当たりの良い場所にだけ咲いているばかり。

c0026824_10252911.jpg

何年ぶりかで、まど・みちおさんの詩を

「スイセン」

にわのくらやみから
でんとうの下に かかえてきた
スイセンの はちうえ

においまで
ひかるようだ

かかえてきたことまで
ひかるようだ

ここに ながれているのが
いま わかった
じかんの すいめんに
うつしだされて


by fu-minblog | 2018-01-17 10:42 | 四季折々 | Comments(4)

吉備津神社&吉備津彦神社

昨日の午後、急に吉備津神社と吉備津彦神社へ初詣に行った。
例年になく、寒さと空気の冷たさが身に染む一日だった。

吉備津神社
土曜日のせいか、寒さにもかかわらず大勢の人出。
長い回廊は、なぜか冬の冷たい空気が良く似合う。

c0026824_15472921.jpg

吉備津彦神社
吉備津神社から裏道を通って車で5分ばかり、吉備津彦神社へも行くのが恒例。
吉備津彦神社もまた、陶器市の最中で人出は多い。

c0026824_15474110.jpg

吉備津彦神社の前庭の池が、午後にもかかわらず氷が残っていた。
いつも泳いでるオシドリも姿が見えないのだった。

ここでのお楽しみは可愛い干支のおみくじ。
下の赤い糸を引っ張ると、お腹の中からおみくじが出て来るシカケ。
今年も買ってみると大吉だったので、あなうれし~

c0026824_17092639.jpg


by fu-minblog | 2018-01-14 15:56 | 四季折々 | Comments(0)

七草粥

今日は七草ということで、七草粥を作った。
昼間出かけたので、珍しく夕食に作った。

ここ数年、毎年七草粥を作るのが習慣になり、しかも行平鍋でお米から炊くという凝りよう。
たぶん、お粥好きなんだと思います。
七草粥の後、弾みがついて時々お粥を炊いて食べることも。

c0026824_20494003.jpg

いつも七草セットを買うのだが、我家の庭のハコベが一番青々として元気が良い。
ひょっとしたらハコベだけで十分かもしれない、などと思ったりもする。
でもま、縁起物なのでせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの七草で、今年の無病息災を祈ることに。

私の好きなお粥は、かなり水の多い5分粥で、米1に対して水10の割合である。
最初土鍋で炊いていたのだが、お粥用の素焼きの行平鍋があるのを思い出し、使っている。
たぶん、この行平鍋はもう作っていないのではないだろうか?

たしかに今日の夕食は、お粥のおかげかお腹にもたれずやさしいです。

by fu-minblog | 2018-01-07 21:13 | 四季折々 | Comments(0)

2018年初詣

今年もスポーツクラブ初日の今日、城山稲荷へ初詣に行った。
初めて行ったのが2012年なので、早いもので今年で7回目になる。
今年も幟が立てられ華やいではいたが、誰一人お参りする人はいない。

c0026824_16434030.jpg

私はいつも通り賽銭箱に500円を入れ、いつも通りのお願いをする。
ソコソコ元気で、ホドホドに楽しく、ボチボチブログが続けられ、たまに生きててよかったと思える、そんな一年でありますように、と。



by fu-minblog | 2018-01-04 16:52 | 四季折々 | Comments(0)

美酒に酔う

年末に新潟の親戚から菊水のお酒が720mlとはいえ、3本も送って来たのが運のツキ?
お正月だけは日本酒、いつもは越乃寒梅だったのだが、今年はふなぐち菊水一番しぼりを飲んだ。
これがまた美味!
世の中にはどうしてこんな美酒があるのだろう。

c0026824_15504824.jpg

口当たりが良すぎていくらでも飲めそなところがコワーイ!
お節といえる程のものではないが、やっぱり日本酒が良く似合う。

最近は出来合いを買い足しつつ、自分で作ることが多くなった。
とくに根菜の煮物作りは大晦日の仕事である。
あと、大好きな百合根とクワイ、高野豆腐は必至。

お気に入りの小さめの根来風三段重に詰めれば、なんとからしくなるから不思議。
朱塗りのお皿もお椀もいっぱいあって、けっこうお正月の祝い膳は好きかも。
夜にまたあの美酒が味わえるかと思うと、充分シ・ア・ワ・セ。



by fu-minblog | 2018-01-01 16:24 | 四季折々 | Comments(0)

2018年元旦

2018年元旦は、お天気も良く穏やかな幕開けとなった。
何処かへ出かけたいような日和だったのだけど、つい朝に美味なる日本酒を飲んでしまい運転できないのだった。

昨日は一日家でお節作り、今日は運転ができず一日家で過ごすハメに、これってここ数年の私の大晦日と元旦の悪しきパターンかもしれない。
そして、元旦にブログに年賀状をUPしたりするのが・・・

c0026824_15195715.jpg

そんなわけで、今年もいちおう。
今回の年賀状はフォトフレームを使ったので、UPするのは気が引けるのだが、後々のために。
実は今回は2パターン作り、相手によって変えてみた。
・・・とはいえ、こちらが枚数的にずっと多いので、こちらを。

年賀状は年々数が減っていて、今まで何度か卒業宣言もしている通り、そろそろ辞める時期なのかも。。。



by fu-minblog | 2018-01-01 15:30 | 四季折々 | Comments(0)


検索
カテゴリ
タグ
(225)
(179)
(127)
(104)
(100)
(96)
(94)
(88)
(84)
(61)
(56)
(51)
(51)
(46)
(42)
(39)
(34)
(33)
(32)
(31)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(23)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン