ひとりあそび


私がこの世に生きた証し
by fu-minblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
「美女と野獣」
at 2017-05-19 17:40
「騎士団長殺し」
at 2017-05-17 11:17
空と海のライブ
at 2017-05-15 10:49
庭のハーブたち
at 2017-05-08 17:53
藤公園
at 2017-05-02 17:47
スズランの日
at 2017-05-01 20:36
ライラックとハナミズキ
at 2017-04-28 21:02
御衣黄桜
at 2017-04-21 16:13
桜の仇を桃で?
at 2017-04-15 10:29
さくら前線異常あり
at 2017-04-06 16:35
最新のコメント
>カラサワさん こちら..
by fu-minblog at 17:50
ご無沙汰しております。 ..
by カラサワ at 15:00
>sophilさん、こん..
by fu-minblog at 22:33
こんにちは デジタルデ..
by sophil at 17:55
sophilさん こんに..
by fu-minblog at 17:31
こんにちは この時期は..
by sophil at 10:11
>dogholicさん ..
by fu-minblog at 10:09
私と同じ思いで、また、同..
by dogholic at 07:48
empikさん ご心配..
by fu-minblog at 10:31
>yumi_dearth..
by fu-minblog at 09:30
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライフログ
ファン

カテゴリ:旅( 88 )

新潟へ

先週末から2泊3日で、10数年ぶりに新潟へ行ってきた。
一番上の義兄のお別れ会(葬儀)があり、親族一同が会することになったのである。
そこで、地理的にもご縁からも一番遠い私も、思い切って行くことにしたのだった。

今回は、東京周りの新幹線で往復したのだが、片道6~7時間の長旅だった。
けれど、往きの新幹線からは、世にも美しい富士山が見られて、それだけで満足だった。
また、東京・新潟間の、東海道線とはまた違う風景をぼんやり眺めるのも、楽しかった。

ホテルが新潟駅構内にあったので、明朝出かける時に発車寸前のSLを見たりもした。
また、お別れ会の後、無理を言って瓢湖へ飛来してきた白鳥を見に連れてもらった。
ここは、結婚してすぐ位の頃にも一度来たことがあり、今でも当時の光景が目に浮かぶ。
今回は、ほんの短い滞在時間ではあったが、瓢湖に行けたこと、白鳥たちに会えたことに感謝!

c0026824_1648481.jpg


c0026824_16491473.jpg


そんなわけで、ほぼ停止状態のこのブログに、記録として残しておこうと思い記事を書くことに。
なぜなら、このブログは私にとって、外付けメモリーであり、格好の備忘録でもあるからです。
でも、久しぶりに書くと、なんだか調子が狂ってるみたい。。。
by fu-minblog | 2016-11-29 17:07 | | Comments(0)

鞆の浦・町並ひなまつり

昨日までの寒さも和らぎ好天に恵まれた今日、友人と広島県福山鞆の浦へ、雛人形を見に行った。
前から一度行きたいと思いながらも行けなかったのだが、それが今日やっと果たせたのだった。

鞆の浦の雛人形は、享保雛や古今雛など古い雛人形が多い。
鞆の浦は古くから港町として栄え、商業活動も盛んで町人文化の華がさいた。
そのなごりとして大切に保存されてきたのが「遠い昔のおひなさま」なのである。

歴史民俗博物館
倉敷から車で二時間弱、鞆の浦、瀬戸内海を見渡す小高い場所にある

c0026824_2181841.jpg

太田家住宅
重要文化財の太田家住宅の中に、享保雛や古今雛、が多数展示されている

c0026824_2184029.jpg

ほかに、鞆の町並をそぞろ歩いたり、新鮮な刺身を食したり、なにより、お天気にめぐまれ楽しい一日を過ごせたことに感謝!
by fu-minblog | 2016-03-02 21:23 | | Comments(2)

春から縁起がいい?

昨日は長年の夢が叶ったいい日だったのだが、それだけではなかった。
暖冬とはいえ、一月とは思えない春のような暖かさで、コートが要らないほどだった。
おまけに天気快晴、飛行機から富士山がクッキリ、キレイに見えたのだった。

c0026824_14291396.jpg


昨秋、静岡・山梨側から富士山をたっぷり見たのだが、雲の上に頭を出した富士山もよかった。
飛行機からあんなによく、しかも長い間富士山が見えたのは初めてだった。
これもお天気が良かったおかげである。

c0026824_14341433.jpg


さらに、東京国立博物館へはナント!高齢者は無料で入場できたのだった。
私的には、たとえ少々高額でも松林図を観られるだけでうれしかったのに、である。
また、松林図以外にも、北斎の富嶽三十六景ほか日本美術の至宝が多数展示されている。

こいつは春から縁起がいいわえ!?
by fu-minblog | 2016-01-16 15:33 | | Comments(0)

京都の夜と朝

9日の夕方京都のホテルに到着後、小雨降るなか宝ヶ池・ゆば泉へ食事に行った。
少し遠かったのだが、ホテルが御所の傍だったので、地下鉄一本で行けるのである。

宝ヶ池・ゆば泉は、実家の近くで、京都に帰るとよく行っていたお気に入りの店である。
主として京ゆばを使ったお料理なのだが、メイン料理にはヒレステーキも選べるのである。

c0026824_10301853.jpg

(肝心のメイン料理の写真を撮り忘れました。あと何品か・・・)


翌朝、博物館へ行くとき、紅葉の始まった御所の中を歩いた。
雨上がりの御所の空気は清々しく、天を衝くような大木ばかりである。
私の大木好きのルーツを見た思いがするのだった。

c0026824_10432281.jpg


思いがけず京都へ行くことができ、少々疲れたけど、楽しい旅行でした。
お世話になった友人に感謝します。
by fu-minblog | 2015-11-12 10:58 | | Comments(4)

大山! 大山!! 大山!!!

秋もたけなわの10月30・31日と、思いがけず温泉付きの鳥取へのドライブに行くことになった。
温泉好きの友人オススメの三朝温泉で一泊、翌日は大山と紅葉を思いっきり堪能したのだった。

そして、先日見た富士山と同じく、見る側によっていかに山の表情が違うかを、思い知らされた。
つまり、岡山側から見る大山と、鳥取側から見る大山は、全く別の山なのだった。

大山スカイライン鬼女台から見た大山
c0026824_10571952.jpg

大山観光の人気スポット、友人イチオシの鍵掛峠から見た大山
c0026824_1102644.jpg

広々とした景観、目の前にそびえ立つまきばみるくの里の大山
c0026824_114268.jpg

今回一番感激した鳥取側から見た大山。実は他にも理由が・・・・・
c0026824_1143528.jpg


開湯850年という三朝温泉は、私にとっては初体験、もちろん、ゆっくりまったりできてよかった。
ただ翌日の大山が、ちょうど紅葉の時期で、しかもお天気も良くあまりに美しかったので、今回は大山の印象ばかりが残っている。

それもこれも、長い距離を疲れも見せず運転し続けてくれた友人のおかげである。
実は、私がナビ役、ということだったのだが、何の役にも立たなかったことは言うに及ばず。
by fu-minblog | 2015-11-01 11:34 | | Comments(0)

秋の駿河クルーズ 記念アルバム

秋の駿河クルーズの番外編。
私の写真には船内や人物の写真がほとんどなかったので、飛鳥スタッフの撮った写真(有料)と友人の写真を借りてアルバムを作ってみました。
ちょっと恥ずかしいのですが、記念にUPしておきます。

c0026824_1813064.jpg


飛鳥Ⅱの増山船長と息子が知り合いだということが分かり、ご挨拶かたがた一緒に写真をば。
とてもいい記念になりました。

もっともっと船内の写真を撮るつもりが、実はあんまりゆっくり船に居なかったのです。
貧乏性なのかどうか、つい、ツアーに出かけてしまうからです。

おかげで、せっかくの豪華客船の施設を把握も利用もできないまま下船することに。
そんなわけで、今回もまた、優雅なクルーズライフ、というわけにはいかなかったのでした。
by fu-minblog | 2015-10-22 19:08 | | Comments(2)

日の出と瀬戸大橋

最終日は一番高い11デッキで日の出を見たあと、グランドスパ(展望大浴場)へ朝風呂に。
昨夜は来なかったので、ゆっくり、のんびりジャグジーなどに入って、洋食ビュッフェで最後の朝食を。

c0026824_1664368.jpg

c0026824_16836.jpg


朝食後、ざっと荷造りをしてビンゴ大会へ、初体験のわたくしが景品をもらうことに。
午後は、ナント!最終日に初めて行った場所でコンサートなんぞを楽しんだ。

3時を過ぎると瀬戸大橋が見え出し、帰ってきたことを実感。
こうして3泊4日の私の飛鳥Ⅱでの駿河クルーズは、名残惜しくも過ぎ去っていったのだった。

瀬戸大橋の下を飛鳥が通過した瞬間、ちょっとヒヤヒヤ
c0026824_1620331.jpg

c0026824_16233617.jpg

c0026824_1621283.jpg


実は今から5年くらい前、本気で世界一周の船旅をしようと思ったことがあった。
ちょうど愛猫が死んだ年で、寂しさと引き換えに得た自由を有効に使おうと考えたのである。
その船の見学会が横浜であり、わざわざ出かけて行ったりもした。
期間は100日くらいであったのだが、タラップに片足くらいが架かったところで思い止まった。

その時、短いクルーズで一度体験してみたら、と息子に言われたのである。
それに従ったわけではないが、偶々去年と今年と2度の短いクルーズを体験することになった。
そして、やっぱり長いクルーズは無理だということだけは、はっきり解ったのだった。

考えたら、人生は終りのない、あるいは、行き先も分らない、たった一人の航海のような気がする。
by fu-minblog | 2015-10-21 17:55 | | Comments(2)

清水港出航と沈む夕日

慌しくツアーから帰船間もない午後4時、飛鳥Ⅱは清水港を出港、帰路につく。
神戸港とは違い、ブラスバンドの演奏と大勢の見送りを受けたのだった。
また、プロムナードデッキでは、飲めや踊れよ?のセイルアウェイ・パーティーが。

c0026824_12343283.jpg

c0026824_1234512.jpg


日頃夕日を見る機会があまりなく、しかも、船上から見る夕日は格別。

c0026824_12374770.jpg

c0026824_1238218.jpg
c0026824_12382589.jpg


あっという間に飛鳥Ⅱでの最後の夜を迎えたのだった。
by fu-minblog | 2015-10-21 13:04 | | Comments(0)

富士山! 富士山!! 富士山!!!

3日目(18日)は朝から天気は雲一つない快晴、朝も早からバスツアーに出かけたのだった。
目的地は河口湖美術館めぐり、歴史にも弱いが地理にも弱い私、案外遠いことが初めてわかった。
河口湖オルゴールの森と久保田一竹美術館に行ったのだが、何といっても圧巻は富士山だった。

右に左に富士を見ながらバスの旅、けっして退屈はしない。
とくに、山梨側から見る雪を頂いた富士山は、趣があってうつくしい。
この日お天気が良かったことはラッキーというほかない、そして私の晴れ女伝説も健在だった?

朝、飛鳥Ⅱから見た富士山
c0026824_10442182.jpg

静岡県最後くらいの富士山 前が牧場?
c0026824_113833.jpg

山梨県に入ったばかりの富士山
c0026824_1132193.jpg

オルゴールの森から見た富士山
c0026824_1133213.jpg

久保田一竹美術館駐車場から見た富士山
c0026824_1134568.jpg

河口湖からの富士山
c0026824_114836.jpg

富士ビューホテル玄関前から見た富士山 木々の紅葉も始まっている
c0026824_1141770.jpg

・・・というわけで、この日は富士山一色に染まった一日なのでした。

私事ですが、私は父の赴任先である静岡県御殿場の牧場で生まれました。
たぶん、目が見えるようになってすぐから、富士山を見ていたのではないか、と思います。
ただ残念ながら、まったく記憶にございません。
by fu-minblog | 2015-10-21 11:36 | | Comments(2)

三保松原&久能山東照宮

2日目(18日)の朝は、厚い雲間から青空がのぞく空模様。
昨夜は、飛鳥Ⅱにして揺れを感じる程の、海も荒れ模様だったのか。

午後のオプショナルツアーに備えて、午前中は講演などを聴く。
正午に清水港入港後すぐにバスに乗り込み、ツアーに出発した。

三保松原 
羽衣伝説で有名な風光明媚な景勝地。7㎞続く砂浜に3万本あまりの松が生い茂る。
ただ、残念ながらこの日富士山は雲の中に隠れて見えず。

c0026824_176168.jpg


久能山東照宮
歴史に弱いので日光東照宮は知っていたが、久能山東照宮は知らなかった。孤立峰のため、ロープウエイに乗って行く。家康公のお墓があり、中に遺骸が埋葬されているとのこと。

c0026824_176302.jpg


今年は没後400年ということで、家康公400年蔡が開催されている。

約4時間のツアーから清水港に戻ると、やっと富士山が雲を突き抜けて姿を現わした。

c0026824_177721.jpg

by fu-minblog | 2015-10-20 17:19 | | Comments(2)


検索
カテゴリ
タグ
(217)
(178)
(127)
(101)
(96)
(95)
(89)
(82)
(81)
(59)
(56)
(51)
(49)
(46)
(42)
(37)
(34)
(33)
(31)
(29)
(28)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(22)
(22)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(19)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月